確定申告書はいつからどこでもらえる?用紙印刷方法と控えの重要性

確定申告は1月1日から12月31日までの所得に応じて所得税を算出し、翌年の3月15日までに申告をする流れとなっています。

ただし、年によっては土日が挟むこともあり期日が前後することもあります。

確定申告は1年分の所得や控除を計算し、その上で所得税を納付しなければいけないので、何かと手間がかかります。

確定申告書はいつからどこでもらえるか
  • 税務署や市町村の役所で受け取ることが可能
  • 国税庁のウェブサイトからダウンロード・印刷もできる
  • 郵送で受け取ることも可能
  • 1月末くらいには手に入れることができる

今回は、そんな確定申告に必要な確定申告書はいつからどこでもらえるのかについて解説をしていきます。

また、印刷時に気をつける点や、控えを取っておく重要性についても言及していくので、確定申告初心者の人は是非参考にしてください。

確定申告書はいつから入手できる?

確定申告書を入手する方法はたくさんありますが、総合的に見た結果、確定申告書がもらえるのは大体1月中頃からということがわかりました。

早く行きすぎても用意されていない、または古い申告書しか置かれていない可能性もあるので、取りに行くなら1月後半を狙いましょう。

大体1月後半までには入手が可能

大体1月後半頃に書類が用意される傾向にあります。

税務署も役所も1月後半辺りで置くことが多いそうなので、取りに行く場合は1月後半を狙いましょう。

取りに行くのが早すぎると、今年度分の確定申告書が用意されていない可能性があります。

または前年度分のものがそのまま置かれている場合もあるので、必ず1月後半あたりを目処に取りに行きましょう。

郵送も直接受け取る場合も大体1月中に入手は可能

郵送の場合も大体1月後半だそうです。

ただし、ネット上で印刷する場合は1月上旬には用意されているそうなので、より早くほしい人はネットで印刷することをおすすめします。

結論、1月中には確実に入手することができるということがわかりました。

確定申告書はいつから入手できるか
  • 大体1月後半までには新しい確定申告書が用意される
  • 早く行き過ぎると古い確定申告書しか用意されていない場合がある
  • 郵送も直接受け取る場合も大体1月中に入手は可能
  • ウェブサイトでダウンロード・印刷が1月上旬あたりと1番早い
確定申告が必要な人の条件|しなくていい金額としないリスクを解説

次のページでは、確定申告書はどこで入手できるのかについて解説します。