セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックス
  • 2021年6月16日
  • 2023年10月18日
当サイトには広告が含まれます

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスのメリットと特徴

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス・グリーン・カード(以下セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックス)は、2021年5月に新たに募集が開始された法人向けカードです。

1.0%のキャッシュバックと最長84日間の支払い猶予のいずれかのサービスを選択できるのが大きな特徴です。

本記事では、セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスについてまとめました。

メリット・デメリットやセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード(以下セゾンプラチナ・ビジネスアメックス)との違いもまとめているので参考にしてください。

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスのメリット
  • 「1%キャッシュバック」か「最大84日間支払い猶予」を選べる
  • 最大100枚まで発行できカード毎に利用枠の設定が可能
  • 最長15ヶ月分の利用明細が確認できる
  • 従業員も対象の海外・国内旅行傷害保険が自動付帯
  • 空港ラウンジサービスとプライオリティ・パスが無料
  • プラチナ会員専用のコールセンター
セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスのデメリット
  • 「キャッシュバック」と「支払い猶予」は選択型サービス
  • 高い年会費がかかる
  • 個人事業主は申し込めない

※本記事の価格は全て税込みです。

おすすめビジネスカード比較表
カード名セゾンプラチナ
ビジネスアメックス
セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
アメックスビジネス
ゴールド
アメックスビジネス・ゴールド
ダイナースクラブ
ビジネスカード
ダイナースクラブ ビジネスカード
セゾンコバルト
ビジネス・アメックス
セゾンコバルト・ビジネス・アメックス
年会費22,000円
条件付きで11,000円
36,300円27,500円1,100円
還元率0.5%〜1.0%0.33~1.0%0.3%~1.0%0.5%~
国際ブランドAmerican ExpressAmerican Expressdiners clubAmerican Express
キャンペーン最大3,000円相当
プレゼント
2023年10月2日〜12月31日
ご入会後4ヶ月以内に
400万円カード利用で

190,000ボーナスポイント
プレゼント
なし初年度年会費無料
申込対象年齢20歳以上
個人の方も申込可能
20歳以上ダイナースクラブ
所定の基準を満たす方
20歳以上
発行スピード最短3営業日2〜3週間2〜3週間最短3営業日
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
矢印

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスの特徴・基礎知識

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス・カード
還元率ポイント1.0%
マイル1.125%
年会費初年度無料(※2021年8月31日までに申し込んだ場合)
2年目以降27,500円
追加カード3,300円(※2021年8月31日までに申し込んだ場合は初年度無料)
旅行保険海外最高1億円(うち5,000万利用付帯)
国内最高5,000万円(自動付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
発行会社株式会社クレディセゾン
発行期間最短2~3週間

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスは、クレディセゾンとアメックスが提携して2021年5月より新たに募集を開始したプラチナカードです。

セゾンカードのビジネスカードのうち、新たに誕生した「ビジネス プロ・カード」の1つで、法人向けのカードです。

カード券面にはアメックスを象徴するセンチュリオンが採用されています。

1%キャッシュバックや最長84日間の支払い猶予が選択できる特典に加えて、手厚い旅行保険やプライオリティ・パスなど、質の高いサービスを受けられます。

従業員用の追加カードは1枚3,300円で99枚まで発行することが可能です。

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスのメリット・優待特典

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスのメリット・優待特典は以下のとおりです。

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスのメリット・優待特典
  • 「1%キャッシュバック」か「最大84日間支払い猶予」を選べる
  • 最大100枚まで発行できカード毎に利用枠の設定が可能
  • 最長15ヶ月分の利用明細が確認できる
  • 従業員も対象の海外・国内旅行傷害保険が自動付帯
  • 空港ラウンジサービスとプライオリティ・パスが無料
  • プラチナ会員専用のコールセンター

「1%キャッシュバック」か「最大84日間支払い猶予」を選べる

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックス

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスの大きな特徴が、以下のいずれかのサービスを選択できることです。

  • キャッシュバックサービス
    カード利用額の1.0%が自動でキャッシュバックされる
  • スキップ払いサービス
    利用日から支払いまでの期間を最大84日まで伸ばせるサービス

キャッシュバックサービスを選択した場合、カード利用額の1.0%が自動でキャッシュバックされるため、経費削減につながります。

一般的な還元率は0.5%程度が多く、経費の支払いで1.0%還元が受けられるのは大きなメリットですね。

一方スキップ払いサービスは、カード利用から支払いまでの期間を最長84日まで伸ばせる支払方法です。

毎月10日までにクレディセゾンに届いた利用分について、通常翌月4日の引き落としのところ翌々月4日の引き落としとなります。

支払いサイクルが伸びることで手元資金に余裕が生まれます。

キャッシュフロー改善に重点を置いている法人にとって、かなりメリットの大きいサービスだと言えるでしょう。

最大100枚まで発行できカード毎に利用枠の設定が可能

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスは、代表者カード1枚に加えて、従業員用の追加カードを最大99枚発行できます。

つまり、合計最大100枚までカードを発行することが可能です。

中には追加カードが数枚しか発行できないビジネスカードもあるので、従業員が多い法人にとってはありがたいですよね。

立替払いなどが不要になるため、従業員一人一人の事務作業の負担が減り、業務の効率アップにもつながるでしょう。

しかも、カード毎に利用枠を設定することが可能です。

従業員に合わせて柔軟に設定できるので、計画的に利用できるのはもちろん、管理体制も整えられます。

最長15ヶ月分の利用明細が確認できる

利用明細の確認

紙の利用明細書は発行されず、最長15ヶ月分の利用明細をWeb上で簡単に確認できます。

利用明細データはPDFやCSVでダウンロードも可能なので、企業に合った方法で管理でき便利です。

利用日や利用金額などの詳細が一目で確認できるので、事務作業の効率化が図れます。

それだけでなく、従業員ごとの経費支出が確認できガバナンスも高められます。

従業員も対象の海外・国内旅行傷害保険が自動付帯

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスには、最高1億円の海外旅行傷害保険と最高5,000万円の国内旅行傷害保険が付帯しています。

寄託手荷物の紛失や乗継・出発遅延の損害にも備えられます。

保険種類項目補償内容
海外傷害死亡・後遺障害最高1億円(うち5,000万利用付帯)
傷害治療費用300万円
疾病治療費用300万円
賠償責任5,000万円
携行品損害50万円
救援者費用300万円
寄託手荷物遅延費用10万円
寄託手荷物紛失費用10万円
乗継遅延費用3万円
出発遅延費用3万円
国内傷害死亡・後遺障害5,000万円(自動付帯)
入院保険金日額5,000円
通院保険金日額3,000円

代表者カードはもちろん、追加カードを発行した従業員も同様の内容で補償を受けることが可能です。

自動付帯なので、カード決済の有無にかかわらず、カードを保有しているだけで補償が受けられます。

ただし、カード決済がない場合、海外旅行傷害保険の傷害死亡・後遺障害が最高5,000万円に下がります。この点には要注意です。

空港ラウンジサービスとプライオリティ・パスが無料

プライオリティ・パス

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックス会員は、国内主要空港ラウンジを無料で利用できます。

代表者カードだけでなく、従業員用カードも対象です。

また、プラチナ特典として、代表者カードのみ通常429米ドルかかるプライオリティ・パスのプレステージ会員に無料で登録できます(429米ドル=約47,000円/1米ドル=110円の場合)。

プレステージ会員はプライオリティ・パスの会員プランのうち最もランクが高い会員資格で、世界1,300ヶ所以上の空港ラウンジを無料で利用することができます。

出張時、搭乗までの時間の有効活用に大いに役立ってくれるでしょう。

なお、従業員カードはプライオリティ・パスに登録できません。

プラチナ会員専用のコールセンター

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスの会員は、プラチナ会員専用のコールセンターを利用できます。

24時間365日、出張や会食の手配などのさまざまな要望に応えてくれます。

コールセンターを利用すれば時間の有効活用につながるので、忙しいビジネスマンにとってはメリットが大きいでしょう。

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスのデメリット

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスのデメリットは以下のとおりです。

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスのデメリット
  • 「キャッシュバック」と「支払い猶予」は選択型サービス
  • 高い年会費がかかる
  • 個人事業主は申し込めない

「キャッシュバック」と「支払い猶予」は選択型サービス

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスの大きな特徴が、キャッシュバックとスキップ払いサービスですが、これらのサービスの両方を利用することはできません。

選択型サービスとなっているため、キャッシュバックサービスを選択した場合は、スキップ払いサービスを利用できません

とはいえ、キャッシュバックサービスを選択すれば1.0%もの還元率でキャッシュバックが受けられます。

経費をセゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスに集約して支払えば、かなりコストを削減できます。

また、スキップ払いサービスを選択すればキャッシュフローに余裕が生まれることは間違いないでしょう。

企業に合ったサービスを選択することができる点は高評価のポイントとも考えられます。

高い年会費がかかる

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスの年会費は27,500円です。

ただ、プラチナカードながら従業員用の追加カードは1枚3,300円と格安で発行できるので、従業員数の多い法人にとってはメリットが大きいでしょう。

また、キャッシュバックサービスを選択した場合の還元率は1.0%です。

年間275万円決済すればキャッシュバックだけで年会費分を取り返せるので、年会費を超える恩恵を受けることは難しくないでしょう。

スキップ払いサービスを選択した場合はキャッシュバックはないので、利用する特典と年会費のバランスをみて検討してください。

個人事業主は申し込めない

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスは中小規模の法人事業者を対象に発行されているカードであり、法人しか申し込むことはできません。

個人事業主の方は残念ながら発行できないので注意しましょう。

個人事業主の方は、同じくクレディセゾンとアメックスが提携して発行するセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスなら申し込み可能です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスとの違いについて、詳しくは次の章で説明します。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスとの比較

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスと同様に、クレディセゾンとアメックスが提携して発行する「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」との違いをまとめました。

項目セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
年会費(本カード)27,500円22,000円(年間200万円以上の利用で11,000円)
年会費(追加カード)3,300円(99枚まで)3,300円(4枚まで)
ETCカード無料
申込資格法人代表者(個人事業主・未成年は除く)個人事業主または経営者の方(学生、未成年を除く)
還元率1.0%(キャッシュバックサービスを選択した場合)ポイント:0.5%
マイル:1.125%(セゾンマイルクラブ加入時)
支払期間10日締め・翌月4日払い(スキップ払いサービスを選択すれば最長84日)10日締め・翌月4日払い(最長54日)
海外旅行保険最高1億円(うち5,000万は利用付帯)最高1億円(自動付帯)
国内旅行保険最高5,000万円(自動付帯)最高1億円(自動付帯)
空港ラウンジサービスあり
プライオリティ・パス無料
コンシェルジュサービス
国際ブランドアメリカン・エキスプレス

最大の違いは、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスは個人与信型であるのに対し、セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスは法人与信型である点です。

法人向けに作られているので、従業員数が多い中小規模法人の代表者にはセゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスがおすすめです。

その理由を裏付ける違いについて、以下で詳しくみていきましょう。

年会費を比較

項目セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
年会費(本カード)27,500円22,000円(年間200万円以上の利用で11,000円)
年会費(追加カード)3,300円(99枚まで)3,300円(4枚まで)
ETCカード無料無料

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスは27,500円、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスは22,000円です。

ただし、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスには年会費優遇があり、年間200万円以上利用すれば11,000円になります。

年会費だけで比べると、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの方が安いです。

追加カードはそれぞれ1枚3,300円と同額です。

申込資格の違い

2つのカードの大きな違いが、法人与信型が個人与信型か、という点です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスは個人与信型で、個人事業主や中小企業オーナー向けに発行されています。

一方、セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスは法人与信型であり個人事業主は申し込みできません。

法人向けに発行されており、最大の限度額が最高9,999万円と高いのが特徴です。大型の設備投資にも十分活用できます。

カードの利用金額が大きい法人にはセゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスがおすすめです。

追加カードの発行枚数で比較

いずれのカードも、従業員用の追加カードの年会費は3,300円と同額ですが、発行できる枚数が大きく異なります

  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス:4枚
  • セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックス:99枚

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスは4枚までしか発行できないのに対し、法人向けのセゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスなら99枚まで発行可能です。

従業員数が多い法人でも、セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスなら従業員用ごとに追加カードを発行でき、しかも追加カードごとに利用枠を設定できます。

還元率を比較

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスは、キャッシュバックサービスを選択した場合、1.0%分が自動でキャッシュバックされます。

請求金額に充当されるので、その分経費を削減することが可能です。

一方、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスは、カードの利用で永久不滅ポイントが貯まります。ポイント交換などの手間がかかる点はデメリットです。

還元率は、国内では0.5%、海外では2倍の1.0%です。

また、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスはSAISON MILE CLUBに無料登録でき、JALマイルを貯めることも可能です。

1,000円につき10マイルのJALマイルに加え、優遇ポイントとして2,000円につき1ポイントの永久不滅ポイントが貯まります。

200ポイント=500マイルのレートでJALマイルに移行できるため、1.125%の還元率でマイルが貯まる計算です。

基本のポイント還元率は低めですが、1.125%でJALマイルを貯められるのはメリットでしょう。

支払い期間の違い

セゾンのビジネスカード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスは、クレディセゾンの通常の支払い期間である当月10日締め・翌月4日払いです。

一方、セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスは、スキップ払いサービスを選択すると最長84日まで支払い期間を伸ばせます。

他社のビジネスカードの多くは最長50~60日程度となっており、最長84日間の支払い猶予は圧倒的な長さです。

キャッシュフロー改善を図りたい法人には、セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスが断然おすすめです。

ただし、キャッシュバックサービスを選択した場合はスキップ払いサービスは利用できません。

以上、2つのカードの違いをまとめました。中小規模法人にセゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスがおすすめな理由をおさらいしましょう。

中小規模法人にセゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスがおすすめな理由
  • 法人与信型なので限度額も大きい
  • 従業員用の追加カードが99枚まで発行できるので従業員数が多くても対応可能
  • カードごとに利用枠を柔軟に設定できる
  • 支払い期間が圧倒的に長い(スキップ払いサービス選択時)
  • 還元率1.0%でキャッシュバックされる(キャッシュバックサービス選択時)

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスの審査

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックス

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスはプラチナカードにあたるため、審査が気になるという方も多いのではないでしょうか。

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスに申し込むと、法人および法人代表者を対象に所定の審査が行われます。

発行までの流れを確認しておきましょう。

  1. インターネット申し込み・必要書類のアップロード
  2. 契約確認書類の受領
  3. 入会審査
  4. カード受け取り
  5. 引き落とし口座の設定

インターネット上で24時間申し込みでき、登記簿や決算書の提出が不要なことから、発行日数はそこまで長くならないと考えられます。

審査前の契約確認書類は転送不要の簡易書留郵便で送付されるため、なるべく早く受け取ることが発行までの日数短縮にもつながるでしょう。

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスがおすすめなのはこんな方

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスは、以下のような方におすすめのカードです。

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスはこんな方におすすめ
  • 1.0%還元で経費支払いによるコスト削減を図りたい法人
  • 支払いサイクルを伸ばしてキャッシュフローを改善したい法人
  • 出張の機会が多く空港サービスや手厚い旅行保険を求める法人
  • カードでの経費支払いが多い法人
  • 従業員数100名以下の中小企業法人

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメックスの特徴は、1.0%キャッシュバックか最長84日間のスキップ払いサービスを選択できることです。

年会費は27,500円かかりますが、還元率が高いので、経費支払い額が多い法人なら年会費以上のベネフィットを受けることは難しくないでしょう。

従業員用の追加カードは3,300円とプラチナカードながら低コストで発行できるので、従業員数が多い中小企業法人にもおすすめです。

また、プライオリティ・パスが無料になったり最高1億円の旅行保険が付帯するなど、プラチナカードならではの特典も充実。

出張の頻度が多い法人にとって、使い勝手が良いことは間違いないでしょう。登記簿や決算書の提出なしで申し込みできるので、ぜひ検討してみてください。

セゾンアメックスとアメックスのおすすめカード比較
カード名セゾンパール・アメリカン
エキスプレス(R)・カード
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンカードインターナショナル
セゾンカードインターナショナル
セゾンゴールド・アメリカン
エキスプレス・カード
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・アメリカン
エキスプレス(R)・カード
セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
アメックスグリーン
アメックスグリーン
ゴールド・プリファード・カード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カード
年会費1,100円
年1回の利用で無料
無料11,000円
初年度無料
22,000円月会費制1,100円/月
(年合計13,200円)
39,600円
還元率0.5%~2.0%0.5%0.6%~1.0%0.75%〜1.0%0.3%~1.0%1.0%~3.0%
国際ブランドAmerican ExpressVisa、Mastercard、JCBAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican Express
キャンペーン最大8,000円相当

条件達成で
最大3,000円相当
プレゼント
(2023年10月2日〜12月31日)
なし最大8,000円相当
プレゼント
最大13,000円相当
プレゼント
合計35,000ポイント
プレゼント
最大120,000ポイント
獲得可能
申込対象18歳以上18歳以上20歳以上20歳以上20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
発行スピード最短5分最短即日最短3営業日最短3営業日最短3営業日通常1~3週間
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

※ご利用金額1,000円(税込)ごとに永久不滅ポイントが1ポイント(約5円相当)付与されます。
※交換商品によっては、1Pの価値は5円未満になります。

矢印