楽天ゴールドカードの審査に落ちた…年収が審査結果に与える影響

年収が低いから楽天ゴールドカードの審査に落ちてしまったと思っていませんか。実は審査では年収額よりも収入の安定性を重視します。本記事では楽天ゴールドカードの審査を通すコツから、再申込みまでの最適な期間なども詳しく解説します。
  • 2021年9月25日
  • 2021年11月29日
楽天ゴールドカードの審査

楽天ゴールドカードの審査落ちの原因は「年収の低さ」だと思い込んでいませんか。

ゴールドカードだけに年収が高くないと審査に通らないと考えがちですが、アルバイトや派遣社員など雇用形態にかかわらず、審査に通過した事例が多数報告されています。

これは、年収の高さよりも「安定した収入がある」ことを重視している裏付けと言えます。

本記事では楽天ゴールドカードの審査基準と審査に落ちてしまう原因、そして審査に受かるコツを紹介します。

想定される審査基準
  • 毎月安定した収入があるか
  • 家計を共にする同居人の年収を含めているか
  • 過去に金融事故を起こしたことはないか
  • 1度に複数のカードを申し込んでないか
  • 間違いや虚偽の申し込み情報をしていないか

※本記事の価格は全て税込みです。

おすすめゴールドカード比較表
カード名三井住友カード ゴールド(NL)
三井住友カード ゴールド(NL)
JCBゴールド
JCBゴールド
dカード GOLD
dカード GOLD
アメックスゴールド
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
三菱UFJカードゴールド
三菱UFJカードゴールド
年会費5,500円
初年度と年間100万円以上の
利用で翌年以降永年無料
11,000円
初年度無料
11,000円31,900円11,000円2,095円
初年度無料
還元率0.5%〜5.0%0.5%~5.0%1.0%~10%1.0%1.0%~5.0%0.5%~1.0%
国際ブランドVISA、MastercardJCBVISA、MastercardAmerican ExpressVISA、Mastercard、
JCB、American Express
VISA、Mastercard、
JCB、American Express
キャンペーン最大8,500円相当
プレゼント
Amazon利用で最大2万円
キャッシュバック
最大22,000ポイント
プレゼント
合計40,000ポイント
プレゼント
5,000ポイント
プレゼント
最大5,000円
キャッシュバック
申込対象20歳以上20歳以上20歳以上20歳以上20歳以上18歳以上
発行スピード最短5分最短即日最短5営業日最短翌営業日最短3営業日最短翌営業日
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
矢印

楽天ゴールドカードの審査基準

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカードは、年齢が20歳以上で安定した収入があることが申し込み条件です。

お申し込み対象
原則20歳以上の安定収入のある方
(楽天ゴールドカード独自の審査基準により発行させていただきます)

引用元:楽天ゴールドカード新規入会&利用でポイントプレゼント|楽天カード

楽天ゴールドカードの審査における大きなポイントは以下の2点と推察できます。

楽天ゴールドカードの審査のポイント
  • 年齢が20歳以上で安定した収入があるか
  • 配偶者や同居人の合算した世帯年収が見られる

年齢と年収が審査ではチェックされる

チェックリスト

まずは、年齢が20歳以上であることです。

また、20歳以上なら学生でも申し込むことができます。

ちなみに通常の楽天カードの年齢の審査基準は18歳以上なので、楽天ゴールドカードのほうがやや間口が狭いといえるでしょう。

そして、重要なのは安定した収入があることです。

ゴールドカードだから高い収入が必要ではなく、安定した毎月の収入さえあればアルバイトや派遣社員でも審査に通過したとの報告はあります。

これは、年収の高さよりも毎月継続した収入があることを重視している裏付けでもあります。

世帯年収や配偶者も審査ではチェックされる

家族

楽天ゴールドカードの審査では、申し込み者本人の年収に加えて、家計を共にする配偶者や世帯年収を記入する箇所があります。

これは申し込み者以外に家計を共にする配偶者や同居人の年収も合算した世帯年収を重視しているといえます。

さらに、楽天カードでは世帯年収について以下のように言及しています。

同居家族の収入を世帯年収として加算すれば審査では有利に働くといえるでしょう。

例えば、同一生計で、ご自身の年収が300万円、配偶者の年収が100万円であれば世帯年収は400万円となります。
また同一生計で、ご自身の年収が0万円、父親の年収が500万円、母親の年収が100万円であれば世帯年収は600万円となります。
※同一生計以外の方の金額は含まないでください。

引用元:楽天カード: 楽天カードの申し込みヘルプ 世帯年収について

楽天ゴールドカードの審査に落ちる理由

頭痛に悩む女性

楽天ゴールドカードのみならずクレジットカード発行会社は、CIC、JICC、KSCの3つの信用情報機関のいずれかに加盟しているのが一般的です。

この信用情報機関内で情報が共有される仕組みになっており、申込者の過去の利用履歴を照会して支払能力について審査を行います。

ここでは、信用情報機関の役割の解説を交えながら、審査に落ちる理由についてみていきましょう。

楽天ゴールドカードの審査に落ちる理由
  • 収入が低く安定していない
  • 複数のカードに申し込んでいる
  • 過去に金融事故を起こした
  • クレジットカードに申し込んだことがない
  • 虚偽の情報で申し込みをした

収入が低く安定していない

楽天ゴールドカードの収入が審査基準に達していない場合です。

残念ながら詳しい審査基準は公開されていませんが、毎月収入が不安定であったり、世帯年収で加算できる方がいないなどの可能性が考えられるでしょう。

複数のカードに申し込んでいる

複数枚のクレジットカード

楽天ゴールドカード以外にも同時に、あるいは短期間内に複数のクレジットカードに申し込んでいると審査に落ちる可能性が高くなります。

複数のクレジットカードに申し込んでいることは、信用情報機関に照会すると判明します。

すると、クレジットカード会社は以下の点を懸念します。

  • お金に困っているのではないか
  • 他社で通過しないために複数申し込んでいるのではないか

上記から、返済能力がないと判断されてしまう可能性があるため、審査に不利になるのです。

過去に金融事故を起こした

頭を抱えて悩む男性

過去に、延滞や任意整理、自己破産などの金融事故を起こしていると審査には通りません。

金融事故などの情報は、信用情報機関で共有され、クレジットカード会社や金融機関にも共有されています。

よって、過去に重大な金融トラブルを起こしていれば、審査通過は難しいでしょう。

クレジットカードに申し込んだことがない

これまでクレジットカードを作ったことがない方も審査通過しないケースがあります。

年齢が30代後半で過去一度もカードを作ったことがない方は「スーパーホワイト」と呼ばれ、当然のことながらカードの利用履歴がありません。

審査するカード会社からみれば過去に金融事故を起こして利用履歴がリセットされた方と見分けがつかないからです。

よって、何も問題を起こしていなくともスーパーホワイトは審査に落ちてしまうケースがあることも覚えておきましょう。

虚偽の情報で申し込みをした

申込み内容に虚偽や単なる書き間違いなど、故意かどうかに関わらず不審な点があると判断されれば審査に通りません。

「年収を多く申告する」「雇用形態や会社情報を偽る」などの行為は、強制解約などに発展するおそれもあるので注意が必要です。

楽天ゴールドカードの審査を通すコツ

パソコンを使う女性 イメージ

楽天ゴールドカードの審査を通すコツを紹介します。

楽天ゴールドカードの審査を通すコツ
  • クレヒスを積み上げる
  • まずは楽天カードで取引実績をつくる
  • キャッシング枠を申し込まない
  • 申し込み情報を間違えない

クレジットヒストリーを積み上げる

現在利用しているカードで、信頼できる取引実績をつくることです。

たとえば、携帯代金や公共料金の支払いなど、カードの利用履歴を作りましょう。

コツコツと取引実績を積み上げることが大切です。

ほかのクレジットカードであっても、信用情報機関経由で取引実績が共有されるため、クレヒスを積むことで審査に通りやすくなるといえます。

楽天カードで取引実績をつくる

楽天カード

楽天カードで利用実績を作ることも審査対策として有効です。

楽天カードは楽天ゴールドカードよりも年齢が緩和されていることから、審査基準も相対的に低いと推測できます。

時間はかかりますが、楽天カードを使っていれば優良顧客として判断されるので審査にはプラスになるでしょう。

場合によっては、楽天ゴールドカードへのインビテーションが届くかもしれません。

キャッシング枠を申し込まない

銀行ATM

キャッシング枠を申し込まないことで審査に通りやすくなります。

キャッシング枠は融資と同じ扱いのため、貸金業法の総量規制の対象となります。

総量規制とは、年収の3分の1を超える貸付を行ってはならないという法律です。

他社の借入残高と合わせて判断されるため、クレジットカード会社の審査も慎重になるのです。

申込情報を間違えない

申し込む際に申請する情報を間違えないようにしましょう。

また、記入ミスではなく年収を高く見せるなど虚偽申告もすぐに分かってしまいます。

審査を通過したいからといって、安易な気持ちで虚偽申告をしないのはもちろんのこと、記入ミスがないよう慎重に申込しましょう。

楽天ゴールドカードの審査から発行までにかかる時間

審査を通すコツ

楽天ゴールドカードの審査から発行までには、トータルで約1週間~10日前後を見ておけばよいでしょう。

クレジットヒストリーに重大なトラブルがなければ、遅くとも翌日に審査結果の連絡が届くことが多いようです。

すでに楽天カードを持っている方なら、マイページ(e-NAVI)から申し込むと、1~2分で審査結果が出ます。

このように審査自体はそこまで時間がかかりませんが、カード発行が郵送のため1週間から10日間もかかることになります。

さらに、年末年始や大型連休を挟む場合は、通常より時間がかかることも念頭に置いておきましょう。

楽天ゴールドカードの審査状況の確認方法

三井住友カード審査イメージ画像

楽天ゴールドカードの審査状況の確認は、専用WEBページや電話で確認することができます。

インターネットでの確認は、待ち時間がなく24時間いつでも確認ができるところは便利ですね。

ここではWEBと電話での確認方法を紹介します。

専用WEBでの確認方法

審査状況は、専用ページにて確認することができます。

審査状況はステップ1~6まであります。

  1. 申込受付
  2. 入会審査
  3. ご本人様確認
  4. 結果通知
  5. カードお届け
  6. カード受け取り・楽天e-NAVI開始手続き

完了済みのステップはカラー表示され、未完了のステップはグレーアウトになっています。

楽天カード発行状況確認画面

確認方法は以下の手順です。

  1. 専用Webページにアクセス
  2. 専用Webページが表示されたら「カード申し込み受付ID」「生年月日」「電話番号(下4桁)」を入力
    ステップ2
  3. 入力したら「発行状況の確認」ボタンを押す
    ステップ3

「カード申し込み受付ID」は、申し込み受付完了メールに記載されていますので、そちらを確認しましょう。

ステップ6まで進んでいると、自動的にカードの配達状況確認画面が表示されます。

配送会社と問い合わせ番号が画面に掲載されているため、配達の状況を確認することができます。

電話での確認方法

審査状況の確認は、電話での問い合わせもできます。

カード申し込み受付IDがわからない場合は、以下のコンタクトセンターに問い合わせましょう。

コンタクトセンター

0570-66-6910(有料)

上記の電話番号が利用できない場合
092-303-7188(有料)
または、092-474-6287(有料)
営業時間9:30~17:30

楽天ゴールドカードの審査に落ちて再申し込みが可能になるまでの時間

時計

楽天ゴールドカードに落ちて再度申し込みはいつでも可能ですが、最低でも6ヶ月は空けてから申し込みを行いましょう。

カードの申し込み履歴は信用情報機関に記録されるため、すぐに申し込んでも再び審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

下記の表の通り、3つの信用情報機関は共に6ヶ月以上経過すれば、申し込んだ履歴が消えます。

登録情報申込情報債務の支払を遅延した事実
シー・アイ・シー(CIC)照会した日から6ヶ月間5年以内(契約期間中および契約終了後)
日本信用情報機構(JICC)登録から6ヶ月以内5年以内(契約継続中及び契約終了後)
全国銀行個人信用情報センター(KSC)利用日から6ヶ月を超えない期間5年以内(契約期間中および契約終了日超えない期間)

ただし、これまでお伝えした過去の金融事故の有無や世帯年収を含めた安定した収入の確保なども重要です。

審査通過のための対処もしっかりと行った上で申し込むようにしましょう。

自分の信用情報を確認する方法

楽天ゴールドカードの審査に落ちた理由が収入以外に思い当たらない場合は、楽天カードが加盟しているシー・アイ・シー(CIC)と日本信用情報機構(JICC)に信用情報開示請求を行いましょう。

過去に延滞や自己破産などの金融事故がある場合は、約5年間保存されています。

過去の延滞などは記憶が曖昧なこともあるため手間はかかりますが、自身の信用情報を確認した方が早く解決策を見つけることができるでしょう。

それぞれの機関の開示請求方法は以下になります。

開示方法インターネット郵送窓口
シー・アイ・シー(CIC)
(手数料:1,000円)

(手数料:1,000円)

(手数料:500円)
日本信用情報機構(JICC)
(手数料:1,000円)

(手数料:1,000円)

(手数料:500円)
全国銀行個人信用情報センター(KSC)×
(利用料:1,000円+事務手数料)
×

楽天ゴールドカードは収入が少なくても狙えるゴールドカード!

チェック

この記事では、楽天ゴールドカードの審査基準や審査通過のためのコツや再申し込みの期間についても解説してきました。

審査通過にはセルフチェックが重要
  • 毎月安定した収入があるか
  • 家計を共にする同居人の年収を含めているか
  • 過去に金融事故を起こしたことはないか
  • 1度に複数のカードを申し込んでないか
  • まだ1度もカードを作ったことがない
  • 間違いや虚偽の申し込み情報を記入していないか

基本的には、安定した収入の確保や楽天カードでの利用実績を積み上げるのが重要です。

また自身の信用情報に確信が持てない方は、信用情報機関に開示請求を行って確認することをおすすめします。

楽天ゴールドカードの特徴まとめ

楽天ゴールドカード
  • 年会費は余裕で回収可能
  • 基本還元率1%
  • 楽天市場でポイント最大5倍
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険
  • リーズナブルな年会費で空港ラウンジも使える
年会費 2,200円 還元率 1%以上
国際ブランド JCB/VISA/MASTER 発行スピード 最短1週間程度
家族カード あり/年会費無料 ETCカード あり/無料
保険・補償 海外旅行傷害保険 スマホ決済 Apple Pay/Google Pay