ライフカードとApple Payの登録設定方法と上手なポイントの貯め方

iPhoneで使えるスマホ決済アプリ「Apple Pay」では、クレジットカードを読み込んで利用することも可能です。

クレジットカードのポイント還元率もそのまま反映されるので、高還元率なクレジットカードを使えば日々の買い物でよりお得にポイントを貯められるようになります。

そんなApple Payで使うのにおすすめなクレジットカードは、ライフカードです。

ライフカードをApple Payで使うには
  • 利用するiPhoneにライフカードを読み込めばすぐに設定ができる
  • クレジットカードの情報がお店に共有されることがないのでセキュリティ面が安心できる
  • ポイント還元率が高いので普段使いにも最適

今回は、ライフカードをApple Payで使うための登録設定方法と基本情報やポイント還元率、さらに上手なポイントの貯め方について解説をします。

Apple Payを初めて使おうと考えている人は、是非参考にしてください。

ライフカードをApple Payで使うための登録設定方法

Apple Pay

まず、Apple Payでライフカードを使うための登録設定方法について解説します。

  1. iPhoneでWalletアプリを開く
  2. Walletアプリの「+」のアイコンをタップしてライフカードをカメラで読み込む
  3. セキュリティコードを入力して登録完了

ライフカードをApple Payに登録するといっても難しいことをするわけではありません。

iPhoneの画面内にあるWalletのアプリをタップして大体1分程度で終わる簡単な登録作業をするだけです。

これまでApple Payを使ったことがある人は、これまで通りの登録方法を使ってもらえれば問題ありません。

ライフカードをApple Payで使う時は「iDでお願いします」と言う

ライフカードをApple Payで利用する場合、「iDでお願いします」と店員に言いましょう。

Apple Payで、と言っても伝わらないので、しっかりと明確な支払い方法を伝えてあげてください。

iDを利用してライフカードを使うということになりますが、ポイント還元率は全て反映されるので、これまでライフカードを使っていたように利用して問題ありません。

Apple Watchで利用する場合はペアリングするiPhoneで同じように登録・設定する

Apple PayはApple Watchでも利用することが可能です。

利用する場合は、Apple Watchのペアリング対象であるiPhoneで上記の手順と全く同じ流れで登録・設定してください。

ペアリング先で登録が完了すれば、Apple Watch側に反映されて使えるようになります。

クレジットカードの情報は保存・共有されることがない

Apple Payにクレジットカードを登録しても、Apple側にクレジットカードの情報が共有・保存されることはありません。全て暗号化されます。

また、お店で利用する場合もApple Payを利用して支払ったと見なされるので、クレジットカード情報が共有されることもありません。

つまり、無駄にクレジットカード情報を拡散することがなくなるので、情報漏えいや不正利用のリスクを軽減させることが可能です。

万が一iPhoneを落としてしまった場合も、遠隔で利用停止の手続きをすることができるので安心です。

持ち歩く必要もないので紛失や盗難のリスクも少なくなる

ライフカードをApple Payで使えるようすれば、Apple Payに対応しているお店でiPhoneでライフカードが使えるようになります。

そのため、ライフカードを普段から持ち歩く必要もないので、紛失や盗難のリスクも軽減させることができるでしょう。

ライフカードをApple Payで使う時の登録設定方法
  • iPhoneでライフカードを読み込んで設定をすれば使える
  • 利用時はiDを利用する
  • Apple Watchの場合はペアリングするiPhoneでライフカードの設定を行う
  • クレジットカード情報が共有されることもないのでセキュリティも安心
  • 持ち歩くこともないので盗難や紛失のリスクもない
クレジットカードのポイント還元率を比較|おすすめの人気クレカを紹介!

次のページでは、ライフカードの概要について解説します。