クレジットカードおすすめランキング

リボ払いとは?メリットとデメリットを理解して賢く利用する方法

リボ払い

月々の支払額を一定に設定できる「リボ払い」

最近では、どこのカード会社もリボ払いをおすすめしていますが、皆さんはリボ払いの仕組みをきちんと理解していますでしょうか。

リボ払いの種類や支払い方法、手数料など、細かく把握していなければ上手に活用することはできません。

そこで今回は、「リボ払いとは」というテーマで詳しく解説していきます。

リボ払いのメリット・デメリットやどんな人におすすめの支払い方法なのかを、しっかりと理解していきましょう。

リボ払いとは
  • リボ払いは毎月の支払額を一定にする支払い方法
  • リボ払いは支払い残金に手数料が加算される
  • 手元にお金がない時などに便利
  • 使い方によっては支払いを終えるのが難しくなるので注意

リボ払いは支払額を一定にし、手数料とともに返済

クレジットカードでたまったポイント

リボ払いは「リボルビング払い」の略で、クレジットカードの支払い方法を表す言葉です。

クレジットカードには従来「一括払い」や「分割払い」といった支払い方法がありますが、それに加えて「リボ払い」があります。

リボ払いでは、毎月の支払い金額をあらかじめ設定し、決まった金額を毎月返済していきます。

分かりやすくするために、単純な具体例で説明します。

毎月の支払い金額を「1万円」に設定し、「10万円」のお買い物をした場合、10万円を一括で返済するのではなく、毎月1万円ずつ返済していくという仕組みです。

また、残金には手数料が課せられます。上記の例の場合、1回返済すると残金は9万円です。その9万円に手数料がかかるのです。

リボ払いは毎月の支払い額が一定になるだけでなく、残金に対して手数料が加算されるため完済時の支払い金額は当初よりも高くなるという特徴があります。

リボ払いは支払い額、分割払いは支払い回数を一定に

利用代金を毎月少しずつ支払うという意味では「分割払い」と似ていますが、「リボ払い」と「分割払い」は異なる支払い方法です。

「分割払い」は、商品代金に対して支払い回数を定めて、元金を回数で割った金額が毎月の支払い額となります。

例えば、「10万円」のお買い物をして、支払いを「4回払い」に設定した場合、以下のようになります。

10万円 ÷ 4回 = 1回あたりの支払額:25,000円

「リボ払い」は利用代金の支払い回数ではなく、支払い金額を設定する支払い方法です。

商品ごとにリボ払いを設定することもできますし、毎月の利用代金を全てリボ払いにするといった使い方もできます。

また、どちらの支払い方法にも残金に対して手数料がかかるという点は共通しています。

リボ払いの主な種類

リボ払いにはいくつかの種類があります。

カード会社によって利用できるリボ払いは異なりますが、主に以下の3つがあるので違いを理解しておきましょう。

商品ごとにリボ払い

お買い物をした際に支払い方法をリボ払いに設定するという方法です。

商品ごとに支払い方法が決められるので、「あの買い物は一括払い」「この買い物はリボ払い」といった使い分けが可能です。

基本的に会計時に支払い方法を尋ねられるので、そこで「リボ払いで」と言えば設定できます。

支払い後にリボ払いに変更

お買い物後に利用代金を後からリボ払いに変更するという方法です。

商品単位ではなく、毎月の利用代金の合計金額をまるごとリボ払いに設定することもできます。

「今月使いすぎたな」「手元にお金がない」などクレジットカードの請求金額を一括で支払うのが難しい場合に便利です。

通常の支払い方法を一括払いにして、ピンチのときにリボ払いを使って支払額を一定にすれば負担を軽減できます。

自動リボ払い

わざわざ支払い方法を選択しなくても、カードの利用代金が自動的にリボ払いになるという方法です。

最近では、リボ払い専用のクレジットカードがあり、そういったカードでは自動リボが採用されています。

リボ払いの計算方法・具体的な支払いイメージを解説

ここでは、リボ払いの具体的な支払いイメージや手数料の計算方法について解説します。

  • リボ払いの金利は15.0%程度
  • 【手数料】=【支払い残高】×【金利:15.0%】×【31日】÷【365日】
  • 支払い総額は元金よりも高くなる

リボ払いの手数料についてはカード会社によって異なりますが、ほとんどの場合「年率15.0%程度」になっています。

主なカード会社の金利を比較してみましょう。

カード会社リボ払いの金利
三井住友カード15.0%
JCBカード15.0%
アメックスカード14.9%
セゾンカード15.0%
オリコカード15.0%
楽天カード15.0%
ヤフーカード18.0%
dカード15.0%
ANAカード15.0%
ビューカード13.2%
イオンカード15.0%
エポスカード15.0%

毎月の支払い残高に対して、この手数料が上乗せされるので、計算方法としては以下のようになります。

【手数料】=【支払い残高】×【金利:15.0%】×【31日】÷【365日】

例えば、2020年1月1日に「10万円」のお買い物をして、毎月の支払い金額を「1万円」に設定した場合を考えてみましょう。

ここでは、JCBのショッピングリボ払いのシミュレーションを活用してみました。

支払い日支払い残高リボ払い手数料支払い金額
2020年2月10日90,000円10,000円1,065円11,065円
2020年3月10日80,000円10,000円1,069円11,069円
2020年4月10日70,000円10,000円1,016円11,016円
2020年5月10日60,000円10,000円860円10,860円
2020年6月10日50,000円10,000円762円10,762円
2020年7月10日40,000円10,000円614円10,614円
2020年8月10日30,000円10,000円508円10,508円
2020年9月10日20,000円10,000円381円10,381円
2020年10月10日10,000円10,000円245円10,245円
2020年11月10日0円10,000円127円10,127円

見ての通り、毎月支払うの設定金額に手数料が上乗せされた形で請求されます。

当然ながら支払い総額は元金よりも高くなってしまいます。

リボ払いの4つのメリット

支払い金額のイメージ

リボ払いの特徴を抑えたところで、ここからはリボ払いの4つのメリットについて見ていきましょう。

  • 毎月の支払額を一定にできる
  • 手元にお金がないときに役に立つ
  • お金の管理が楽になる
  • 支払い金額を自由に設定できる

メリットを理解した上で上手に活用できるようにしましょう。

毎月の支払額を一定にできる

リボ払いの最大のメリットは「毎月の支払い金額を一定にできる」という点です。

一括払いだと月によって支払い金額が変動しますよね。

高額な買い物をした月の負担が大きくなってしまうため、家計のバランスが乱れてしまう可能性があります。

リボ払いでは、毎月の支払い金額を一定に固定することで支出のバランスを整えられるのです。

また、見方を変えれば「お金で時間を買っている」と考えることも。

毎月使えるお金が1万円しかない場合、10万円の商品を一括で買おうとすると10ヶ月貯金しなければなりません。

リボ払いを使えば手数料によって支払い総額は約11万円と増えてしまうものの、欲しかった10万円の商品がすぐに買えてしまいます。

この10ヶ月の期間を短縮するために手数料を支払っていることになるので、賢く使えば便利な支払い方法として活用できます。

手元にお金がないときに役に立つ

クレジットカードを使い過ぎた月は、一括で払えるだけの現金が手元にないという状況も考えられます。

リボ払いにしておけば、毎月の支払い金額を少ない額に一定できるので、使い過ぎた月でも安心です。

普段リボ払いを使わないという人でも、使い過ぎてピンチになってしまったときは利用してみるといいでしょう。

お金の管理が楽になる

毎月の支払い金額が一定になると、家計の管理が楽になるというメリットも生まれます。

一定の支払い金額さえ確保しておけば良いので、家計のやりくりも簡単にでき、無理なく返済を続けられます。

支払い金額を自由に設定できる

リボ払いの支払い金額は、自由に切り替えることが可能です。

毎月1万円ずつ返済していたけど、完済を早めるために2万円に繰り上げたり、リボ払いの残金を一括で支払ったりするなど、柔軟に対応することが可能です。

例えば、会社にお勤めの方でボーナスが支給されるのであれば、普段の支払額をリボ払いで少なく抑えて、ボーナスが出た月に一括で完済するといった使い方ができます。

生活スタイルや収入形態などに応じて、さまざまな支払い方法と組み合わせて利用することで、自分に合った返済スタイルが実現できます。

リボ払いの4つのデメリット

次に、リボ払いのデメリットも見ていきましょう。

  • 支払い総額が一括払いよりも高くなる
  • 手数料が高い
  • 支払いを終えるのが難しくなる場合がある
  • 支払額が一定なので使い過ぎてしまう

リボ払いにはメリットが多い半面、デメリットも多く、実は注意して使わないと大変なことになってしまいます。

デメリットをしっかりと把握して、上手に利用できるようにしてください。

支払い総額が一括払いよりも高くなる

リボ払いの残金に対して手数料が発生するため、当然ながら支払い総額は元金よりも高くなってしまいます。

例えば、10万円のお買い物を毎月1万円のリボ払い(年率15%)で購入した場合、支払い期間は10ヶ月で、支払い総額は106,647円になります。

リボ払いにすることで、6,647円多く支払うことになるのです。

月々の支払額をもっと抑えたいからと毎月5,000円として、他の条件は上記と同じにした場合、支払い期間は20ヶ月で、支払い総額は112,883円です。

(※JCBのショッピングリボ払いのシミュレーションを活用して計算)

もちろん、上記のようなメリットを得る代わりに手数料を支払っているという見方もできますが、安易にリボ払いを選択してしまうと、ただただ多く支払うだけになってしまうので注意しましょう。

手数料が高い

リボ払いの手数料はカード会社によって定められていますが、一般的に「年利15.0%程度」に設定されています。

この金利はその他のカードローンなどと比較しても高い水準にあります。

カード会社にとってみれば、無担保でお金を貸すようなものなので金利が高くなるのは当然なのですが、カードローンの金利では少額の借入金でも14.0%以下で借りられるものも多いです。

リボ払いは簡単に設定でき、すぐに利用を開始することができる半面、実はカードローンよりも高い金利で借金をしていることを理解しておかなければいけません。

支払いを終えるのが難しい

リボ払いでよくあるトラブルに「支払いを終えるのが難しい」というのが挙げられます。

先ほど紹介した10万円のお買い物を1万円のリボ払いに設定した例で考えてみると、一見10ヶ月で完済して終わりという印象を受けますが、その期間ずっとクレジットカードを利用しないわけではないでしょう。

返済中にもカードを使って買い物をして、利用金額をリボ払いに設定すると残金は増える一方です。

しかも、5,000円という少額の返済金額でも設定できてしまうリボ払いの特性上、返済が一向に終わらないという状況に陥ってしまいます。

よく「リボ地獄」という言葉を聞きますが、安易にリボ払いを設定してしまい「毎月5,000円の支払いで済むなんて楽だな」と考えていると残金がどんどん増えていきます。

特定のお買い物だけリボ払いに設定するのであればゴールも見えるのですが、返済中もリボ払いでカードを使っていると完済までの期間がどんどん延びていきます。

支払い期間中は手数料も加算されるので、返済期間が長ければ長いほど支払い総額は増えていくので注意してください。

支払額が一定なので使い過ぎてしまう

リボ払いは支払い金額を一定にすることができるので、感覚的に“お金を使った気になりにくい”ので注意してください。

「毎月5,000円払うだけでいい」と考えてしまい無計画にお金を使ってしまった結果、返済がいつまでも終わらないというケースも考えられます。

リボ払いを利用するときは、完済までのイメージを想像し、毎月の支払額や手数料を含めた支払い総額、返済期間を意識して使ってください。

リボ払いを賢く使うためのコツ

クレジットカードを利用する男性

リボ払いのメリット・デメリットの両面を把握した上で、賢く使うためのポイントを理解しましょう。

主に、以下の3つのポイントがあります。

  • 毎月の支払額は高く設定する
  • 余裕があるなら繰り上げ返済をする
  • リボ払い用のカードを作る

手数料が高く、使い方を誤ると「リボ地獄」に陥ってしまうので、事前に確認しておいてください。

毎月の支払額は高く設定する

リボ払いの支払い額は最低5,000円程度から設定できますが、支払い額を低く設定するといつま経っても返済が終わりません。

返済が長引くほど、手数料が積み重なっていき、損をしてしまいます。

リボ払いを利用するときは、「3万円」や「5万円」など短期間で返済が終えられる金額に設定をしてください。

余裕があるなら繰り上げ返済をする

リボ払いは返済期間が続くほどに手数料が膨れ上がっていきます。

そのため、余裕があるときにはリボ払いを解除して一括で完済するようにしましょう。

お金が手元にないときだけリボ払いを活用して、余裕があれば一括で返す。このように使えば、手数料が高くなったり、返済が長引いたりすることもありません。

リボ払い用のカードを作る

リボ払いの最中にまた新たな買い物をしてしまうと、返済期間を長引かせる原因となってしまいます。

リボ払いをするときは専用のカードを使い、通常の買い物は違うカードを利用するようにしましょう。

ゴールとなる返済期間をできるだけ延ばさないように、リボ払いを賢く使いましょう。

リボ払いの仕組み・メリット・デメリットを把握しよう

リボ払いの仕組みやメリット・デメリットについて解説しました。

あらためて、リボ払いのメリット、デメリットを振りかえっておきましょう。

リボ払いのメリット
  • 毎月の支払額を一定にできる
  • 手元にお金がないときに役に立つ
リボ払いのデメリット
  • リボ払いの手数料は年15.0%程度とカードローンよりも高い
  • 利用金額に注意しないと支払いが長期化して「リボ地獄」に陥る

「毎月の支払い額が一定になる」という言葉だけを鵜呑みにしていると、返済期間が長期化して「リボ地獄」に陥ってしまいます。

リボ払いは手数料が高く、返済期間が長くなるほど支払い総額が高くついてしまいます。

柔軟で便利な支払い方法ではあるので、特徴をしっかりと理解した上で賢く使っていきましょう。