ビューカードとおサイフケータイの登録設定方法と上手なポイントの貯め方

ICカードの中で最も利用者の多い「Suica」を発行しているのがJR東日本グループ。

そのJR東日本グループが発行しているクレジットカードが「ビューカード」です。

発行元がJR東日本グループということもあり、利便性もさることながら「Suica」との相性が良く、他のカードと比べて非常に効率的なポイントの貯め方が可能です。

Suicaのオートチャージ機能を活用すればわざわざチャージする手間も省けるため、時間の節約にもなります。

さらに、ビューカードならオートチャージの利用でポイント3倍になるため、1,000円(税込)のチャージで15円相当のJREポイントが貯まります。

貯まったポイントはSuicaにチャージすることもできるため、ポイントの使い道に悩む必要もありません。

日常的に使うSuicaにチャージすれば、無駄なくポイントを使い切れます。

ここでは、ビューカードのおサイフケータイへの登録設定方法と、オススメのポイントの貯め方を紹介していきます。

ビューカードの上手なポイントの貯め方
  • Suicaのオートチャージ登録でポイント3倍
  • 定期券の購入でもポイント3倍
  • 公共料金の支払いなどでもポイントが貯まる
  • JREポイント加盟店でのお買い物で、さらにポイントが貯まる
  • ENEOS・駅レンタカーの利用でポイント2倍

アイキャッチ画像引用元:「ビュー・スイカ」カード:ビューカード

ビューカードはおサイフケータイに登録できる?

 QUICPay

画像引用元:iPhoneではじめる(Apple Pay)|QUICPay

まず、カードをおサイフケータイに登録するためには、下記のいずれかが必要になります。

  • QUICPay
  • iD
  • nanaco
  • 楽天Edy
  • Suica
  • WAON

ビューカードは「QUICPay」と「Suica」が内蔵してありますので、おサイフケータイに登録することが可能です。

注意すべき点として、おサイフケータイはAndroid専用のアプリケーションのため、iPhoneユーザーは使えません。

iPhoneには、Apple Payという独自の決済サービスがありますので、そちらを利用しましょう。

ビューカードのおサイフケータイへの登録方法

クイックペイ

画像引用元:QUICPayとは?|QUICPay

お手持ちのビューカードを、Android端末のスマートフォンで使うためには、まずカード情報の登録を行う必要があります。

この登録方法には2つの方法がありますので、紹介していきます。

「おサイフケータイ」アプリを使用

おサイフケータイアプリ

画像引用元:おサイフケータイ アプリ – Google Play のアプリ

1つ目は、ほとんどのスマートフォンにプリインストールされている「おサイフケータイ」アプリを使用する方法です。

登録のやり方は非常に簡単で、誰でも数分で設定が完了しますので、ご安心ください。

  1. おサイフケータイアプリを起動。万が一アプリがない場合は、「Google Play」からおサイフケータイアプリをダウンロード
  2. アプリが起動したら、初期設定を行う。カードの情報や番号、その他個人情報を入力し「QUICPay」を選択
  3. 以上でおサイフケータイへビューカードが登録

たったこれだけのステップでおサイフケータイへの登録が完了しました。使い方もとても簡単ですので、後ほど詳しく説明していきます。

「Google Pay」アプリを使用

GooglePay

画像引用元:Androidではじめる(Google Pay)|QUICPay

おサイフケータイアプリの使用以外には、Google Payの公式アプリを使用する方法があります。

1Google Playから「Google Pay」アプリをダウンロード

googlepay登録1

2「Google Pay」アプリを立ち上げ、支払いをタップ

googlepay登録2

3「+お支払い方法の追加」をタップ

googlepay登録3

4「クレジット/デビット/プリペイド」をタップ

googlepay登録4

5追加したいカードをカメラで読み込む

googlepay登録5

6メールやSMSなどで本人確認

googlepay登録6

7設定完了

画像引用元:Androidではじめる(Google Pay)|QUICPay

以上になります。おサイフケータイアプリと同様に、こちらでも非常に簡単に設定することができます。

次に、登録したビューカードをおサイフケータイで使う方法を説明していきます。

おサイフケータイの使い方

quiqpay 初心者

画像引用元:QUICPayとは?|QUICPay

登録したビューカードを使う方法は、非常に簡単です。

QUICPayが対応している店舗かどうかを確認して、「QUICPayで支払います」と伝え、あとは指示された端末にタッチするだけです。

通常のカード決済に必要な暗証番号の入力やサインは全く必要ありません

会計の際にかかる時間はわずか数秒のため、この早さが癖になります。

おサイフケータイを使うときの注意点

おサイフケータイアプリを使う際に注意しなければいけないことが2点あります。

1つは、「iD」に対応していないことです。

ビューカードは「QUICPay」に対応していますが、「iD」には対応していません。

ここを間違えられる方が多いのではないでしょうか。

現在は多くの店舗で両方の決済サービスに対応していますが、一部店舗では一方にしか対応していないこともありますので、注意しましょう。

2つ目は、盗難などに遭った時です。

基本的には盗難に遭った際の不正使用はビューカード側が負担してくれますが、一部負担をしなければならない場合もあります。

「QUICPay」での不正利用分は請求されませんが、おサイフケータイに「Suica」が登録されていた場合は保証外となり自己負担になりますので、注意が必要です。

おサイフケータイアプリにてセキュリティロックが掛けられる他、各キャリアに電話すれば利用停止にすることもできます。

「スマホを無くしてしまった……」「落としてしまった……」と思ったらすぐに利用停止することを強くオススメします。

お得なポイントの貯め方

ビューポイントの貯め方

画像引用元:駅でも街でも!ポイントを貯める:ビューカード

おサイフケータイへビューカードの登録が完了したら、次にビューカードのお得なポイントの貯め方を紹介していきます。

ビューカードは、通常だとポイントのつき方は200円で1ポイント、0.5%の還元率です。

さらに特定の場所での利用で、ポイントの倍率が上がりますので要チェックです。

ビューカードの最大のメリットは、使う場所によってポイントの倍率が大きく変わるという点です。

普段から使える場所が多いので、使い勝手も非常に良いです。

カードの種類によってポイントの貯まり方が違う

ポイントの貯め方を紹介する前に知っておいてもらいたいのは、「カードの種類によってポイントの貯まり方が異なる」という点です。

株式会社ビューカードが自社で発行しているものだけで11種類のカードがあります。提携他社を含めれば、それ以上の種類になります。

そのため、まずはそれぞれ自分に合ったカード選びをすることが、“ポイント長者”への第一歩です。

どんな種類のカードがあるのか、見やすいように表にしました。

カード名年会費還元率ブランド
JREカード(Suica付き)524円(初年度は無料)0.5%VISA、JCB、MastarCard
ルミネカード1,048円(初年度は無料)0.5%VISA、JCB、MastarCard
ビックカメラSuicaカード524円(初年度は無料)1.0%VISA、JCB
「ビュー・スイカ」カード524円0.5%VISA、JCB、MastarCard
JALカードSuica2,200円(入会後1年間年会費無料)1.0%JCB
「ビュー・カード」リボ専用カード無料0.5%VISA、JCB、MastarCard
ビューカードゴールドプラスカード11,000円0.5%JCB
JALカードSuicaゴールドカード20,900円1.0%JCB
大人の休日CLUBミドルカード2,624円(初年度は無料)0.5%VISA、JCB、MastarCard
大人の休日CLUBジパングカード4,364円0.5%VISA、JCB、MastarCard
ジェクサービュー・スイカカード無料0.5%VISA、JCB、MastarCard

上の表を見ると、「ビックカメラSuicaカード」が年会費524円にも関わらず、ポイント還元率1%と非常に良いことがわかると思います。

しかしながら、必ずしも他のカードが全て悪いというわけではありません。

それぞれのカードには独自の特典が付帯しています。一例を挙げていきましょう。

ルミネカード

ルミネカード

ルミネでの買い物が常に5%オフに。

さらに、年に数回開催される10%オフセールもあるため、ルミネを利用する人にとってはかなりお得なカードです。

JALカードSuica

JAL Card

画像引用元:カードの種類 – JALカード

飛行機をよく利用する人にはこの一枚。フライトのご利用でマイルを貯めることができるカードです。

貯まったポイントはマイルに交換することもできます。Suicaも付帯していますので移動が多い人によく選ばれています。

ビュースイカカード

ビュー・スイカカード(JCB)

クレジットカード、Suica、定期券の3つが1枚になったカードです。

大学生や社会人の方は、日常的に定期券を使われる人も多いのではないでしょうか。

いつも使うSuicaと定期券用のSuicaが別れていて、面倒に思っている人もいるかと思います。

そんな人にオススメなのが、このビュースイカカードです。利便性が非常に高く、サラリーマンに人気のクレジットカードです。

Suicaのオートチャージ登録でポイント3倍

Suicaとビューカードをおサイフケータイアプリで登録している人は必ず行ったほうがいいのが、“オートチャージ登録”です。

Suicaにチャージするために、いちいちアプリ開いて入金するのって少しだけ手間ですよね。

オートチャージ登録をしておけば、残高が不足すると自動的に設定した金額分をチャージしますので、とても便利です。

さらに、ポイントも常に3倍貯まるのでお得ですね。

使いすぎるのが心配、という人は上限設定もできますので安心です。

Suicaとビューカードを持っている人はぜひ、オートチャージ登録してみてください。

ビューカード完全ガイド|お得な使い方豊富の最強カードを紹介