バーチャルカードとは?作る前にメリットとデメリットを知る

最近では「バーチャルカード」と呼ばれるカードを取り扱う会社が増えてきています。

「バーチャル」=「仮想の」という意味ですが、一体どのようなものなのでしょうか。

バーチャルカードとは
  • オンライン専用のプリペイドカード
  • さまざまな企業が取り扱っている
  • 審査不要で申し込みの条件さえ満たしていれば誰でも使える
  • ポイントが貯まるバーチャルカードもある

バーチャルカードとはオンライン専用で使えるカードのことです。

プラスチックカードが発行されないため、申し込み後短期間で利用できるのが魅力ですが、実際のお店では利用できません

しかし、審査不要で申し込みの条件さえ満たしていれば誰でも利用できるという点から、クレジットカードを持たない人たちにとってはありがたい存在です。

今回は、そんなバーチャルカードの概要やメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

バーチャルカードとは?

まず、バーチャルカードとはどのようなカードなのか詳しく解説していきます。 

バーチャルカードとは、名前の通りプラスチックカードの発行がない架空のカードです。

オンラインショップで買い物ができるネット専用キャッシュレスカード

バーチャルカードは、オンラインショップで利用できるネット専用のキャッシュレスカードです。

楽天市場やYahoo!ショッピング、Amazonを始めとする国内外の通販サイトで、クレジットカードで購入をする時と同じように16桁のカード番号とセキュリティコード、有効期限を入力して利用することができます。

バーチャルカードの種類

バーチャルカードには、以下の2種類があります。

  • クレジットタイプ
  • プリペイドタイプ

クレジットタイプは後払い、プリペイドタイプは先払いです。

クレジットタイプの中には単独申し込み不可でクレジットカードそのものに入会していないといけないものもあります。

これまではクレジットタイプが主でしたが、最近はプリペイドタイプが増えています

また、プリペイドタイプの中には決まった金額を購入し、チャージができない使い切りタイプもあります。

プラスチックカードの発行はない

バーチャルという名前がついているように、バーチャルカードはプラスチックカードの発行がありません

ネット上で16桁のカード番号と有効期限、セキュリティコードのみが発行される、いわゆる架空のカードです。

カード発行の手間がかからないことから、申し込み直後から遅くとも数日内には使えるバーチャルカードが非常に多いです。

利用できるのは国内外のオンラインショップのみ

利用的できるのはオンラインショップのみなので、街のお店で利用することはできません。

利用できるオンラインショップは国内外問わず、世界中のオンラインショップで利用することが可能です。

国際ブランドの加盟店で使える

発行されたバーチャルカードには、クレジットカードのようにVisa、JCBなど国際ブランドが付いています

クレジットカードと同様、各加盟店でカード決済することができます。

国際ブランドごとに加盟店数は異なりますが、メジャーなブランドならほとんどのオンラインショップで利用することができるでしょう。

発行手数料は無料〜数百円、年会費は無料のものが多い

バーチャルカードは、発行時に手数料がかかることも。

大体100〜300円程度ですが、全く使う予定がないなら発行手数料が無駄になってしまうかもしれません。

また、例外はありますが多くのバーチャルカードは年会費がかかりません。維持費は基本的にかからないと思ってください。

バーチャルカードとは?
  • オンラインショップで利用できる架空のカード
  • 街のお店では利用できない
  • 海外の通販サイトでも使える
  • 数百円の発行手数料がかかる場合もある

次のページでは、バーチャルカードのメリット・デメリットを確認していきましょう。
LINE Payのバーチャルカードの仕組みと発行方法から使い方までを解説