楽天ゴールドカードにする理由|楽天市場で買い物するならこれ一択

楽天市場をよく利用する人は楽天カードよりランクが1つ上の「楽天ゴールドカード」がお得です。

ゴールドカードとしては年会費が安く、しかも楽天スーパーポイントがザクザク貯まるためです。

今回は楽天ゴールドカードの年会費や特典の詳細、年収など審査に通過する条件、ステータス性、そしてメリットや注意点などを徹底解説します。

本記事を読めば、楽天ユーザーが楽天ゴールドカードを選ぶべき理由が分かりますよ。

楽天ゴールドカードのメリット
  • 楽天市場で買い物した際のポイントが5倍
  • 年会費が安い
  • 空港ラウンジが年2回まで無料
  • 世界38拠点でトラベルデスクを利用できる
  • ETCカードの年会費が無料

トップ画像引用元:楽天ゴールドカード さらにお得な一枚|楽天カード

楽天ゴールドカードの基本情報

楽天ゴールドカード

画像引用元:楽天ゴールドカード さらにお得な一枚|楽天カード

まずは楽天ゴールドカードの基本情報と、楽天カードとの違いをチェックしましょう。

項目楽天ゴールドカード楽天カード
国際ブランドMastercard
JCB
VISA
American Express
Mastercard
JCB
VISA
入会資格20歳以上18歳以上
年会費2,000円(+税)永年無料
家族カード年会費500円(+税)永年無料
ETCカード年会費無料500円(+税)
※ダイヤモンド会員およびプラチナ会員のみ無料
ポイント還元率1〜5%1〜3%
旅行保険国内:なし
海外:最高2,000万円(利用付帯)
国内:なし
海外:最高2,000万円(利用付帯)

基本情報だけを見ると、楽天ゴールドカードは楽天カードとさほど変わりません

基本のポイント還元率や旅行傷害保険の補償金額は共通です。

楽天ゴールドカードには年会費2,000円(+税)が発生するため、「年会費無料の楽天カードでいいのではないか」と思うかもしれません。

しかし、楽天ゴールドカードには楽天カードにはないメリットがたくさんあります。

特に楽天市場を頻繁に利用する人は、年会費を払ってでも楽天ゴールドカードにするのがお得です。

楽天ゴールドカードのメリット

ここからは楽天ゴールドカードのメリットを見ていきましょう。

楽天ゴールドカードのメリット
  • 楽天市場で買い物した際のポイントが5倍
  • 年会費が安い
  • 空港ラウンジが年2回まで無料
  • 世界38拠点でトラベルデスクを利用できる
  • ETCカードの年会費が無料

楽天市場で買い物した際のポイントが5倍

楽天ゴールドカード SPU

画像引用元:SPU(スーパーポイントアッププログラム)楽天ゴールドカードご利用でポイント+4倍|楽天カード

楽天ゴールドカード最大のメリットは、楽天市場で買い物をした際のポイント還元率が5倍になることです。

通常、楽天市場で買い物をすると利用金額の1%の楽天スーパーポイントが還元されます。

楽天市場の料金を楽天ゴールドカードで支払った場合はポイント還元率が4%プラスされ、5%の還元が受けられます。

項目ポイント還元率
通常1%
楽天カード(種類問わず)利用+2%
楽天ゴールドカード利用+2%
合計5%

楽天市場で10,000円の買い物をした場合を例にあげましょう。

楽天市場で楽天カードを使えば、ポイント還元率は+3%。つまり、300円分の楽天スーパーポイントが還元されます。

一方、楽天ゴールドカードなら500円分獲得できるのです。

楽天市場で毎月9,500円以上購入するなら楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカードと楽天カードの還元率の差は2%です。

どちらを選ぶべきかの分かれ目は「楽天市場で毎月9,500円以上買い物をするかどうか」です。

楽天市場で9,500円の買い物をした際、還元されるポイントは楽天カードなら285円分、楽天ゴールドカードなら475円分です。

楽天ゴールドカードのほうが1ヶ月にもらえるポイントが190円多いので、1年間に換算すると楽天カードより2,280円分多くポイントをもらえます。

楽天ゴールドカードの年会費は2,000円(+税)なので、これだけで元が取れる計算です。

つまり、楽天市場で最低でも毎月10,000円くらい買い物をするなら楽天ゴールドカードのほうが楽天カードよりお得になります。

楽天市場を頻繁に使う人なら、年会費をかけてでも楽天ゴールドカードを使うのがおすすめです。

年会費が安い

楽天ゴールドカードは年会費が安いのもメリットの1つです。

年間2,000円(+税)はゴールドカードとしては破格の安さと言えます。

実際に主要なゴールドカードと年会費を比較してみましょう。

カード名年会費
楽天ゴールドカード2,000円(+税)
dカード GOLD10,000円(+税)
JCBゴールドカード10,000円+(税)
三井住友VISAゴールドカード10,000円(+税)
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード29,000円(+税)
ダイナースクラブカード20,000円(+税)

大抵のゴールドカードの年会費は安くても10,000円はかかります。

中にはアメックスやダイナースのように20,000円以上かかるカードもありますね。

こうして比較すると、楽天ゴールドカードの年会費2,000円(+税)の安さが際立ちます。

空港ラウンジが年2回まで無料

空港ラウンジ

楽天ゴールドカード会員は国内外の空港ラウンジを年2回まで無料で利用できます

利用できる空港は以下の通りです。

  • 北海道:新千歳空港、函館空港、旭川空港
  • 東北:青森空港、秋田空港、仙台国際空港
  • 北陸:新潟空港、富山空港、小松空港
  • 関東:成田国際空港、羽田空港
  • 中部:中部国際空港セントレア、富士山静岡空港
  • 近畿:関西国際空港、伊丹空港、神戸空港
  • 中国:岡山空港、広島空港、米子鬼太郎空港、山口宇部空港、出雲縁結び空港
  • 四国:高松空港、松山空港、徳島阿波おどり空港
  • 九州:福岡空港、北九州空港、大分空港、長崎空港、阿蘇くまもと空港、鹿児島空港
  • 沖縄:那覇空港
  • 海外:ハワイ/ダニエル・K・イノウエ国際空港、韓国/仁川空港

通常、空港ラウンジを利用すると1,000円ほどの利用料金がかかります。

年に2回空港を利用するなら、空港ラウンジ優待だけで年会費の元が取れますね。

各空港ラウンジの詳細については楽天カード公式サイトの「国内空港ラウンジ」ページを参考にしてください。

世界38拠点でトラベルデスクを利用できる

楽天ゴールドカード会員は旅行先でさまざまなサポートを受けられる「トラベルデスク」を利用できます。

主なサポート内容は以下の通りです。

  • 緊急時(パスポートの紛失や病気など)の案内
  • 現地の観光情報の紹介
  • レストランやツアーの予約・手配

トラベルデスクはニューヨーク・ホノルル・パリ・ミラノ・上海など世界38拠点で利用できます。

もしもの時に日本語でサポートを受けられるので、海外旅行に不慣れな人でも安心できますね。

ETCカードの年会費が無料

ETCカード(楽天)

画像引用元:ETCカードについてのご紹介|楽天カード

車に乗る人なら必ずと言ってもいいほど必要となるのがETCカードです。

楽天ゴールドカードはETCカードを年会費無料で利用できます

楽天カードのETCカードの場合、条件を満たせば無料となりますが、基本的には500円の年会費がかかります。

条件なしでETCカードがずっと無料なのは楽天ゴールドカードの強みと言えるでしょう。

なお、ETCカード利用でも1%の楽天スーパーポイントが貯まってお得です。

次のページでは楽天ゴールドカードの注意点を解説します。
楽天ゴールドカードの年会費はいくら?ポイントで余裕でペイできる