クレジットカードおすすめランキング

最大5%還元!WAON POINTを最大限貯めれるクレジットカード5選

WAONPOINTのイメージ

WAON POINTは、現金払いでポイントが貯まるイオンのサービスです。

このWAON POINT、クレジットカードと併用すると、とってもお得にポイントが貯まるのをご存知でしょうか。

この記事では、なかなかややこしい「WAON POINT」「WAONポイント」の違いや、WAON POINTのお得な貯め方と併用におすすめのカードを、イオンカード歴5年で主人は元イオンの社員の筆者が紹介します。

WAON POINTとは
  • WAONポイントとWAON POINT(赤いカード)は違う
  • WAONポイントは電子マネーWAONの利用で貯まる、WAON POINTは支払い時の掲示で貯まる
  • WAON POINTはイオンカード決済では貯まらない
  • WAON POINTと併用するカードは年会費無料で高還元率のカードがおすすめ

アイキャッチ画像引用元:STEP1 | WAON POINTはじめてガイド(電子マネーWAON) | 《公式サイト》スマートワオン | smart WAON | smartWAON.com

WAON POINTとWAONポイントは違う! 貯め方・使い方の違い

WAONPOINTが貯まるカード

画像引用元:STEP1 | WAON POINTはじめてガイド(電子マネーWAON) | 《公式サイト》スマートワオン | smart WAON | smartWAON.com

これは私が体験した、本当にあった恐ろしい話です。

私はイオンカードを5年くらい利用しています。

イオンカードの利用で貯まる「ときめきポイント」を「電子マネーのWAON」に交換するつもりで「WAON POINT」を選択しました。

しかし「WAON POINT」は、あちこちのコンビニや飲食店で使えて、端末にかざすと「ワオン!」と鳴く、あの電子マネーではなかったのです。

近所のコンビニで「WAONで」とイオンカードを差し出して「使えません」と言われ、恥ずかしい思いをしました……

しかし、イオンの公式サイトで使い方を探しても、どうにもわからない。

イオンカードのサポートセンターに電話して、ようやく解決しました。

イオンのポイントサービスの違い、複雑でわかりにくいと思っているのは、きっと私だけではないはず……

まずは、「WAON POINT(赤いカード)」「WAONポイント(電子マネー)」「ときめきポイント」の違いを解説します。

ポイント名WAON POINT

WAON POINT カード
WAONポイント
(電子マネーWAON)
電子マネーWAONカード
ときめきポイント

イオンカード
貯め方会計時の掲示で貯まる電子マネーWAONの利用で貯まるイオンカードの決済で貯まる
使える場所イオングループ対象店舗のみあらゆるコンビニや薬局、スーパー、家電量販店など商品やWAON POINT、あらゆる商品券などに交換
使い方そのまま支払いOKWAONステーション、イオン銀行などでWAON(電子マネー)に交換してチャージする交換なしではほぼ使えない

WAON POINT

WAONポイントカード

「WAON POINT」は、支払い時に赤い「WAON POINTカード」を掲示すると、200円(税込)で1ポイントが貯まるサービスです。

主にイオン、マックスバリュ、ミニストップなど、イオン系列のお店で使えます。

Pontaカードの掲示で貯まるPontaポイントと同じような制度ですね。

ただ、実はクレジットカード払いで掲示してもポイントを貯めることができます。詳しくは後述します。

WAONポイント(電子マネーWAON)

WAONポイント

電子マネーWAON(青いカード)を利用して200円(税込)で1ポイント貯まるポイントを「WAONポイント」といいます。

公式サイトでも「WAON POINT」という表記と混在しているので、注意が必要です。

WAONポイントもWAON POINTも、電子マネーWAONに交換することで電子マネーとして使えるようになります。

電子マネーWAONは、イオン系列でもそうでなくても、あらゆるお店で使えます。

ときめきポイント

イオンカード(WAON一体型)

「ときめきポイント」は、「イオンカードで決済したとき」に貯まるポイントです。

そのまま使うことはほとんどありませんが、1,000ポイント貯まると「1ときめきポイント=1WAON POINT」として交換することができます。

その他、いろいろな商品やイオンシネマの映画鑑賞券、dポイントなどにも交換できます。

WAON POINTはクレジットカード払いでも貯まる!

WAON POINTとは

画像引用元:STEP1 | WAON POINTはじめてガイド(電子マネーWAON) | 《公式サイト》スマートワオン | smart WAON | smartWAON.com

では、「WAON POINT」について詳しく解説していきます。

  • イオン系列のお店でカードを掲示すると現金払いでも貯まるポイント
  • 200円で1WAON POINT(還元率0.5%)
  • 5日/15日/25日はポイント2倍
  • 毎月10日はポイント5倍
  • 家族間でまとめたり、友達と分け合えたりできる

家族間でWAON POINTを分け合う場合は、家族それぞれがsmart WAONウェブに登録し、「家族設定」することでポイントをまとめることができます。

WAON POINTが獲得できるまでの基本の流れ

  1. WAON POINTカード、またはイオンカードを入手する
  2. 会員登録する(イオンカードならば自動で登録済み)
  3. 支払いのときにWAON POINTカードかイオンカードを掲示する
  4. 200円で1WAON POINTが貯まる

WAON POINTカードは、イオングループのカード取扱店で配布しています。

会員登録前の掲示でもポイントは貯まりますが、使う際には事前に会員登録が必要になります。

WAON POINT会員登録の方法

会員登録の方法は、以下の3通りです。

  • smart WAONウェブで登録する(ウェブ登録)
  • 会員登録申込書を郵送する
  • イオングループ店頭タブレットで登録する

郵送申し込みは3週間ほど時間がかかりますので、おすすめはやはり自宅ですぐ登録ができる「ウェブ登録」です。

会員登録はこちらから/スマートワオン公式サイト

ウェブ登録の流れを説明します。

  1. 登録するカードを用意する
  2. (新規会員登録)をクリック
  3. smart WAONウェブIDとパスワードを決める
  4. カード番号と名前を登録する
  5. 登録完了

カードを用意したら、まずはカード番号を確認しましょう。

WAON POINTの会員ウェブ登録

画像引用元:STEP2 | WAON POINTはじめてガイド(電子マネーWAON) | 《公式サイト》スマートワオン | smart WAON | smartWAON.com

これですぐにWAON POINTが利用できるようになります。

WAON POINTカードは、イオン系列店で現金払いのとき掲示が必要なカードです(掲示がないとポイントが付きません)。

イオンカードならば、「イオンカード決済」にする必要はありません。「掲示」するだけでWAON POINTが貯まります。

もちろん、20日・30日の「お客様感謝デー」のときは5%引きになります。

基本、公式サイトでも「現金払いで貯まる」となっていますが、実はイオンカード以外のクレジットカードと「併用」することができます。

あえてイオンカードではなく、他社のクレジットカードとの併用で、どんなメリットが有るのかというと、「ポイントの二重取り」です。

WAON POINTはイオンカード決済だけでは貯まらない

WAON POINTカードは併用できる?
  • イオンカード決済+WAON POINTカード
    → ときめきポイントのみ加算
  • 電子マネーWAON+WAON POINTカード
    → 電子マネーWAONのポイントのみ加算
  • 他社のクレジットカード+WAON POINTカード
    → 他社のクレジットカードのポイントとWAON POINTの二重取りが可能

間違えやすいのですが、WAON POINTカードを掲示してイオンカードで「決済」すると、貯まるのはWAON POINTではなく、ときめきポイントとなります。

ときめきポイントをWAON POINTに交換することで、WAON POINTとして使えます。

また電子マネーWAONでの決済時にWAON POINTカードを掲示しても、ポイントが貯まるのは電子マネーWAONの方だけです。

イオンカードは通常時のポイント還元率は0.5%です。

ごく普通の還元率ですが、他にもっと高い還元率のクレジットカードをお持ちなら、イオンカードでなくても「併用」ができるのです。

WAON POINTカードを掲示して、還元率の高いクレジットカードで決済することで、クレジットカードのポイントとWAON POINTの「二重取り」ができます。

イオンカードの還元率0.5%を物足りないと思っていた方には朗報かもしれません。

クレジットカードでWAON POINT〜おすすめカード5選

では、WAON POINTカードとの併用におすすめのクレジットカードの紹介をします。

 年会費ポイント還元率
楽天カード永年無料1.0%〜3.0%以上
Orico Card THE POINT永年無料1.0%〜2.0%
dカード永年無料1.0%以上
(dカード特約店はさらにお得)
JCB CARD W永年無料1.0%以上
(JCB優待店はさらにお得)
イオンカード永年無料0.5%〜1.0%
(割引パスポートあり)

楽天カード

楽天カード

年会費永年無料で高還元率のクレジットカードと言えば、代表的なのは楽天カードではないでしょうか。

通常時でも還元率1%と高いです。

しかし、楽天市場での買い物は無条件で3%、さらにアプリの利用、引き落としを楽天銀行にする、などでさらに還元率を上げることができます。

楽天カードを利用すると貯まるのは楽天ポイントです。

楽天ポイントは、そのまま楽天市場をはじめ、あらゆるネット上のお店やリアル店舗で、1ポイントから使うことができます。

利用料金の支払いに充当することもできます。

楽天カードは正社員ではない、パートやアルバイト、専業主婦でも取得可能で、クレヒスが十分でない方にもおすすめです。

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

Orico Card THE POINTも、年会費永年無料の高還元率カードです。

通常時で1.0%、入会後6ヶ月間は2%になります。

さらに、オリコモール経由の買い物はプラス0.5%とさらに高くなります。

貯まったオリコポイントは、Amazonギフト券、iTunesギフトコード、航空会社のマイルや楽天ポイントにも交換できます。

500ポイントから、交換手続きのあと即時利用できるのも嬉しい点です。

楽天カード同様、18歳以上(高校生は除く)なら誰でも申し込めるので、入手しやすいカードと言えます。

dカード

dカード VISA

dカードは携帯電話会社のdocomoが発行している年会費永年無料のクレジットカードです。

ドコモユーザーでなくても申し込みができます。

dカードの利用で貯まるのは「dポイント」です。

通常の還元率は1%ですが、dポイントのすごい点はローソンでの掲示でプラス1%、さらに請求額から3%割引で、結果5%お得になります。

dカードは、このような「dカード特約店」がマツモトキヨシ、ENEOSなどにもあります。

dポイントの使い道は非常に豊富で、Amazonでの買い物やマクドナルドでも使えます。

ドコモユーザーでしたら、利用料金の充当にも使えます。

JCB CARD W

JCB CARD W

JCB CARD Wは、39歳以下限定のクレジットカードです。

30代以下限定ですが、通常のJCBカードと比べてもかなりお得でおすすめのカードです。

JCB一般カードの年会費はインターネットでの新規入会に限り初年度は無料で、2年目からは1,250円(税別)が通常です。

JCB CARD Wなら、年会費は永年無料です。

ポイント還元率も1%と、JCB一般カードの2倍になっています。

JCB優待店での利用はさらに高い還元率になります。

たまったポイントは利用料金の充当やAmazonでのポイント利用、WAONポイントにも移行できます。

イオンカード

イオンカード

では、WAON POINTを貯めるのにイオンカードは全く役に立たないのかというと、そんなことはないです。

通常のイオンカード決済のときめきポイントの還元率は0.5%です。

しかし、イオン、マックスバリュ、ダイエーなど、イオングループ対象店舗での支払いなら、常に1.0%です。

他の高還元率のクレジットカードと変わらない還元率になります。

貯まったときめきポイントは等倍でWAON POINTと交換できるので、WAON POINTへの還元率も1.0%です。

もちろん毎月20日・30日は「お客様感謝デー」の5%OFFもあるので、さらにお得になります。

またイオンカード会員は、アプリ「イオンウォレット」にお得なクーポンが届きます。

衣料品10%OFF、日用品5%OFF、またスポーツオーソリティなどの専門店でも割引が受けられる大変お得な「サンキューパスポート」をはじめ、さまざまなクーポンを受け取ることができます。

イオングループ対象店舗はかなりの数です。

日頃、これらの店で買い物する方は、ときめきポイントをWAON POINTに交換すれば十分お得です。

WAON POINTカードを別に用意する必要もありません。年会費も永年無料です。

WAON POINTはクレジットカード併用でお得に貯まる!

ワオン

WAON POINTにおすすめのカード
  • WAON POINTを使う前は会員登録が必要
  • 他社クレジットカードを使えばWAON POINTの「二重取り」
  • イオングループを日頃から使っていれば、イオンカードの会員特典がお得!
  • 「WAON POINTカードの提示」と「イオンカード決済」で貯まるのはときめきポイント

イオンにも現金払いでポイントが貯まる「WAON POINT」ができました。

通常、このような「現金払いでポイントが貯まる」サービスは、他社のクレジットカードで支払いをした場合は、ポイント加算の対象になりません。

しかし、WAON POINTは、他社のクレジットカードとWAON POINTカードの併用で、ポイントの“二重取り”ができてしまいます。

ただし、イオングループ対象店舗でのイオンカードの決済でしたら、常に還元率は1.0%です。

「お客様感謝デー」の5%OFFや会員専用アプリに配信されるクーポンでさらにお得になります。

日頃、食料品や日用品をイオングループのお店で購入している方でしたら、イオンカード会員の特典を活かすことで十分お得です。

他社のクレジットカードのポイントとWAON POINTをちゃっかり両方ゲットするのもよし、イオンカードの会員特典を使ってしっかりWAON POINTを貯めるのもよし。

ぜひWAON POINTを有効利用していきましょう!

WAON(ワオン)とは?支払い方法から利用範囲までを全網羅

スタバ、セブン、Amazonで高還元

JCB CARD W
  • 39歳まで限定のポイント高還元率カード
  • 新規入会&利用で入会後3ヵ月ポイント4倍!
  • Amazon.co.jpの利用はポイント10倍!
年会費還元率国際ブランドスマホ決済
永年無料1%以上JCBApple Pay/Google Pay
発行スピード家族カードETCカード口コミ
最短3営業日あり無料見る
ツꀀ