Vpassとは?使うメリットと登録からログインできない時の対処法

  • 2020年7月13日
  • 2021年2月8日
Vpassログイン

三井住友カード会員が利用できる会員サイト「Vpass」では、利用明細やポイントの確認、各種情報の変更など、クレジットカードに関するサービスが利用できます。

今回の記事ではVpassの登録方法を実際の登録画面を交えて詳しく解説していきます。

Vpassのメリットと使い方
  • Vpassは三井住友カードなどのカード会員サイト
  • Vpassは無料で登録・利用できる
  • 三井住友カードならVpassに登録+年6回の請求でカード年会費割引
  • カードの利用明細の確認や各種手続きができる
  • ログインできないときはIDとパスワードを再発行しよう
三井住友カードを比較
カード名三井住友カード
ナンバーレス
三井住友VISAカードナンバーレス
三井住友カード
ゴールド(NL)
三井住友カード ゴールド(NL)
三井住友カード
三井住友カード
三井住友カード
プラチナ
三井住友カード プラチナ
三井住友カード
ゴールド
三井住友カード ゴールド
三井住友カード
プラチナプリファード
三井住友カード プラチナプリファード
三井住友カード
プライムゴールド
三井住友カードプライムゴールド
三井住友カード
デビュープラス
三井住友カードデビュープラス
年会費無料5,500円
初年度と年間100万円以上の
利用で翌年以降永年無料
1,375円
オンライン入会で初年度無料
2年目以降も条件付き無料
55,000円11,000円
オンライン入会で初年度無料
2年目以降も条件付き割引
33,000円5,500円
初年度無料
1,375円
初年度と年1回の利用で無料
還元率0.5%~5.0%0.5%〜5.0%0.5%~2.5%0.5%~2.5%0.5%~2.5%1.0%~10.0%0.5%~2.5%1.0%〜3.0%
国際ブランドVISA、MastercardVISA、MastercardVISA、MastercardVISA、MastercardVISA、MastercardVISAVISA、MastercardVISA
キャンペーン最大5,500円相当
プレゼント
最大5,500円相当
プレゼント
最大5,500円相当
プレゼント
なし最大5,500円相当
プレゼント
最大40,000ポイント
プレゼント
最大5,500円相当
プレゼント
最大5,500円相当
プレゼント
申込対象年齢満18歳以上満20歳以上満18歳以上満30歳以上満30歳以上満20歳以上満18歳〜満25歳満18歳〜満25歳の学生
高校生は除く
発行スピード最短5分最短5分最短5分最短1週間最短翌営業日最短3営業日最短翌営業日最短翌営業日
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
矢印

カード会員サイト「Vpass」とは

Vpass

Vpassは、三井住友カード会員が登録・利用できる会員サイトです。

Vpassが利用できる代表的なカードは三井住友カードですが、その他以下の提携カードでも利用することができます。

  • りそなVISAカード
  • スルガVISAカード
  • 三井住友トラストVISAカード など

会員登録することでカードの利用状況や各種手続き、ポイントの管理などを行うことができます。

パソコンやスマホのブラウザから利用でき、スマホ専用のアプリもあります。

会員登録も利用も全て無料なので、対象カードのユーザーは発行後すぐに登録するのがおすすめです。

Vpassに登録するメリット

Vpassの登録は無料。その上、クレジットカードの利便性が高まるため、デメリットはありません。

Vpassには以下のようなメリットがあります。

  • 24時間いつでも変更手続きなどができる
  • 過去15ヶ月分の利用明細がすぐに確認できる
  • カード年会費割引特典がある

Vpassでできることは詳しく後述しますが、大きなメリットに三井住友カードの「年会費割引特典」があります。

Vpassに登録し、一定の条件を満たすと、カードによって以下の金額が割引されます。

カードの種類年会費割引金額
三井住友カード プラチナ1,100円
三井住友カード ゴールド
三井住友カード プライムゴールド
上記以外のカード550円

割引条件は、Vpass登録に加えて過去1年間に利用代金請求が6回以上あることです。日常的にクレジットカードを使う人なら、難なく達成できる条件でしょう。

三井住友カードも紙の明細書を郵送するよりユーザー自身でVpassを参照してもらった方が手間がかかりません。

カード会社とユーザー双方にとってメリットがあるサービスと言えますね。

Vpassでできること

Vpassでは、以下のサービスを提供しています。

Vpassでできること
  • カード利用明細の確認
  • 各種手続き(住所変更、支払い口座の変更など)
  • 貯まったワールドプレゼントポイントの管理・交換
  • お得なサービスが多数利用できる

カード利用明細の確認

利用明細の例

Vpassに登録すると最大15カ月分の利用明細を確認できます。

あらゆる生活費を三井住友カードで決済すれば、家計簿代わりにもなります。レシートを保管しなくても出費が一目で確認できるでしょう。

また、個人事業主やフリーランスの方なら、15カ月分の出費をさかのぼって確認できるため確定申告の際に役立ちます。

Vpassトップ画面から「ご利用金額明細」を選択し、照会したい月を選んで確認できます。

カードの各種手続き

Vpassでは、次のような契約に関する各種手続きも行うことができます。

メンテナンス時間を除けば24時間365日手続き可能なため、仕事の合間に繋がりにくいコールセンター等に発信する必要はありません。

  • 住所、電話番号の照会・変更
  • 名前の変更
  • 暗証番号の照会・変更
  • 支払い口座の変更
  • 支払い日の変更
  • 支払い方法の変更(リボ・分割払いへの変更)
  • カード利用限度額の増額
  • カードの退会(解約)
  • カードの切替え(アップグレード)
  • 紛失盗難による再発行手続き

上記の他にもあらゆる手続きがVpassを通して行えます。

ただし、Vpassで手続きが完了するわけではなく、申請後書面での手続きが必要となる場合もあります。

貯めたポイントの管理・交換

Vpassでは貯まったポイントの照会や交換も行うことができます。合計のポイント数、有効期限などが確認でき、さらにそのポイントの移行手続きがVpass上で完結します。

例えば貯めたVポイントを楽天ポイントに移行したい場合は、以下の手順で手続きできます。

  1. 「ポイントを使う」>「ポイントの交換」を選択
  2. 楽天ポイントを選択
  3. 「お申し込みはこちら」をクリック
  4. 移行ポイント数と楽天ポイント口座番号(16桁)を入力
  5. 完了

お得なサービスが多数利用できる!

Vpassを通し、たくさんのお得なサービスが利用できます。主なサービス名と内容は以下のとおりです。

  • ココイコ!:ポイントやキャッシュバック特典が受けられる店の検索・事前エントリー
  • ポイントUPモール:提携ネットショップでの買い物でボーナスポイント獲得
  • Relux:満足度の高いホテル・旅館の予約
  • Vpassチケット:先行販売や優待公演チケットの予約
  • Hotels.com:ホテルの優待割引
  • エクスペディア:ホテルの優待割引

中でも積極的に利用したいのが、「ポイントUPモール」です。

ポイントUPモール経由で提携先のネットショップにアクセスし、ショッピングをするとポイントボーナスがもらえます。

例えばAmazonや楽天市場でショッピングをするときに、VpassからポイントUPモールを経由するだけでポイントが2倍になります。

中には、20倍ものポイントが得られるショップもあるため、ネットショッピングをするときはポイントUPモールを必ず確認することをおすすめします。

Vpassの登録方法・使い方

実際にVpassに登録する方法を画面を交えて確認していきましょう。

登録はスマホアプリもしくは公式サイトから行うことができ、どちらか一方に登録しておけば発行したIDとパスワードでいずれもログインできます。

パソコンから登録する方法

1『Vpassにご登録(無料)』をクリック

三井住友カードの公式サイトから『Vpassにご登録(無料)』をクリックします。

三井住友カードの公式サイトはこちら

2規約に同意

Vpass登録画面

Vpassの利用規約等をよく読み、『同意する』をクリックします。

3カード番号(会員番号)と電話番号を入力

Vpass登録画面

カード番号(会員番号)と電話番号を入力します。カード番号(会員番号)は、クレジットカードの券面に書かれてある16桁の数字です。

入力が完了したら『次へ進む』をクリックします。

4ワンタイムパスワードを入力

Vpass登録画面

③で入力した電話番号に届いたSMS(ショートメール)にてワンタイムパスワードを確認し、入力ます。そして『次へ進む』をクリックします。

5Vpass登録情報を入力

Vpass登録画面

VpassにログインするためのID、パスワードと、メールアドレスを入力します。

入力が完了したら下にスクロールして『次へ進む』をクリックします。

7(複数カードがある場合のみ)メインカードを選択する

Vpass登録画面

複数カードがある場合はメインカードを選択して『確認する』をクリックします。

ログインすると、メインカードの情報が表示されるようになります(※カード情報はVpass内で切り替えることができます)。

8入力情報の確認

ここまで入力してきた情報を確認して間違いがなければ『決定する』をクリックします。

以上で登録完了です。ログイン状態になり、そのままVpassを利用することができます。

Vpassアプリの利用方法

次にVpassアプリの利用方法を解説します。公式サイトからすでにVpassに登録していると、スムーズにアプリが利用できます。

前述の『Vpassの登録方法』でVpassに登録しているという前提で解説します。なお、画像はiPhoneでVpassアプリを利用する際の画面です。

1Vpassアプリをダウンロード

iPhoneはAppStoreから、アンドロイドスマホはGooglePlayからVpassアプリをダウンロードします。

ダウンロードはこちらから

アップルストア グーグルプレイ

2『ログイン』をタップ

vpassapp

会員サイトからVpassへの新規登録が完了している場合は『ログイン』をタップします。

未登録の場合も、『Vpass新規登録』から登録することができます。

3VpassIDとパスワードを入力

Vpass

VpassIDとパスワードを入力し、パズルピースを移動させてパズルを完成させます。

もし次回以降に自動的にVpassIDの入力をしたい場合は『Vpass ID 保存』をONにしておきましょう。

また、Vpassアプリでは生体認証を設定することができます。ホームボタンに指を添えるだけでログインが完了し、またセキュリティ面でも安心なので、設定しておくのがおすすめです。

Vpass生体認証

4利用方法を確認

vpassapp

Vpassアプリの簡単な利用方法の説明と、通知や位置情報の設定などが表示されるので確認したのちに『次へ』をタップして進みます。

以上でVpassアプリへの登録は完了です。利用画面から利用したいメニューをタップすると、パソコンと同様のサービスを利用することができます。

Vpassにログインできないときの対処方法

登録したVpassにログインができない場合の対処法を紹介します。

大文字、小文字、半角を確認する

Vpassには大切な個人情報が詰まっているため、利用するたびにログインが必要です。その際、IDとパスワードに不備があればログインできません。

よくあるのは、大文字、小文字、半角が正しくないパターン。たとえばパソコンの場合、CAPSLOCKキーが有効になっていると自動的に大文字で入力されます。

パズルを完成させていているかを確認する

Vpassにログインする際にはロボットなどの不正アクセスではないことを確認するためにパズルを完成させる必要があります。

ID・パスワードを入力後、パズルを完成させてからログインボタンを押しましょう。

なお、スマホアプリで生体認証を登録すれば、パズル画面は表示されません。

過去のIDやパスワードを保存していないか確認する

IDとパスワードは使用しているブラウザの記憶機能によって自動的に入力されることがあります。

Vpassでは定期的にパスワード変更を推奨しているため、保存しているパスワードと現在使っているパスワードが違うことによりログインできない可能性があります。

その場合は自動で入力されるパスワードを削除し、手動で入力してログインしてみましょう。

ID・パスワードの再発行する

前述の方法を全て試してもログインできない場合はIDとパスワードを再発行します。

IDとパスワードの登録は「Vpassにログインできない方」の『再登録はこちら』から行うことができます。

クレジットカードと支払先金融機関の口座番号を用意し、以下のステップで再登録しましょう。

  1. 会員番号・カード有効期限・セキュリティコード・生年月日・電話番号を入力
  2. 支払口座の口座番号下4桁を入力
  3. 新しいパスワードを入力
  4. 登録完了

三井住友カードを発行したらまずはVpassに登録!

Vpassのメリットと使い方
  • Vpassは三井住友カードなどのカード会員サイト
  • Vpassは無料で登録・利用できる
  • 三井住友カードならVpassに登録+年6回の請求でカード年会費割引
  • カードの利用明細の確認や各種手続きができる
  • ログインできないときはIDとパスワードを再発行しよう

Vpassではカードの利用状況などを一括管理することができるうえ、各種手続きも簡単に行えます。

年会費割引特典の条件の一つであり、登録・利用は全て無料なのでメリットしかありません。

クレジットカードを発行したらまずVpassに登録することをおすすめします!