ビューカード完全ガイド|お得な使い方豊富の最強カードを紹介

Suicaに現金でチャージして電車を利用している人も多いですよね。

そんな人の大半が、残高不足であることに気づかず改札を通れなかった…なんて経験をしていることでしょう。

Suicaにはオートチャージ機能があることをご存じでしょうか。

また、オートチャージを利用することによって、お得にポイントを貯められるクレジットカードがあることをご存じでしょうか。

ビューカードとは?
  • Suica機能/オートチャージ機能が搭載されている
  • Suicaオートチャージまたは定期券購入でポイントが貯まる
  • ポイント還元率は通常0.5%、Suicaへのチャージは1.5%
  • Suica定期券一体型と分離型がある

今回は、そんなビューカードの特徴やメリット・デメリット、さらにビューカードの中でもおすすめの4枚のクレジットカードについて詳しく紹介していきます。

ぜひ自分に合ったビューカードを見つけてくださいね。

画像引用元:ビックカメラSuicaカード:ビューカード

ビューカードの特徴

画像引用元:「ビュー・スイカ」カード:ビューカード

まずは、ビューカードの特徴について解説します。

JR東日本グループが発行

ビューカードは、JR東日本グループの株式会社ビューカードが発行しています。

JR東日本のサービスの一つであるため、Suicaとの相性が非常に良いのです。

Suica機能/オートチャージ機能が搭載されている

ビューカードには、Suica機能とSuicaオートチャージ機能が搭載されています。

Suica機能とは、改札にかざすことで運賃の清算が完了したり、お店の専用端末にタッチすることで電子マネー決済ができる機能。

つまり、ビューカードがあればSuicaカードを持つ必要がなくなります

また、Suicaのオートチャージ機能とは、改札を通るときに残高が一定額以下になれば自動でクレジットカードからチャージされるというもの。

残高を気にしたり、その都度チャージしたりする必要がなく、スムーズに電車を利用することができます。

さまざまな場面でポイントが貯まる&使える

他のクレジットカードにはない特徴は他にもあります。

ビューカードでオートチャージを利用すると、チャージ金額に対して1.5%のポイントが還元されます。

10,000円チャージすれば150円の還元となり、年間で換算すると決して小さな金額ではありません。

また、JRE POINT加盟店ではカードを提示するだけで1.0%のポイントが還元されます。

貯まったポイントはJRE POINT加盟店でのお買い物や、Suicaチャージなどに利用することができます。

ビューカードの入会条件

ビューカードの入会条件は、以下のように提示されています。

日本国内にお住まいの満18歳以上の方で、電話連絡のとれる方なら、どなたでもお申込みいただけます。
・未成年の方は親権者等の同意が必要です。
・高校生の方はお申込みいただけません

親権者の同意さえあれば、未成年である大学生や専門学生でも持つことができます。

ただし所定の審査があるので、審査の結果次第では入会できない可能性があります。

ビューカードの特徴
  • JR東日本グループの子会社が発行しているクレジットカード
  • Suica機能/オートチャージ機能搭載
  • オートチャージやクレジット決済でポイントが貯まる
  • 18歳以上が対象なので学生でも使うことができる

次のページでは、ビューカードのお得な使い方や注意点を紹介します。
Suica対応のおすすめクレジットカード|定期とチャージで賢くポイント貯蓄