ミライノ カードの年会費は無料にできる!ポイント還元率は常時1%

ミライノカードは住信SBIネット銀行と親和性が高く、付帯する特典もそれに因んだものとなっています。国際ブランドはMastercardとJCBがあり、どちらを選ぶかによって、還元率が若干違います。海外での利用が多い方はMastercard、国内の利用が多い方はJCBがおすすめです。
  • 2021年9月26日
  • 2021年9月26日
ミライノ カードの年会費は無料にできる!

ミライノカードは住信SBIネット銀行が発行するクレジットカードです。

条件付き年会費無料ながらポイント還元率は1%以上、住信SBIネット銀行の口座開設で、住信SBIネット銀行の各種優遇も受けられます。

また国際ブランドによってメリットが違うという点もポイントです。

この記事では、ミライノカードの魅力をお伝えしていきます。

ミライノカードの特長
  • 年会費は無料にできる
  • ミライノカード(JCB)は還元率は1%以上にできる
  • ミライノカード(Mastercard)なら海外利用で還元率1.2%
  • 住信SBIネット銀行と併用すればメリット増大
ミライノ カードのデメリット
  • 2年目からカード年会費がかかる
  • 住信SBIネット銀行の口座がないとメリットが激減
  • ポイントの交換先が少ない
おすすめのクレジットカード比較表
カード名三井住友カード
ナンバーレス
三井住友VISAカードナンバーレス
JCB CARD W
JCB CARD W
三井住友カード
デビュープラス
三井住友カードデビュープラス
アメックスグリーン
アメックスグリーン
JCBゴールド
JCBゴールド
楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
SPGアメックス
SPGアメックス
dカード GOLD
dカード GOLD
年会費無料無料1,375円
初年度と年1回の利用で無料
13,200円11,000円
初年度無料
11,000円34,100円11,000円
還元率0.5%~5.0%0.5%~5.5%1.0%〜3.0%0.3%~1.0%0.5%~5.0%1.0%~5.0%マイル還元率
1.0%~1.25%
1.0%~10%
国際ブランドVISA、MastercardJCBVISAAmerican ExpressJCBVISA、Mastercard、
JCB、American Express
American ExpressVISA、Mastercard
キャンペーン最大6,500円相当
プレゼント
Amazon利用で
最大10,000円
キャッシュバック
最大5,500円相当
プレゼント
合計20,000ポイント
プレゼント
Amazon利用で最大20,000円
キャッシュバック
最大5,000ポイント
プレゼント
最大60,000ポイント
プレゼント
最大22,000ポイント
プレゼント
申込対象18歳以上39歳以下18歳〜25歳の学生
高校生は除く
20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
20歳以上20歳以上20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
20歳以上
発行スピード最短即日最短3営業日最短翌営業日1~3週間最短即日最短3営業日最短2週間最短5営業日
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
矢印
この記事の監修者
金子賢司
金子賢司
保有資格
公式アカウント

北海道出身。立教大学法学部を卒業後、株式会社菱食(現:三菱食品株式会社)に入社。その後、保険業界を約10年経験し、ファイナンシャルプランナーとして活動を行う。

ミライノ カードの特徴・基礎知識

まずはミライノカードの基礎情報を一覧にしました。

発行会社がJCBの場合とMastercardで内容が異なる点があることにも着目してください。

ミライノカード

ミライノ カード
還元率ポイント0.6〜1.2%
マイル0.4%(JAL)
年会費初年度990円
2年目以降10万円以上利用で無料
家族カードJCB:発行不可
Mastercard:無料
旅行保険海外最高2,000万円(利用付帯)
国内
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーJCBQUICPay
MastercardiD
国際ブランドJCB、Mastercard
発行会社JCB住信SBIネット銀行株式会社
Mastercardライフカード株式会社
発行期間1週間~10日程度

ミライノ カードの国際ブランドの選び方

キャッシング

ミライノカードは国際ブランドをMastercardとJCBから選ぶことができます。

それぞれの違いを一覧にしてみました。

項目
Mastercard
JCB
貯まるポイント
スマプロポイント
ミライノポイント
⇒スマプロポイントに交換して使用
還元率
海外:1.2%
国内:0.6%
1%(国内外問わず)
家族カード本会員1人あたり3枚まで発行可能なし
住信SBIネット銀行の口座開設必要不要
ミライノカードMastercardとJCBの主な違い
  • Mastercardはスマプロポイント、JCBはミライノポイントが付与される
  • 還元率が異なる
  • Mastercardは家族カードが発行できる
  • Mastercardは住信SBIネット銀行の口座開設が必要

ポイント還元率についてもう少し詳しく解説します。

Mastercardは海外利用でポイント還元率が1.2%、JCBは常時1%

Mastercardを選んだ場合の最大のメリットは、海外で使用した際の還元率の高さです。

国内利用の場合は還元率0.6%ですが、海外で利用すると還元率は1.2%にアップします。

一方、JCBを選んだ場合は国内外問わずどこで使っても1%の還元率となります。

こちらも決して悪くない還元率ですね。

海外での加盟店の数もMastercardの方が多いため、海外での利用が多い方ならば、Mastercardを選ぶと良いでしょう。

付与されるポイントが異なる

JCBはミライノポイントが付与、Mastercardはスマプロポイントが付与されます。

  • JCB:ミライノポイント
  • Mastercard:スマプロポイント

ミライノポイントは1,000円あたり5ポイント付与なので、還元率は0.5%と考えてしまいがちです。

しかしミライノポイントは1ポイントあたり2スマプロポイントに交換できます。1スマプロポイント=1円換算なので、還元率は実質1%となります。

また、JALマイルはスマプロポイント100ポイントあたり、40マイル相当に交換できます。

ミライノ カードの住信SBIネット銀行でのメリット

ミライノカードを発行すると以下のようなメリットがあります。

ミライノカード(JCB)で得られる住信SBIネット銀行の特典
  • ミライノカードの月間利用料が5万円以上なら、さらに100スマプロポイントプレゼント
  • カードローンの金利が年0.1%引き下げ(JCBの場合)

スマプロとは?

スマプロとは「スマートプログラム」の略称で、住信SBIネット銀行の商品やサービスの利用状況に応じて各種の優遇が受けられる仕組みです。

商品やサービスの利用状況に応じてスマプロランクが決まり、ランクが高くなれば相応の特典を受けられます。

スマプロランクが上昇すると、コンビニ等のATMが手数料無料で使えたり、他行への振込手数料が無料になるなどの特典があります。

スマートプログラムは、住信SBIネット銀行の利用に応じて得をする仕組み

ランクATM入出金手数料無料回数振込手数料(他行あて)無料回数
ランク4
月20回
月20回
ランク3
月10回
月10回
ランク2
月5回
月5回
ランク1
月2回
月1回

月間5万円以上の利用で100ポイントプレゼント

ミライノ カードの利用額の合計が月5万円以上の場合、通常ポイントとは別に100ポイントがプレゼントされます。

ミライノカードの月間利用額が5万円なら、通常ポイントとあわせて600ポイントとなり、還元率は1.2%です。

公共料金などの支払いに利用すれば、お得な還元率を適用できます。

カードローンの金利が年0.1%引下げられる

ミライノカード(JCB)を発行することで、住信SBIネット銀行のカードローンの金利が年0.1%引き下げられます。

急な支出でカードローンを利用することがあるかもしれません、そのような時、少しでも金利が低いのはありがたいですね。

どうしても必要な場面での選択肢として覚えておくと良いでしょう。

ミライノカード(JCB)は申込時の入力項目を省略できる

住信SBIネット銀行の口座を持っている方がミライノカード(JCB)カードを発行する際は、申込時の入力項目を省略できます。

住信SBIネット銀行に登録している、氏名や住所、勤務先などの情報が自動入力されるので、スムーズに申し込みができます。

引き落とし口座も住信SBIネット銀行を自動選択できるため、口座番号などの詳細入力も不要です。

なお、ミライノカード(JCB)の場合は住信SBIネット銀行の口座開は必須ではありませんが、カードの申し込みと同時に銀行口座も開設することができます。

ミライノ カードの年会費を無料にする方法

ミライノカードは月間8,333円使えば年間10万円を達成できる

ミライノカードは年会費が初年度は無料ですが、それ以降は年会費として990円かかります。

ただし、ミライノカードの利用額が年間10万円以上ある場合は、次年度の年会費が無料になります。

これはMastercard、JCBどちらも同じ条件です。

年間10万円ときくと少しハードルが高く感じますが、月額の利用料で換算すれば8,334円。

スマホ代金や公共料金の支払いにミライノカードを使えば、あっという間に届く金額といえるでしょう。

生命保険や自動車保険、火災保険等といった保険料の支払いにミライノカードを利用するのもおすすめです。

ミライノ カードのデメリット

次にミライノカードのデメリットにも触れておきます。

ミライノカードのデメリット
  • カード年会費がかかる
  • 住信SBIネット銀行の口座がないとメリットが激減
  • ポイントの交換先が少ない

カード年会費がかかる

ミライノカードは年会費がかかる

ミライノカードは990円の年会費がかかります。

ただし、初年度は無料で、2年目以降も年間10万円以上利用すれば年会費は無料になります。

メインカードとして使うなら、まず問題にならないでしょう。

住信SBIネット銀行の口座がないとメリットが激減

ミライノカードは住信SBIネット銀行の口座があるとメリットが最大化します。

また、スマプロは商品・サービスの利用状況によってサービスがランクアップする「スマプロランク」だけではなく、対象商品の利用でポイントが加算されるキャンペーンもあります。

主なキャンペーンは以下の通りです。

ポイント対象商品サービス条件獲得ポイント
外貨預金・仕組預金月末残高合計300万円以上100ポイント/月
ミライノカード(JCB)月内引落金額合計5万円以上100ポイント/月
・給与受取
・年金受取
・定期自動入金
いずれか利用30ポイント/月
口座振替(銀行引落)1件以上引落しあり5ポイント/月
外貨積立月1万円以上積立10ポイント/月
純金積立月5,000円以上積立10ポイント/月

ただし、これらの特典は住信SBIネット銀行の口座を持っていることが前提となります。

ミライノカード(JCB)は住信SBIネット銀行の口座が無くてもつくれますが、最大限のメリットを生かすためには口座は開設したほうが良いでしょう。

一方、Mastercardの場合はそもそも住信SBIネット銀行の口座を持っていなければカードの発行自体ができません。

カード申込みと同時に住信SBIネット銀行の口座開設でもOKです。

新たに口座開設の必要性がない方にとっては、デメリットに感じるかもしれません。

ポイントの交換先が少ない

ミライノカードで貯まるポイントは、下記に交換できます。

ミライノカードのポイントの交換先
  • 口座引き落としへの充当(現金化)
  • JALマイルへの交換

どちらも非常に魅力的なため「この2つがあれば文句なし」という人も大勢いるでしょう。

しかし、貯まったポイントの交換先を考えるのが好きな方にとっては物足りないかもしれません。

選択肢が少なく、悩まなくていいことがメリットと考える方もいるので、ここは価値観がわかれるところです。

ミライノ カードの審査

それではここからミライノカードの審査について説明します。

ミライノカードの申込み対象として公表されている内容は以下の通りです。

お申込み対象:高校生を除く18歳以上

引用元:ミライノ カード(一般カード)|クレジットカードのミライノ カード

ミライノカードの申込み対象
  • 高校生を除く18歳以上であること
  • 住信SBIネット銀行に口座があること(Masterの場合のみ)

申込み対象としてのハードルはさほど高くはありません。しかし、申込み条件と審査は別です。

審査は申込者の年収や支払い状況によって個別に判断されると推測できますが、具体的な審査基準は公表されていません。

ミライノカード審査に通るコツ

ミライノカードの案内

ミライノカードは誰でも作れるわけではなく、審査に通過しなければ持つことができません。

ここでは、ミライノカードの審査に通るコツを紹介します。

申込時のキャッシング枠はなるべく低く

クレジットカードには、お金を借りるキャッシングという機能が備わっています。

キャッシング枠の金額が大きいと、お金に困っていると判断されて、審査に通りにくくなる可能性があります。

また、キャッシング枠はショッピング枠と別の基準で審査が行われるため、通常より日数も要します。

キャッシング枠が少ないほど貸し倒れの可能性が低いと判断され、比較的審査に通りやすくなると言われています。

できればキャッシング枠はゼロでの申込みをおすすめします。

同時期に複数のクレジットカード申込みをしないこと

ミライノカードの申込と同時期に、ほかのクレジットカードに申込みをしないことも重要です。

一度に多くのクレジットカードの申込みをしてしまうと、カード会社は「キャンペーン目的なのでは」と疑われかねません。

あらぬ疑いをかけられないよう、必要な時に必要な分の申込みにとどめておきましょう。

支払いに遅延などがないようにしておく

すでにクレジットカードをお持ちの方や、カードローンを利用している方は、それらの支払いに遅延がないようにしておきましょう。

スマホ代金の支払いも、滞っていれば審査にマイナスに働きます。

ミライノ カードがおすすめなのはこんな方

ミライノ カードがおすすめなのはこんな方
  • 住信SBI口座を持っている、または作る予定がある
  • 海外旅行で買い物をすることが多い方(Mastercardの場合)
  • 年間10万円以上使用する予定がある
  • 月に5万円以上の利用予定がある
  • メインとなる銀行口座を作ろうと考えている

ミライノカードは、住信SBIネット銀行の口座を持つことでさらにお得さが増すカードです。

既に住信SBIネット銀行の口座を持っている、または口座開設を検討中の方に特におすすめできます。

メインとなる銀行口座を作ろうと考えている方は、住信SBIネット銀行の口座と同時にミライノカードにも入会できますよ。

銀行系カードならではの安心感を兼ね備えたミライノ カードで、クレジットカードライフを始めてみてはいかがでしょうか。

ミライノ カードのその他のメリット
  • 保険が充実
    国内外の旅行傷害保険やショッピングガード保険が付帯
  • 電子決済も充実
    QUICPay・ApplePayに対応、カードを出さなくても決済可能
  • ETCカード無料発行
    ETCスルーカードは発行費も年会費も無料、もちろんポイントもたまる