e-Taxとは?確定申告をネットで行うサービスでスマホでも利用可能

個人事業主や自営業、掛け持ちして働いている人などが毎年、2月あたりに準備で動き出すのが確定申告。

書類に手書きで記入するよりも、現在ではネット上で書類を作成し提出するのが普及してきています。

確定申告の提出で活用されるのは、e-Taxと呼ばれるサービスです。

e-Taxで確定申告を提出するメリット
  • 税務署に行かなくても良い
  • 郵送の手間がない
  • 必要書類の添付が不要(保管は必要)
  • ネットで完全に完結できる
  • 手書きで記入する必要もない

e-Taxは、郵送の手間や必要書類の添付が不要など、確定申告をする上での手間を大きく省くことができるサービスです。

今回は、そんなe-Taxのメリットやデメリット、使い方や必要なものについて詳しく解説をしていきます。

e-Taxがあれば税務署に申告に行く必要もなくなるので、是非活用することをおすすめします。

e-Taxとは?

まず、e-Taxがどのようなものなのかについて解説していきます。

e-Taxは、国税庁が運営しているネットで確定申告ができるサービスのことです。

ネット環境さえあれば、スマホやPCでいつでもどこでも申告ができるツールです。

従来の税務署へ行って書類を提出する、郵送で送るなどの手間がありません。

ネットで確定申告ができる国税庁のサービス

e-Taxとは、ネット上で確定申告ができる国税庁のサービスです。

確定申告は本来税務署に直接提出するか、郵送で送るという方法のみでしたが、ネット上で作成した書類をそのまま提出できるようになりました。

以前はもっと使い勝手が悪いといわれていましたが、2019年1月より簡略化され、かなり使いやすくなったと定評があります。

ネット環境があればPCでもスマホでも操作が可能!

e-Taxは、ネット環境さえあれば確定申告ができるという非常に便利なツールです。

PCだけでなくスマホにも対応しているので、どちらでも自分の都合の良い時に申告できるという点が魅力的です。

税務署に行く暇がない人や、郵送の準備が面倒だと思っている人にも、かなり手軽に確定申告できるようになりました。

2019年1月より簡略化され使い勝手が良くなった

マイナンバーカードとカードリーダー
以前のe-Taxは、利用開始手続きをした上で、マイナンバーカードとICカードリーダー、そして利用開始手続きで発行されたIDとパスワードが必要でした。

必要なものが多すぎる、手間がかかりすぎるということで、かなり使い勝手が悪いといわれてきました。

マイナンバーカードの発行の時点で2週間はかかるので、期限ギリギリですぐに確定申告しなきゃいけない人にとっては不便だったと思います。

しかし、2019年1月から簡略化され、面倒な準備がかなり楽になりました。

e-Taxとは
  • ネットで確定申告の書類を提出することができるサービス
  • 国税庁が運営しているサービス
  • ネット環境があればPCでもスマホでも提出が可能
  • 以前は使い勝手が悪いといわれていたが、2019年1月より簡略化される

簡略化後のe-Taxの使い方については後述しますが、以前と比べるとかなり使いやすくなったといわれています。

確定申告のやり方|いつ・どこで・どうやってやるかとかかる時間

次のページでは、e-Taxのメリットについて解説します。