ソニー銀行で口座を開設すれば積立・運用が簡単!100万円貯める方法

ソニー銀行の口座は印鑑不要・ペーパーレスで簡単に開設することができます。給料の振込口座を他の銀行にしている場合も、無料でソニー銀行の口座に入金することもできます。入金したら積立・運用を利用し、簡単かつ低リスクでお金を貯めましょう。
  • 2021年2月17日
ソニー銀行で口座開設

ソニー銀行は使い勝手が良いと人気を集めているネット銀行です。口座開設を検討している方も多いのではないでしょうか。

積み立て商品や投資信託、デビットカードなど豊富なサービスがそろっており、貯金用口座として活用するのにおすすめです。

そこで、ソニー銀行の口座を開設して100万円貯める方法を解説します。ソニー銀行のメリットも紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ソニー銀行口座で100万円貯める方法
  • 給与が入ったら先取り貯金で定期預金や外貨預金などを利用して毎月一定額を積み立てる
  • 投資信託の積み立て購入やロボアドバイザーサービスでリスク分散して資産形成する
  • 「おまかせ入金サービス」を利用すれば他行口座から手数料無料で入金できる
  • デビットカードを利用すれば最大2.0%還元、現金感覚で使えて家計管理にも役立つ

ソニー銀行口座に貯金して100万円貯める

100万円貯めるためには、毎月給与を受け取った時点で一定額を貯金することが大切です。これが「先取り貯金」です。

給与が入った時点で貯金することで、「何に使ったかよく分からないけど今月もお金が残らなかった」といった事態を防げます。

自動で引き落とされるように仕組み化できるので、放っておいても自然と貯められます。

以下のような預金商品を活用しましょう。

  • 積み立て定期預金
  • 外貨預金の積立購入

積み立て定期預金

ソニー銀行の定期預金

先取り貯金におすすめなのが「積み立て定期預金」です。

ソニー銀行の積み立て定期預金
  • 1,000円から積み立てられる
  • 積み立て日は2日・7日・12日・17日・22日・27日から選べる
  • 年2回まで増額できる

積み立て定期預金とは、あらかじめ設定した一定金額を毎月普通預金から自動で定期預金に積み立てられる預金です。

1,000円以上1,000円単位で柔軟に設定でき、無理のない範囲で積み立てられます。

積み立て日も2日・7日・12日・17日・22日・27日から自由に決めることが可能です。

一度設定しておけば毎月自動で積み立てられるので、「給料が入ってもすぐに使ってしまう」「何に使ったのか分からない支出がある」という方でも確実に貯められます。

毎月3万円積み立てたら年間で36万円貯まります。意識せず貯まっていくのはうれしいですね。

外貨預金の積立購入

ソニー銀行の外貨預金

ソニー銀行では、外貨預金も積立で購入することができます。

ソニー銀行の外貨預金の積立購入
  • 500円から積み立て可能
  • 毎日・毎週・毎月など好きなタイミングで積み立てられる
  • 購入上限レートを決めておける

その名の通り外貨で行う預金のことです。

外貨預金は、為替レートの変動によって売ったときに利益がでる可能性がある一方で、損をしてしまう可能性もあります。

例えば、米ドルを1ドル=100円で100ドルを購入した場合について考えてみましょう。

1ドル=110円の円安になったときに円に戻せば、1,000円の利益が出ます。反対に、1ドル=90円の円高になったときに円に戻せば1,000円の損失が生じるという仕組みです。

為替の値動きの予測は難しく、外貨預金が初めての方は特に難しく感じるかもしれません。

しかし、ソニー銀行の外貨預金であれば500円から積立可能なので手軽に始められます。

また、一度にまとめて購入するのではなくタイミングを分けて積立で購入することで、購入単価を抑えられるというメリットがあります。

まとまった金額で外貨を購入するときと比べてリスクが抑えられるので、初心者にもおすすめです。

毎日・毎週・毎月など自由にタイミングを選べるので、自分に合った方法でコツコツと積み立てることができますよ。

また、あらかじめ購入上限レートを設定しておくことができるのも魅力です。

ソニー銀行で運用して100万円貯める

日本は長らく低金利時代にあるため、普通預金だけではなかなか資産が増えません。

普通預金の金利が0.001%だった場合、100万円預けていても1年で+10円。そこからさらに税金が引かれます。

そのため、多くの方が運用の必要性を感じているのではないでしょうか。

毎月の着実な貯金とあわせて、投資信託などを利用した運用も検討しましょう。

ただし、運用は当面使う予定のない資金で、無理のない範囲で行うことが大切です。

投資信託・NISAで運用

投資信託・NISAの基本について先に確認しておきましょう。

  • 投資信託
    たくさんの人から集めたお金をまとめて、運用のプロが株式・債券などに投資して運用
  • NISA
    少額投資非課税制度=株式や投資信託などの金融商品で得た利益が非課税になる制度

投資信託は少額から投資でき運用のプロに任せられるので、初心者でも始めやすい投資方法です。

投資信託ならさまざまな株式や債券などに分散して投資ができるため、リスク分散できるというメリットがあります。

また、投資信託の積立はドルコスト平均法という手法を用います。

ドルコスト平均法

上記のように、毎月口数を指定して購入するのではなく、あらかじめ設定した一定額を購入するのがドルコスト平均法です。

基準価格が安いときにはたくさんの口数を購入でき、高いときには口数を減らして購入することができます。

そのため、購入単価の平均が下がることが期待でき、リスク分散が可能となります。

さらに、NISA制度を利用すれば投資信託による利益が一定の範囲内で非課税(新規投資額120万円/年、5年間で最大600万円)になり、節税にもつながります。

ソニー銀行でも、NISAを利用して投資信託を購入することが可能です。

ソニー銀行の投資信託・NISA
  • 全ファンド販売手数料が0円
  • 1,000円から積み立てられる
  • ファンド数は240本以上

ソニー銀行の特徴は、240本以上ある全てのファンドで販売手数料がかからないことです。

販売手数料は銀行や証券会社によって異なります。

50万円購入したとすると、手数料無料のものと3.0%のものでは15,000円もの差が生じます。

3.0%というとわずかな差に感じますが、投資金額が大きいほど差は大きくなります。

ソニー銀行なら全ファンド販売手数料がかからないので選びやすく、安心して購入できますね。

また、積み立てプランがあり1,000円から積み立てられます。少額でコツコツと積み立てられるので、投資初心者の方にもおすすめです。

WealthNaviで運用

Wealthnavi

「運用の必要性は感じているもののどう選べば良いか分からない」といった、運用に詳しくない方にもおすすめなのが、ソニー銀行のWealthNaviによる運用です。

WealthNaviの特徴
  • 一人一人に合った資産の組み合わせを提案してくれる
  • 複数の資産に分散投資できる
  • 自動で運用してくれるので初心者でも始めやすく手間もかからない
  • 最低10万円から投資できる

WealthNaviとは、自動で資産運用を行ってくれるロボアドバイザーサービスのことです。

いくつかの質問に答えるだけで一人一人に合った資産の組み合わせを提案してくれ、複数の資産に分散投資してくれます。

分散して投資することで、リスクを低減する効果が期待できます。

発注や積立はもちろん、定期的に資産の組み合わせを最適な状態にする「リバランス」などもすべて行ってくれるので、忙しい方や手間なく投資したい方にもおすすめです。

ソニー銀行はメリットの多いネット銀行

ソニー銀行には、他にもメリットがたくさんあります。

ソニー銀行の主なメリット
  • 「おまかせ入金サービス」が便利
  • デビットカードの利用で最大2%キャッシュバック
  • 手数料の無料回数が多い

「おまかせ入金サービス」が便利

ソニー銀行で100万円貯めるのにぜひ利用したい便利なサービスとして「おまかせ入金サービス」があります。

おまかせ入金サービスとは、あらかじめ設定した金額を各金融機関からソニー銀行の口座に毎月自動で入金してくれるサービスです。

  • 手数料無料で利用上限数は5件
  • 10,000円以上1,000円単位で設定できる
  • インターネット上で気軽に申し込みできる

引き落とし日は毎月5日または27日、その4営業日後に入金されます。

なんといっても、手数料無料で5件まで入金できるのが大きな魅力です。

他行の口座に振り込まれた給与を無料でソニー銀行の口座に入金することができます。

クレジットカードの引き落としや公共料金の支払い、住宅ローンの返済などをソニー銀行に設定しておけば、支払い忘れもなく安心です。

一度設定すれば毎月自動で入金されるので、先取り貯金にもぴったりです。

おまかせ入金サービスを利用して、積み立て定期預金や外貨の積立購入、投資信託の購入などに充てることもできますね。

他行の口座からATMで出金する必要がなくなるので、ATM手数料も節約できます。

デビットカードで最大2%キャッシュバック

Sony bank wallet

ソニー銀行が発行するデビットカード「Sony Bank WALLET」も人気です。

ソニー銀行の優遇プログラム「Club S」のステータスに応じて、デビットカードの利用金額の最大2.0%がキャッシュバックされます!

Sony Bank WALLETは世界中のVISA加盟店で使え、即時にソニー銀行の口座から引き落とされます。

現金感覚で利用できるのでクレジットカードやプリペイドカードが苦手な方でも使いやすく、利用明細がすぐに確認できるので家計のやりくりにも役立ちます。

なお、「Club S」のステータスはソニー銀行との取引が増えれば増えるほど上がる仕組みです。

外貨預金や投資信託の積立購入といった取引に応じて、シルバー・ゴールド・プラチナとランクアップできます。

ランクが上がるほど優遇特典が増えるので、利用すればするほどよりお得になりますよ。

【参考】Club Sのステージごとの優遇
特典内容ステージなしシルバーゴールドプラチナ
Sony Bank WALLET
キャッシュバック率
0.5%1.0%1.5%2.0%
Sony Bank WALLET
海外ATM利用料無料回数
0回1回/月3回/月5回/月
振込手数料無料回数最大2回/月最大4回/月最大6回/月最大11回/月
ATM利用手数料無料回数4回/月7回/月15回/月何度でも無料
為替コスト優遇なし米ドル10銭など米ドル7銭など米ドル4銭など
外貨定期預金金利優遇なし+0.01%+0.02%+0.03%
仕向け外貨送金手数料無料回数0回0回1回/月3回/月
専用ダイヤル---

デビットカードなら海外ATMで現地通貨が引き出せる

Sony Bank WALLETなら海外ATMで現地通貨を引き出すことができます

空港などで日本円をわざわざ両替せずに済み、必要なときにATMで気軽に出金することが可能です。

多額の現金を持ち歩かなくても良いためセキュリティ面でも安心です。

円高時に外貨をまとめて購入したり、毎月積み立てたりすることで、旅行時に円安でもお得に海外旅行が楽しめます。

さらに、ソニー銀行では、外貨預金口座を開設していれば米ドルなど対象10通貨の海外事務手数料が無料になります!

海外でのショッピング利用時の為替コストがかなり抑えられます。これは大きなメリットですね。

手数料の無料回数が多い

ATMや振込手数料の無料回数が多いのもソニー銀行のメリットの1つです。

ATMの入金手数料が回数にかかわらず無料なので、貯金用口座として使い勝手が良くおすすめです。出金は月4回まで無料になります。

振込手数料は月1回まで無料、デビットカードを持っていれば月2回まで無料です。

以下7社もの提携先があり、利便性が高いですね。

ソニー銀行の提携ATM
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • イーネット
  • ローソン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行

ソニー銀行の口座を開設して資産形成に役立てよう

ソニー銀行積み立て3商品

ソニー銀行口座で100万円貯める方法
  • 給与が入ったら先取り貯金で定期預金や外貨預金などを利用して毎月一定額を積み立て
  • 投資信託の積み立て購入やロボアドバイザーサービスでリスク分散して資産形成
  • 「おまかせ入金サービス」を利用すれば他行口座から手数料無料で入金できる
  • デビットカードを利用すれば最大2.0%還元、現金感覚で使えて家計管理にも役立つ

給与が入ったら先取り貯金で毎月一定額を確実に貯金し、すぐに使わない資金で運用も検討しましょう。

毎月83,000円ほど貯金すれば、1年間で100万円貯めることができます。

年に2回のボーナス月に15万円貯金できるなら、それ以外の月に70,000円ずつ貯金すれば達成できます。

さらに投資信託などで運用益が得られれば、気がつけば100万円以上貯まっていたという可能性も!

ソニー銀行の口座開設はペーパーレスで印鑑も不要です。インターネット上で簡単に手続きできます。

無理のない範囲で目標を設定し、ソニー銀行のサービスを賢く活用して計画的に貯金しましょう。