確定申告の必要書類は?どこでいつまでにもらってどう書けばいいか

個人事業主やフリーランスの人だけでなく、仕事を掛け持ちしている人には、確定申告はごく身近にある話題ではないでしょうか。

確定申告は納税のために必要で、納税は国民の義務でもありますが、面倒・手間がかかるというイメージを持つ人も多いでしょう。

そんな確定申告に必要な書類は下記の通りとなります。

確定申告に必要な書類とは
  • 本人確認書類
  • 所得と収入をまとめた申告書
  • 印鑑・銀行の届印・口座情報等
  • 控除を受けるための証明書
  • 所得を証明する書類

このように、必要書類を揃えるだけでもかなり面倒であることがわかります。

しかし、確定申告をしないと延滞税などのリスクがあり、必要以上に税を支払わなければいけません。

そこで今回は、確定申告に必要な書類やどこでいつまでに書類をもらうべきなのか、そしてどのように書けば良いのかについて解説をします。

確定申告の必要書類と必要なもの

まず、確定申告において必要になる書類などについて解説します。

確定申告をする場合、控除や収入等の証明書が多数必要になるので注意しましょう。

また、本人確認書類についても、マイナンバーが確認できるものがないと本人確認ができないので、マイナンバーがわかる書類の用意が必要となります。

本人確認書類

免許証

まず、本人確認書類が必要になります。

  • マイナンバーが確認できる書類
  • 身元を証明できる書類

マイナンバーカードの原本があれば問題ありませんが、ない場合はマイナンバーが確認できる住民票と身元のわかる運転免許証等が必要となります。

確定申告にはマイナンバーがわかるものが必須となるということを、しっかりと覚えておきましょう。

申告書

収入や所得金額、控除金額等を全てまとめた書類のことです。

確定申告書には申告書Aまたは申告書Bの2つの種類があります。

違いについては後述しますが、初めて確定申告をするという人はしっかりと税務署でどちらを選ぶべきか聞くことをおすすめします。

印鑑

シャチハタは不可なので気をつけましょう。

また、口座振替による納付を希望する場合は、銀行の届印も必要となるので注意してください。

口座情報がわかるもの

納付を口座振替等で行う場合、口座情報のわかるものが必要となります。通帳があれば大丈夫です。

また、口座振替の場合は銀行の届印も必要となります。

所得を証明する書類

所得を証明する書類も必要になります。

  • 源泉徴収票
  • 支払調書
  • 青色申告決算書
  • 年間取引計算書
  • 土地等の譲渡売買契約書、購入時の書類等
  • その他所得を証明できる書類

給与所得のある人は、職場の年末調整の際にもらえる源泉徴収票があれば問題ありません。

株取引等で一定の収入がある人は、取引をしている証券会社が発行する年間取引計算書、不動産を譲渡した・不動産を他者に貸している場合は、それを証明する書類が必要となります。

控除を受けるための書類

控除を受けるための書類は以下のようなものが挙げられます。

  • 交通費明細書
  • 医療費の領収書

また、住宅ローンの控除を初めて受ける人の必要書類は下記の通りです。

  • 住宅借入金等特別控除額の計算明細書
  • 住民票の写し
  • 売買契約書の写し
  • 登記事項証明書の原本
  • 金融機関の住宅ローンの残高証明書

尚、寄附を行った人は、下記の書類が必要となります。

  • 寄附した団体から交付される寄附金の受領証
  • 法人や信託が適格であることの証明書又は認定証の写し

このように、控除の対象となるものの支払いを証明できるものがあれば、各種控除が適用されます。

確定申告書はいつまでにもらうべきなのか

確定申告書はいつまでにもらうべきなのでしょうか。

一般的に、確定申告の申告期日は3月15日までとなっています。

2019年度の確定申告は土日を挟むため2020年3月16日(月)までとなります。

確定申告の期日を過ぎるとペナルティが課せられるため、確実に3月15日までには提出しておきたいところです。

そのため、なるべく早めにもらって早めに準備するのが吉でしょう。

大体1月後半までには入手が可能

税務署も役所も、ネットでの書類のダウンロードも、大体1月頃に入手が可能となるようです。

税務署や役所で用意されているものをもらう場合、1月下旬に用意されていることが多いそうです。

ネットでの印刷は1月上旬頃には用意されていることが多く、より早く手に入れたい場合は印刷がおすすめです。

税務署や役所でもらう場合、あまりに早すぎると前年度の書類しか置かれていない場合が多いようです。

そのため、大体1月下旬を目安に税務署や役所に行くと良いでしょう。

郵送も直接受け取る場合も大体1月中に入手は可能

郵送で必要書類を受け取る場合も、大体1月中にはもらえるようです。

役所でもらう場合と印刷する場合を含めて総合的に見ると、書類が手に入るのは1月中ということになります。

申告期限は一般的に3月15日なのでなるべく早めに手に入れるべき

申告期限は毎年3月15日が一般的です。※土日が挟む場合は後日となります。

2019年度確定申告の申告期限は2020年3月16日(月)なので気をつけましょう。

最短でも1月中にもらえるということを考えると、申告するまでに約2ヶ月ほど時間があることがわかります。

記入欄が多く計算もしなければいけないので、なるべく早めに入手して準備すべきでしょう。

確定申告書はいつまでにもらうべきなのか
  • 1月後半までには入手が可能
  • 早すぎると前年度の書類しかない場合がある
  • 郵送の場合も大体1月中に受け取りが可能
  • 提出期限は3月15日なのでなるべく早めに用意するべき
確定申告が必要な人の条件|しなくていい金額としないリスクを解説

次のページでは、確定申告書をどこでもらうか、について解説します。