確定申告はアルバイトでも学生でも必要?源泉徴収とかけもちがカギ

大学生や高校生になってアルバイトを始める人は多いですよね。

初めて自分で働いたお金を手にするという経験をし、初めて「税金」や「確定申告」について意識する人も多いでしょう。

確定申告とは、自分で所得などを計算し、税を算出して申告することをいいます。

確定申告なんてできるのだろうか…と、不安に思ってはいませんか?

安心してください。実は、確定申告は基本的に不要となるケースが多く、行わなければいけない状況はかなり限られています。

アルバイトでも確定申告は必要?
  • 勤務先で年末調整が行われない場合は必要
  • 2箇所以上でアルバイトしている、副業の収入が一定以上の場合も必要
  • 年末前にアルバイト辞め、その後どこにも勤務していない場合も必要

今回は、確定申告が必要な場合と不要な場合、年末調整との違い、そして所得税がかからないポイントなどを解説していきます。

確定申告と年末調整とは?

まず、確定申告と年末調整について解説します。

年末にアルバイトしたことがある人は、「年末調整の書類を○日までに出して」と勤め先の社員から言われたことがありませんか

確定申告も年末調整も税金関係の手続きではありますが、それぞれどのような目的で行うのでしょうか。

年末調整は雇用主が正しい所得税額に調整すること

年末調整は、会社(雇用主)が行うべき手続きです。

従業員の皆さんがやらなければいけないのは、基本的に年末調整に必要な『給与所得者の扶養控除等(異動)申告書』への記入と捺印だけです。

所得税は、1月~12月までの1年間の所得で税額が決定します。そのため、年末にならなければ正確な税額は計算できません。

しかし、会社員やアルバイトなど雇用されている場合は、毎月給与から所得税が差し引かれることになっています。

このとき差し引かれるのはあくまで見込みの金額で、実際の金額とは異なります。

これが源泉徴収です。

年末調整というのは、毎月の給与から差し引かれている所得税の見込み額(源泉徴収税額)を、本来の適正な税額に直し還付または追徴を行う手続きのことです。

  • 源泉徴収税額<実際の税額の場合:12月の給料から差額が差し引かれる(追徴)
  • 源泉徴収税額>実際の税額の場合:12月の給料に差額が上乗せされる(還付)

源泉徴収税額を証明する「源泉徴収票」

画像引用元:[手続名]給与所得の源泉徴収票(同合計表)|国税庁

源泉徴収票は、職場から自分に支払われている給料の金額と、そこから収められている所得税がわかる書類です。

確定申告には源泉徴収票が必要となるため、職場から受け取ったら大切に保管しましょう。

確定申告は自分で収入や所得、税額を計算し申告すること

確定申告は自分で収入、各種控除額などを計算し、税務署に申告することを言い、その提出書類を元に税金を納めます。

雇用主のいない個人事業主や自営業の人は、基本的に確定申告をしなければいけません。

手間がかかったり、情報が多すぎて自分では処理しきれなかったりすることから、税理士さんに任せている人も多いです。

基本的にアルバイト先で年末調整をしている場合は必要ありませんが、確定申告が必要な例外のケースがいくつかあります。

年末調整と確定申告
  • 年末調整は毎月支払っていた所得税の見込み額(源泉徴収税額)を適正な税額に直すこと
  • 基本的に雇用主が年末調整を行うことがほとんど
  • 確定申告は自分で収入から税金を計算し申告すること

次のページで、アルバイトや学生でも確定申告が必要となるケースについて解説します。
確定申告が必要な人の条件|しなくていい金額としないリスクを解説