• 2021年5月19日
  • 2023年1月30日
当サイトには広告が含まれます

アメックスのショッピング・プロテクションの補償範囲と補償金額

ショッピング・プロテクションとは、アメックスが発行するクレジットカードに付帯しているショッピング保険です。

アメックスで購入した商品の破損や盗難による損害を、購入から90日間、年間最高500万円までカバーしてくれます。

他社と比べて対象外のケースが少なく、幅広いシーンで使える実用性がメリットです。

本記事では、アメックスのショッピング・プロテクションについてまとめました。

補償範囲や補償金額、使えるケースと使えないケースなども解説するので参考にしてください。

アメックスのショッピング・プロテクションのメリット
  • カードで購入した商品の破損や盗難に購入から90日間備えられる
  • 家族カードにも付帯
  • 国内外や支払い方法を問わず補償の対象、補償金額は最高500万円
  • スマホやPC、プレゼントも対象になるなど補償の範囲が広い
アメックスのショッピング・プロテクションの注意点
  • 自己負担額が10,000円かかる
  • 他社と比べると補償期間は長くない
アメックスカード比較表
カード名アメックスグリーン
アメックスグリーン
ゴールド・プリファード・カード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カード
ANAアメリカン
エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス
ゴールド・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
年会費月会費制1,100円/月
(年合計13,200円)
39,600円7,700円34,100円
還元率0.3%~1.0%1.0%~3.0%マイル還元率
0.5%~1.5%
マイル還元率
0.5%~3.0%
国際ブランドAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican Express
キャンペーン合計35,000ポイント
プレゼント
最大120,000ポイント
獲得可能
最大18,000マイル
相当獲得可能※1
最大68,000マイル
相当獲得可能※1
申込対象20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
発行スピード最短3営業日通常1~3週間1週間〜3週間1週間〜3週間
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

※1 ANA アメリカン・エキスプレス提携カード メンバーシップ・リワード®のポイントをマイルに移行した場合。


矢印

ショッピング・プロテクションとは

ショッピングする女性

ショッピング・プロテクションとは、アメックスのカードで購入した商品が壊れたり盗まれたときに適用される保険のことです。

ほかのクレジットカードにも付帯している、いわゆるショッピング保険(動産保険)です。

カードの種類によって補償金額一部異なりますが、国内・海外を問わず、購入日から90日間、年間最大500万円まで補償してくれます。

自己負担額は1件につき10,000円かかります。

例えば、7万円のカメラが壊れてしまった場合の保険金額は、70,000(購入代金)-10,000(自己負担額)=60,000円です。

10,000円以下の商品は補償を受けることができません。

ショッピング・プロテクションの対象カード

アメリカンエキスプレス・ゴールドカード

ショッピング・プロテクションの対象となるアメックスのカードと、それぞれの最高補償額は以下のとおりです。

提携先カード名補償金額
なし(プロパーカード)アメックスグリーン500万円
アメックスゴールド
アメックスプラチナ
スカイ・トラベラー・カード200万円
スカイ・トラベラー・プレミア・カード500万円
ヒルトンヒルトンアメックス・カード200万円
ヒルトンアメックス・プレミアムカード500万円
マリオットSPGアメックス500万円
ANAANAアメックス200万円
ANAアメックス・ゴールド・カード500万円
ANAアメックス・プレミアム・カード
デルタ航空デルタ スカイマイル アメックス500万円
デルタ スカイマイル アメックス・ゴールド
阪急ペルソナSTACIA アメックス500万円
ビジネスカードアメックス・ビジネスカード500万円
アメックス・ビジネス・ゴールド・カード
アメックス・ビジネス・プラチナ・カード

カードのランクやプロパー・提携カードにかかわらず、購入日から90日間、国内・海外を問わず補償してくれる点は共通です。

違いは年間の最高補償金額のみです。

上記のカードのうち、「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード」「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」の3つは、補償金額が年間最高200万円と低い設定です。

それ以外のカードはすべて年間最高500万円です。

なお、ショッピング・プロテクションは家族カードにも付帯しています。補償は本会員と同額です。

ショッピング・プロテクションが使えるケース

多くのクレジットカードにはショッピング保険が付帯していますが、ショッピング・プロテクションは補償の範囲が広いのが大きな特徴です。

この章では、ショッピング・プロテクションが使えるケースについて解説します。

国内外や支払い方法を問わず補償の対象

ショッピング・プロテクションなら、国内・海外どちらで購入したものも補償を受けられます

また、支払い方法も問わないので、一括払いでも分割払いでも補償の対象です。

他社のクレジットカードの場合、海外の利用のみに限られていたり、国内の利用はリボ払いや3回以上の分割払いの場合のみ補償が受けられるといったケースも多いです。

ショッピング保険が付帯しているカードを保有しているものの、いざ利用したいときに補償が受けられなかった、という経験のある方も多いのではないでしょうか。

主に海外での利用のみが補償になるショッピング保険だと、国内の買い物に備えられないので少し心配ですよね。

アメックスの対象カードで決済さえしていれば対象になる点は、大きなメリットだと言えるでしょう。

PC・スマホも補償の対象

パソコン

ショッピング・プロテクションは、他社と比べて対象外のものが少なく、幅広くカバーできるのが大きなメリットです。

例えば、一般的なクレジットカードの多くは、PC・スマホ・タブレットなどは補償の対象外となっています。

しかし、ショッピング・プロテクションならPC・スマホ・タブレットなども補償の対象です。

PCやスマホは購入代金が高額なうえに壊れやすいので、クレジットカード付帯のショッピング保険で補償が受けられれば安心ですよね。

アメックスの場合、落下が原因の破損も対象です。ただし、商品の使い方が誤っていた場合は対象外となるので注意しましょう。

他の方へのギフトも補償の対象

ショッピング・プロテクションの場合、カード会員が他の方へのギフトとして購入した商品についても補償が受けられます

請求はカード会員本人が行わなければならないものの、高額な贈り物もショッピング・プロテクションがあれば安心ですね。

ショッピング・プロテクションが使えないケース

ショッピング・プロテクションに限らず、どのクレジットカードのショッピング保険においても、補償が受けられないケースがあります。

いざという時のために、対象外のケースもチェックしておきましょう。

ショッピング・プロテクション対象外の損害

以下のケースは、ショッピング・プロテクションの補償の対象外となっているため、補償を受けることができません。

・会員または保険金を請求する方の故意
・台風、豪雨などによる洪水などの水災、もしくは地震に起因する損害
・戦争、侵略行為、戦闘行為、反乱、暴動、国または公共機関の公権力の行使による没収、密貿易、違法行為に起因する損害
・通常の使用による損耗損傷、核燃料物質による汚染、商品のかし(いわゆる不良品)に起因する損害
・置き忘れ、紛失に起因する損害
・運送中の破曲損
・商品の誤った使用によって生じた損害
・意図的に被保険者が虚偽あるいは不正の補償請求を行った場合
・保険の対象の修理、加工後の損害など、修理・清掃などの作業中における過失による損害
・保険の対象の電気的・機械的事故
・商品以外の費用(商品購入に付帯して生じた配送費など)
・合計カード購入金額が1万円以下の場合
・保険の目的の平常使用または管理において通常生じ得るすり傷、かき傷、塗料のはがれ落ち、ゆがみ、たわみ、へこみその他外観上の損傷または汚損であって、保険の目的ごとに、その保険の目的が有する機能の喪失または低下を伴わない損害

引用元:アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード 規定集

台風や地震などの自然災害で壊れた場合は補償されません。

レストランやホテルなどに自分が置き忘れてしまった場合や、商品の使い方が誤っていた場合など、自分に落ち度がある場合は補償を受けることができないので注意しましょう。

配送費など商品の代金以外の費用についても補償の対象外です。

また、1万円以下の買い物については補償が受けられない点も覚えておいてください。

ショッピング・プロテクション対象外の商品

紙幣

続いて、ショッピング・プロテクションの補償対象外商品について確認します。

・現金、有価証券、預貯金証書、旅券、印紙、切手、乗車券などあらゆる種類のチケット、その他これらに類するもの
・動物および植物などの生物
・船舶、航空機および自動車ならびにこれらに装着されている状態の付属物
・被保険者の詐欺行為によって取得した商品

引用元:アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード 規定集

自動車や船などは補償を受けることができません。また、現金や航空券・乗車券なども補償の対象外となっています。

近年ではチケットレスが増えているため、対象外となっていてもそこまで心配は要らないでしょう。

とはいえ、紙の切符などは紛失しないように注意が必要です。

上記の商品は補償を受けることはできませんが、一般的なクレジットカードのショッピング保険と比べてかなり幅広く補償を受けられます。

複数枚のカードを所有してる時のショッピング・プロテクション

パソコンを使う女性

アメックスは、2枚目を発行して複数枚のカードを保有することも可能です。

アメックスのカードで購入した商品の代金が補償の限度額(自己負担10,000円)なので、複数枚持っていても補償額は変わりません。

なお、「ショッピング・プロテクション・ワイド」については、1件加入するだけで複数枚のカードに適用されます。

2枚持っていても、保険料は二重にかかりません。ショッピング・プロテクション・ワイドについては後述します。

ショッピング・プロテクションの使い方

電話

ショッピング・プロテクションを実際に使う際の手続き方法についてみていきましょう。

手順は以下のとおりです。

  1. アメリカン・エキスプレス保険ホットラインに問い合わせる
  2. 入手した書類に記入し、必要書類とともに提出
  3. 保険金の支払い

カードを使って購入した商品が破損や盗難などで損害を受けた場合は、速やかにアメリカン・エキスプレス保険ホットラインに問い合わせます。

損害を受けた旨を伝えて、「保険金請求書」を入手しましょう。

アメリカン・エキスプレス保険ホットライン

0120-234586(通話料無料)
9:00〜17:00(土日祝休業)

引受保険会社である損害保険ジャパン日本興亜より「保険金請求書」が送付されるので、必要事項に記入のうえ署名します。

記入した書類に損害を立証するための必要書類を添付して、返送しましょう。

ショッピング・プロテクションの必要書類

必要書類をチェック

保険金を請求するための用紙「保険金請求書」は損害保険ジャパン日本興亜より郵送されます。

これに加えて、必要書類を添付して返送することが必要です。

  • アメックスで購入したことを証明する書類
  • 損害があったことを証明する書類

破損状況などにより異なりますが、以下のような書類が必要となります。

  • 戸籍謄本
  • 事故状況説明書
  • 罹患証明書
  • 修理見積書
  • 写真
  • 領収書
  • 固定資産課税台帳登録事項証明書
  • 同意書

例えば、商品の破損の場合は、アメックスで購入したことが分かる書類に加えて、破損状況が確認できる写真などが必要です。

また、盗難の被害にあった場合は、警察に盗難を届け出たことを証明する書類などが必要になります。

実際に必要な書類は、アメリカン・エキスプレス保険ホットラインに問い合わせた際に教えてくれます。漏れのないよう提出しましょう。

ショッピング・プロテクション・ワイドとは

ショッピングプロテクションワイドの補償期間

ショッピング・プロテクションの補償期間を延長したい場合、「ショッピング・プロテクション・ワイド」を有料で付帯することもできます。

ショッピング・プロテクション・ワイド
  • 補償期間
    ショッピング・プロテクションの補償期間(購入日~90日目まで)終了後、91日目から365日目まで補償
  • 補償金額
    年間最高200~500万円
  • 年間保険料
    5,000~12,000円
  • 特徴
    加入1件で複数枚のカードに適用
    「お見舞いサービス」で自己負担額が0円

プランは以下の2つから選べます。

項目プラン1プラン2
補償金額年間最高200万円年間最高500万円
自己負担額1事故につき10,000円
年間保険料5,000円12,000円

アメックスのカードを複数枚所有している場合、ショッピング・プロテクション・ワイド1件の加入ですべてのカードに保険が適用されます。

ただし、家族カード・追加カードについては対象外です。

自己負担額は1件につき10,000円ですが、アメックスが提供する「お見舞いサービス」において、アメックスが自己負担額を負担してくれます。

ショッピング・プロテクション・ワイドに加入していれば、実質自己負担額0円で補償が受けられるということです。

ショッピング・プロテクションの注意点

最後に、ショッピング・プロテクションの注意点についても確認しておきましょう。

ショッピング・プロテクションの注意点
  • 自己負担額が10,000円かかる
  • 他社と比べて補償期間は長くない

自己負担額が10,000円かかる

アメックスのショッピング・プロテクションの自己負担額は10,000円です。

そのため、10,000円以下の商品については補償が受けられません

クレジットカードによっては自己負担額が3,000円や5,000円のものもあることを考えると高めです。

とはいえ、一部カードを除き年間最高500万円まで補償してくれるので、高額な買い物をする方にとっては心強いでしょう。

他社と比べて補償期間は長くない

ショッピング・プロテクションの補償期間は90日間です。

一部クレジットカードは補償期間が120日なので、補償期間を重視する方にとってはデメリットかもしれません。

ただし、一般的なクレジットカードの多くは補償期間が90日間です。120日間や180日間補償が受けられるカードは少数です。

なお、先述したショッピング・プロテクション・ワイドを追加すれば、補償期間を延ばすこともできます。

アメックスのショッピング・プロテクションは補償範囲が広い

アメックスのショッピング・プロテクションについて改めて確認しましょう。

アメックスのショッピング・プロテクションの特徴
  • 補償期間は購入から90日間
  • 補償金額は最高500万円
  • 国内外・支払い方法を問わず補償が受けられる
  • スマホ・PCやギフトも補償の対象
  • 家族カードも補償の対象

補償期間や自己負担額については一般的ですが、補償範囲が幅広く、さまざまなトラブルをカバーできるのがショッピング・プロテクションの魅力です。

国内・海外にかかわらず、支払い方法も問わないので、多くの場面で利用できます。

高額なスマホ・PCや、他の方へのギフトとして購入した商品も対象です。

家族カードも補償の対象なので、高額なものも安心して購入することができます。他社と比べてメリットが多いことが分かりますね。

ショッピング・プロテクションも、数あるクレジットカードの中から、アメックスを選ぶ理由の1つになるでしょう。

アメックスカード比較
カード名アメックスグリーン
アメックスグリーン
ゴールド・プリファード・カード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・プリファード・カード
ANAアメリカン
エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
ANAアメリカン・エキスプレス
ゴールド・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
年会費月会費制1,100円/月
(年合計13,200円)
39,600円7,700円34,100円
還元率0.3%~1.0%1.0%~3.0%マイル還元率
0.5%~1.5%
マイル還元率
0.5%~3.0%
国際ブランドAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican Express
キャンペーン合計35,000ポイント
プレゼント
最大120,000ポイント
獲得可能
最大18,000マイル
相当獲得可能※1
最大68,000マイル
相当獲得可能※1
申込対象20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
発行スピード最短3営業日通常1~3週間1週間〜3週間1週間〜3週間
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

※1 ANA アメリカン・エキスプレス提携カード メンバーシップ・リワード®のポイントをマイルに移行した場合。


矢印