クレジットカードおすすめランキング

楽天ペイと楽天Edyを比較|楽天カード払いでポイント還元率を比較

楽天ペイと楽天Edyを比較

東京オリンピック・パラリンピックが控えている2020年、キャッシュレスの多様化はとどまるところを知りません。

どんな方法でキャッシュレスを始めたらいいかわからないという理由で、結局、まだ手を出せていない人もいることでしょう。

そんなにハードルが高いわけではなく、難しく考える必要もありません。

特にクレジットカードの楽天カードを持っている人なら、簡単にキャッシュレス決済の手段を増やすことができます。

楽天ペイと楽天Edyについて比較しながら、機能やポイント還元率を見ていきましょう。

動画で見る方はこちら

楽天ペイと楽天Edy、何がどう違う?

楽天Edyのイメージ

画像引用元:電子マネー「楽天Edy(ラクテンエディ)」

キャッシュレスを活用していない、活用できない人にもさまざまなレベルがあります。

まったくの現金派でなくて、日ごろからクレジットカードを使っている人であれば、キャッシュレスライフをさらに進めるのはまったく難しくはありません。

クレジットカードの楽天カードはお持ちでしょうか?

年会費永年無料で維持費が掛からないので、すでに他のクレジットカードを使っている人でも、1枚は持っておくことをお勧めします。

楽天ペイも楽天Edyも、楽天カードがなくても使えるアイテムですが、使い勝手が違ってきます。

この先は、楽天カードを持っている、あるいは今後入手する予定の方を中心に、楽天ペイと楽天Edyの特徴を説明していきましょう。

併せて、現金や他のカードとの組み合わせ方法についても触れていきます。

楽天ペイと楽天Edy

2つの決済アイテムについて、概要から説明します。

項目楽天ペイ楽天Edy
種別QRコード決済Felica電子マネー
形状スマートフォンアプリ・スマートフォンアプリ
・楽天カード一体型
・専用カード型(キーホルダー等も含む)
還元率5.0%(今後変動が見込まれる)0.5%
操作方法店舗により次のいずれか
・QRコードを表示してスキャンしてもらう
・カメラでQRコードを自分で読み取る
支払者がレジ端末にタッチ
楽天カードとの関係・決済の原資に利用する
・楽天キャッシュにチャージして決済に使うことも可
・チャージして使う
・オートチャージも可
使えるチェーン店・コンビニ
・ドラッグストア
・家電量販店
・居酒屋
・その他多数(小規模店舗でも)
・コンビニ
・ドラッグストア
・スーパー
・家電量販店
・アパレル
・ショッピングモール
・アウトレットモール
・空港
・その他多数

楽天Edyは現役バリバリの電子マネーですが、やや古いタイプの決済方法です。

利用店舗数は非常に多いですが、大手ではイオン系で利用できません。

楽天Edyは歴史があるだけ、利用できる店舗は楽天ペイよりずっと多いものです。

楽天ペイは、スマートフォンのみで使える最新の決済方法です。利用可能店舗は続々と増加中です。

Androidスマートフォンの場合、この両方を使い分けることができます。

楽天EdyをiPhoneで使う場合、おサイフケータイジャケットなど付属機器を要します。Apple Payには対応していません。

楽天ペイとは?

楽天ペイのイメージ

画像引用元:楽天ペイアプリ – スマホ決済アプリで、かんたんお得にキャッシュレス

「○○ペイ」という言葉を聞いたことのない人は、ほぼいないでしょう。

スマートフォンとレジとを、QRコードによって結び付ける「QRコード決済」です。楽天ペイもこのひとつ。

利用可能店舗についてですが、実態としてはライバルのPayPayやLINE Payほどには、使えるお店が多くはありません。ですが、急速に増えています。

QRコード決済もたくさんあって、どれを使えばいいか迷う中で、楽天ペイの“強み”は何なのでしょうか?

それは、圧倒的な還元率です。これは後述します。

楽天ペイは何が便利?

最も基本的な楽天ペイの使い方ですが、楽天ペイアプリにクレジットカードをセットして使います。

これによって楽天ペイを通して、クレジットカード決済ができるわけです。

「どうせクレジットカードの決済になるのなら、楽天ペイを使わず直接カードで支払ってもいいのではないか?」と疑問を持つ人もいるでしょう。

ですが、楽天ペイのようなQRコード決済は端末の導入費用が掛からないため、クレジットカード決済を導入していない小規模店舗でも導入している可能性は高いわけです。

ユーザーの立場からしても、楽天カードで決済するより、ポイントを多く付けてくれる楽天ペイで決済するほうが得ですよね。

持ち歩くクレジットカードの数を絞れるメリットもあります。

楽天ペイの隠れたメリット

楽天ペイには、楽天スーパーポイントの利用に関して隠れたメリットがあります。

楽天スーパーポイントを決済に利用できる点です。

これによって、まず単純にポイント利用可能店舗が拡がります。楽天スーパーポイント加盟店と別に、楽天ペイ加盟店が存在するためです。

次に、楽天ユーザーは楽天市場や楽天カードのキャンペーン等で、しばしば期間限定の楽天スーパーポイントをもらいます。

この「期間限定の楽天スーパーポイント」を実店舗で使うためにも、楽天ペイはとても便利です。

これは期限と移行制限のないポイントだけをチャージして使える、楽天Edyにはない機能です。

楽天ペイの使い方

楽天ペイには楽天カード以外もセット可能です。ただしVISA、Mastercardのみです。

アプリの「設定」から「お支払元の設定」に進み、カードをセットすると準備OKです。

決済方法には、3種類あります。

  • レジでスマートフォンに表示されるQRコードをスキャンしてもらう(コード払い)
  • レジにあるQRコードをスマートフォンで読み取る(QR払い)
  • QRコードを使わず、アプリ内に表示されるお店を選択して支払う(セルフ払い)

コンビニやドラックストアは、ほぼコード払いに対応しているので簡単です。

アプリのトップページを開き、レジで出すと読み取ってもらえます。

小さなお店ではQR払いの方式が多く、今後は小規模店舗を中心に増えていくでしょう。

そこで、今回はQR払いの手順を解説します。

1アプリから「QR読み取り」をタップし、カメラを開く

楽天ペイQR払い
楽天ペイQR払い

2レジに設定されているQRコードを読み込む

楽天ペイQR払い

3金額を教えてもらい、自分でアプリに入力する

楽天ペイQR払い

4店員に確認してもらって、決済ボタンをスライドさせる

楽天ペイQR払い

画像引用元:支払い方法 – 楽天ペイアプリ

楽天ペイでの決済が終わると、セットしたクレジットカードでも同時に決済されています。

楽天ペイをクレジットカードなしで使うには

楽天ペイでは、クレジットカード、楽天スーパーポイント以外に楽天キャッシュを使って支払うことも可能です。

楽天キャッシュとは、他人とのやりとりもできる電子マネーですが、現金からチャージすることもできます。

楽天キャッシュの概要

画像引用元:楽天ペイ: 楽天キャッシュにチャージして簡単お支払い!

以下、楽天キャッシュにチャージする方法です。

  • 楽天カードからチャージ(楽天ペイアプリを使う)
  • 楽天銀行からチャージ
  • 楽天ラクマの売上を楽天キャッシュに移行
  • 他人に楽天キャッシュを送ってもらう

楽天カードから楽天キャッシュへのチャージでも楽天スーパーポイントが付きますが、楽天ペイで直接、楽天カードを使うときと比べて還元率が半分(0.5%)となるため、あまりいい使い方ではありません。

楽天ペイ利用のために楽天キャッシュにチャージするのはもったいないので、この方法は他人に送る際に使いましょう。

楽天ペイの還元率

キャッシュレスのステッカー

画像引用元:消費者の皆様 TOP | キャッシュレス消費者還元事業

楽天ペイで支払うと、2020年6月30日(消費者還元事業の最終日)までは、赤いステッカーの貼ってある消費者還元対象のお店で、すべて5.0%還元になります。

コンビニなど2.0%還元のお店でも、楽天ペイなら5.0%還元になります。

さらに2020年3月2日までは、すべての店舗で5.0%還元となります。

すべての店舗での5.0%還元については、2020年1月1日から第2弾に入ります。ですから、3月3日以降に第3弾がある可能性も残されています。

楽天ペイ以外のQRコード決済と、消費者還元対象でない一般のお店での還元率を比較してみます。

決済名還元率備考
楽天ペイ5.0%2020年3月2日までは確定。延長の可能性あり。
PayPay1.5%2020年2月より、Yahoo!カードとセットで使った場合のみ
LINE PAY0.5%~2.0%利用実績で変動
d払い0.5%20%以上還元のキャンペーンが多い
Origmi Pay1.0%~3.0%割引による還元

もっとも普及しているPayPayが2020年2月から還元率を下げるため、楽天ペイの独走が目立ちます。

楽天ペイを使わないということは、常に5.0%還元のチャンスを逃しているわけです。

さらに、楽天ペイに楽天カードをセットして使うと、合計6.0%還元となります。

楽天Edyとは?

楽天エディ

画像引用元:楽天Edy:ポイントがドンドン貯まる便利でお得な電子マネー – Google Play のアプリ

楽天ペイより、ずっと歴史が古いのが楽天Edy。Edyとして2001年にスタートしています。

楽天EdyはFelica電子マネーの一種

Felicaは日本独自のタッチ式決済で、駅の改札を通過する際に利用する交通系電子マネーが有名です。

Felica電子マネーの使い方は、端末にタッチする(かざす)という共通したものですが、2種類に分かれます。

チャージの必要なものと、必要でないものです。

  • プリペイド式・・・チャージが必要なもの
  • ポストペイ式・・・クレジットカード等の決済となるので、チャージ不要のもの

楽天Edy以外のFelica電子マネーには、このようなものがあります。

《プリペイド式》

  • 交通系電子マネー(Suica等)
  • nanaco
  • WAON

《ポストペイ式》

  • iD
  • QUICPay

楽天Edyはプリペイド式であり、クレジットカードや現金からチャージができます。

楽天スーパーポイントなど、共通ポイントやクレジットカードのポイントからの移行も可能です。

チャージ額の0.5%のポイントがクレジットカード利用分として付き、楽天カードからのチャージがお勧めです。

楽天Edyの種類

楽天Edyの基本のタイプは3種類あります。

  • 楽天ポイントカード一体型
  • 楽天カード一体型
  • スマートフォン

それぞれを比較します。

 楽天ポイントカード一体型楽天カード一体型スマートフォン
初期費用330円(税込)―楽天市場で販売なし(楽天カードにあらかじめ500円分チャージ済)なし。
ただしiPhoneで使うためには別売のおサイフケータイジャケット等が必要。
オートチャージiPhone用「パソリ対応楽天Edyアプリ」がある場合のみ可(2021年サービス停止)
現金チャージコンビニ等のレジ・セブン銀行ATM等でコンビニ等のレジ・セブン銀行ATM等でコンビニ等のレジ・セブン銀行ATM等で。
銀行から。
クレジットカードからのチャージパソコン(に加え楽天Edyリーダー等)またはスマートフォンがあれば可パソコン・スマートフォンがあれば可スマートフォンのみで完結
クレジットカードからのチャージにつき付記ローソン等で使う場合を除き、Famiポートでチャージの受取りが必要ローソン等で使う場合を除き、Famiポートでチャージの受取りが必要なし
便利な使い方現金チャージオートチャージクレジットカード・銀行から随時チャージ
楽天カードと併せて使うメリット組み合わせるのがやや困難一体型なので利便性よしポイントを統一して貯められる
短評初期費用も掛かるしクレジットカードとの相性も悪い。カードのデザインを選べるメリットがあるぐらい。
店舗で買える提携カードも多数。
キーホルダー型もあり。
楽天カードに付いている。オートチャージなら手間いらずで快適。オートチャージも、随時のチャージも便利。
楽天スーパーポイント以外も貯められる。
iPhoneで使うのはやや面倒

オートチャージは残高がなくても自動でチャージがされ、買い物できる機能です。

ただし、オートチャージが機能する店舗は限られますので、注意してください。

ローソン、ファミリーマートなら大丈夫です。

楽天Edyの還元率

楽天Edyと楽天カードを組み合わせて使えば、利用時とチャージ時にそれぞれ楽天スーパーポイントが貯まります。

《楽天Edyのポイント還元率》

  • 楽天カードからのチャージ・・・0.5%
  • 楽天Edyでの決済・・・0.5%

併せると1.0%で、楽天カードの直接決済の場合と同じです。

ただし、楽天Edyのポイント還元は利用金額200円ごとに2ポイント(2円)なので、切り捨てられる端数の分、カード直決済より若干の損をします。

とはいえ、特にカード一体型についてはキャンペーンがたびたび行われていて、チャージ時のポイントが増えます。

直接のカード決済よりむしろ、得になる場合が多いでしょう。

モバイル楽天Edyなら、楽天スーパーポイント以外も貯められるが

モバイル楽天Edyなら、楽天スーパーポイント以外のポイントが貯まる設定にすることもできます。

一例として、次の各ポイントです。

  • ANAマイル
  • Ponta
  • Tポイント
  • エポスポイント

とはいえ、楽天のサービスを使う人なら楽天スーパーポイントの設定にしておいたほうが得です。豊富なキャンペーンが受けられるからです。

もっとも楽天スーパーポイントも含めて「200円=1ポイント」なのに対し、ANAのマイルは「200円=1マイル」です。

1マイルは一般的に1円より価値が高いので、ANAマイルに関しては独自の価値があるでしょう。

楽天ペイと楽天Edyの使い分けは?

楽天ペイとSuica

画像引用元:楽天ペイアプリ – スマホ決済アプリで、かんたんお得にキャッシュレス

楽天ペイと楽天Edyとは、どちらかを選ぶ必要はありません。両方とも使えばいいのです。

スマートフォンなら両方を使うことができます。特にAndroid端末なら、オプションなく、楽天Edyをすぐ始められます。

クレジットカードの楽天カードを持っている人なら、なおさら両方使う価値があります。

そして、使えるお店は現状、楽天ペイと楽天Edyでそれほど重複してはいません。

重複しているのは、コンビニやチェーン系のドラッグストア。かなり多種類のキャッシュレス決済が可能なお店に限られます。

重複している場合、楽天ペイのほうがポイント還元率が有利なので、優先して使うといいでしょう。

オンラインショップでも、どちらかが使えるお店が増えていますが、重複はあまりありません。

楽天スーパーポイントを使って支払う際の利便性には、差があります。

楽天ペイの場合は、先に述べた通り、期間限定の楽天スーパーポイントも利用して決済できます。

楽天Edyについては期間限定のポイントだけでなく、他のクレジットカード等から移行した楽天スーパーポイントもチャージには使えません。

楽天ペイと楽天Edyの違いと特色

楽天ペイと楽天Edyの違いと特色を見てきました。

ぜひ、楽天カードと紐付けて活用し、ポイントをざくざく貯めてください。

楽天ペイと楽天Edy
  • どちらも楽天カードとの組み合わせで威力を発揮する
  • 楽天スーパーポイントを貯めるのにどちらも便利
  • 楽天ペイはQRコード決済、楽天EdyはFelica電子マネー
  • どちらか選ぶものではない。楽天ペイも楽天Edyも両方便利に使える
  • 楽天ペイの還元率は、他の決済方法と比べても圧倒的(2020年1月現在)

電子マネーとスマホ決済

最新クレジットカード比較!【クレジットカードの通信簿(クレ通)】