Yahoo! JAPANカード|ソフトバンク利用者におすすめのクレジットカード

ソフトバンクユーザーにとっておすすめのクレジットカードとして、Yahoo! JAPANカードが挙げられます。

ソフトバンクカードと呼ばれるプリペイドカードもありますが、Yahoo! JAPANカードの方がお得だといわれています。

それは何故でしょうか。

Yahoo! JAPANカードがソフトバンクユーザーにおすすめな理由
  • Tポイントが貯まりやすい
  • 通常のポイント還元率も1.0%
  • Yahoo! JAPANサービスを利用するとポイントが最大3倍になる
  • ポイントが利用できるお店やサービスも幅広い

Yahoo! JAPANカードは、貯まりやすいと定評のあるTポイントを貯めることができるだけでなく、Yahoo! JAPANのサービスで利用できるポイントも貯めることができます

ポイントを利用できる幅も非常に広いので、かなり使い勝手の良いカードとして人気があります。

今回は、そんなYahoo! JAPANカードがソフトバンクユーザーにとって、どのようにお得なのかについて解説していきます。

Yahoo! JAPANカードの概要について

ヤフージャパンカード

画像引用元:Yahoo!カード

まず、Yahoo! JAPANカードの概要について解説します。

簡単にYahoo! JAPANカードの基本情報を表にしてみました。

項目内容
年会費永年無料
ポイント還元率1.0%~3.0%
申込可能年齢18歳以上
対応ブランドVISA/MasterCard/JCB

Yahoo! JAPANカードは、年会費が永久無料というお財布にも優しいクレジットカードです。

申し込み条件等細かく紹介するので、是非チェックしてください。

年会費は永久無料

Yahoo! JAPANカードの年会費は一切かかりません。

永久無料なので、初年度のみといった制限もなくずっと無料で利用することができます

Yahoo! JAPANカードはステータスやグレードに関しても、ごく一般的なスペックのクレジットカードであり、一般的なランクでも年会費が発生するものが多い中で、永久無料なのはかなり嬉しいポイントです。

同じように年会費が永久無料で尚且つポイント還元率の良い楽天カードと、どちらがお得なのか?という点で比較されることも多いです。

Yahoo! JAPANカードの申し込み条件

申し込み条件については下記の通りです。

  • 18歳以上で継続して安定した収入がある人(主婦・学生可)
  • 個人契約であること
  • Yahoo! JAPAN IDを持っていること

収入がある程度であれば、学生や主婦でも申し込むことが可能です。

個人契約のみとなるので、法人の方は申し込むことができません。

また、契約に際してYahoo! JAPAN IDが必要となるので、Yahoo! JAPANカードを契約する人は必然的にIDの発行も要します。

カードブランドや支払い方法について

クレジットカード

選べるカードブランドは、VISA・JCB・MasterCardのいずれかとなります。

後述しますが、nanacoを利用することが多いという人はJCBがおすすめです。

支払いに関しては、毎月末締めの27日支払いとなっております。

支払い方法は1回払いから分割払い、ボーナス払い、リボ払いなどが選べます。

リボ払いでポイント還元率が上がるということもないので、基本的に1回払いが無難です。

また、キャッシングを利用することもできますが、あくまで借金と同じ扱いとなるので利用には十分気をつけましょう。

Yahoo! JAPANカードの概要について
  • 年会費は永久無料
  • 18歳以上で継続して安定した収入があれば誰でも審査を受けられる
  • 選べるカードブランドはVISA・JCB・MasterCard
  • Yahoo! JAPAN IDの取得が必要不可欠

次の章ではYahoo! JAPANカードのメリットについて解説します。

Yahoo!カードとApple Payの登録設定方法と上手なポイントの貯め方

Yahoo! JAPANカードのメリット

次に、Yahoo! JAPANカードを利用する上でのメリットについて解説します。

Yahoo! JAPANカードはなんといってもポイント還元率の高さに定評があります。

また、貯めることができるポイントも2種類あり、TポイントとYahoo! JAPANで利用できるポイントの2つが貯められます

そのため、効率良くポイントを貯めることができるクレジットカードとして非常に人気が高いです。

通常ポイント還元率が1.0%

画像引用元:Yahoo!カード

ショッピング利用時に、Yahoo! JAPANで使えるポイントが1.0%還元されます

これは、VISA・JCB・MasterCardに対応しているお店であればどこでも使うことができるので、ドトールなどのコーヒーショップや個人経営のお店でもない限りどこでも使うことができます。

クレジットカードの中でもポイント還元率1.0%はかなりお得な部類に入ります。

Tカードとして利用することも可能

画像引用元:Yahoo!カード

Yahoo! JAPANカードはTカードとしても利用することができ、Tポイント提携店でカードを掲示するとTポイントも貯めることができます。

つまり、Yahoo! JAPANカードを掲示して支払いに使うことで、TポイントとYahoo! JAPANで使えるポイントの2重取りが可能になるということです。

Tポイントは提携先も多く、ポイントアップ対象店舗等もあるので、かなり効率良く貯めることができるでしょう。

Yahoo! ショッピングやLOHACO利用でポイント3倍

画像引用元:Yahoo!カード

Yahoo! ショッピングやLOHACOの利用でポイントが3倍になります。

Yahoo! ショッピングもLOHACOも通販サービスであり、普段から通販をよく利用する人にはかなりおすすめです。

普段の日用品等の購入も、よほど急ぎのものでなければYahoo! JAPANの通販サービスを利用すると良いでしょう。

通常ポイントはTポイント提携店でも利用できる

画像引用元:Yahoo!カード

Yahoo! JAPANで使えるポイントは、Yahoo! JAPANサービスのみだけでなく、Tポイント提携店でも利用することが可能です。

Yahoo! JAPANサービスだけ、と考えるとかなり範囲が狭い気もしますが、Tポイント提携店でも利用することができるので、一気に利用できる範囲が広くなります。

nanacoチャージでもポイント還元率1.0%

JCBカードのみとなりますが、nanacoのチャージによるポイント還元率も1.0%です。

nanaco決済をするとnanacoポイントが別途1.0%もらえるので、チャージと決済と合わせてポイント還元率が合計2.0%ということになります。

もちろん、Yahoo! JAPANカードのポイントと、nanacoポイントは用途は異なりますが、普段からTポイントやnanacoを利用できる店舗を使っている人にはかなりお得です。

税金支払いでもポイント還元率1.0%

Yahoo! JAPANカードは、インターネットで申し込みをして税金を支払うことで、税金支払いでもポイント還元率が1.0%になります。

税金でポイントが還元されるクレジットカードはかなり少ないので、個人事業主の人など税金が給料から天引きされない人たちは是非Yahoo! JAPANカードを利用してお得に税金を支払うべきです。

公共料金も同様なので、毎月の固定費をYahoo! JAPANカードで支払うのもかなりお得です。

Yahoo! JAPANカードのデメリット

次に、Yahoo! JAPANカードのデメリットについて解説します。

Yahoo! JAPANカードは、ポイント還元率の高さとポイントの貯まりやすさに定評がありますが、年会費が無料ということもあり、その他のサービスの内容があまり充実していません

海外・国内旅行の保険・補償がない

空港

クレジットカードによくある、旅行時のトラブルの保険や補償サービスもYahoo! JAPANカードにはありません

そのため、保険や補償サービスを求める人には、あまりおすすめできないクレジットカードです。

旅行時の保険・補償サービスを重視する人であれば、年会費のかかるサービス内容の充実したクレジットカードを選ぶことをおすすめします。

あくまでポイント還元率メインのクレジットカード

Yahoo! JAPANカードは、あくまでポイント還元率やポイントの貯まりやすさが重視されているクレジットカードです。

そのため、ゴールドやプラチナカードといったある程度のステータスを証明するクレジットカードでもありません。

ステータス重視のクレジットカードを求めている人にも、おすすめできないクレジットカードです。

Yahoo! JAPANカードのメリット・デメリット
  • ポイント還元率が最大3.0%
  • Tポイントも貯まりやすい
  • nanacoを利用するとポイント2重取りができる(JCBのみ)
  • 税金の支払いでもポイント還元率1.0%
  • 海外旅行などの保険・補償サービスがない
  • あくまでポイント還元率重視のクレジットカードなのでポイント還元以外のサービスはそこまで充実していない

次の章ではソフトバンクユーザーはYahoo! JAPANカードとソフトバンクカードのどちらを使うべきか、結論を出します。

Yahoo!カードとおサイフケータイの登録設定方法と上手なポイントの貯め方

Yahoo! JAPANカードとソフトバンクカード│ソフトバンクユーザーはどちらを使うべき?

画像引用元:ソフトバンクカードとは?

次に、ソフトバンクで取り扱いされているソフトバンクカードとYahoo! JAPANカードはどちらがお得なのかについて解説します。

Yahoo!のサービスと提携しているソフトバンクとYahoo! JAPANカードはかなり相性が良いといわれていますが、そんなソフトバンクが扱っているソフトバンクカードよりもお得なのでしょうか。

ソフトバンクカードはTポイント一体型のプリペイドカード

ソフトバンクカードは、あくまでTポイント一体型のプリペイドカードです。

プリペイドカードということで、やはりクレジットカードのポイント還元率と比べると還元率が低くなる傾向にあります。

通常のポイント還元率は0.5%

買い物をした場合のポイント還元率は0.5%と、Yahoo! JAPANカードに比べて2分の1のポイント還元率です。

そのため、普段使いに適しているのはYahoo! JAPANカードといえます。

ソフトバンク料金支払い時のみポイント還元率が1.5%になる

ソフトバンクの料金を支払う時だけ、ソフトバンクカードのポイント還元率は1.5%となりますが、あくまでスマホやタブレット等の携帯電話が対象となっているため、ソフトバンク光や保険のサービスは対象外です。

一方で、Yahoo! JAPANカードは全体的にポイント還元率が1.0%であり、ソフトバンク光や保険も対象です。

ソフトバンクの料金支払いにおけるポイント還元率に限り、Yahoo! JAPANカードよりもポイント還元率が高い傾向にあります。

Tポイントは日常的に貯まりやすいポイントなので全体的に見るとYahoo! JAPANカードの方がお得

ヤフージャパンカード

画像引用元:Yahoo!カード

Tポイントは日常的にかなり貯まりやすいポイントだということを踏まえると、全体的にポイント還元率の高いYahoo! JAPANカードの方がお得です。

ただし、ソフトバンクカードはプリペイドカードなので審査がありません。

クレジットカードが持てない人でソフトバンクユーザーの人には、かなりおすすめです。

効率良くTポイントが貯まるYahoo! JAPANカードはソフトバンクユーザーにおすすめのクレジットカード!

最後に、Yahoo! JAPANカードとソフトバンクカードはどちらがお得かについてまとめます。

Yahoo! JAPANカードとソフトバンクカードどちらがお得か
  • ソフトバンク利用でのポイント還元率はソフトバンクカードの方が高い
  • 普段の利用におけるポイント還元率はYahoo! JAPANカードの方が高い
  • 普段からポイントが貯まりやすい点を考慮するとYahoo! JAPANカードの方がお得
  • ソフトバンクカードはプリペイドカードなので、クレジットカードが持てない人におすすめ

Yahoo! JAPANカードは、ポイント還元率とポイントの貯まりやすさに定評のあるクレジットカードです。

ソフトバンクの料金支払いでのポイント還元率だけを見ればソフトバンクカードの方がお得ですが、全体的な還元率を考慮するとYahoo! JAPANカードの方がお得です。

ソフトバンクユーザーの人は、是非Yahoo! JAPANカードの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

スマホでTポイントをお得に貯めるおすすめクレジットカードとアプリ