Kyashリアルカードとは?申し込みから届くまでの流れを解説

Kyashリアルカードのメリット

次に、Kyashリアルカードのメリットについて解説します。

SuicaやLINE Payカードなど、プリペイド式のカードや電子マネーサービスは数多ありますが、Kyashを選ぶメリットはどんなところにあるのでしょうか。

還元率が高く利用額に応じたキャッシュバックがもらえる

毎月の利用額の2%のキャッシュバックがもらえます

クレジットカードのショッピングポイントでも多くは0.5~1%程度なので、Kyashリアルカードはプリペイドカードでありながらかなり高還元率のカードだといえます。

年会費無料なので維持費は一切かからない

年会費も手数料も一切かからないので維持費は0円です。

全くリスクを負わずに毎月利用するだけでキャッシュバックを受けることができるのです。

審査不要で誰でも持てる

Kyashリアルカードは、クレジットカードのような審査はありません。

収入や信用情報による条件は一切なく、申し込み条件さえクリアしていれば誰でも気軽に利用することができます

キャッシュレス決済を試してみたい人や、クレジットカードを契約することができない人にもおすすめのプリペイドカードです。

自動チャージにも対応していて便利

Kyashリアルカードは自動チャージにも対応しているため、プリペイドカードの難点であるこまめなチャージが不要です。

残高を気にせずに使うことができ、チャージ不足のストレスも軽減できるでしょう。

全国のVisa加盟店で使える

国際ブランドVisaは、加盟店数No.1を誇ります。

そのため、国内でKyashリアルカードが使えなくて困るシーンはほとんどありません。

スマホ決済ならスマホの充電がなければ使えませんが、リアルカードなのでその心配もありません。

スマホ決済アプリの支払い元に設定しポイントの2重取りも

Kyashリアルカードはスマホ決済アプリでの利用でも還元対象となります。

そのため、還元率の高いスマホ決済アプリと合わせて利用することでポイントの2重取り・3重取りも可能となります。

Kyashリアルカードのデメリット

次に、Kyashリアルカードのデメリットを挙げていきましょう。

紛失・盗難リスクがある

Kyashバーチャルカードならオンラインで発行されるだけですが、リアルカードは実物がある分紛失や盗難のリスクも。

ただしアプリで簡単にカードの一時ロックが行えるため、紛失・盗難がわかってすぐ対処すれば不正利用を防げます。

海外では使えない

オンラインでの利用は国内外問いませんが、海外の街のお店では利用することができません。

そのため、海外旅行に持っていっても全く役に立ちません

Kyashリアルカードは国内なら支障なく使えますが、海外では使えない点がデメリットと言えます。

使えないシーンもある

Visa加盟店でも、一部使えない場合があります。以下はその例です。

  • 毎月の継続的な支払いや、自動更新手続き(契約)が発生するケース
  • ガソリンスタンドでの支払い
  • 高速道路通行料金での支払い
  • nanacoクレジットチャージ/楽天Edy/Vプリカなどへのチャージ
  • 公共料金などの支払い
  • 4桁の暗証番号入力が必要なケース(自動券売機、病院の自動精算機など)

他にも使えないケースはたくさんあり、すべての支払いで支障なく使えるというわけではなさそうです。

プリペイドカードを使うなら高還元率のKyashリアルカード

最後に、Kyashリアルカードのメリット・デメリットについてまとめます。

kyashリアルカードのメリット・デメリット
  • 還元率が高くチャージ残高に毎月キャッシュバックされる
  • 維持費がかからない
  • 自動チャージにも対応しているので残高を気にしないで使える
  • 直接買い物で使うよりもスマホ決済アプリと連動させる方がお得
  • 毎月の継続的な支払いや公共料金、ガソリンスタンドなどでは使えない
  • 海外で使えるのはオンラインのみ

還元率の高さが魅力のKyashリアルカード。チャージ残高に毎月利用金額の2%がキャッシュバックされます。

そんな便利でお得なKyashリアルカードは、現在かなり人気があります。

そのためカードが届くまで少々時間はかかりますが、決して持っていて損はないでしょう。

アプリで簡単に申し込め、維持費も一切かかりません。

気になる人は早速申し込んでみてくださいね。

スマホでクレジットカードのポイントをお得に貯める決済アプリ