クレジットカードおすすめランキング

Suica(スイカ)とは?支払い方法から利用範囲までを全網羅

suica_eyecatch

日本にはたくさんの種類の電子マネーがありますが、その中でも特に人気が高いのが「Suica(スイカ)」です。

SuicaはJR東日本エリアの電車やモノレールで利用するために作られた「交通系ICカード」の1つです。

現在は全国の交通系ICカードエリアで使えるほか、コンビニやスーパーなどの支払いにも利用できます。

Suica(スイカ)の特徴
  • JR東日本の交通系ICカード(電子マネー)
  • コンビニやスーパーなど全国各地の幅広い場所で使える
  • オートチャージ対応で残高不足の心配がない
  • Suicaを使うことでJREポイントが貯まる

本記事ではSuicaの特徴や使い方など、Suicaの基本について徹底的に解説しています。

Suica対応のおすすめクレジットカード|定期とチャージで賢くポイント貯蓄

トップ画像引用元:Suicaで貯める・使う

Suica(スイカ)とは?

画像引用元:伊豆急でも、Suica・PASMOが使えます!

SuicaはJR東日本の交通系ICカード(電子マネー)です。

Suicaを使えば、ICカードやスマホをかざすだけで電車に乗ることができます。

Suicaは事前に現金や残高をチャージしておくプリペイド式の電子マネーです。

券売機で切符を買う必要がなく、運賃は降車駅で自動精算されるのでいちいち計算する必要もありません。

全国各地の鉄道に対応

SuicaはJR東日本のSuicaエリアだけでなく、全国の交通系ICカードのエリアで使えます

  • Kitaca(JR北海道)
  • PASMO(関東私鉄)
  • TOICA(JR東海)
  • manaca(名古屋私鉄)
  • ICOCA(JR西日本)
  • PiTaPa(関西私鉄)
  • SUGOCA(JR九州)
  • nimoca(九州私鉄)
  • はやかけん(福岡市営地下鉄)
  • icsca(仙台市交通局)

例えば出張や旅行で北海道に行く場合、SuicaがあればKitacaエリアの電車やバスに乗ることができます。

いちいちその都市の交通系ICカードを取得する必要はありません。

コンビニやスーパーでも使える

Suicaが使えるのは電車やバスなどの公共交通機関だけではありません。

コンビニやスーパー、レストラン、家電量販店など全国のさまざまな加盟店で利用できます。

以下は、Suicaが利用できる加盟店のほんの一部です。

  • コンビニ:セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、キオスク
  • スーパー:イオン、イトーヨーカドー、アリオ
  • グルメ:いきなりステーキ、ガスト、かっぱ寿司、マクドナルド
  • 家電量販店:ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ジョーシン
  • ドラッグストア:サンドラッグ、ツルハドラッグ、マツモトキヨシ

Suicaが利用できるお店の詳細を知りたい人はSuicaの公式サイトを参照してください。

カードとスマホアプリの2種類がある

SuicaにはICカードタイプの「Suicaカード」スマホアプリの「モバイルSuica」の2種類があります。

基本的な機能はどちらも変わりませんが、モバイルSuicaならスマホをかざすだけで電車に乗ったり買い物をしたりできます。

ただし、モバイルSuicaを利用するにはスマホがおサイフケータイ」に対応していないといけません。

スマホがおサイフケータイに対応していない場合は、残念ながらSuicaカードを使うほかありません。

JREポイントが貯まる

Suicaを利用すると、JR東日本の共通ポイント「JREポイント」が貯まります。

貯まめたポイントは1ポイント=1円としてSuicaの残高にチャージできます。

Suicaでポイントを貯めて、貯まったポイントでSuicaを使うことが可能です。

JREポイントをSuicaで貯める方法は以下の通りです。

  • JR東日本の在来線をSuicaで利用する
  • Suicaグリーン券を購入する
  • モバイルSuica定期券を購入する
  • JREポイントのマークがある加盟店でSuicaを利用する

グリーン券や定期券を購入するとJREポイントが貯まります。

また、2019年10月よりSuicaでJR東日本の在来線に乗車した場合もポイントが貯まるサービスが開始されました。

Suicaカードの場合は200円につき1ポイント、モバイルSuicaは50円につき1ポイント貯まります。

電車に乗るだけでポイントが貯まるため、普段から電車で通勤・通学している人ならSuicaを利用するとお得ですね。

また、JREポイントのマークがある加盟店でSuicaを使うと、100円または200円につき1ポイント貯まります。

ポイントが貯まる加盟店およびポイント還元率はJREポイント公式サイトを参考にしてください。

JR東日本の交通系ICカード Suicaとは
  • 全国各地の電車やバスの運賃清算に使える
  • 多くの加盟店でのお買い物に使える
  • モバイルSuicaならスマホで簡単決済
  • 利用するほどJRE POINTが貯まってお得

次の章では、Suicaの利用方法について解説します!

Suicaの利用方法

Suicaを利用するにはまずSuicaカードを発行するか、スマホにモバイルSuicaアプリをインストールします。

あとはSuicaに残高をチャージし、Suicaカードやスマホを機械にかざすだけで利用可能です。

Suicaはチャージ方法が豊富なので、自分に合ったチャージ方法を選んでください。

それでは、Suicaの利用方法について詳しく見ていきましょう。

Suicaカードを発行する

ICカードタイプの「Suicaカード」はSuicaエリア内のJR東日本の駅にある多機能券売機かみどりの窓口で購入できます。

価格は1,000円・2,000円・3,000円・4,000円・5,000円・10,000円の6つです。

購入価格から500円の預かり金(デポジット)を引いた額がSuicaにチャージされます。

例えば2,000円を選んだ場合は1,500円の残高がチャージされたSuicaが発行されます。

ちなみに、預かり金はカード返却時に返金されます。

Suicaカードには記名式の「My Suica」と無記名式の「Suicaカード」の2種類があります。

どちらでも電車に乗ったり、買い物をしたりすることはできますが、My Suicaのほうが使い勝手が良いです。

 My SuicaSuicaカード
個人情報の登録必要不要
再発行可能不可
JREポイント貯まる貯まらない
子ども用Suicaありなし
記名人以外の利用不可可能

My Suicaは紛失した際に再発行が可能です。

また、無記名のSuicaではJREポイントが貯まりません

せっかくSuicaを利用するのにポイントが貯まらないのはもったいないです。

特別な理由がない限りは記名式の「My Suica」を発行しましょう。

モバイルSuicaをインストールする

カードタイプではなくスマホでSuicaを使いたい人は「モバイルSuica」を利用しましょう。

まずは各アプリストアからモバイルSuicaをダウンロード・インストールしてください。

アップルストア グーグルプレイ

インストールが終わったらモバイルSuicaアプリを起動します。あとは画面の指示に従って会員登録をするだけです。

モバイルSuicaを利用する際はクレジットカードを登録する必要があります。

しかし、クレジットカードを持っていない人やクレジットカードを登録したくない人もいるでしょう。

その場合はクレジットカード登録が不要な「EASYモバイルSuica会員」になりましょう。

EASYモバイルSuicaでも電車に乗ったり、コンビニで買い物したりといった基本的な機能は使えます。

Suicaの残高をチャージする方法

Suicaを利用するには事前に残高をチャージしておく必要があります。

Suicaの残高をチャージする方法は以下の通りです。

チャージ方法SuicaカードモバイルSuica
券売機可能一部券売機のみ可能
モバイルSuicaアプリ不可可能
オートチャージ可能可能
コンビニやスーパーのレジ可能可能
ATM
(セブン銀行、ビューアルッテ)
可能可能

駅の券売機からチャージ

Suicaチャージのもっともオーソドックスな方法が、駅にある券売機からのチャージです。

JR東日本エリアの駅の券売機はもちろん、他エリアの交通系ICカード(ICOCAやPASMOなど)に対応した全国の駅の券売機でチャージできます。

券売機でチャージする際の支払い方法は現金がメインです。

多機能券売機や駅にあるATM「ビューアルッテ」ではJR東日本グループのクレジットカード「ビューカード」でチャージすることもできます。

また、JREポイントが貯まっている人はJREポイントをSuicaにチャージ可能です。

モバイルSuicaは券売機では原則チャージできませんが、一部のモバイルSuica対応チャージ機ではモバイルSuicaのチャージが可能です。

モバイルSuicaアプリでチャージ

モバイルSuicaを利用している人はアプリからチャージできます。

モバイルSuicaに登録したクレジットカードか、JREポイントで支払います。

ビューカードを持っている人は後述する「オートチャージ」も利用可能です。

クレジットカードを登録していない「EASYモバイルSuica」会員はアプリからチャージできません。

モバイルSuica対応チャージ機か店舗から現金でチャージしてください。

オートチャージ

オートチャージは、残高が設定金額を下回ると改札入出場時に自動でチャージされる機能です。

毎回チャージする手間が省けますし、残高不足になる心配もありません。

Suicaのオートチャージを利用するには「ビューカード」が必要です。

ビューカード以外のクレジットカードではオートチャージはできません

また、オートチャージが利用できるのはMy SuicaとモバイルSuicaのみです。

無記名のSuicaカードでは利用できません。

オートチャージは首都圏エリア、仙台エリア、新潟エリアの駅の改札入出場時のみ利用できます。

他エリアの駅や、コンビニやスーパーなどの加盟店で買い物する際は利用できません。

コンビニやスーパーのレジ

Suicaが利用できるコンビニやスーパーのレジで現金チャージすることも可能です。

Suicaカード・モバイルSuicaどちらでもチャージできます。

店員さんにSuicaをチャージしたいこととチャージ額を伝え、料金を現金で支払いましょう。

ATM(セブン銀行・ビューアルッテ)

Suicaはセブン銀行ATMとビューアルッテでもチャージ可能です。

セブン銀行ATMからのチャージは現金でのみチャージできます。

仮にセブン銀行の口座を持っていても、口座残高からチャージはできません。

ビューアルッテでは現金のほか、ビューカードやJREポイントでチャージすることも可能です。

読み取り機にカードやスマホをタッチする

チャージが完了すれば、Suicaを使う準備が整いました。

電車に乗る場合は改札機の読み取り部分にSuicaカードやスマホをタッチするだけです。

誤って切符投入口にSuicaカードを入れないよう注意してください。

お店で使う場合は「支払いはSuicaでお願いします」と店員さんに伝えてください。

あとはレジの機械にICカードやスマホをかざせばOKです。

Suicaでできること


次にSuicaでできることについて解説します。

  • 対応エリア内の電車やバスへの乗車
  • 新幹線への乗車
  • コンビニやスーパーなどの料金支払い
  • オンライン支払い

Suicaがあれば電車やバスへの乗車はもちろん、コンビニやスーパーなどの買い物もカードやスマホをかざすだけで完了します。

最近ではSuicaで新幹線に乗れる「タッチでGo!新幹線」がスタートし、窓口に並ぶことなく新幹線に乗車することが可能となりました。

また、AmazonやYahoo!ショッピング、楽天市場といったオンラインショッピングの支払いをSuicaですることもできます。

Suicaがあれば、日常のほとんどの支払いができるといっても過言ではないでしょう。

Suicaでできないこと

画像引用元:JR東海

様々な支払いに利用できるSuicaですが、一方でSuicaでは出来ないことがいくつかあります。

  • 20,000円以上の高額商品の購入
  • 異なるエリアをまたがっての利用

20,000円以上の高額商品の購入

Suicaはチャージできる残高の上限が20,000円となっており、それ以上チャージすることはできません。

在来線に乗るだけであれば、20,000円もチャージできれば十分でしょう。

しかし、家電量販店やスーパーでは20,000円以上の高額商品を買うこともあるかもしれません。

そのような支払いについては現金やクレジットカード、他の電子マネーなどSuica以外の方法を利用してください。

異なるエリアをまたがっての利用

Suicaは全国の交通系ICカードと相互利用ができますが、別のエリアにまたがって使うことはできません

例えばSuicaエリアである上野駅から乗車して、TOICAエリアである静岡駅で降りることはできません。

このようにエリアをまたぐ場合は、駅係員による精算が必要です。

Suicaで移動も買い物もお得に!

画像引用元:Suicaで貯める・使う

以上、Suicaについて詳しく解説してきました。
最後に、Suicaの特徴についてもう一度おさらいしておきましょう。

Suicaの特徴
  • ICカードやスマホをかざすだけで電車に乗れる
  • コンビニや家電量販店など、利用できる場所が多い
  • チャージ方法が豊富
  • オートチャージでチャージの手間を省ける
  • Suicaを利用するとJREポイントが貯まる

Suicaは利用できる場所が非常に多い電子マネーです。

JR東日本エリアをはじめとする全国の電車やバスに乗れるのはもちろん、コンビニやスーパー、家電量販店といった加盟店での支払いもできます。

残高をチャージする方法も豊富です。

手軽にチャージしたい人はオートチャージ、使いすぎを防ぎたい人は現金など、自分に合った方法を選べます。

また、Suicaを使って電車に乗ることで「JREポイント」も貯まります。

Suicaは幅広い人におすすめの電子マネーですが、とくに通勤・通学でJR東日本の電車を利用している人は、Suicaを使うとお得ですよ。

SuicaとPASMOどっちがお得?ポイント貯めるなら圧倒的に有利なカードはこれだった

今がお得なクレジットカードはこれ!

三井住友カード
年会費今なら!!年会費永年無料
還元率0.5%~
国際ブランドVISA / Mastercard
発行元三井住友カード
発行スピード最短5分(即日発行カードはこちら)
家族カードあり
関連記事三井住友カード|2020年2月3日から年会費無料など4大キャンペーン実施予定