SPGアメックスの家族カードが不評の理由|年会費分の価値が見出せない

SPGアメックスの家族カードの評判は決して良くありません。理由は年会費と特典が見合っていないからです。SPGアメックスの特典の肝といえばMarriott Bonvoyゴールドエリート資格と無料宿泊特典です。この2つの特典が家族カードには付帯しません。
  • 2021年4月10日
  • 2021年4月10日
SPGアメックスの家族カード

元々アメックスのカードはどれも旅行に関する特典が充実しています。

その中でもSPGアメックスは他と一線を画す旅行特典の豪華さです。

世界各国にあるMarriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)系列のホテルでラグジュアリーなサービスが受けられることや、付帯の海外旅行保険が手厚いことなどがあげられます。

そんなSPGアメックスですが、「家族カードが微妙…」「年会費の価値が見出せない」という評判が見られます。

本記事ではSPGアメックスの家族カードが不評な理由から、SPGアメックス本カードと家族カードの違い、家族用にカードを作りたい場合のおすすめなどについて紹介します。

※本記事の価格は全て税込みです。

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 34,100円 追加カード ETCカード/家族カード
還元率 1%~ ポイント Marriott Bonvoyポイント
マイル ANA/JAL 付帯保険 海外旅行/国内旅行/ショッピング
電子マネー QUICPay スマホ決済 Apple Pay
6月末まで!高級ホテルに泊まれる最大60,000ptプレゼント公式サイトを見る

SPGアメックスの家族カードをおすすめしない理由

考える女性

SPGアメックスの家族カードをおすすめしない理由
  • 17,050円と安くはない年会費
  • Marriott Bonvoyゴールドエリート会員は本カードのみ
  • カード更新時の宿泊特典はなし
  • 入会ボーナスポイントはなし

ネットで不評なSPGアメックスの家族カードですが、なぜ不評なのでしょうか。

まずはSPGアメックスの家族カードをおすすめしない理由について解説していきたいと思います。

年会費がけっこう高い

まず、マイナス点として挙げられるのが、SPGアメックス家族カードの年会費がけっこう高いということです。

家族会員は年会費無料というクレジットカードも多いなか、SPGアメックス家族会員の年会費は17,050円です。

アメックスならではの充実のサービスが受けられるとはいえ、決して安くはないですよね。

ちなみに通常のアメックスの年会費が13,200円ですから、それよりも割高な年会費です。

もちろん年会費に見合うサービスが受けられるのであれば、すごく高いというワケではないのですが、SPGアメックスの本カードと比較すると微妙な点がいくつかあります。

ちなみに、SPGアメックス本会員の年会費は34,100円なので、本会員と家族会員の差額は年間で17,050円です。

家族カードにはMarriott Bonvoyゴールドエリート会員の資格は付帯しない

残念ながらSPGアメックスの家族カードにはMarriott Bonvoyゴールドエリート会員の資格は付帯しません

そもそもSPGアメックスの最大の売りともいえるのが、Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格が得られることです。

通常であれば、Marriott Bonvoy系列ホテルでの宿泊日数が25泊を超えないと得られない貴重な資格です。

それだけに、受けられるメリットはお得なものばかりです。

Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格の特典は以下のとおりです。

  • 滞在ごとに25%のボーナスポイントゲット
  • 部屋のアップグレードリクエスト対応
  • 14時までのレイトチェックアウト
  • ウエルカムギフトポイントゲット
  • 無料室内高速インターネットサービス
  • 会員限定料金
  • 完全予約補償
  • モバイルチェックイン・モバイルキー
  • キャッシュ+ポイントでお得な料金体系に
  • ポイントは即座に利用可能
  • お得に利用ができるポイントセイバープログラム

Marriott Bonvoy系列の一流ホテルで上記サービスが受けられるのですから、かなりのVIP感です。

なのですが、それを受けられるのは本会員のみとなっています。

残念ながら家族会員ではMarriott Bonvoyゴールドエリート会員資格は得られません。

もちろん、本会員と家族会員の2人という組み合わせでMarriott Bonvoyを利用する場合であれば、問題はないはずです。

しかし、家族カード利用者だけで旅行に出かけた場合には、VIPなサービスを受けることはできません。

せっかくSPGアメックスを使っているのにこれはけっこう残念なお話です。

家族カードではカード更新時の宿泊特典が得られない

SPGアメックスはカードを更新するたびにMarriott Bonvoy参加ホテルの一泊一室(2名様まで)の無料宿泊特典が得られます。

旅行好きにとってはかなりうれしい特典ですし、選んだホテルによっては金額的にもかなりお得です。

残念ながら、カード更新時に宿泊特典を得られるのは本カード会員のみとなっています。

つまり、SPGアメックス家族カードでは宿泊特典が得られないということです。

安くはない年会費を払いつつ、宿泊特典が得られないのはちょっと残念ですよね。

家族カードは入会ボーナスポイントの対象外

SPGアメックスは入会後3ヶ月以内に10万円以上利用すると、30,000Marriott Bonvoyポイントが得られます

この入会特典が受けられるのは本会員のみで、家族会員は対象外です。

Marriott Bonvoyポイントを宿泊に使うとすれば、1ポイント約1円ほどの価値があります。

安くはない年会費を払っているのにせっかくのポイントが受け取れないのでは、なんだか損した気分になりそうです。

SPGアメックスの家族カードを発行するメリット

アメックスプラチナ 空港ラウンジ

SPGアメックス家族カードのメリット
  • アメックスのラウンジが使える
  • カード利用時には旅行保険が付帯される

本章ではSPGアメックスの家族カードを発行するメリットについて紹介します。

SPGアメックスの家族カードがあれば、アメックスが提供しているサービスを受けられます

例えば、国内28ヶ所、海外1ヶ所の空港ラウンジが利用できます。

また、国内・海外旅行に行く際にSPGアメックスの家族カードで支払うと旅行保険が付帯されます。

万が一に備えて子供にクレジットカードを持たせておきたいといった場合、本カードの半額でアメックスのサービスが受けられるというのは大きなメリットです。

SPGアメックスの本カードと家族カードの違い

笑顔の女性

本カードと家族カードの違いをチェック
  • カードの特典に違いがある
  • 付帯保険の内容に違いがある

そもそもSPGアメックスの本カートと家族カードにはどんな違いがあるのでしょう。

その違いをチェックしていきましょう。

SPGアメックスならではの特典の違い

SPGアメックス最大の特徴ともいえるのがMarriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)ゴールドエリート会員資格が得られることです。

このゴールドエリート会員資格が得られるのは本会員のみで、家族会員は得られません。

付帯保険の違い

SPGアメックスには充実の旅行保険が付帯しています。

本カードと家族カードでは、保険の内容に違いがあります。

その詳細を表にまとめています。

まずは旅行代金をSPGアメックスで支払ったケース(利用付帯)です。

補償の種類補償額(本人)補償額(本会員の家族)補償額(家族カード会員)補償額(家族カード会員の家族)
国内旅行傷害死亡・後遺障害保険金最高5,000万円最高1,000万円最高5,000万円最高1,000万円
海外旅行傷害死亡・後遺障害保険金最高1億円最高1,000万円最高5,000万円最高1,000万円
傷害治療費用保険金最高300万円最高200万円最高300万円最高200万円
疾病治療費用保険金最高300万円最高200万円最高300万円最高200万円
賠償責任保険金最高4,000万円
携行品損害保険金1旅行中最高50万円(免責3千円/年間限度額100万円)
救援者費用保険金
(補償期間中)
最高400万円最高300万円最高400万円最高300万円

保険の内容が本会員と家族会員では異なります。

例えば旅行代金をカードで支払った場合、本会員の傷害死亡・後遺障害保険金は最大1億円です。

一方の家族カードで支払った場合、傷害死亡・後遺障害保険金は最大5,000万円となっています。

続いては旅行代金をSPGアメックスで支払っていないケース(自動付帯)について見てみましょう。

補償の種類補償額(本人)補償額(本会員の家族)補償額(家族カード会員)補償額(家族カード会員の家族)
国内旅行傷害死亡・後遺障害保険金保証なし
海外旅行傷害死亡・後遺障害保険金最高5,000万円最高1,000万円保証なし
傷害治療費用保険金最高200万円
疾病治療費用保険金最高200万円
賠償責任保険金最高4,000万円
携行品損害保険金1旅行中最高50万円(免責3千円/年間限度額100万円)
救援者費用保険金
(補償期間中)
最高300万円

本カードであれば、海外旅行代金をSPGアメックスで支払っていない(自動付帯)の場合にも保険が適用されます。

一方、家族会員では、SPGアメックス家族カードで旅行代金を支払った場合(利用付帯)のみ保険適用の範囲です。

海外旅行好きな方にとって、自動付帯があるというのは大きな安心材料です。

自動付帯が無いというのは、家族会員の大きなデメリットといえます。

SPGアメックスの本カードを2枚発行するメリット

女性

家族カードよりも本カード2枚がお得な理由
  • カード更新時に得られる無料宿泊特典が2倍に
  • 入会時に大量のポイントが得られる
  • それぞれがMarriott Bonvoyゴールドエリート会員

SPGアメックスの家族カードは微妙だな…と感じた場合、SPGアメックスの本カードを2枚発行するのがおすすめです。

その理由やメリットについて紹介します。

Marriott Bonvoy無料宿泊特典がそれぞれのカードで得られる

本会員であれば、カードを更新するたびにMarriott Bonvoy参加ホテルの無料宿泊特典が得られます。

つまり本会員が2人いる場合、無料宿泊特典も2倍の2泊分になります。

なんどもお伝えしていますが、本会員と家族会員の差額は17,050円です。

シーズンや利用するホテルにもよりますが、この無料宿泊特典だけでも17,050円のもとが取れる可能性は大です。

毎年カードを更新するたびに、次の旅行を考えられるというのも、旅好きの方にとっては大きなメリットといえます。

紹介特典プラスボーナスポイントが得られる

SPGアメックス本会員は知り合いを紹介することによって紹介特典が得られます。

もちろん家族を紹介してもOKです。

紹介する側は特典として30,000Marriott Bonvoyポイントを得ることになります。

そして紹介された側も大きなメリットがあります。それは、入会特典がポイントアップするということです。

通常、SPGアメックス入会後3ヶ月以内に10万円以上利用すると、30,000Marriott Bonvoyポイントが得られますが、知人から紹介された場合にはボーナスとして36,000ポイントが得られます。

本カード2枚発行した場合、得られる特典は合計で96,000ポイントです。

内訳は以下のとおりです。

  • 本カード1入会特典:30,000ポイント
  • 本カード1紹介特典:30,000ポイント
  • 本カード2入会特典:36,000ポイント

一方、本カード1枚と、家族カードを発行した場合に得られるポイントは本カードの入会ポイントである30,000ポイントのみとなります。

本カード2枚と本カード1枚プラス家族カード1枚の場合、得られるポイントの差はなんと66,000ポイントです。

ちなみに3ポイント1マイルで変更できるので、これだけで22,000マイル分です。

またMarriott Bonvoyポイントは60,000ポイントをマイルに変更するごとに5,000マイルのボーナスがつきます。

つまり66,000ポイントをマイルにすると、合計で27,000マイルになるということです。

近場であれば、夫婦2人で海外旅行にも行けてしまいますね。

それぞれがMarriott Bonvoyゴールドエリート会員

旅行好きの方であれば、家族との旅行や一人旅、友人と旅行を楽しむといったシーンだって考えられます。

せっかくSPGアメックスを持つのであれば、それぞれの旅で最高のサービスを受けたいですよね。

となると、それぞれが本会員としてMarriott Bonvoyゴールドエリート会員資格を手に入れることををおすすめします。

宿泊料もお得になりますし、VIPなサービスを受けられるなど、旅好きの方であれば年会費以上のメリットを享受できるはずです。

旅行でたまったポイントをマイルやホテルの宿泊に使えば、次の旅行もお得に楽しめます。

SPGアメックスなら家族カードよりも本カード2枚がおすすすめ

海外旅行

SPGアメックスの家族カードが微妙な理由
  • 家族カードとはいえ年会費が17,050円とけっこう高い
  • SPGアメックスならではのサービスが受けられない

以上、SPGアメックスの家族カードが微妙な理由について紹介してきました。

SPGアメックスの家族カードは年会費が高い割に、Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格は付与されません。

また、カードの更新時に得られる無料宿泊特典も本カードのみで家族カードは対象外です。

つまりSPGアメックスの家族カードは年会費がそれなりに高いわりに、けっこう微妙なサービス内容といえます。

家族カードを手に入れるなら、思い切って本カード2枚にするのがおすすめです。

もちろん年会費は17,050円アップしますが、享受できる優待特典や入会時に得られるポイントを考えると、十分にもとは取れます。

旅好きであれば、むしろお得です。