シェル-Pontaクレジットカードの還元率は常時1%、提携店なら2%以上

シェル-Pontaクレジットカードはガソリン料金の優待はもちろんですが、通常時でも還元率1%の優秀なカードです。さらにPonta提携点でもポイントが上乗せされます。出光のガソリンスタンドで年1回カードを利用すれば年会費も無料になります。
  • 2021年5月7日
  • 2021年5月7日
シェル-Pontaクレジットカード

シェル-Pontaクレジットカードは、シェルSS・出光SS・apollostationといった出光が運営するガソリンスタンドでポイントが貯まりやすいクレジットカードです。

出光のガソリンスタンドでのクレジット決済でガソリン2リットルにつき4ポイントが貯まるほか、Pontaポイント提携店でクレジット決済をすると、100円につき1ポイントが通常ポイントに上乗せされます。

また加盟店以外のクレジット決済でも100円につき1ポイントが貯まるため、メインカードとしても使用しやすいカードです。

この記事では、シェル-Pontaクレジットカードの特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説します。

シェル-Pontaクレジットカードのメリット
  • ポイント還元率がPonta最強クラス
  • シェルSS・出光SS・apollostationでクレジット決済するとポイントが貯まりやすい
  • 出光のガソリンスタンド以外のクレジット決済でも100円につき1ポイント貯まる
  • 出光のガソリンスタンドにて年1回カードを利用すれば年会費無料
  • ETCカード年会費無料
  • 最高2,000万円の海外傷害保険やショッピング保険が付帯
シェル-Pontaクレジットカードのデメリット
  • 毎月の給油量が150リットルを超えると付与されるポイントが減る
  • 利用代金請求書の郵送を希望する場合は一通あたり99円の発行手数料がかかる

シェル-Pontaクレジットカードの特徴・基礎知識

シェルPontaカード

シェル-Pontaクレジットカード
還元率ポイント1.0〜4.0%
マイル0.5〜2.0%
年会費初年度無料
2年目以降1,375円 ※シェルSSや出光SS、apollostationで年1回以上のクレジット利用で無料
家族カード無料
旅行保険海外最高2,000万円(利用付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料1,100円
年会費無料
電子マネーQUICPay
国際ブランドVISA、Mastercard
発行会社三菱UFJニコス株式会社
発行期間1〜2週間

シェル-Pontaクレジットカードは、出光興産の運営するガソリンスタンドや、ローソンなどのPonta提携店で特にポイントが貯まりやすいクレジットカードです。

貯まるポイントはPontaポイントで、他のPontaカードと比較しても大変ポイントが貯まりやすいことから、「Pontaポイントが貯まるカードの中で還元率は最強クラス」と言われています。

2年目以降からは1,375円の年会費が発生するものの、出光のガソリンスタンドにて年1回カードを利用すれば、年会費は無料となります。

出光のガソリンスタンドをメインで使っている方や、Ponta加盟店の利用が多い方にぴったりのクレジットカードです。

シェル-Pontaクレジットカードのメリット・優待特典

シェルPontaクレジットカード

まずは、シェル-Pontaクレジットカードのメリットや優待特典について紹介します。

シェル-Pontaクレジットカードには、以下のようなメリットがあります。

シェル-Pontaクレジットカードのメリット・優待特典
  • ポイント還元率がPontaカードの中で最強クラス
  • シェルSS・出光SS・apollostationでクレジット決済するとポイントが貯まりやすい
  • 出光のガソリンスタンド以外のクレジット決済でも100円につき1ポイント貯まる
  • 出光のガソリンスタンドにて年1回カードを利用すれば年会費無料
  • ETCカード年会費無料
  • 最高2,000万円の海外傷害保険やショッピング保険が付帯

それぞれについて解説します。

Pontaカードの中でも特にポイントが貯まりやすい

シェル-Pontaクレジットカードは、出光のガソリンスタンドやPonta提携店でのカード利用で特にポイントが貯まりやすいカードです。

シェルSS・出光SS・apollostationでシェル-Pontaクレジットカードを使って支払った場合、通常ポイント(1ポイント/2リットル)だけでなく、クレジットポイント(3ポイント/2リットル)が合わせて付与されます。

シェルPontaクレジットカード

またPonta提携店でのカード利用でも、通常ポイント(1ポイント/100円)+クレジットポイント(1ポイント/100円)が付与されます。

シェルPontaクレジットカード

よって通常のPontaカードと比較すると、ポイントがかなり貯まりやすいです。

例えば、下図のように出光のガソリンスタンドやPonta提携店での利用が多く、シェル-Pontaクレジットカードをメインとして使用している場合を想定してみます。

この場合は、通常のPontaカードと比べて付与されるポイントに6.5倍もの違いが生じることが分かります。

シェルPontaクレジットカード

出光のガソリンスタンドやPonta提携店以外でのカード利用でも100円につき1ポイントが貯まるため、メインカードとしても使いやすいカードと言えます。

出光のガソリンスタンドにて年1回カードを利用すれば年会費無料

またシェル-Pontaクレジットカードは次年度より1,375円の年会費が発生します。

しかし、シェルSS・出光SS・apollostationにおいて、年間で1回以上カードを使用した場合は年会費が無料になります。

カードで支払ったほうが付与されるポイント数も増えるため、出光のガソリンスタンドを利用する際は、シェル-Pontaクレジットカードの利用を意識しましょう。

ETCカード年会費無料

またシェル-Pontaクレジットカードを親カードとして、ETCカードを発行することも可能です。

ETCカードの利用代金はクレジットカードに請求され、ポイントの加算対象となります。

使用頻度に関わらず年会費無料で利用できるので、高速道路をよく利用する方は、発行しておくことをおすすめします。

最高2,000万円の海外傷害保険やショッピング保険が付帯

またシェル-Pontaクレジットカードには、海外旅行傷害保険サービスやショッピング保険(ショッピングパートナー保険サービス)が付帯しています。

海外旅行傷害保険は最高で2,000万円・ショッピング保険は最高で100万円が補償されます。

どちらの保険も、旅費や商品の代金をクレジットカードで支払った場合にのみ適用となる利用付帯です。

そのため、シェル-Pontaクレジットカードをメインカードとして使用していると安心です。

シェル-Pontaクレジットカードのデメリット

デメリット

一方シェル-Pontaクレジットカードには、以下のようなデメリットも存在します。

シェル-Pontaクレジットカードのデメリット
  • 毎月の給油量が150リットルを超えると付与されるポイントが減る
  • 利用代金請求書の郵送を希望する場合は、一通あたり99円の発行手数料がかかる

ここでは、2つのデメリットについて解説します。

毎月の給油量が150リットルを超えると付与されるポイントが減る

先述の通り、シェルSS・出光SS・apollostationで支払いにシェル-Pontaクレジットカードを使用すると、給油2リットルにつき「通常ポイント1ポイント + クレジットポイント3ポイント」で合計4ポイントが付与されます。

しかしこのお得なポイント付与には上限があり、ガソリン・軽油の購入量が月に150リットルを超えた場合は、通常ポイントのみの付与となる点には注意が必要です。

例えば300リットルを入れた場合について考えてみると、もらえるポイントは以下のようになり、かなり大きな差が生じることになります。

  • 150リットル以内:300ポイント
  • 150リットル超過後:75ポイント

ポイントがまったく付与されないわけではありませんが、ガソリンの購入量が多い方にとってはデメリットと言えるでしょう。

利用代金請求書の郵送を希望する場合は一通あたり99円の発行手数料がかかる

またシェル-Pontaクレジットカードでは、郵送による利用代金請求書の発送を希望すると、一通あたり99円の発行手数料がかかります。

シェル-Pontaクレジットカードを発行している三菱UFJニコスでは、インターネット上で請求書を確認できる「ご利用明細ネット切替サービス」を提供しています。

郵送での請求書受け取りとは異なり、ネット切替を行なった場合は料金は発生しません

一通99円と言っても、1年間で1,188円を支払うことになります。

どうしても紙で請求書を受け取りたい方以外は、ご利用明細ネット切替サービスを利用するとよいでしょう。

シェル-Pontaクレジットカードとシェルスターレックスカードの違い

シェルスターレックス

シェル-Pontaクレジットカードと同じく出光が発行しているクレジットカードに、「シェルスターレックスカード」があります。

2つのカードは、出光のガソリンスタンドで優待を受けられる点は同じですが、優待内容が異なっています。

ここでは、シェルスターレックスカードの特徴やシェル-Pontaクレジットカードとの違いについて解説します。

シェルスターレックスカードの特徴

シェル スターレックス カード

シェルスターレックスカード
還元率ポイント-
マイル
年会費初年度無料
2年目以降1,375円
※年間24万円以上のカード利用で無料
家族カード無料
旅行保険海外最高2,000万円
国内なし
ETCカード発行手数料1,100円
年会費無料
電子マネーQUICPay
国際ブランドVISA、Mastercard
発行会社三菱UFJニコス株式会社
発行期間1〜2週間

シェルスターレックスカードはポイント制度がなく、半年間のカードの利用金額に応じて、自動的にキャッシュバックが行われるクレジットカードです。

利用金額によって還元ランクが決まる仕組みで、最高ランクである「5 Star」ランクになった場合は、半年間以下の金額が還元されることになります。

  • ハイオク:12円/リットル
  • レギュラー:7円/リットル

またWEB明細サービスを登録している場合は、1リットルあたりの還元単価が1円プラスされます。

なおシェル-Pontaクレジットカードと同様、還元単価の適用は毎月の総給油量が150リットルまでと決められていますが、オプションにより上限を変更できることも特徴の1つです。

月間の給油量が150リットルを超えることが多い場合は、「還元給油量オプション」をつけることで、超過分も還元率を維持できます。

還元給油量オプションの値段は6ヶ月間で550円なので、超過分が多いほどにお得になる計算です。

例えば以下の条件で計算してみると、還元額は200リットル×4円×6ヶ月=4,800円となります。

  • 還元ランク:3 Star
  • 毎月の給油量:200リットル
  • WEB明細サービス利用
  • レギュラーガソリンを購入(3Starの場合4円/リットル)

一方還元給油量オプションを申し込まなかった場合について考えてみると、150リットル×4円×6ヶ月=3,600円となります。

差額について計算すると、4,800円-3,600円により1,200円と求められるため、オプションの550円を支払ったほうがお得であることが分かります。

なおオプション適用は上限がなくなるわけではなく、月間還元給油量の上限は350リットルと決められています。

しかしかなりお得な制度であることには違いないため、毎月の給油量が多い方はオプションの申し込みをおすすめします

シェル-Pontaクレジットカードとシェルスターレックスカードを比較

では、シェル-Pontaクレジットカードとシェルスターレックスカードには、どのような違いがあるのでしょうか。

シェル-Pontaクレジットカードとの違いは、以下の3つです。

シェル-Pontaクレジットカードとの違い
  • 年会費無料条件が利用金額によって決まる(年24万円以上)
  • ポイント制度ではなくキャッシュバックによって値引きされる
  • オプションサービスの申し込みにより、月の給油量が150リットル超過後もキャッシュバックを受けられる

特に大きな違いは、オプションサービスの申し込みにより、月の給油量が150リットル超過後もキャッシュバックを受けられることです。

シェル-Pontaクレジットカードの場合は、月の給油量が150リットルを超えた後は、通常ポイントである「1ポイント/ 2リットル」のみの付与となります。

しかしシェルスターレックスカードは、6ヶ月間550円のオプション料金を支払うだけで、150リットル超過後も還元を受けることができます

オプション適用後の上限は350リットルと決められているものの、適用前と比べると200リットルも増量されることになります。

シェル-Pontaクレジットカードとシェルスターレックスカードを比較
  • 毎月のカードの利用額が多く、ガソリンの購入量も多い方は、シェルスターレックスカードの方がおすすめ

シェル-Pontaクレジットカードの審査

チェックリスト

クレジットカードを申し込む際には、必ず審査があります。

残念ながらシェル-Pontaクレジットカードの審査基準は公開されていないため、詳しい審査内容を確認することはできません。

しかしクレジットカードの審査は、少しのポイントを気をつけることで通過しやすくなると言われています。

ここでは、シェル-Pontaクレジットカードの対象者や審査を通りやすくするコツについて紹介します。

シェル-Pontaクレジットカードの審査基準

シェル-Pontaクレジットカードの申し込み資格は以下の通りです。

18歳以上で安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く)。

引用元:シェル-Pontaクレジットカード|クレジットカードなら三菱UFJニコス

特に収入についての条件の記載がないことから、年齢や職業を問わず、比較的申し込みやすいカードと考えられます。

また「18歳以上の方」や「学生の方」といった表記があるため、学生でも申し込みやすいカードと言えるでしょう。

シェル-Pontaクレジットカードの審査を通すコツ

シェル-Pontaクレジットカードの審査に必ず通る方法を知ることはできません。

しかし、申込時は以下のようなコツを意識すると、審査に通りやすくなると言われています。

カードの審査に通りやすくするコツ
  • 申し込み用紙はできるだけ埋め、ウソの情報は記入しない
  • キャッシング枠を0円にする
  • 一度に複数のクレジットカードを申し込まない

クレジットカードの申し込み時には、住所や氏名だけでなく勤務先や年収など、複数の項目を記入することになります。

面倒だからと空欄にしたり、審査に自信がないからとウソの情報を記入したりすると、審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。

ウソの情報は記入せず、記入が任意の項目もなるべく埋めるようにしましょう。

また「キャッシング枠を0円にする」「一度に複数のクレジットカードを申し込まない」なども効果的な方法です。

高額なキャッシング枠を希望したり、一度に複数のクレジットカードを申し込んだりすると、返済能力に問題があるのでは、と思われ、審査に落ちることがあります。

最近他のクレジットカードを申し込んだ場合は、カード申し込みから6ヶ月程度空けてから再度手続きを行うとよいでしょう。

シェル-Pontaクレジットカードがおすすめなのはこんな方

この記事では、シェル-Pontaクレジットカードの特徴やメリット・デメリットについて紹介しました。

最後に、シェル-Pontaクレジットカードの発行がおすすめな方についてまとめます。

シェル-Pontaクレジットカードの発行がおすすめな方
  • シェルSS・出光SS・apollostationをメインのガソリンスタンドとして使用している方
  • 毎月の給油量が150リットル以内の方
  • Pontaポイントをメインで貯めている方
  • 出光のガソリンスタンドだけでなくPontaポイント提携店の利用が多い方
  • 年会費無料のETCカードを発行したい方

シェル-Pontaクレジットカードは、出光のガソリンスタンドをメインで使っており、Pontaポイント提携店の利用機会が多い方に特におすすめのカードです。

ガソリンスタンド以外でのカード利用でも100円につき1ポイントが付与されるため、メインカードとして使用しても多くのポイントが貯まります。

また貯まったポイントはローソン・じゃらん・大戸屋などのPonta提携店だけでなく、JALのマイルへの交換も可能です。

ガソリンスタンドの利用でお得にマイルを貯めたい方にもぴったりなカードと言えます。

出光のガソリンスタンドの利用機会が多い方は、シェル-Pontaクレジットカードの発行を検討してみてはいかがでしょうか。