SMBCモビット「審査甘い」はウソ!審査に落ちる理由と通過のコツ

どうやら巷では「SMBCモビットの審査が甘い」というデマが広まっているようです。今回は、なぜそのようなデマが広まったのかを考察するとともに、SMBCモビットの審査に通過するためのコツを解説します。この記事を読めば、SMBCモビットの審査に通過する可能性が飛躍的に高まるでしょう。
  • 2021年10月26日
  • 2021年10月26日
SMBCモビット審査甘いはウソ!

「SMBCモビットはどうやら審査が甘いようだ」こんな噂がまことしやかに広まっているようです。

しかし残念ながら、カードローン会社の審査は、審査基準が異なるだけで、甘い、厳しいという違いはありません。

なんとなく審査が甘そうという理由で申込んでも、審査基準を満たしていなければ、どのカードローン会社の審査も通らないでしょう。

そこで今回は、なぜこんな噂が生まれたのかを考察した上で、SMBCモビットの審査を通過するためには何をすべきか、改めて解説していきます。

SMBCモビット審査の特徴
  • SMBCモビットだけ特に審査が甘いわけではない
  • SMBCモビットは、審査基準を公表していない
  • SMBCモビットは、要件を満たせば書類での在籍確認が可能になるだけで、在籍確認をしないわけではない
  • SMBCモビット審査通過のポイントは、本人の誠実さと返済能力

SMBCモビットの審査が甘いと言われる理由

審査イメージ画像

SMBCモビットが審査が甘いという話がもしあったら、それは全く根拠のない噂話です。

なぜなら、消費者金融をはじめ全ての貸金業者は、申込要件以外の審査基準は一切公開していないからです。

そのため、特定の貸金業者だけが審査が甘いと断定できないはずです。

では、なぜSMBCモビットが審査が甘いといわれるのでしょうか。

SMBCモビットの審査が甘いと言われる4つの理由
  • とりわけSMBCモビットの審査が甘いわけではない
  • 申込から審査完了まで最短30分を謳っているから
  • 最短即日融資に対応しているから
  • 銀行カードローンと比べて金利が割高だから

電話による在籍確認なしと明言しているから

SMBCモビットでは「WEB完結申込」を選択した場合に限り、電話連絡がないと公式HPで明言しています。

つまり、ほとんどの貸金業者が行なう、申込時の職場への在籍確認の電話がSMBCモビットは省略できるのです。

おそらく、ネットで「SMBCモビットは審査が甘い」という噂が流れている原因の多くは、ここに端を発しているのでしょう。

しかし、SMBCモビットは、「職場への在籍確認の電話」が無いだけで、在籍確認そのものがないわけではありません。

SMBCモビットでは、電話連絡の代わりに健康保険証や給与明細などから在籍確認は行っています

したがって、在籍確認の電話がないから審査が甘いとは言い切れないということになります。

最短即日融資に対応しているから

SMBCモビットでは最短30分の即日融資に対応しています。

しかし、今や多くのカードローン会社でも申込者のニーズに対応するため、最短即日融資に対応しています。

ただ、各カードローン会社で即日融資が可能なのは、少しでも早く困った人にお金が届けられるように、多数の申込がある中でスピーディに審査ができるように効率化しているからです。

即日融資に対応しているカードローン会社に申込をしても、条件を満たしていなければ審査落ちとなります。

決して最短即日融資に対応しているから、審査が甘いというわけではないのです。

銀行カードローンと比べて金利が割高だから

SMBCモビットを代表とする消費者金融カードローンは、銀行カードローンに比べて金利が割高に設定されています。

これは、銀行カードローンは、契約者との間に保証会社を挟んでいるためです。

銀行カードローンの契約者が借りたお金を返せないときは、まず保証会社が契約者に代わり銀行に返済し、次に保証会社が契約者に請求するという流れになります。

一方、消費者金融は保証会社を挟んでおらず、貸し倒れのリスクは全て自社で負います。

基本的に消費者金融に申込をする人は、何らかの事情でお金に困った人です。

お金に困っている人に、無担保・保証人なしで融資するのですから、消費者金融の立場としては相応の金利を確保して貸し倒れのリスクに備えておきたいでしょう。

一般的に銀行よりも、消費者金融のほうが審査が甘いといわれていますが、明確にそのように述べているカードローン会社は一切ありません。

銀行にせよ、消費者金融にせよ、審査が甘い・厳しいというものはなく、審査基準が異なっているだけに過ぎないのです。

SMBCモビットの審査

SMBCモビット

SMBCモビットがとりわけ審査が甘いことはないことをふまえ、改めてSMBCモビットの審査について解説していきます。

まずは審査に通過する確率を上げるために、まずSMBCモビットの利用対象をおさらいしておきましょう。

SMBCモビットの利用対象となる人
  • 年齢が満20歳以上69歳以下であること
  • 安定した定期収入があること
  • アルバイト・派遣社員・パート・自営業でも利用可能

年齢が満20歳以上69歳以下であること

SMBCモビットに申込できるのは、20歳から69歳までと定められています。

年齢要件を満たしていなければ、審査にも進むことができません。

安定した定期収入があること

カードローンを申込するにあたって、安定した定期収入があることは極めて重要です。

そのため、無職はもちろん、パートなどを一切行っていない専業主婦の方などは、無収入と見なされるため、審査を通過するのは難しいと言えます。

これは、カードローン会社は、借りたお金をきちんと返せるお金の出所(返済原資)は何かを非常に重視するからです。

また、一般的に返済原資である毎月の収入は、変動が大きい方よりも、給料のように金額に変動はなくても、毎月一定の金額を受け取っている方のほうが好まれます。

年収が高くても、毎月の収入の変動が大きい方や、新しい仕事に就いたばかりの方などは、収入が安定していないとみなされ審査で不利に働く傾向があります。

アルバイト・派遣社員・パート・自営業でも利用可能

安定収入さえあれば、アルバイトやパートでも問題なく利用できます。

ただし、一般的な正社員と比較して給料が低い傾向にあるため、仮に審査に通過したとしても借りられる額には制限はあるかも知れません。

また、自営業は安定していることを証明する必要があります。

人によっては毎月の収入の変動が大きい可能性があるため、過去数年分の確定申告書の控えを提出するなど、個別の対応が必要になる場合があります。

SMBCモビットの審査に落ちる理由

頭を抱えて悩む男性

SMBCモビットに限らず、カードローンの審査に甘い、厳しいというものはありません。

あくまでもカードローン会社の審査基準を満たしているかどうかです。

ただ、カードローン会社は審査基準を公開していません。

そのため、少なくとも審査に影響すると一般的にいわれている項目に関しては、要件を満たすように準備をしておきましょう。

SMBCモビットの審査落ちの理由
  • 他社の借入がある
  • 過去に金融事故を起こしている
  • 申込内容に虚偽がある

他社の借入がある

貸金業者のルールを定めた貸金業法の中で、消費者金融は「1個人に対して、年収の1/3までしか貸付を行ってはいけない」という規則があり、これを「総量規制」と呼んでいます。

カードローン会社は貸付をすることで総量規制に抵触しないかを厳しくチェックしています。

申込の段階で「他社借入額」の入力を求められるのは、総量規制のルールがあるからです。

そのため、申込によって総量規制を超える借入となる場合は、審査落ちの可能性は高いでしょう。

ただし、総量規制を超えていないからといって必ず審査に通るというわけでもありません。

審査は、借入状況、返済額、収入などをもとに総合的に判断をされるため、審査を通過するためには極力借入は減らしておいたほうがよいでしょう。

過去に金融事故を起こしている

任意整理、個人再生、自己破産といった金融事故を過去に起こしている方は審査落ちの可能性は極めて高いです。

事故情報は支払遅滞が解消されてからも5年間は個人信用情報に記録として残るので、その間も審査に通ることは難しいでしょう。

申込内容に虚偽がある

申込内容に虚偽が発覚した場合、審査に落ちてしまいます。

また、たとえ意図的ではなかったとしても、カードローン会社の基準から外れてしまえば審査通過はできません。

申込内容に誤りが無いか、提出前にしっかり確認をしましょう。

SMBCモビットの審査通過のコツ

コツを紹介します

前章では、SMBCモビットの審査落ちの理由を解説しました。

今章では、それを踏まえて審査に通過するコツを解説していきます。

SMBCモビットの審査に通過するコツ
  • 借りる金額はできるだけ少なめに
  • 申込内容は正直に、正確に入力する
  • 日頃から支払いは円滑に
  • 複数のカードローン会社に申込しない

借りる金額はできるだけ少なめに

申込時の希望借入額は極力最小限にとどめましょう。

総量規制の範囲内であれば、借入はできてしまうかもしれません。

ただ、審査は現在の借入状況や返済状況、収入などを加味して総合的に範囲されるため、借入額は極力小さくしておいた方が確実です。

審査の結果、想定以上に借入上限枠をもらえたら御の字と考えるくらいが良いでしょう。

申込内容は正直に、正確に入力する

申込内容は正直に、かつ正確に入力しましょう。

少しでも審査に有利になるようにと、年収や勤務先の情報を偽るケースがありますが、これは明らかにマイナスです。

また、意図的せず入力内容を誤っても、審査をする側からすれば虚偽表示と判断される可能性もあります。

申込時は正直に入力するはもちろんですが、正確に入力することを心がけましょう。

日頃から支払いは円滑に

クレジットカードの支払いや、その他の借入れがあれば、月々の支払いは円滑に行っておきましょう。

クレジットカード会社や、カードローン会社は信用情報機関を通じて、返済状況も共有しているからです。

その他、スマホ代金の支払いや、自動車ローンなどの支払状況も審査に影響します。

日頃から支払いを円滑に行い、支払能力があることを実証しておくことが重要です。

複数のカードローン会社に申込しない

カードローン会社を申込むときは、一度に複数社に申込しないようにしましょう。

カードローンの申込情報も信用情報機関に登録されます。

短期間で申込をしている状況を見ると、審査する立場とすれば「相当お金に困っているのかな」「返済できるのだろうか」と判断せざるを得ません。

支払能力に問題ありと判断されてしまえば、審査には通りません。

自分は、返済能力があるということを証明するためにも、カードローンの同時申込は避けたほうが賢明です。

なお、カードローンの申込履歴は、最長6ヶ月間、審査に通過したか否かにかかわらず個人信用情報に残ります。

審査の通過率を上げたいなら、仮に1社目の審査に落ちた場合、次の申込まで最低半年は空けるべきです。

SMBCモビットの審査から融資までの流れ

セゾンコバルト・ビジネス・アメックスは個人事業主でも発行可能

最後に、SMBCモビットの審査から融資までの流れを簡単に説明します。

SMBCモビットの審査から融資まで
  1. 審査が完了したら審査結果をメールで通知
  2. 審査結果のメールにあるURLからログインして、契約可能額・契約内容事前告知書を確認
  3. 入会手続きを開始
  4. 返済期日・返済方法を設定
  5. 入会手続きが完了したらメールを受信
  6. メール到着後、借入が可能
  7. 借入は提携ATM及び銀行振込から
  8. 「Myモビ」に登録すると24時間振込キャッシングが可能

事前対策を万全にして審査落ちを防ごう

SMBCモビットは審査が甘いという噂がありますが、各社審査の基準が異なるだけでカードローン審査にとりわけ厳しい、甘い会社があるわけではありません。

SMBCモビットの審査に通過するコツ
  • 借りる金額はできるだけ少なめに
  • 申込内容は正直に入力する
  • 日頃から支払いは円滑に
  • 複数のカードローン会社に申込しない

カードローンの審査に通過するためには、何か特別なことをしなければならないということはありません。

日々の返済をしっかり期日に済ませ、借りたものは極力早く返し、申込時は書類を正確に書く。ただそれだけのことです。

たったこれだけで、審査に通る確率は向上することでしょう。