e-Taxとは?確定申告をネットで行うサービスでスマホでも利用可能

e-Taxの利用方法

次に、e-Taxの利用方法について解説をします。

e-Taxは以前まで、マイナンバーカード・ICカードリーダー・利用開始手続き時に発行されたID・パスワード等必要なものがたくさんあり、準備に手間がかかるなどかなり使い勝手が悪いといわれてきました。

しかし、2019年1月よりe-Taxが簡略化され、下記の2つの方式を利用することができるようになったのです。

  • マイナンバーカード方式
  • ID・パスワード方式

この章では、2つの方式について詳しく解説します。また、併せて確定申告をPCやスマホで入力する方法も紹介するので、これから来年の確定申告にむけて是非参考にしてください。

マイナンバーカード方式※PCのみ

まず、マイナンバーカード方式について解説します。

必要なものは下記の通りです。

  • マイナンバーカード(通知カードはNG)
  • ICカードリーダー
  • マイナンバーの利用者証明用電子証明書パスワード(数字4桁)
  • マイナンバーの署名用電子証明書パスワード(英数字6文字以上16文字以下)
  • 券面事項入力補助用のパスワード(数字4桁)※初めてマイナンバーカード方式を利用する場合

ICカードリーダーでマイナンバーカードを読み込み、マイナンバーカードの情報に紐付けをさせて確定申告を提出させる方法です。

ICカードリーダーは通販などで2,000円程度で購入できますが、ない場合はマイナンバーカードに対応しているスマホでも代用できるそうです。

マイナンバーの発行は、自分の住んでいる市町村の役所に行って申請をしましょう。その際に、上記に記載しているパスワードの設定が必要になります。

これらのパスワードはe-Tax利用時に確実に必要になるので、絶対に忘れないように保管しておきましょう。

マイナンバーカードの発行手続きから自宅に郵送されるまで、大体1週間から2週間程度かかります

そのため、確定申告の期間までに余裕を持って手続きを行うようにしましょう。

尚、マイナンバーカード方式はPCのみ対応となります。

スマホの場合は、次で解説をするID・パスワード方式のみです。

ID・パスワード方式

ID・パスワード方式とは、e-Taxを利用する際に発行するIDとパスワードを利用して確定申告を提出する方法です。

必要なものは下記の通りです。

  • 「ID・パスワード方式の届出完了通知」に記載されているIDとパスワード

ID・パスワード方式では、マイナンバーカードもICカードリーダーも必要ありません

1番手間も道具の準備もかからない方式と言って良いでしょう。

ID・パスワードの発行方法は、最寄の税務署に行き、運転免許証などの本人確認書類で役所の職員に本人確認を行ってもらいます。

本人確認が完了すればID・パスワードが発行されるのですぐに使うことができます。

税務署に行くのが少し手間にはなりますが、わざわざICカードリーダーを購入する必要も、マイナンバーカードを発行する必要もないのでかなり楽な方法です。

急ぎの人やマイナンバーカードの発行をしていない人は、是非ID・パスワード方式を利用しましょう。

また、スマホを利用している場合はこちらのID・パスワード方式のみとなります。

確定申告をスマホで記入する方法

確定申告をパソコンやスマホで記入する方法は下記の通りとなります。

  1. 国税庁の公式ホームページにある「確定申告書等作成コーナー」にアクセス(国税庁の公式ホームページの真ん中あたりにある「所得税」の項目にあります)
  2. 「作成開始」をクリック(タップ)して必要情報を入力していく
  3. 途中で保存をしている場合は「保存データ利用」を選ぶ
  4. 入力が完了したら、提出方法を選んで提出

国税庁の公式ホームページから作成画面にアクセスすることができます。

確定申告書等作成コーナーのメリットは、途中入力のデータを保存することができ、後日保存したデータを利用して追加で入力することができるという点です。

一度に全て入力する必要がないので、仕事の合間など空き時間にこまめに作業をすることができます。

作成した確定申告書はe-Taxで送信することができますが、印刷をして郵送することも可能です。

ただし郵送の場合は、e-Taxでは不要な源泉徴収票などの必要書類があるのでしっかりと用意をしておきましょう。

e-Taxはパソコン・スマホで確定申告が提出できるのでかなり便利

確定申告書の作成
最後に、e-Taxの使い方についてまとめます。

e-Taxの使い方
  • マイナンバーカードをICカードリーダーで読み込んで提出するマイナンバーカード方式
  • 税務署で発行されたID・パスワードを利用して提出するID・パスワード方式
  • 手軽なのはID・パスワード方式
  • 確定申告の記入は国税庁の公式ホームページにある「確定申告書等作成コーナー」でできる

e-Taxは、大きく分けて2つの方法で利用することができます。

マイナンバーカードとICカードリーダーを使用するマイナンバーカード方式は、マイナンバーカードの原本(通知カードではない)とICカードリーダーがあればすぐに使えるようになります。

ICカードリーダーは通販で2,000円程度で販売されています。

また、税務署で本人確認を行い、e-TaxのパスワードとIDを発行してもらうID・パスワード方式でも利用することができます。

どちらも事前に準備しなければいけませんが、以前のe-Taxに比べるとかなり使い勝手が良くなったといえます。

マイナンバーカードを発行しなければいけないという場合は、サッと税務署に行ってIDとパスワードを発行してもらうべきでしょう。

確定申告の記入に関しても、「確定申告書等作成コーナー」で記入することができます。

途中保存も可能なので少しずつ記録していくこともできるでしょう。

このように、ネット環境があれば確定申告の記入から申告までできるようになっているので、是非有効活用してみてはいかがでしょうか。

確定申告の期間が過ぎたらどうなる?期限後申告は可能だが支払額が多くなる