クレジットカードおすすめランキング

通販・ネットショッピングでお得!おすすめクレジットカード5選【2020年】

インターネットショッピング

通販、ネットショッピングは便利なものです。ヘビーユーザーの人も多いでしょう。

どうせ通販を利用するなら、最適なクレジットカードで買い物したいと思いませんか。

2020年の今現在便利な通販向けクレジットカードを5種類、紹介します。クレジットカードのメリット、デメリット、また危険と安全性についても説明します。

この記事で紹介する内容です。

通販とクレジットカード
  • ネット通販、カタログ通販とも、系列のクレジットカードが得をする
  • 通販でクレジットカードを使っても安全

※本記事の価格は全て税込みです。

通販向けのクレジットカードとは

クレジットカードでネット通販

「通販向けのクレジットカード」を使うメリットは何でしょうか?

基本的には、割引ボーナスポイントです。

世にはどんな通販向けクレジットカードがあるのか、見ていきましょう。

通販とクレジットカードとの組み合わせ

ショッピングモールでクレジットカードを出して買い物する際は、その商業施設系列のカードを出すのが最もお得な方法です。

例えば、イオンモールであればイオンカードを使って買い物をするとポイントが多く貯まりますし、割引もあります。

この点は、通販であっても同様です。系列のカードを利用すると最も得になります。

知名度の高い通販業者・サイトと、系列のクレジットカードとの組み合わせを見てみましょう。

  • 楽天市場 ー 楽天カード
  • Yahoo!ショッピング ー ヤフーカード
  • Amazon ー Amazon Mastercard
  • ポンパレモール ー リクルートカード
  • ニッセン ー マジカルクラブTカードJCB
  • ベルメゾンネット ー ベルメゾンメンバーズカード(VISA、JCB)
  • dinos ー ディノスカード、dinos cecileカード
  • cecile ー dinos cecileカード、セシールカード
  • QVCジャパン ー QVC SHOPPING CARD

他にも通販業者は数多くありますが、例えば「ジャパネットたかた」や「通販生活」などには、お得になる系列クレジットカードはありません。

なお、ビックカメラやロフト、無印良品など系列クレジットカードのある企業の通販についても、実店舗が主のものについては、今回は検討に含めていません。

多くのクレジットカードにネットモールはある

通販向けのカードを探す前に、1点押さえておきましょう。

多くのクレジットカードには適した通販サイトがあるということです。

つまり、ある意味、どんなクレジットカードも通販向けだともいえるのではないでしょうか。

一般的なクレジットカードの多くに、カード会員専用のネットモールがあります。一例です。

  • JCBカード・・・Oki Doki ランド
  • 三井住友カード/セディナカード・・・ポイントUPモール
  • オリコカード・・・オリコモール
  • ジャックスカード・・・JACCSモール
  • ライフカード・・・L-Mall

独自のお店が入っているわけではなく、いずれも既存のネットモールの入口となっています。

この会員用ネットモールを経由して通販を利用することで、ポイントが上乗せされます。

とはいえ特定の通販サイトを集中して使う人なら、やはり系列のクレジットカードを持つのがおすすめです。ポイントもより多く貯まります。

通販向けのクレジットカード5選

クレジットカード

通販でお得なクレジットカード5選
  • 楽天市場でポイント最大5倍「楽天カード
  • Yahoo!ショッピングでポイント3倍「ヤフーカード
  • Amazonプライム無料特典が付いてくる、ゴールド機能も充実の「Amazon Mastercardゴールド
  • ベルメゾンでポイントアップの機会豊富「ベルメゾンメンバーズカード
  • ふたつのカタログ通販で常時5%オフ「dinos cecileカード

通販(ネット通販、カタログ通販)向けのクレジットカードを選び抜きました。

特定の通販ブランドを使ってみたい人にとっての、最適なカードの組み合わせを案内します。

楽天カード

楽天カード

楽天カード
還元率ポイント1.0%~
マイル0.5%~
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外最高2,000万円(利用付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料無料
年会費550円
※楽天会員ランクがプラチナ以上の場合は無料
電子マネーQUICPay、楽天Edy
国際ブランドVISA、Mastercard、アメリカン・エキスプレス、JCB
発行会社楽天カード株式会社
発行期間最短1週間

楽天市場をよく使う人にとって、楽天カードは欠かせない存在です。

年会費無料の楽天カードは、楽天ヘビーユーザーのみならず、どんな人にもおすすめできるカードです。

楽天市場を楽天カードで決済すると、以下のようなメリットがあります。

  • 楽天スーパーポイント3倍(ポイント還元率3.0%)
  • 毎月5と0の日は楽天スーパーポイント5倍(ポイント還元率5.0%)(※キャンペーンのエントリーが必要)

楽天市場の利用自体でも楽天スーパーポイントが貯まるため、最強の組み合わせとなり、すぐにポイントが貯まります。

キャンペーンも豊富に用意されていて、「ポイントザクザク」をいつも実感させてくれます。

楽天市場以外でも豊富なメリットを持つ楽天カードのポイント還元率は、常に1.0%です。

電子マネーの楽天Edy、QRコード決済の楽天ペイなどとも組み合わせ可能なため、快適なキャッシュレスライフが送れるでしょう。

ヤフーカード

Yahoo! Japanカード(ヤフーカード)

ヤフーカード
還元率ポイント1.0%~
マイル0.5%~
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外なし
国内
ETCカード発行手数料無料
年会費550円
電子マネーQUICPay
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
発行会社ワイジェイカード株式会社
発行期間最短1週間

ヤフーカードは、Yahoo!ショッピングやYahoo!オークションなど、ヤフー関連の通販を使うために欠かせないカードです。

Yahoo!ショッピングでヤフーカードを使うと、ポイント3倍です。

他には、LOHACOやPayPayモールでも得になります。

年会費無料なので、通販はもっぱらYahoo!だという人でなくても、1枚持っておくのがおすすめです。

ヤフーカードは、QRコード決済PayPayに、唯一チャージできるカードでもあります。

つまり実店舗でも便利なのですが、2020年に入り、PayPayとヤフーカードとの組み合わせによる合計ポイント還元率がなんと0.5%に落ちてしまいました。

PayPayは、他のクレジットカードとの組み合わせで使うほうが得になってしまいました。

実店舗向けのサービスが大きく後退してしまったのですが、改めて「通販に強いヤフーカード」の特色に戻ったともいえます。

ヤフーカードのポイント還元率は1.0%と高率で、直接共通ポイントのTポイントが貯まります。

Yahoo!のサービス(PayPayを除く)にもTポイントを充当できます。

Amazon Mastercardゴールド

Amazon MasterCard ゴールド

Amazon Mastercardゴールド
還元率ポイント1.0%~
マイル交換不可
年会費初年度11,000円
マイ・ペイすリボ割引で最安5,500円
2年目以降11,000円
マイ・ペイすリボ割引・WEB明細書割引
で最安4,400円
家族カード無料
旅行保険海外最高5,000万円(一部利用付帯)
国内最高5,000万円(一部自動付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費550円
※初年度無料
※前年度に1回以上の利用で翌年度無料
電子マネーiD
国際ブランドMastercard
発行会社三井住友カード株式会社
発行期間Amazonテンポラリーカード(仮カード)は即日発行可

世界最大のECサイトAmazonにも、使うとお得になるクレジットカードがあります。

三井住友カード発行で、スタンダードのAmazon Mastercardクラシックは年会費無料ですが、ゴールドカードをおすすめします。

ゴールドカードなので年会費は11,000円しますが、三井住友カード独自のリボ払い「マイ・ペイすリボ」に登録することで、初年度から5,500円となります(リボ手数料を実際に支払う必要はありません)。

また翌年からはWeb明細によってさらに年会費は下がり、4,400円となります。

家族カードは3枚まで無料です。

4,400円でも高いと思われるかもしれません。ですがAmazon Mastercardゴールドには、Amazon Prime特典が無料という、大きなメリットがあります。

動画、音楽、電子書籍など見放題、聴き放題のAmazon Primeは、通常月額500円です。年間6,000円がAmazon Mastercardゴールドで無料になるわけで、年会費4,400円がいかにリーズナブルかわかるでしょう。

Amazonプライムの動画配信に興味のない人には無縁のカードかと言うと、そうとも言えません。

Amazonプライムには、Amazonの配送料無料で最短翌日に届けてくれるサービスもあります。これは通販フリークにはたまらない特典です。

Amazon Mastercardゴールドのポイント還元率も見ておきましょう。

通常時の利用で1.0%と、クレジットカードとしても優秀な部類です。

そしてAmazonでの利用では、2.5%還元です。

貯めたポイントはAmazonでしか使えないものの、Amazonユーザーにとってはなんら問題ないでしょう。

また、ゴールドカードのため空港ラウンジ利用特典や海外旅行傷害保険が付いています。三井住友ゴールドカードと同等で、家族で海外旅行が楽しめるレベルの内容です。

ベルメゾンメンバーズカード

ベルメゾンメンバーズカード

ベルメゾンメンバーズカード
還元率ポイント0.5%~2.5%
マイル交換不可
年会費初年度VISA・・・無料
JCB・・・2,093円
(ただし入会時に3,000円分のポイント付与)
2年目以降VISA・・・無料
JCB・・・2,093円
(ただし、年1回の利用で2,200円分のポイント付与)
家族カードなし
旅行保険海外VISAのみ付帯、最高2,000万円(利用付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーJCBのみQUICPay
国際ブランドVISA、JCB
発行会社VISA・・・三井住友カード株式会社
JCB・・・株式会社ジェーシービー
発行期間約1週間

カタログ通販老舗の千趣会が運営するのがベルメゾンネットです。

ベルメゾンには、1ポイント1円でベルメゾンでの買い物に使える独自のポイント制度、ベルメゾンポイントがあります。各種クレジットカードのポイントの交換先としても人気です。

このベルメゾンのハウスクレジットカードが、ベルメゾンメンバーズカードです。会員証のような名称ですがクレジットカードです。

国際ブランドが2種類、VISA・JCBから選べます。

デザインはグリーン系(VISAのみ)、ピンク系があります。

ベルメゾンでベルメゾンメンバーズカードを使うと、以下のとおりポイントアップの特典があります。

  • 200円の買い物ごとに3ポイント(ポイント3倍で還元率1.5%)
  • 3・6・9・12月はさらに1ポイント(ポイント4倍で還元率2.0%)
  • 入会後3ヶ月間はさらにポイント5倍(ポイント6倍で還元率3.0%)

一般店舗でのポイント還元率は0.5%なので、もっぱらベルメゾンで使うのがおすすめです。

VISAブランドは年会費無料。

JCBブランドは年会費2,093円しますが、年1回のカード利用で2,200円ポイントバックしてくれるため、実質年会費無料な上に107円のプラスです。入会時は3,000ポイントもらえます。

VISAブランドには海外旅行傷害保険(利用付帯)と、ショッピング保険が付いています。

dinos cecileカード

dinos cecileカード

dinos cecileカード
還元率ポイント1.0%
マイル交換不可
年会費初年度無料
2年目以降2,200円(年1回の利用で無料)
家族カード440円
旅行保険海外なし
国内
ETCカード発行手数料無料
年会費初年度無料
2年目以降550円(年1回の利用で翌年無料)
電子マネーiD
国際ブランドVISA
発行会社三井住友カード株式会社
発行期間最短3営業日
  • ディノスで便利なディノスカード、セシールで便利なセシールカードがある
  • ディノスとセシール両方でお得で、先の2種類のカードに劣らない実力を持つのがdinos cecileカード
  • dinos cecileカードは、ポイント還元率常時1.0%
  • さらにディノスとセシールで5%オフに加え、基本配送料無料

ともに通販カタログのディノスとセシールとは現在、ひとつの会社となっています。

特にディノスはTVショッピングでも知られています。

通販のブランドは引き続き別々で、ディノスとセシール、両方にユーザーがいます。

それぞれのブランドに向いたカードがありますが、両方を使う人に便利なdinos cecileカード(三井住友カード株式会社発行)を紹介します。

dinos cecileカードは1年に一度カード決済すれば年会費を徴収されない実質年会費無料のカードです。

ディノス、セシールを利用する際、貯まったポイントがあれば、自動で充当されるのが特色です。

ポイントを失効させることがないので、交換が面倒という人に向いています。

ポイント還元率は、ディノスでも、セシールでも、一般店舗でもすべて1.0%の高還元率カードです。

還元率以上にもっと大きな要素が、ディノスとセシールでの割引です。

基本的に、常時5%の割引があります。

それだけではありません。基本配送料無料もdinos cecileカードのメリットです(一部例外あり)。

クレジットカードを通販で使う危険性

ネットショッピング

クレジットカードをネットで使うのは怖いと考える人も多いのではないでしょうか。

実際に、クレジットカード情報が第三者に知られ、悪用されてしまった例は後を絶ちません。

ですが現在、因果関係が逆になっています。現在では、不正使用の手段としてインターネット通販が使われるという関係にあります。

カード本体の情報(カード番号、有効年月、セキュリティコード)が第三者に知られてしまうと、簡単にネットで不正使用されます。

カードホルダーの、ネットで買い物する習慣の有無は、あまり関係ありません。関係あるとすれば、フィッシングサイト(偽のWebサイト)に誤って個人情報を入力してしまった場合ぐらいです。

通販事業者は、カード内容にアクセスできないのが普通になっていて、むしろ店員の悪意しだいで不正が可能な実店舗より、ずっと安全です。

カードをきちんと管理していれば、悪用される心配はありません。

また、カードホルダーに帰責事由のない不正使用の場合は、カード会社が補償をすることになっています。

安心して通販ライフを楽しみましょう。

通販をクレジットカードで楽しもう

通販で便利なクレジットカードについて見てきました。

最後に振り返りです。

通販の好きな人は、どうぞ参考にしてください。

通販とクレジットカードのまとめ
  • よく使う通販があれば、系列のクレジットカードがいい
  • ほとんど年会費無料、または実質無料
  • 系列クレジットカードの特典は、割引とポイント還元
  • 人気のカードは、通販以外でもメリットが大きい
  • 通販でクレジットカードは安心して使っていい。カードの管理は厳重に。

以上、通販でおすすめのクレジットカードについて案内しました。

お気に入りの通販ブランドがあるなら、ぜひクレジットカードも持ちましょう。

そしてカード会員に対して、通販からは随時様々なお得な案内があるので、積極的に活用してください。