クレジットカードおすすめランキング

確定申告で国税をクレジットカード納付する方法|手続きの流れと注意事項

クレジットカードを利用する男性

確定申告を行った後、現金や口座振替で納税をするのが一般的な方法でしたが、平成29年1月よりクレジットカードでの納税も行えるようになりました。

クレジットカードでの納税は、ネットを通じてすぐに手続きができ、支払いに行く手間もありません。忙しい人にも大変便利なサービスです。

確定申告で国税をクレジットカード納付する方法
  • 「国税クレジットカードお支払サイト」へアクセス
  • e-Taxからのアクセスも可能
  • 必要なものはクレジットカードと納付する税目・金額がわかる書類
  • メンテナンス時を除き基本24時間対応
  • クレジットカードによってはポイントがつく可能性も

クレジットカードによっては税金に対しても決済時ポイント還元されるものもあります。それなら現金で支払うよりもお得ですよね。

今回は、そんな国税をクレジットカードで納付する方法や注意点、必要なものなどを詳しく解説していきます。

納税の方法

納税手続きには、さまざまな方法があります。クレジットカードでの納税について確認する前に、他の納税方法についても少し紹介します。

クレジットカード納付以外の方法

  • ダイレクト納付
  • インターネットバンキング等から納付
  • コンビニ納付
  • 振替納税
  • 窓口納付

ダイレクト納付とインターネットバンキング等による納付は、e-Tax利用者向けです。

e-Taxを利用していない人は、コンビニや金融機関・税務署窓口に行って現金で納付するか、自身の銀行口座情報を記入した振替依頼書を送付し、口座振替を行うかいずれかの方法を選ぶのが一般的でした。

平成29年1月よりクレジットカード納付が可能に

クレジットカード納付は、クレジット決済機能を利用し、国税庁長官が指定した納付受託者へ国税の納付の立替払いを委託することにより国税を納付する方法です。

平成29年1月より開始されました。

国税をクレジットカード納付する方法

ここからは、実際に国税をクレジットカード納付する方法について紹介します。

クレジットカードで納税する場合、インターネットからの手続きとなります。

手続きの流れについて

まず、納付受託者であるトヨタファイナンス株式会社が運営する「国税クレジットカードお支払サイト」にアクセスします。

注意事項を確認し、同意ボタンを押したら、支払い先に設定するクレジットカードの情報を入力、必要に応じて税目と金額の入力を行います。

手続きはインターネットでしか行えず、税務署窓口等でクレジットカード決済を行うことはできません

e-Tax利用の場合

  1. e-Taxから確定申告データまたは納付情報登録依頼の送信
  2. 受信したメッセージから「クレジットカード納付」をクリック、「国税クレジットカードお支払サイト」にアクセス

e-Taxの場合は税目や金額の入力は不要です。支払う税目が多い人はe-Tax経由で支払う方が手間がかかりません。

納付できる税金の種類

納付できる税金の種類は下記の通りです。

  1. 申告所得税及び復興特別所得税
  2. 消費税及び地方消費税
  3. 法人税(連結納税を含む)
  4. 地方法人税(連結納税を含む)
  5. 相続税
  6. 贈与税
  7. 源泉所得税及び復興特別所得税
  8. 源泉所得税
  9. 申告所得税
  10. 復興特別法人税(連結納税を含む)
  11. 消費税
  12. 酒税
  13. たばこ税
  14. たばこ税及びたばこ特別税
  15. 石油税
  16. 石油石炭税
  17. 電源開発促進税
  18. 揮発油税及び地方道路税
  19. 揮発油税及び地方揮発油税
  20. 石油ガス税
  21. 航空機燃料税
  22. 登録免許税(告知分のみ)
  23. 自動車重量税(告知分のみ)
  24. 印紙税

合計24種類の税目の納税が可能です。

納付できる場所について

クレジットカード納付ができるのは、国税クレジットカードお支払サイトのみです。

金融機関や税務署の窓口、コンビニエンスストアなどで納付する場合は現金のみとなり、クレジットカードで支払うことはできません。

国税をクレジットカードで納付する方法
  • 国税クレジットカードお支払サイトにアクセスする
  • クレジットカード情報や税目、金額等の入力をして決済
  • 支払える税目は24種類
  • クレジットカード納付はインターネットのみ!コンビニや税務署・金融機関などでは使えない

次の章では、クレジットカード納付の際に準備するものを説明します。
e-Taxとは?確定申告をネットで行うサービスでスマホでも利用可能

クレジットカード納付の際に準備するもの

次に、クレジットカード納付の時に準備をするものについて紹介をします。

クレジットカードが必須なのはもちろんですが、国税クレジットカードお支払サイトにアクセスする手段によって用意するものが異なります。

国税クレジットカードお支払サイトに直接アクセスする場合

国税庁ホームページまたは確定申告書作成コーナーから「国税クレジットカードお支払サイト」へアクセスする場合、下記のものが必要です。

  • クレジットカード
  • クレジットカード納付を行う税目や金額がわかる書類(確定申告書や各通知書等)

支払う税目や金額を記入しないといけないので、書類を手元に準備します。

e-Taxからアクセスする場合

e-Taxからアクセスする場合、手元にクレジットカードさえあれば手続き可能です。

送信した申告データがそのまま反映されるため、税目や金額の記入は一切不要で、クレジットカードさえあればすぐに納税することができるのです。

ただし、e-Taxを利用するには、マイナンバーカード(通知カードではない)とICカードリーダー、または税務署で発行できるe-TaxのIDとパスワードが必要になります。

通知カードではなくマイナンバーカードが必要となるため、持っていなければお住まいの市町村の役所で発行手続きをしてください。

また、e-TaxのID・パスワードに関しては税務署で職員による本人確認を行った上で発行されます。

クレジットカード納付に際に準備するもの
  • 国税クレジットカードお支払サイトへ直接アクセスする場合はクレジットカードと、支払う税目や金額がわかる書類が必要
  • e-Tax経由ならクレジットカードのみでOK
  • e-Tax利用には事前に利用するための道具やID等の発行が必要になる

次の章で、クレジットカード納付を行う際の注意点をチェックしましょう。
2019年1月からマイナンバーカードとカードリーダーが不要でe-Taxが利用可能

国税をクレジットカード納付する際の注意事項

次に、国税をクレジットカードで納付する時の注意事項について解説します。

決済手数料が発生する

国税をクレジットカードで支払う場合、決済手数料が発生します。

決済手数料は、最初の10,000円までは76円(税別)、以後10,000円を超える毎に76円(税別)です。

これはあくまで、国税の納付受託を請け負う民間企業への手数料であって、国へ支払うものではありません。

納税する金額によっては小さくない金額となるかもしれません。

納付する金額、クレジットカード納付の利便性、クレジットカードのポイントが還元される点などを踏まえ、利用するかどうか判断してくださいね。

領収証書は発行されない

クレジットカード納付を行った場合、領収証書は発行されません。

領収証書が必要だという人は、別の手段で納付するしかありません

24時間利用可能!ただしメンテナンス期間あり

クレジットカード納付は、基本的に夜間も休日も24時間対応しています。

金融機関や税務署なら平日の夕方までに足を運ばなければならないなんてこともありますが、クレジットカード納付なら曜日・時間問わず支払いができます。

忙しい時にも、少しだけ時間を作ればいつでもどこでも納付できるのが便利です。

ただしe-Taxに関してはe-Tax利用可能時間に準ずるので、メンテナンス中などe-Taxが利用できない時間帯では対応していません

2回目以降自動納付されない

クレジットカード納付は、継続的な手続きではありません。一度行えば次回以降自動的にクレジットカード納付されるということはありません。

支払う度にクレジットカードの手続きを行う必要があります。

一度クレジットカードの情報を入力し、クレジットカード納付をしても、次回以降自動的にクレジットカード納付になるわけではありません

使える国際ブランドについて

対応している国際ブランドは下記の通りです。

  • Visa
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • TS CUBIC CARD

ほとんどの国際ブランドがクレジットカード納付に対応しているため、お手持ちのクレジットカードで支払いが可能だと思われます。

クレジットカードのポイントはつくの?

クレジットカードのポイント還元の有無については、各クレジットカード会社によって異なります。

税金の納付でポイントがつくかどうかは、自分の使っているクレジットカードを確認しましょう

納税の機会に、国税のクレジットカード納付に対してポイント還元されるクレジットカード、なおかつポイント還元率が高いものを契約するのもおすすめです。

プリペイドカードやデビットカードが使えるかどうか

プリペイドカードやデビットカードの利用可否も、各カード会社によります

ポイント還元の対象になるかどうかもカード会社によって異なります。

プリペイドカードやデビットカードで納付したい人は、使っているカードの発行元に事前に問い合わせてみてください。

国税の支払いはクレジットカードが便利!

最後に、国税納付時にクレジットカードを利用するにあたっての注意点をまとめます。

クレジットカード納付の注意点
  • 決済手数料が10,000円につき76円(税別)発生する
  • 領収証書は発行されない
  • 休日・夜間も納付可能!ただしe-Taxのメンテナンスに注意
  • 納税に対してポイント還元されるかはクレジットカード会社によって異なる
  • プリペイドカードやデビットカードの利用に関してもカード会社への確認が必要

支払いが義務付けられている国税のほとんどをネットを通じてクレジットカードで支払える時代になりました。

これまでは金融機関や税務署などで現金で支払っていたものも、ネットでサッとクレジットカード支払いができるのは非常に便利です。

ただし、決済時には民間の納税受託業者に対して手数料を支払う必要があります

支払う手数料と、ポイント還元の有無がクレジットカード納付を利用する鍵になりそうです。

ポイント還元やプリペイド・デビットカードが使えるかなどの、カードに関する不明点に関しては自分の使っているカード会社に問い合わせましょう。

国税庁や税務署に問い合わせてもわかりません。

よりお得に納税するためにも、ポイントがつくクレジットカードを利用してみてはいかがでしょうか。
社会人におすすめのクレジットカード人気ランキング【2019年】

今がお得なクレジットカードはこれ!

三井住友カード
年会費今なら!!年会費永年無料
還元率0.5%~
国際ブランドVISA / Mastercard
発行元三井住友カード
発行スピード最短5分(即日発行カードはこちら)
家族カードあり
関連記事三井住友カード|2020年2月3日から年会費無料など4大キャンペーン実施予定