楽天ゴールドカードの審査に落ちた…原因と審査基準は年収・勤続年数?

楽天ゴールドカードは2,000円(+税)という年会費の安さで人気のゴールドカードです。

他のゴールドカードより年会費が安いため、初めてのゴールドカードに楽天ゴールドカードを選ぶ人もいるでしょう。

しかし、年会費が安いとは言え立派なゴールドカードなので「一般カードよりも審査が厳しいのでは?」と心配かもしれません。

本記事では楽天ゴールドカードの審査基準と審査に落ちてしまう原因、そして審査に受かるコツを紹介します。

楽天ゴールドカードの審査基準と落ちる原因
  • 楽天ゴールドカードの申込資格は20歳以上であること
  • 審査基準は年収200万程度が目安
  • 職業や勤続年数はそこまで重視されていない
  • 短期間に複数のカードを同時に申し込むと審査落ちする
  • クレヒスに傷がある人やスーパーホワイトも落ちやすい

これから楽天ゴールドカードを申し込もうと思っている人や、楽天ゴールドカードの審査に落ちた人は、ぜひ本記事を参考にしてください。

タイトル画像引用元:楽天ゴールドカード さらにお得な一枚|楽天カード

一般的なゴールドカードの審査基準

楽天ゴールドカードに限らず、クレジットカードを作る際は審査基準が気になりますよね。

審査基準の詳細を公表しているクレジットカード会社はありません。

しかし、一般的には以下のような項目が審査基準になります。

  • 年齢
  • 年収
  • 職業・勤続年数
  • クレヒス

審査基準1.年齢

ゴールドカードの審査基準の1つが年齢です。

クレジットカードが申し込めるのは原則18歳以上と決まっています。さらに、ゴールドカードの場合は20歳以上であることがほとんどです。

中には20代限定や39歳以下など、より細かく指定されている場合もあります。

年齢の基準を満たしていない場合は、当然審査に受かりません。

クレジットカードの審査基準は公表されていないと言いましたが、年齢制限については公式サイトに掲載されていることがほとんどです。

申し込みをする前に、年齢制限を満たしているかをチェックしてください。

審査基準2.年収

給料 年収
ゴールドカードを申し込む際にとくに重視されるのが年収でしょう。

年収が高い人ほど返済能力が高く、料金をしっかり払ってくれると判断されます。

カード会社としては料金を滞納されると困るので、できる限り返済能力が高い人に貸したいと思うのは当然のことです。

具体的に必要な年収はカードによります。

グレードが高いカードやステータスが高いと言われているカードは求められる年収も高いです。

審査基準3.職業・勤続年数

カードによっては職業や勤続年数も審査基準になります。

クレジットカード会社は安定した収入があることを重視するためです。

例えば自営業やフリーランスは収入が安定しません。収入が安定しないと、料金を滞納される可能性が高いです。

一方、会社員は給料が安定しているため、滞納される可能性が低いと判断できます。

勤続年数も同様です。
同じ場所に長く勤めているということは、それだけ安定した勤務先と言えます。

ただし、職業や勤続年数を重視するかはカードによって異なり、自営業やフリーランス、主婦やフリーターでも審査に通るカードはたくさんあります。

審査基準4.クレヒス

信用情報

画像引用元:クレジットカードの契約と、CICとの関わり

クレジットカードやローンに関する信用情報をクレジットヒストリー(クレヒス)と言います。

クレヒスは国内の個人信用情報機関である「CIC」「JICC」「KSC」に登録されています。

クレヒスには、以下のような情報が登録されています。

  • どのようなクレジットカードやローンを利用・契約しているか
  • クレジットカードやローンの滞納をしていないか

クレジットカード会社は必ずこのクレヒスを確認します。

他のクレジットカードやローンで滞納していないかをチェックするためです。

クレヒスは個人信用情報機関に開示申込をすることで、自分で確認することもできます。
気になる人は開示申込をしてクレヒスをチェックしましょう。

日本には個人信用情報機関が3つありますが、クレヒスを確認するなら「CIC」の情報開示を申し込んでください。

申し込み方法は「インターネット」「郵送」「窓口」の3つです。

詳しくはCIC公式サイトの「情報開示とは|指定信用情報機関のCIC」をチェックしてください。

楽天ゴールドカードの申込資格と審査基準

さきほど紹介した審査基準はあくまでも一般的なゴールドカードの審査基準です。

どの項目を重視するかはカードによって異なります。

ここからは楽天ゴールドカードの申込資格と審査基準について解説します。

楽天ゴールドカードの申込資格は年齢のみ

楽天ゴールドカードの申し込み基準は「年齢が20歳以上であること」のみです。

他のゴールドカードだと「安定した収入のある方」など、収入に関する項目も申込資格に含まれます。

楽天ゴールドカードにはそういった記載はなく、20歳を超えていれば誰でも申込は可能です。

職業の制限もなく、20歳以上であれば学生や主婦、フリーターなどでも申し込みが可能です。

審査基準は年収200万以上が目安?

楽天ゴールドカードの審査基準となる年収額は、正式に発表されていません

インターネット上の情報ですが、実際に申し込んだ人によると年収200万円が一つの目安になるようです。

ちなみに本人の年収が少ない(または全くない)人でも親や配偶者の収入、つまり「世帯年収」があれば楽天ゴールドカードは作りやすいと言われています。

職業や勤続年数はあまり重視されない

楽天ゴールドカードでは職業や勤続年数はあまり重視されていないようです。

楽天ゴールドカードは会社員だけでなく自営業者やフリーター、学生、パートでも審査に通った人がたくさんいるようです。

ある程度収入がある人なら、職業や勤続年数は関係なく受かる傾向にありそうですね。

全く重視しないというわけではないでしょうが、職業や勤続年数だけが原因で落ちるということはあまりないでしょう。

楽天ゴールドカードの審査にかかる時間

カレンダー
楽天ゴールドカードの審査は申し込んだ当日から翌日には結果が分かります。

ただし、これはスムーズに審査を通過した場合です。

キャンペーン期間などは申し込みが殺到し、審査完了まで4日~1週間ほどかかる可能性もあります。

楽天ゴールドカードの申し込みはなるべく早く行いましょう。

次のページからは楽天ゴールドカードの審査に落ちる原因について解説します。
楽天カードの評価|実際に使って分かるメリットとデメリット