Suica対応のおすすめクレジットカード|定期とチャージで賢くポイント貯蓄

Suica(スイカ)はJR東日本を中心に、電車を利用している人に重宝されている交通系電子マネーです。

街を見ていても、切符を買っている人よりもスマホやカードを改札口にかざして電車を利用する人の方がかなり多くなってきましたよね。

関東圏に住んでいる人にとっては、生活に欠かせない必需品ではないでしょうか。

Suica対応のおすすめのクレジットカード
  • ビックカメラSuicaカード
  • ルミネカード
  • ビュースイカカード
  • JALカードSuica
  • JRE CARD

今回は、そんなSuicaに対応しているおすすめのクレジットカードを紹介します。

今回は、Suicaとの相性が良いクレジットカードを5枚厳選しました。

あわせて、Suica対応のクレジットカードの選び方なども解説するので、参考にしてくださいね。

トップ画像引用元:JR東日本

Suica対応のクレジットカードは「ビューカード」が最強!

Suica対応のクレジットカードは、正直「ビューカード」一択です。

ビューカードとは、JR東日本系クレジットカード会社「株式会社ビューカード」が発行するクレジットカードです。

色々な企業や商業施設と提携してクレジットカードを発行しており、カードによって特典やポイント還元率が大きく異なる点が特徴です。

そんなビューカードについて、まずは見ていきましょう。

ビューカードとは?

画像引用元:ビューカードはSuicaを便利に使えるJR東日本グループのクレジットカード

ビューカードは、JR東日本の子会社である株式会社ビューカードが発行しているクレジットカードです。

ビューカード自体が発行しているクレジットカードをはじめ、さまざまな企業や商業施設と連携して作られたビューカードもあり、種類は多数あります。

SuicaもビューカードもJR東日本グループが扱うサービスですから、両者の相性の良さは間違いありません。

ビューカードによるSuicaチャージでポイント1.5%還元

ビューカードの大きな特徴は、Suicaにクレジットチャージしたときのポイント還元率が1.5%である点です。

ビューカードにはさまざまな提携カードがありますが、どのカードもSuicaのチャージによるポイント還元率は一律です。

1円も還元されない現金チャージに比べると、ビューカードによるクレジットチャージは大変お得です。

クレジット・Suica・定期券の一体型も

ビューカードはSuicaや定期が一体型になっているクレジットカードが多いのも特徴です。

そのため、複数のカードをわざわざ持つ必要がなく、クレジット機能からSuica、定期まで1枚のカードが担ってくれるのです

ビューカードは利便性にも優れています。

オートチャージに対応

ビューカードはオートチャージに対応しています。

本来事前にチャージしたお金を使って電車を利用するSuicaですが、オートチャージなら残高が不足した時点で自動的にチャージされます。

つまり、事前にチャージする必要も、残高を気にする必要もありません。改札口で残高不足に気づくこともなく、急いでいる時も安心です。

モバイルSuicaのオートチャージもビューカードのみ対応

スマホをピッとかざせば改札を通ることができるスマホアプリサービス「モバイルSuica」のオートチャージに対応しているのは、ビューカードのみです。

他のクレジットカードでモバイルSuicaに登録しても、オートチャージはできません。

モバイルSuicaを利用している人は、ビューカードで登録し、オートチャージの設定をすることで利便性がより高まるでしょう。

チャージポイント還元以外の特典はクレジットカードによる

チャージ時のポイント還元率は一律ですが、その他のサービスに関してはクレジットカードによって大きく異なります

年会費、お店での利用によるポイント還元率など、クレジットカードを選ぶ上で重視する点が異なってくるので、複数のビューカードを比較して決めると良いでしょう。

Suica対応クレジットカードでおすすめなのはビューカード

  • JR東日本グループが発行するクレジットカード
  • Suicaチャージ時のポイント還元率は1.5%
  • Suicaや定期をクレジットカードと一体化できる
  • ビューカードならオートチャージにも対応しておりモバイルSuicaとも相性良し
  • 各種ビューカードを比較しあなたに合ったカードを選ぼう

次のページでは、具体的におすすめしたいビューカードを挙げていきます。
スマホのSuica払いが多い方向けのおすすめ設定とクレジットカード