三井住友VISAカードとApple Payの登録設定方法と上手なポイントの貯め方

三井住友VISAカードは三井住友が発行しているプロパーカードです。

他のクレジットカードに比べてゴールドやプラチナへのランクアップがしやすいと定評のあるプロパーカードなので、クレジットカードの育成をしたいと考えている人は申し込みを検討したこともあるのではないでしょうか。

そんな三井住友VISAカードもApple Payに対応しており、三井住友VISAカードを持ち歩くことなくiPhoneやApple Watchで支払いができるようになりました。

三井住友VISAカードはApple Payで使える?
  • iDで使うことは可能
  • 利用するiPhoneに三井住友VISAカードを読み込めば1分程度で設定できる
  • クレジットカードの情報が共有されないので安心
  • ポイント還元率が低いのであまり使うメリットはない

今回は、三井住友VISAカードをApple Payで使う時の登録設定方法と、三井住友VISAカードのサービス内容やポイント還元率について解説します。

併せて、上手にポイントを貯めるにはどのようにすれば良いのかという点にも言及するので、是非参考にしてください。

ポイント還元率が10%以上のお得なクレジットカードの特徴と比較

三井住友VISAカードをApple Payで使うための登録設定方法

ApplePay

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

まず、三井住友VISAカードをApple Payで使うための登録設定方法について解説します。

  1. iPhoneでWalletアプリを開く
  2. カードを追加できる「+」のアイコンをタップし、三井住友VISAカードをiPhoneのカメラを使って読み込む
  3. セキュリティコードを手入力する
  4. 登録完了

以上のように、三井住友VISAカードをApple Payに登録・設定するのはそこまで難しいことではありません。

三井住友VISAカードを使う時は「iDでお願いします」と言う

三井住友VISAカードを利用する時は「Apple Payで」ではなく「iDでお願いします」と言いましょう。

Apple Payでお願いしますと言ってもお店の人は困惑してしまいます。

三井住友VISAカードをApple Payで使う場合はiDを使うのが一般的なので必ずiDと明確な支払い方法を伝えましょう。

登録・設定にかかる時間はわずか1分程度

冒頭で登録設定方法を解説した通り、手順はそこまで難しくありません。

カードの読み込みがしにくい場合は、手入力でカード番号や有効期限を入力することもできます。

どちらにしても1分程度で登録・設定できてしまうので、使いたいときにすぐに登録できるでしょう。

Apple Watchで利用する場合はペアリングするiPhoneで同じように登録・設定する

Apple PayはApple Watchにも対応しています。

Apple Watchの場合は、Apple WatchとペアリングするiPhoneで上記の方法を使って登録・設定をします。

ペアリングするiPhoneのWalletアプリに三井住友VISAカードの情報があれば、ペアリングした時点でApple Watchでも使えるようになります。

クレジットカードの情報がお店に共有されないので安心

Apple Payの魅力は、登録するクレジットカードの情報がAppleに保存されることもなければ、支払い先のお店に情報が共有されることもありません。

つまり、クレジットカードの情報を不用意に他に共有することがないため、情報漏洩や不正利用の防止にも繋がります。

三井住友VISAカードを持ち歩く必要もない

Apple Payで使えるようになれば、三井住友VISAカードのプラスチックカードを持ち歩く必要がありません。

もちろん、iDに対応しているお店でなければ使えませんが、ほとんどのメジャーな商業施設やお店は現在iDに対応しています。

三井住友VISAカードを持ち歩く頻度も減るので、紛失や盗難のリスクも軽減させることができるでしょう。

三井住友VISAカードをApple Payで使う方法
  • iPhoneで三井住友VISAカードを読み込んで設定をすれば使える
  • 利用時は「iDでお願いします」と言う
  • Apple Watchの場合はペアリングするiPhoneで設定をしておく
  • クレジットカード情報が共有されることもないのでセキュリティも安心
Apple Payに登録するおすすめクレジットカードと設定方法

次のページでは、三井住友VISAカードについて解説していきます。