ビューカードで家族カードを発行
  • 2021年5月23日
  • 2024年1月19日
当サイトには広告が含まれます

ビューカードで家族カードを発行できるのは|年会費と家族の範囲

ビューカードは、交通系電子マネーSuica機能がついており、モバイルSuicaにオートチャージできる唯一のカードです。

チャージや対象店でのお買い物時にポイントが貯まるため、よく電車に乗る方やSuicaで買い物代金を決済している方に適しています。

そんな便利なビューカードは、家族カードの発行が可能です。家族カードを上手に使いこなせば、ポイントが効率よく貯まり、家計管理もしやすくなります。

ビューカードの家族カードのメリット・デメリットや申込方法を詳しく見ていきましょう。

ビューカードの家族カード
  • 配偶者・両親・高校生を除く18歳以上の子どもが申込可能
  • 本人会員と同様にSuicaや旅行傷害保険が使える
  • 家族カードでもJRE POINTやマイルを貯められる
  • 利用金額は本人会員の口座から引き落とされる
  • インターネットもしくは郵送で申込みできる

※本記事の価格は全て税込みです。

おすすめのクレジットカード比較表
カード名「ビュー・スイカ」カード
ビュー・スイカカード(JCB)
ビューゴールドプラスカード
ビューゴールドプラスカード
ソラチカカード
ソラチカカード
TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO
TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO
JALカードSuica
JALカードSuica
年会費524円11,000円2,200円
初年度無料
1,100円
初年度無料
2,200円
初年度無料
マイル還元率0.5%~1.5%0.5%~1.5%0.5%〜1.0%※10.5%~3.0%0.5~3.0%
(JREポイント)
国際ブランドVisa、Mastercard、JCBJCBJCBVisa、MastercardJCB
キャンペーンご入会&ご利用で
最大8,000ポイント
プレゼント
2024年5月1日(水)~7月31日(水)
ご入会&ご利用で
最大24,000ポイント
プレゼント
2024年5月1日(水)~7月31日(水)
最大13,000マイル相当
プレゼント
2024年6月30日まで
新規入会で
1,000ポイント
プレゼント
ご入会&ご利用で
最大28,000ポイント
プレゼント
申込対象18歳以上
高校生を除く
満20歳以上18歳以上18歳以上
高校生を除く
満18歳以上の方
発行スピード最短1週間最短1週間最短5営業日通常4週間約3週間
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
※1 前年度ショッピング利用金額 100万円以上の場合
※2 各カードのキャンペーンの詳細は、公式ホームページにてご確認ください。
矢印

ビューカードの家族カードの年会費

ビュー・スイカカード(JCB)ビューゴールドプラスカード

数あるビューカードのうち家族カードを発行できるカードと、その年会費は以下のとおりです。

カードの種類家族会員年会費本人会員+家族会員1名の合計年会費
「ビュー・スイカ」カード524円1,048円
「ビュー・スイカ」リボカード無料無料
ビューゴールドプラスカード3,300円 ※1枚目無料11,000円
JALカードSuica 普通カード1,100円3,300円
JALカードSuica CLUB-Aカード3,850円14,850円
JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード8,800円29,700円

ビューゴールドプラスカードは本人会員の年会費が11,000円と比較的高額ですが、家族カード1枚目の年会費が無料

1枚あたりの年会費を下げられるのでお得ですね。

なお、家族カードの年会費は本人会員の年会費とまとめて引き落とされます。

家族カードを発行できないビューカード

以下のカードは家族カードを発行できません。

  • ルミネカード
  • JRE CARD
  • ビックカメラSuicaカード
  • 大人の休日倶楽部ミドルカード
  • 大人の休日倶楽部ジパングカード

男性満65歳、女性満60歳以上限定の大人の休日倶楽部ジパングカードは、家族会員ではありませんが配偶者に限り「夫婦会員」になることができます。

本人会員の年会費は4,364円ですが、夫婦で入会すれば7,458円と年会費を抑えられます。

ビューカードの家族カードの申込資格・審査

家族

ビューカードの家族カードは、以下の方が対象です。

・本人会員と生計をともにしている同姓の配偶者・ご両親・お子さま。(高校生を除く18歳以上の方。)
・本人会員が学生の場合、お申込みすることはできません。

引用元:家族カード:ビューカード

本人会員が学生の場合は家族カードを申込できません。

家族カードの申込時にも審査が行われますが、審査の対象は本人会員です。

本人会員が支払いの遅延・延滞を繰り返している場合などは、家族カードを発行できない可能性もあります。

裏を返せば、家族会員は審査対象ではありません。

家族会員が働いていることなどの条件はないため、アルバイトや専業主婦の方でも申込可能です。

ビューカードの家族カードが発行できる枚数

「ビュー・スイカ」リボカード

それぞれのビューカードで家族カードを発行できる枚数は、以下のとおりです。

カードの種類家族カード発行可能枚数
「ビュー・スイカ」カード最大9枚
「ビュー・スイカ」リボカード
ビューゴールドプラスカード
JALカードSuica 普通カード最大8枚
(退会したカードを含む)
JALカードSuica CLUB-Aカード
JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード

「ビュー・スイカ」リボカードは、9枚発行しても年会費は無料です。

ほかのカードは発行する枚数が多いほど年会費の負担が増します。

ビューカードの家族カードを発行するメリット

ビューカードの家族カードのメリットをおさえ、家族カードを最大限に活かしましょう。

ビューカードの家族カードのメリット
  • 本人会員と同様の特典を利用できる
  • ポイントが効率良く貯まる
  • 一括引き落としで家計管理が楽になる

本人会員と同様の特典を利用できる

家族カードは、本人会員と同じ機能・特典が利用できます。

本人会員のカードに、交通系電子マネーSuicaや定期券機能がついていれば、家族会員も同じように利用できます。

「ビュー・スイカ」リボカードは家族会員の利用分もリボ払いになります。

Suicaや決済機能だけでなく、カードの種類ごとに受けられる特典にも注目です。

特に、旅行傷害保険や空港ラウンジの無料利用特典は家族会員にとっても価値が高いでしょう。

旅行傷害保険

旅行傷害保険は、家族カードを発行できる全てのビューカードに付帯されており、家族会員も本人会員と同額の補償を受けられます。

海外旅行保険は、カードで航空券や旅行代金などを決済せずとも、カードを持っているだけで自動的に補償されます(自動付帯)。

国内旅行保険も「ビュー・スイカ」カードと「ビュー・スイカ」リボカード以外は自動付帯です。国内旅行保険が自動付帯のクレジットカードは少ないので、重宝するでしょう。

「ビュー・スイカ」カードと「ビュー・スイカ」リボカードは旅行代金をビューカードで決済しないと補償が適応されません(利用付帯)。

また、ビューゴールドプラスカードは旅行時の補償に加え、ショッピングプロテクションが付帯しています。

旅行中にビューカードで購入した物品が事故による破損や盗難被害に遭った場合、物品の購入金額を年間300万円まで補償されますが、家族会員も同様に補償されます。

空港ラウンジの使用

空港ラウンジの無料利用特典は、以下のゴールド以上のカードに付帯します。

  • ビューゴールドプラスカード
  • JALカードSuica Club-Aゴールドカード

国内の主要空港、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジが無料で使えます。

カードを持っていない方が一緒にラウンジを利用する場合は、基本的に同伴料金を支払わなければなりません。

家族カードを持っておけば、家族みんなが無料でくつろげて旅行が快適になるでしょう。

ポイントが効率良く貯まる

JALカードsuica

家族カードでも本カードと同じようにビューカード決済でポイントを獲得できます。

1人で貯めてもポイントはなかなか増えませんが、家族みんなで同じポイントを貯めると、効率良く貯まります。

ビューカードで貯まるポイントはJRE POINTです。家族カードで獲得したJRE POINTは、本人会員の獲得分と合算される仕組みです。

お買い物代金などをビューカードで支払うと、1,000円につき5ポイント貯まり、1ポイント=1円として使えます(還元率0.5%)。

さらに、ビューカードからモバイルSuicaへオートチャージすると、還元率は1.5%になり、1,000円につき15ポイント獲得できます。

JRE POINT加盟店では、家族会員も貯まったポイントをお買い物に使えるので便利です。

また、「JALカードSuica」は、JRE POINTに加えてJALマイルが貯まります。

JALマイルはJMB(JALマイレージバンク)会員ごとに貯まりますが、「JALカード家族プログラム」を利用すると本人会員のマイルと合算できます。

一括引き落としで家計管理が楽になる

ビューカードの家族カードの利用料金の引き落とし方法

家族カードの利用金額は、本人会員名義の口座から一括で引き落とされ、利用明細も本人会員の利用分とまとめて記載されます。

家族の出費を管理したい方は、明細書を個別にチェックする手間が省けるので便利です。

明細書は自宅への郵送のほか、「VIEW’s NET」からも確認できます。VIEW’s NETは、ビューカードを持っている方が利用できる会員サイトです。

IDをまだ持っていない方は、公式サイトの「VIEW’s NET 新規登録」をクリックし、必要事項を入力して登録手続きを行いましょう。

ビューカードの家族カードを発行するデメリット

デメリット

ビューカードの家族カードはメリットがある一方で、デメリットも存在します。

ビューカードの家族カードのデメリット
  • 個別の管理や引き落としができない
  • 1人あたりの利用可能額が減る
  • 本人会員が退会すると利用できなくなる

個別の管理や引き落としができない

家族カードは、カードの持ち主ごとに引き落とし口座を分けることはできず、必ず本人会員の口座から支払う必要があります。

そのため、「自分で使ったお金は自分の口座から支払いたい」「家族にお金の使い道を知られたくない」という方には不向きです。

また、メリットの項目でも説明したとおり、利用明細も一括管理されます。

家族会員の利用明細だけ個別に発行はできず、VIEW’s NETも本人会員しか利用できません。

利用明細の確認だけではなく、Suicaへのチャージやポイントの交換手続きができるのも本人会員のみです。

1人あたりの利用可能額が減る

ビューカードは利用金額に限度があります。

家族会員別に利用可能額が設定されるのではなく、本人会員の限度額の範囲内で全ての会員が利用しなければなりません。

利用可能額は審査で決まり、カードの種類ごとに金額の範囲は異なります。

カードの種類利用可能額
ビューゴールドプラスカード80~200万円
JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード80~300万円
その他のカード10~80万円

1人あたりの利用金額が多いときや、家族カードの発行枚数が多い場合は、限度額が足りなくなるおそれがあります。

そのため、一人一人の利用金額の上限をあらかじめ決めておく、大きな買い物をする時には報告するなど、家族間でのルール作りが大切です。

本人会員が退会すると利用できなくなる

家族カードのみを単体で解約はできますが、本人会員のカードを解約すると家族カードも同時に解約となります。

旅行傷害保険や空港ラウンジも利用できなくなります。

本人会員は、家族とよく相談したうえで解約を検討する必要があります。

ビューカードの家族カードの申込方法

ビューカードの家族カードの申込方法は、カードの種類ごとに異なります。

申込の流れを、詳しく見ていきましょう。

なお、家族カードのみ申し込むこともできますし、本カードと家族カードの同時申込も可能です。

プロパービューカードの申込方法

ここではビューゴールドプラスカード・「ビュー・スイカ」カード・「ビュー・スイカ」リボカードの家族カードの申込方法を説明します。

申込方法は、以下の2通りです。

  • 申込書の郵送
  • VIEW’s NETから手続き

郵送を希望する方は、ビューカードセンターに電話して申込書を取り寄せ、必要事項を記入して返送します。

JALカード会員専用24時間音声情報サービス

0120-747-804

03-5460-4343(携帯電話/海外から)

VIEW’s NETで手続きする流れは以下のとおりです。

ビューカードの家族カードをVIEW’s NETで申込

  1. VIEW’s NETにログイン
    VIEW’s NETにアクセスし、IDとパスワードを入力
  2. 「家族カード申込み」をクリック
    ページの下側にある「家族カード申込み」をクリックし、申込ページへ進む
  3. 必要事項を入力
    氏名や住所などの情報を入力。その後審査が行われ、通過した方に家族カードが発行される

JAL提携ビューカードの申込方法

JALカードSuica 普通カード・JALカードSuica CLUB-Aカード・JALカードSuica CLUB-Aゴールドカードの家族カードの申込方法を見ていきましょう。

  • 申込書の郵送
  • MyJALCARDから手続き

なお、本カードと家族カードを同時申込する場合は、「JALカード入会申込書」もしくはオンラインの申込画面の、家族カード申込欄に必要事項を記入します。

郵送で申し込む

郵送で手続きしたい方は、以下の流れで申込みましょう。

  1. 申込書を取り寄せる
    MyJALCARDで資料請求
  2. 「家族会員入会申込書」へ記入し返送

MyJALCARDの資料請求ページ、もしくは会員専用24時間音声情報サービスへ電話して、申込書を取り寄せます。

マイルを本人会員と合算したい場合は、同封されている「JALカード家族プログラム登録申込書」も合わせて提出しましょう。

MyJALCARDで申し込む

「MyJALCARD」から手続きすると、申込書を書く手間を省けます。手続きの流れは以下のとおりです。

  1. MyJALCARDにログイン(「お得意様番号」と「JMBパスワード」を入力)
    MyJALCARDにログイン
  2. トップページの「カードの切替・追加」をクリック
    MyJALCARDで「カードの切替・追加」をクリック
  3. 「オンラインで申し込む」をクリックし、必要事項を入力
    MyJALCARDから家族カードを申込む

ビューカードの家族カードを解約する方法

電話連絡

ビューカードの家族カードを解約するときは、カードの種類で手続き方法が異なります。

なお、家族カードの年会費はカード券面の有効期限月を境に請求されます。

請求がかかると月割りによる返金などはありません。タイミングに注意して解約してください。

ビューカードの年会費引き落としはいつ?支払う前に解約する方法

プロパービューカードの家族カードの解約

ビューゴールドプラスカード・「ビュー・スイカ」カード・「ビュー・スイカ」リボカードは、ビューカードセンターへの電話が必要です。

ネットでは解約できないので要注意です。

オペレーターに解約したいことを伝えると、退会届が郵送されます。

必要事項を記入して、家族カードとともに返送すると手続き完了です。

ビューカードセンター

03-6685-7000
9時~17時30分(年中無休)
音声ガイダンスでは2(各種手続き)→5(その他)をプッシュ

JAL提携ビューカードの家族カードの解約

JALカードSuica 普通カード・JALカードSuica CLUB-Aカード・JALカードSuica CLUB-Aゴールドカードは、電話もしくはネットで退会届を請求した上で書類の郵送が必要です。

電話の場合は、JALカード会員専用24時間音声情報サービスへ連絡します。

JALカード会員専用24時間音声情報サービス

0120-747-804

03-5460-4343(携帯電話/海外から)
※資料コードナンバー:51513

ネットの場合はMyJALCARDへログインし、「資料請求」画面から退会届を請求してください。

どちらの手段で申し込んでも、約1週間程度で自宅に退会届が届きます。必要事項を記入して提出しましょう。

なお、JALカードSuicaの家族カードを解約するとJALカード家族プログラムも自動退会となります。

家族カードでお得な暮らしを目指そう

ビューカードの家族カードのポイント
  • 配偶者・両親・高校生を除く18歳以上の子どもが申込可能
  • 本人会員と同様にSuicaや旅行傷害保険が使える
  • 家族カードでもJRE POINTやマイルを貯められる
  • 利用金額は本人会員の口座から引き落とされる
  • インターネットもしくは郵送で申込みできる

家族カードを活用すると、ポイントの獲得や家計管理がしやすくなり、生活費の節約に繋がります。

Suicaオートチャージを利用したいけれど審査に通るか不安な方は、家族カードを検討しましょう。

家族で協力して、お得な暮らしを目指してくださいね。