JCB CARD Rはリボ払い専用だけどポイントは4倍に!デメリットは?

JCBのリボ払い専用カード「JCB CARD R」。リボ払い手数料を支払うことで、ポイントを4倍にすることができる魅力的なカードです。しかし、このカードにはデメリットもあります。今回は、JCB CARD Rのメリット・デメリットを詳しく解説します。
  • 2021年7月4日
  • 2021年7月4日
JCB CARD Rはリボ払い専用だけどポイントは4倍

JCB CARD Rはリボ払い専用のカードです。

リボ払いを利用して手数料が発生した場合はポイントが4倍になります。ポイントを効率よく貯めたい方にはぴったりのカードです。

ただし、リボ手数料は高額なのがネックです。JCB CARD Rのメリットとデメリットを見極めて、上手に活用してくださいね。

JCB CARD Rのメリット
  • リボ手数料が発生することでポイントは一気に4倍に
  • 優待店でポイントアップ
  • QUICPay(nanaco)でポイント二重取り
  • Oki Dokiランド経由でポイントアップ
JCB CARD Rのデメリット
  • リボ払い専用なので一括払いはできない
  • 信用情報機関に履歴が残ることがある
  • 旅行保険・ショッピングガード保険が少ない
JCBブランドで選ぶおすすめクレジットカードランキング【2021年】

※本記事の価格は全て税込みです。

JCBカード比較表
カード名JCB CARD W
JCB CARD W
JCB一般カード
JCB一般カード
JCBゴールド
JCBゴールド
JCBプラチナ
JCBプラチナ
JCB GOLD EXTAGE
JCB GOLD EXTAGE
年会費無料1,375円
初年度無料
11,000円
初年度無料
27,500円3,300円
初年度無料
還元率1.0%~5.5%0.5%~5.0%0.5%~5.0%0.5%~5.0%0.5%~5.0%
国際ブランドJCBJCBJCBJCBJCB
キャンペーンAmazon利用で最大10,000円
キャッシュバック
Amazon利用で最大12,000円
キャッシュバック
Amazon利用で最大20,000円
キャッシュバック
Amazon利用で最大30,000円
キャッシュバック
Amazon利用で最大20,000円
キャッシュバック
申込対象39歳以下18歳以上20歳以上25歳以上20歳〜29歳
学生不可
発行スピード最短3営業日最短即日最短即日最短3営業日最短3営業日
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
矢印

JCB CARD Rの特徴・基礎知識

JCB CARD R(リボ払い専用カード)

JCB CARD R
還元率ポイント1.0~3.0%
マイル0.6〜1.8%
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外最高2,000万円(利用付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay
国際ブランドJCB
発行会社株式会社ジェーシービー
発行期間最短3営業日

JCB CARD Rの最大の特徴は、リボ払い専用のカードであるという点です。

また、ポイント還元の高さに対して年会費がかからないのも嬉しいところです。

なお、申し込みはWEBのみとなっており、インターネットで口座設定をする必要があります。

JCB CARD Rのメリット・優待特典

メインカードを決めて使う

JCB CARD Rには、次のようなメリットがあります。

JCB CARD Rの主なメリット
  • リボ手数料が発生することでポイントは一気に4倍に
  • 優待店でポイントアップ
  • QUICPay(nanaco)でポイント二重取り
  • Oki Dokiランド経由でポイントアップ

リボ手数料が発生することで一気にポイントは4倍に

JCB CARD Rのポイントのたまり方

JCB CARD R最大の特徴は、リボ手数料が発生するとポイント還元率が4倍になることです。

利用先を問わずにポイント還元率が4倍になるのは、年会費無料のカードとして業界最高水準と言えます。

上手に活用すれば効率よくポイントを貯めることができるでしょう。

優待店でポイントアップ(JCBオリジナルパートナー)

さらに、「JCBオリジナルシリーズパートナー」と呼ばれる優待店でJCB CARD Rを使うと、さらにポイントが貯まりやすくなります。

Amazonやセブンイレブン、スターバックスなど、日常的に使いやすい店舗が多いのでポイントを貯める機会も多いでしょう。

JCBオリジナルシリーズパートナー(一部)
企業名倍率使い方
Amazon4倍専用ページ・Oki Dokiランドからアクセス
セブンイレブン4倍店頭でカード利用
スターバックス11倍専用ページからキャンペーン参加登録後、スターバックスカードへのオンライン入金
ビックカメラ3倍専用ページからキャンペーン参加登録後、店頭でカード利用
コジマ3倍
出光昭和シェル3倍
ウエルシア
ハックドラッグ
3倍
モスバーガー3倍
セシール4倍専用ページからのアクセス
ディノス4倍

この倍率は、Oki Dokiポイントの基本である「1,000円で1ポイント」を基準にしています。

上記表の計算例1

通常ポイント1ポイント+セブンイレブンのオリジナルパートナーポイント3ポイント=合計4ポイント(4倍)※1

上記表の計算例2

通常ポイント1ポイント+スターバックスのオリジナルパートナーポイント10ポイント=合計11ポイント(11倍)※1

※1 リボ手数料未発生のケースで計算しています。

QUICPay(nanaco)でポイント二重取り

JCB CARD Rを紐付けたQUICPay(nanaco)カードを使って、QUICPayで決済すると、Oki Dokiポイントとnanacoポイントの二重取りができます。

このQUICPay(nanaco)とは、nanacoカードにQUICPay機能を搭載したもので、JCBのサイトから申込が可能です。

なお、利用する際は次のことに注意してください。それは、nanacoでなくQUICPayで決済することです。

nanacoで決済するとnanacoポイントしか付与されず、ポイントの二重取りにならないので注意してください。

セブンイレブンでの買い物なら還元率2.5%

なお、セブンイレブンでQUICPay(nanaco)を使って買い物をすると、2.5%という高還元を実現できます。

その理屈を今から解説しますね。

まず、前項で紹介したように、セブンイレブンはJCBオリジナルシリーズパートナーです。

よって、セブンイレブンでJCB CARD Rを利用すれば、リボ手数料未発生でもポイントは4倍=還元率2.0%になります。

さらに、QUICPay(nanaco)を使えばnanacoポイントも0.5ポイントつくので、ポイント還元率の合計が2.5%になるというわけです。

これによって、本来の「セブンカード・プラス」よりも高い還元率が実現できるので、JCB CARD RとQUICPay(nanaco)の組み合わせがいかにお得かわかるでしょう。

Oki Dokiランド経由でポイントアップ

ネットショッピングの際は、「Oki Dokiランド」を使うとポイントを効率よく貯められます

「Oki Dokiランド」とは、JCBが運営するポイント優待サイトです。

Oki Dokiランド内の専用ページから各ネットショップにログインすることで、Oki Dokiポイントの還元率をアップできます。

Oki Dokiランド対象ショップ(一例)
  • Amazon 2倍
  • 楽天市場 2倍
  • Yahoo!ショッピング 2倍
  • ユニクロオンラインストア 2倍

Amazonや楽天市場など、利用頻度の高いショップが多いので使いやすいでしょう。

ゆえに、ネットで買い物をするときには、対象ショップが初めにOki Dokiランドにないかどうかを確認してから買い物するとよいでしょう

JCB CARD Rのデメリット

手でストップをかける男性

JCB CARD Rのデメリットは以下の通りです。

JCB CARD Rのデメリット
  • リボ払い専用なので一括払いはできない
  • 信用情報機関に履歴が残ることがある
  • 旅行保険・ショッピングガード保険が少ない

リボ払い専用なので一括払いはできない

JCB CARD Rはリボ払い専用カードなので、一括払いはできません

したがって、「今月は一括で支払いたい」と思ったとしても一括払いへの変更などはできないので、気をつけてください。

また、毎月の支払額は自動的に設定されるので、毎月の支払額=限度額に設定して実質一括払いとするような使い方もできません。

なお、後ほど紹介する「繰り上げ返済」で一括払いに近いことはできるのですが、デメリットがあるので注意が必要です。

信用情報機関に履歴が残ることがある

JCB CARD Rでリボ払いをすると利用した履歴は残りますが、リボ払いを使っただけで信用情報に傷がつくことはありません。

しかし、リボ払いを頻繁に利用すれば未返済分の残債が増えてしまいます。

そしてリボ払いの残債が多いと、住宅ローンやその他のクレジットカードを作る時の審査に影響する可能性があります。

住宅ローンや、その他何らかの事情で別のクレジットカードの申し込みを検討しているときは、くれぐれもリボ払いの使いすぎに注意しましょう。

また、毎月の支払い状況も記録されています。延滞をすると、延滞状況によっては信用情報に傷がつくことがあるので、毎月の支払いもスムーズに済ませましょう。

旅行保険・ショッピングガード保険が少ない

JCB CARD Rは、旅行保険・ショッピングガード保険の付帯が少なめです。

海外旅行傷害保険
傷害死亡・後遺障害最高2,000万円
治療1回の事故につき100万円限度
疾病治療1回の病気につき100万円限度
賠償責任1回の事故につき2,000万円限度
携行品損害1旅行中20万円限度
保険期間中100万円
救援者費用等100万円限度
補償対象旅行期間3ヶ月

海外での高額な医療費負担に備えて、「傷害・疾病費用」は一般的に300万円の保険がほしいところなのですが、上の表を見るとJCB CARD Rの補償金額は100万円までです。

よって、海外旅行保険の内容は心もとないと言わざるを得ません。

そこで、海外旅行に行く際の補償を手厚くするために、JCB会員向けの海外旅行保険「off!(オフ)」を追加する必要があります。

この保険は旅行当日でも申込可能なので、忘れずに申込するようにしましょう。

また、ショッピングガード保険は国内非対応、海外は100万円までとなっています。

こちらもこの内容だと少し不安なので、万が一に備えてショッピングガード保険の手厚いカードを別途用意する必要があるでしょう。

JCB CARD Rの審査

セゾンコバルト・ビジネス・アメックスの審査

JCB CARD Rの審査基準は公開されていません。

しかし、申込み者のクチコミ等から、比較的作りやすいクレジットカードと推測することができます。

JCB CARD Rが作りやすい理由
  • 18歳以上から申込できる
  • 本人に収入がなくても申込できる

18歳以上から申込できる

JCB CARD Rの申込可能年齢は、18歳以上です。

支払能力を考慮して20歳以上としているクレジットカードも多いなか、このカードは18歳から申込できます。

その事実だけでも、作りやすいカードと言えるでしょう。ただし、高校生は申し込みできません。

本人に収入がなくても申込できる

JCB CARD Rは本人に収入がなくても申込できます。

公式にアナウンスされているJCB CARD Rの申込み基準は、次のとおりです。

お申し込み対象(本会員)
18歳以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方。

引用元:JCB CARD R(リボ払い専用カード)|クレジットカードのお申し込みなら、JCBカード

よって、ご本人に収入のない専業主婦の方や、大学生で収入が少ない場合でも申込みができます。

このことから、高年収が要求されるとは考えにくく、やはり作りやすいカードと言えるでしょう。

JCB CARD Rの返済方法

JCB CARD Rはポイント4倍

JCB CARD Rの返済方法は、以下の2つです。

JCB CARD Rの返済方法
  • リボ払い
  • 繰り上げ返済

通常の支払いにはリボ払いが適用され、ボーナス時など余裕があるときに繰り上げ返済に変更することもできます。

それでは、この2つの返済方法について詳しく見ていきましょう。

選べる2つのリボ払い

JCB CARD Rでは、支払額を低めに設定できる「ゆとりコース」と、元金を多めに支払うことのできる「標準コース」の2つのコースを選択できます。

どちらも毎月15日締切の翌月10日支払いで、手数料率は実質年率15.00%です。

締め日の利用残高残高スライドコース(ゆとりコース)標準コース
10万円以下5,000円10,000円
10万円超50万円以下10,000円10万円ごとに10,000円加算
50万円超100万円以下15,000円
100万円超20,000円

たとえば、6月30日に10万5,000円をゆとりコースで利用した場合の支払額は次のような計算で求められます。

初回

元金10,000円 + 手数料1,121円 = 11,121円
手数料 = 105,000円 × 15.00% ÷ 365日×26日 ※2 = 1,121円

2回目以降

元金5,000円 + 手数料1,210円 = 6,210円
手数料 = 95,000円 × 15.00% ÷ 365 × 31日 = 1,210円

このリボ払いが、JCB CARD Rにおける通常の支払い方法です。

※2 初回だけは締切日翌日(16日)から翌月お支払日(10日)までの日割計算となるため

ボーナス時などの繰り上げ返済

一方、ボーナス時など余裕があるときは、利用残高の全額または一部をまとめて支払う「繰り上げ返済」が可能です。

繰り上げ返済を行うと、利息を低く抑えることができます。なお、繰り上げ返済の方法は2種類あり、好きな方を選択できます。

繰り上げ返済の方法
  • 今すぐに支払う
  • 毎月のカード支払日に増額して支払う

今すぐ支払う場合

今すぐ支払いたいときは、次のどちらかを選択してください。

今すぐ支払う場合
  • 銀行・コンビニATMで入金する
  • カード発行会社の口座に振込する

銀行・コンビニATMで入金するには、JCB CARD Rと4桁の暗証番号が必要です。

その際、銀行ATMでは1万円単位で、コンビニATMでは1,000円単位で支払うことができます。

一方、カード発行会社の口座に振込するには、専用の口座番号を知る必要があるので、一度カード発行会社に問い合わせる手間が発生します。

その意味で、今すぐ支払いたいときは、ATMを利用した方が簡単です。

毎月のカード支払日に増額して支払う場合

毎月のカード支払日に増額して支払うときは、次のどちらかを選択してください。

毎月のカード支払日に増額して支払う場合
  • 会員専用WEBサービス「MyJCB」
  • 自動音声による電話受付

会員専用WEBサービス「MyJCB」で指定すれば、通常のカード利用代金の支払日に残高全額または一部をまとめて自動振替できます。

または、「JCBショッピングお支払い方法変更テレホンサービス」に電話してください。この電話からも増額支払いの申請が可能です。

JCBショッピングお支払い方法変更テレホンサービス

0120−802−570(24時間・年中無休・自動音声)

なお、申込の際には、16桁のJCBカード番号と4桁の暗証番号が必要です。

JCB CARD Rで実質一括払いはできない

ApplePayでできないこと

JCB CARD Rは、リボ払いの実質一括払いができません

リボ払い専用カードの中には、毎月のリボ払い額を利用限度額いっぱいまで引き上げて実質一括払いにできるものもありますが、JCB CARD Rはそれができないのです。

よって、JCB CARD Rの場合、リボ払い手数料は初月に全額返済したとしても発生します。

リボ払い手数料がかからないようにするには、毎月20日までに繰り上げ返済をするしかありません。

しかし、繰り上げ返済した場合、今度は別のデメリットが発生します。

JCB CARD Rの繰り上げ返済のデメリット

考える女性

JCB CARD Rのリボ払い手数料を抑えるために繰り上げ返済した場合、ポイント還元率が2.0%→1.0%に下がってしまいます。

なぜなら、JCB CARD Rの高還元率はリボ払い手数料を支払うことが条件だからです。

高還元率を維持しつつ、リボ払い手数料を抑えるということはできないので、どちらをとるか考える必要があります。

JCB CARD Rはリボ払いを許容できる方に向いている

JCB CARD Rはリボ払いで真価を発揮!
  • リボ手数料発生時はポイント還元率2.0%
  • QUICPay(nanaco)でポイント二重取りができる
  • 一括払いはできない
  • 繰り上げ返済でポイント還元率が下がってしまう

JCB CARD Rは、2.0%という高還元を受けられるリボ払い専用カードです。

ただし、高還元率を実現するためには、リボ払い手数料を支払う必要があることを忘れないでください。

繰り上げ返済でリボ手数料をゼロにした場合、JCB CARD Rはポイント還元率1.0%という普通のカードになってしまいます。

よって、JCB CARD Rを利用する際には、リボ払いと上手にお付き合いする必要がありそうです。

初めてのJCBカードなら
オリジナルシリーズがおすすめ!

  • JCB CARD W

    JCB CARD W

    39歳まで限定!年会費無料・ポイント2倍
  • JCB一般カード

    JCB一般

    最短翌日カードお届け。JCBのスタンダードカード
  • JCBゴールド

    JCBゴールド

    最短翌日カードお届け。初年度年会費無料。
  • JCBプラチナ

    JCBプラチナ

    最高クラスの優待とサービスを
  • JCB CARD W plus L

    plus L

    女性におすすめ!年会費無料・ポイント2倍
  • JCB GOLD EXTAGE

    JCB GOLD EXTAGE

    20代で持つゴールドカード。初年度年会費無料。