セゾンアメックスとアメックスの違い|年会費や特典・優待の差を比較

アメックスのプロパーカード同様、クレディセゾンが発行するアメックスのクレジットカードには、券面にセンチュリオン(百人隊長)が描かれています。提携カードではセゾンアメックスのみです。2つの違いを明らかにし、選ぶポイントを解説します。
  • 2020年4月11日
  • 2020年12月23日
セゾンアメックスとアメックス

「アメックス」と聞けば多くの人がクレジットカードを連想するはずです。

アメックスのクレジットカードは、セゾンアメックスとアメックスの2種類あります。

同じアメックスのカードですが、セゾンアメックスとアメックスには大きな違いがあるのです。

ここではセゾンアメックスとアメックスの違いについて解説します。

クレジットカードを選ぶ際にポイントとなる、年会費・特典・優待・付与されるポイントについて比較しながら紹介するので、クレジットカードの申し込みを検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

セゾンアメックスとアメックスの違い
  • クレジットカードの発行会社が違う
  • 年会費が違う
  • 特典が違う

※本記事の価格は全て税込みです。

魅力的な特典・優待がたくさん!セゾンカード特集

セゾンアメックスとアメックスの違い

アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンアメックスとアメックスのクレジットカードは、どちらもアメックスブランドのクレジットカードです。

そのため、セゾンアメックスもアメックスも同じクレジットカードだと思っている人もいるのではないでしょうか。

実は、セゾンアメックスとアメックスには大きな違いがあるのです。

ここでは、セゾンアメックスとアメックスの違いについて解説します。

発行しているクレジットカード会社の違い

セゾンアメックスとアメックスの大きな違いは、クレジットカードの発行元です。

セゾンアメックスは、株式会社クレディセゾンから発行されています。

一方で、アメックスはアメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッドから発行されているという違いがあります。

クレディセゾンは、アメックスのクレジットカードにあるローマ兵のデザインを利用する権利があるため、セゾンアメックスとアメックスのカードは似たデザインになっています。

年会費の違い

セゾンアメックスとアメックスでは、年会費に違いがあります。

種類セゾンアメックスアメックス
プラチナ22,000円143,000円
ゴールド11,000円31,900円
ブルー/グリーン3,300円13,200円
パール1,100円なし

アメックスの方が年会費が高めです。

セゾンアメックスのゴールドカードがアメックスのグリーンカードと同じ価格帯になっています。

また、セゾンアメックスの最も年会費が高いプラチナカードですが、アメックスのゴールドカードよりも年会費が安いので、両者の年会費の違いは歴然でしょう。

セゾンパール、セゾンゴールド、セゾンブルーは初年度年会費が無料で、かつ、セゾンブルーは26歳になるまで年会費無料となっています。

セゾンパールは実質年会費無料

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードの年会費は、入会した初年度は無料です。

翌年から1,100円の年会費が発生しますが、年に1回以上利用すれば無料になります。

そのため、クレジットカードを日常的に利用する人であれば、年会費は実質無料でずっと利用することが可能です。

クレジットカードに付く特典の違い

セゾンアメックスは、国内で利用する際に活用できる特典が多いです。

  • ポイントの有効期限がない
  • 全国の西友、リヴィン、サニーで5%オフ
  • Loftで5%オフ(ブルー・ゴールド・プラチナのみ)
  • パルコで5%オフ(ゴールド・プラチナのみ)
  • セブンイレブン・イトーヨーカドーでnanacoポイントが貯まる

幅広い人に向けた特典があることが特徴です。

また、セゾンアメックスで貯めたポイントは、有効期限がないので失効してしまう恐れがありません。

一方で、アメックスはセゾンアメックスと比べると年会費が高いですが、その分上質な特典が豊富です。

  • コンシェルジュサービス(プラチナ以上のみ)
  • レストランを2名以上で利用すると1人無料(ゴールド・プラチナのみ)
  • 旅行保険は家族特約付き
  • 空港と自宅間、優待料金でタクシーを利用できる
  • エクスペディアの優待
  • 高級ホテルでの値引き

アメックスは空港・旅行関係のサービスが豊富で、富裕層向けの特典が多いという特徴があります。

アメックスの一部の特典を利用できる

セゾンアメックスでもアメックスの特典を利用できます。

アメックスの会員向けのサービスである「アメリカン・エキスプレス・コネクト」は、アメックス会員だけが利用できる特典やキャンペーンなどが掲載されているサイトです。

「アメリカン・エキスプレス・コネクト」はセゾンアメックスの会員も利用可能で、キャンペーンや値引きなどの特典を受けることができます。

空港ラウンジサービスの違い

セゾンアメックスのゴールドカードとプラチナカード、アメックスのグリーンカード、ゴールドカード、プラチナカードは空港ラウンジサービスが利用できます。

アメックスは、同伴者1名も一緒に無料で空港ラウンジが使えるなど、より贅沢な空港ラウンジサービスが利用可能です。

また、セゾンアメックスのゴールドカードとプラチナカードを持っている人は、「プライオリティ・パス」に申し込みできます。

セゾンアメックスと、アメックスのカードで利用できる空港ラウンジの数は同じですが、セゾンアメックスでプライオリティ・パスの会員になると、600以上の都市、148以上の国や地域の空港ラウンジを利用できます。

セゾンアメックスの特徴

セゾンアメックスのクレジットカードは4種類あります。

  • セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
  • セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
  • セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
  • セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

年会費が安く初心者におすすめのセゾンパールから、コンシェルジュを利用できるセゾンプラチナまで、様々なカードが揃っています。

ここでは、それぞれのカードの特徴について解説します。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
還元率ポイント0.5%〜1.0%
マイル0.3%
年会費初年度無料
2年目以降1,100円/年1回以上の利用で翌年無料
家族カード無料
旅行保険海外なし
国内
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
発行会社株式会社クレディセゾン
発行期間デジタルカードなら最短5分

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、年会費が入会した初年度は無料で、翌年からは1,100円かかります。

しかし、年に1回以上利用すると年会費が無料になります。

18歳以上(高校生除く)で電話連絡ができる人であれば誰でも申し込むことが可能なので、セゾンアメックスのクレジットカードの中でも手軽に申し込めるカードです。

ただし、国内・海外の旅行傷害保険が付帯していない点に注意しましょう。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
還元率ポイント0.5%
マイル0.3%
年会費初年度無料
2年目以降3,300円/25歳以下無料
家族カード無料
旅行保険海外最高3,000万円(自動付帯)
国内
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
発行会社株式会社クレディセゾン
発行期間最短即日発行可

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、入会した初年度の年会費は無料で、翌年からは3,300円かかります。

セゾンパールとセゾンゴールドの中間のカードで、ミドルクラスの位置付けです。

また、25歳以下の人は年会費が無料になります。

そして、セゾンパールには付帯していない旅行傷害保険が付いています

空港から自宅までの手荷物を無料で配達してくれる特典や、海外で利用するとポイントが2倍になるサービスがあります。

セゾンアメックスのクレジットカードが欲しい人で、空港や海外旅行で活用したい人におすすめです。

注意点としては、空港のラウンジサービスは利用できないことです。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
還元率ポイント0.67~1.0%
マイル0.37~0.6%
年会費初年度無料
2年目以降11,000円
家族カード1,100円
旅行保険海外最高5,000万円(自動付帯)
国内
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
発行会社株式会社クレディセゾン
発行期間最短3営業日

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、年会費や付帯する保険、特典などのバランスが取れたカードです。

入会した初年度の年会費は無料で、2年目からは11,000円かかります。

国内・海外旅行傷害保険が付帯していて、空港のラウンジサービスが利用可能です。

プライオリティ・パスに会員登録をすれば、より多くの空港ラウンジサービスを利用できるようになります。

海外旅行によく行く人は特典を存分に活用できるでしょう。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
還元率ポイント0.75%
マイル1.0%
年会費初年度22,000円
2年目以降
家族カード1枚につき3,300円
旅行保険海外最高1億円(自動付帯)
国内最高5,000万円(自動付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
発行会社株式会社クレディセゾン
発行期間最短3営業日(セゾンカウンター受取)

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードは、セゾンアメックスの最上位のクレジットカードです。

年会費は22,000円です。

しかし、年間200万円以上利用すると、次年度の年会費が11,000円と半額になります。

国内旅行傷害保険は最高5,000万円、海外旅行傷害保険は最高1億円と充実した内容です。

アメックスのプラチナカードに匹敵する特典を受けられる、コスパに優れたクレジットカードです。

しかし、コンシェルジュサービスではコンサートチケットの手配はできないので注意しましょう。

アメックスの特徴

アメックスのクレジットカードは3種類あります。

  • アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
  • アメリカン・エキスプレス・プラチナカード

では、3種類のアメックスのクレジットカードについて解説します。

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード
還元率ポイント0.3~1.0%
マイル0.5~1.0%
年会費初年度13,200円
2年目以降
家族カード6,600円
旅行保険海外最高5,000万円(利用付帯)
国内
ETCカード発行手数料935円
年会費無料
電子マネーQUICPay
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
発行会社アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
発行期間1~3週間

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)は、年会費が13,200円のクレジットカードです。

海外旅行傷害保険は、家族特約も付帯しています。

アメックスは、メンバーシップ・リワードというポイントが100円につき1ポイント貯まります。

貯めたポイントは、2,000ポイントで1,000マイルに移行できます(最少2,000ポイントから移行)。

メンバーシップ・リワード・プラスの会員になると、ANAマイルを1,000ポイント1,000マイルで移行(最少1,000ポイントから移行)できるようになるので、頻繁に海外旅行に出かける人におすすめです。

メンバーシップ・リワード・プラスは、年会費3,300円で登録できます。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
還元率ポイント0.33~1.0%
マイル0.5~1.0%
年会費初年度31,900円
2年目以降
家族カード1枚目:無料
2枚目以降:13,200円
旅行保険海外最高1億円(自動付帯 ※2021年7月1日より利用付帯に改定予定)
国内最高5,000万円(利用付帯)
ETCカード発行手数料935円
年会費無料
電子マネーQUICPay
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
発行会社アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
発行期間最短当日

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは、年会費が31,900円のクレジットカードです。

国内・海外旅行傷害保険やショッピング保険などの補償内容が充実していることが特徴です。

海外旅行傷害保険は、自動付帯なのでクレジットカードを持っているだけで保険が適用されます。

アメリカン・エキスプレス・プラチナカード

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
還元率ポイント0.33~3.0%
マイル0.5~3.0%
年会費初年度143,000円
2年目以降
家族カード無料 ※発行上限4枚
旅行保険海外最高1億円(自動付帯5,000万円)
国内最高1億円(利用付帯)
ETCカード発行手数料935円
年会費無料
電子マネーQUICPay
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
発行会社アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
発行期間1~2週間

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードは、年会費が143,000円のクレジットカードです。

アメックスのプラチナカードは、自分で申し込みができるクレジットカードの中で最上位のカードです。

年会費が高額な分、上質で充実した特典を受けることができます。

海外旅行傷害保険は自動付帯で、補償内容や補償額はトップクラスです。

また、ホテルの優待特典も付いており、「ヒルトンホテル」「マリオットホテル」「ラディソンホテル」「シャングリラホテル」の上級メンバーシップやVIPプログラムに登録できます。

登録すると、客室のアップグレードやレイトチェックアウトなどの特典を受けられます。

何を求めるかで自分に合ったカードを選ぼう

アメックスのカードを選ぶポイント
  • とにかくコスパ重視の人はセゾンアメックス
  • 上質な特典を受けたい人はアメックス
  • 豊富な特典は必要ない人はセゾンアメックス
  • 海外旅行によく行く人はアメックス

セゾンアメックスとアメックスの大きな違いは、クレジットカードの発行会社の違いです。

セゾンアメックスは、実質年会費が無料で利用できるカードやプラチナカードなど種類が豊富なので、様々な使い方に対応できるという特徴があります。

一方で、アメックスはセゾンアメックスよりも高額な年会費で、富裕層向けの特典が付いているものが多いです。

コスパ重視の人はセゾンアメックスが、ステータス重視の人はアメックスがおすすめです。

クレジットカードの使い方や、クレジットカードに何を求めるのかを考えて、自分にぴったりのアメックスのカードを見つけてみてはいかがでしょうか。