【楽天ゴールドカード】メリット・デメリット・コスパ最強と言われる理由を解説

更新:2020年11月13日 投稿:2020年08月27日
  • タイトルとURLをコピー

楽天ゴールドカードはコスパ最強と言われているのを知っていますか?
一般的なゴールドカードの場合は年会費は10,000円ほどが目安です。しかし、楽天ゴールドカードなら2,200円(税込)と格安。それにも関わらず楽天市場でポイント5倍、空港ラウンジ年2回まで無料など様々な特典を利用できます。

本記事では、そんな楽天ゴールドカードがコスパ最強と言われる理由をさらに詳しく解説していきます。

年会費永年無料の「楽天カード」との比較も行うので、両カードの違いが気になる人もぜひ最後まで読んでいってくださいね。

山田的ポイント!
  • 年会費税込2,200円のゴールドカード!
  • 楽天市場でいつでもポイント5倍
  • 空港ラウンジ特典も!

楽天ゴールドカードの基本情報

まずは楽天ゴールドカードの基本情報から。
楽天ゴールドカードVISA

楽天ゴールドカード
還元率ポイント1.0~5.0%
※2021年4月1日から3%
マイル0.5~2.5%
年会費初年度2,200円
2年目以降2,200円
家族カード550円
旅行保険海外最高2,000万円(利用付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay、楽天Edy
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
発行会社楽天カード株式会社
発行期間最短3営業日
楽天ゴールドカード年会費は税込2,200円。一般的なゴールドカードの年会費は10,000円ほどが目安なので、かなり安いです。いわゆる「格安ゴールド」と呼ばれるものですね。

国際ブランドはVisa、Mastercard、JCBの3種類から選択可能で、QUICPayと楽天Edyが使えます。

楽天ゴールドカードの特典

楽天ゴールドカードで特に魅力的なのが、この4つの特典です。


魅力のある特典
  • 楽天市場でポイント5倍
  • 空港ラウンジが年2回まで無料
  • 海外優待が充実
  • トラベルデスクの無料利用

楽天市場でポイント5倍

楽天ゴールドカードはSPU(スーパーポイントアッププログラム)の対象カードです。
SPUの特典により楽天市場でポイント5倍、ポイント還元率5.0%までアップします。(基本ポイント1倍+楽天ゴールドカード4倍)
SPUでは楽天サービスを組み合わせるほど、ポイント倍率がアップします。

【おすすめの組み合わせ】

  ポイント倍率
楽天市場アプリでショッピング +0.5倍
代金の引き落としは楽天銀行口座 +1.0倍

このように楽天市場アプリや楽天銀行を組み合わせれば、ポイント還元率は6.5%までアップします。
(基本ポイント1倍+楽天市場アプリ0.5倍+楽天ゴールドカード4倍+楽天口座1倍)

ここまでの還元が受けられるカードはなかなかないので、楽天のサービスをよく使う人には最適のカードと言っても過言ではないですね!

空港ラウンジが年2回まで無料

楽天ゴールドカードには、空港ラウンジを年2回まで無料で利用できる特典が付いています。家族カードを持っている家族会員も年2回まで無料。
そのため、飛行機で家族旅行へ行くときに魅力な特典となります。

【空港ラウンジの一覧】

空港名ラウンジ名
新千歳空港スーパーラウンジ
ノースラウンジ
函館空港国内線ビジネスラウンジ
旭川空港ラウンジ大雪(TAISETSU)
青森空港エアポートラウンジ
秋田空港ラウンジロイヤルスカイ
仙台国際空港ビジネスラウンジ
新潟空港エアリウムラウンジ
富山空港らいちょう
小松空港スカイラウンジ白山
中部国際空港セントレアプレミアムラウンジセントレア第2プレミアムラウンジ セントレア
富士山静岡空港YOUR LOUNGE
成田空港 第1旅客ターミナルIASS EXECUTIVE LOUNGE 1
ビジネス&トラベルサポートセンター(TEIラウンジ)
成田空港 第2旅客ターミナルIASS EXECUTIVE LOUNGE 2
TEIラウンジ
羽田空港 国内線ターミナル 第1旅客ターミナルPOWER LOUNGE SOUTH
POWER LOUNGE NORTH
POWER LOUNGE CENTRAL
羽田空港 国内線ターミナル 第2旅客ターミナルPOWER LOUNGE NORTH
エアポートラウンジ(南)
POWER LOUNGE CENTRAL
関西国際空港比叡(ひえい)
六甲
アネックス六甲
金剛
KIXエアポートラウンジ
伊丹空港ラウンジオーサカ
神戸空港ラウンジ神戸
岡山空港ラウンジ マスカット
広島空港ビジネスラウンジ「もみじ」
米子鬼太郎空港ラウンジDAISEN
山口宇部空港ラウンジきらら
出雲縁結び空港エアポートラウンジ
高松空港ラウンジ讃岐(さぬき)
松山空港ビジネスラウンジ
徳島阿波おどり空港ヴォルティス
福岡空港くつろぎのラウンジTIME
ラウンジTIMEインターナショナル
北九州空港ラウンジひまわり
大分空港ラウンジくにさき
長崎空港ビジネスラウンジ「アザレア」
阿蘇くまもと空港ラウンジ「ASO」
宮崎ブーゲンビリア空港ブーゲンラウンジひなた
鹿児島空港スカイラウンジ菜の花
那覇空港ラウンジ華(hana)
ハワイ/ダニエル・K・イノウエ国際空港 国際線ターミナルIASS HAWAII LOUNGE
韓国 仁川空港IASS INCHOEN LOUNGE-MATINA-(EAST・WEST)
IASS INCHEON LOUNGE2-Air Cafe-

合計33空港(国内主要31空港+海外2空港)のラウンジが対象です。
空港のラウンジが使えれば、旅行や出張の際、出発前にのんびりと過ごすことができますよね!

海外優待が充実

さらに、楽天ゴールドカードには海外旅行に行く際の優待も充実しています。

サービス名 主な特典内容
海外用WiFiルーターのレンタル 1日あたり300円~+20%オフ
海外レンタカー 事前予約割引料金より10%オフ
手荷物宅配優待 1個につき往復300円/出発200円/入国200円割引
防寒具一時預かりサービス 1着10%オフ

海外用WiFiルーターのレンタル

ポケットWiFiのレンタルは、グローバルWiFiが提供しています。海外でインターネットに接続したいときにあると便利なのがポケットWiFiです。
また、グローバルWiFiではポケトークという翻訳オプションを用意しています。旅行先の言語に自信のない人は、ポケトークを付けておくと安心ですね。

海外レンタカー

海外レンタカーは、空港から観光地やホテルなどへ車で移動したいときに便利なサービスです。
国内で予約を入れると、お得な事前予約割引料金よりさらに10%安くなります。
インターネットまたは電話で申し込みが可能です。

手荷物宅配優待

手荷物宅配優待は、海外出入国時の手荷物が重くて持ち運びが大変なときに便利なサービスです。
楽天ゴールドカードを持っていれば、指定場所⇔空港への手荷物宅配をお得な料金で利用できます。

防寒具一時預かりサービス

防寒具一時預かりは、寒い季節の日本から暖かい季節の海外へ行くときに便利なサービスです。
出発前、空港ロビーのカウンターに預けておけば、海外に行ってまで防寒具を持ち運ばなくて済みますね。
予約は不要で、空港ロビーのカウンターに直接預けてOKです。帰国時は到着ロビーのカウンターで預けた防寒具を受け取ってください。

トラベルデスクの無料利用

楽天ゴールドカードには、トラベルデスクを無料で利用できる特典が付いています。

項目 主なサービス内容
緊急時の案内 パスポートやカード紛失・盗難/病気やケガなど
現地情報の案内 都市や観光情報など
予約・手配 レストランやオプショナルツアーの予約など

トラベルデスクは、ニューヨーク・ホノルル・パリ・ミラノ・上海など世界に38拠点あり、
パスポート紛失や病気・ケガなど緊急時の案内からレストランの予約といったサポートを受けられます。海外旅行に不慣れでも安心ですね。
詳しいサービス内容は会員用WEBサービス「楽天e-NAVI」から確認することができます。

楽天カードと楽天ゴールドカードの比較

ではここからは、年会費無料の楽天カードとの比較をしていきたいと思います。
楽天カードと楽天ゴールドカードには、このように様々な違いがあります。

項目 楽天カード 楽天ゴールドカード
年会費 永年無料 2,200円(税込)
家族カード 無料 一人につき550円(税込)
ETCカード 550円(税込)(条件付きで無料) 無料
国際ブランド Mastercard/Visa/JCB/AMEX Mastercard/Visa/JCB
利用枠 最高100万円 最高200万円
海外旅行保険 最高2,000万円 最高2,000万円
SPU 楽天市場3.0% 楽天市場5.0%
空港ラウンジ ×
海外優待
トラベルデスク ×
選べるデザイン 10種類 1種類
申し込み可能年齢 18歳以上 20歳以上
審査基準 一般ランクの基準 ゴールドランクの基準

楽天ゴールドカードのメリット

両カードの比較から、楽天ゴールドカードのメリットを探っていきます。


4つのメリット
  • 特典が充実している
  • 年会費の回収が簡単
  • ETCカードの年会費が無料
  • 利用枠は最高200万円

特典が充実している

楽天カードもSPUの対象カードです。
しかし、楽天市場でのポイント還元率は楽天カードは3.0%、
楽天ゴールドカードでは5.0%と差があります。

さらに、楽天カードでは空港ラウンジとトラベルデスクは利用できません。
特典の充実さでは楽天ゴールドカードのほうが優れています。

年会費の回収が容易

楽天ゴールドカードは年会費が格安なうえに特典が充実しているため、年会費の回収が簡単です。
年会費回収のシミュレーションをしてみましょう。


楽天市場でショッピングした場合(還元率5%)
  • ショッピング金額年間44,000円×還元率5.0%=2,200ポイント
  • 楽天市場でひと月およそ3,700円利用すれば回収できる!

楽天市場で楽天ゴールドカードを使うと、還元率が5.0%になります。
年間44,000円のショッピングをすれば2,200ポイント貯まり、楽天ポイントは1ポイント=1円なので、これで年会費ぶんになります。
年間44,000円ならひと月およそ3,700円ほど。日用品などを楽天市場で買う人なら、余裕で届く金額ですね。


楽天市場アプリでショッピングした場合(還元率5.5%)
  • ショッピング金額年間40,000円×還元率5.5%=2,200ポイント
  • 楽天市場でひと月およそ3,400円利用すれば回収できる!

楽天市場アプリを使えばプラス0.5%、還元率5.5%になります。
これなら年間4万円、ひと月だいたい3,400円程度の利用で年会費分のポイントが貯まります。
さらに空港ラウンジや海外優待などの特典を活用すれば、すぐに年会費分は回収できてしまいますね。

ETCカードの年会費が無料

楽天カードでETCカードを追加すると税込550円の年会費が発生しますが、
楽天ゴールドカードならETCカードの年会費が無料です。

ただし、楽天の会員ランクがダイヤモンドまたはプラチナの場合は、ETCカードの年会費は無料になります。
とはいえ、ダイヤモンド・プラチナ会員になるまでの道のりはなかなか険しいもの。

会員ランク 条件(過去6か月間)
プラチナ 2,000ポイント以上+15回以上ポイント獲得
ダイヤモンド 4,000ポイント以上+30回以上ポイント獲得+楽天カード所有

ETCカードの年会費では楽天ゴールドカードが優位といえそうですね。

利用枠は最高200万円

楽天カードの利用枠は最高100万円ですが、
楽天ゴールドカードでは最高200万円の利用枠です。
ただし、利用枠は審査によって個人ごとに設定されるので、申し込めば絶対200万円の枠がもらえる訳ではありません。
審査結果次第では低めの利用枠が設定されると考えておいてくださいね。

楽天ゴールドカードのデメリット

次に両カードの比較から、楽天ゴールドカードのデメリットを探り出していきます。


5つのデメリット
  • 家族カードは年会費が必要
  • 選べる国際ブランドが少ない
  • 海外旅行保険の補償内容やや手薄
  • デザインは1種類のみ
  • 対象年齢と審査基準が高い

家族カードは年会費が必要

楽天ゴールドカードの場合、家族カードは一人につき税込550円の年会費が必要です。
楽天カードなら年会費無料なので、この点に関しては楽天カードのほうが優位ですね。

ただし、家族カードでも本カードと同じようなサービスを利用できるので、年会費の回収は本カードより簡単でしょう。

選べる国際ブランドが少ない

楽天カードの国際ブランドは、Visa・Mastercard・JCB・アメックスの4つから選択可能です。
しかし、楽天ゴールドカードで選べる国際ブランドはVisa、Mastercard、JCBの3種類。

AMEXブランドの楽天カードを持ちたい場合は、年会費無料の一般カード、またはゴールドの一つ上・年会費11,000円の楽天プレミアムカードがオススメです。

海外旅行保険は楽天カードと同じ内容

楽天ゴールドカードには、楽天カードと同じ最高2,000万円の海外旅行保険が付帯しています。
年会費10,000円の他社ゴールドカードの場合、最高5,000万円の補償が受けられることがあるので、やや手薄と言えるかもしれません。

補償内容保険金額金額
傷害死亡・後遺障害最高額2,000万円
傷害治療・疾病治療1事故・1疾病の限度額200万円
賠償責任1事故の限度額2,000万円
携帯品損害年間限度額20万円(1点または1対あたり10万円限度・免責金額3,000円)
救援者費用年間限度額200万円
保険適用条件利用付帯
この補償内容では不安な人は、楽天損保のトラベルアシスト(海外旅行保険)に加入するという選択肢もあります。
お得な保険料で充実した補償が受けられるうえに、当日加入できるのがトラベルアシストの魅力です。

デザインは1種類のみ

楽天ゴールドカードVISA
楽天ゴールドカードのデザインは通常デザインの1種類だけです。
年会費無料の楽天カードのように、お買い物パンダやディズニーデザインのカードは選べません。

入会条件と審査基準

楽天カードへの申し込み可能年齢は18歳以上。主婦・パート・アルバイトでも申し込みができます。
一方で、楽天ゴールドカードでは20歳以上、かつ安定収入のある方とされています。

また、審査基準も異なります。
楽天カードは一般ランクの審査基準、楽天ゴールドカードはゴールドランクの審査基準です。
カードのランクは一般→ゴールド→プラチナ→ブラックの順に高くなります。ランクが高くなるほど、審査基準も高くなるのが一般的です。

そのため、一般ランクの審査基準は満たしていても、ゴールドランクの審査基準に満たない人は、楽天ゴールドカードの審査に落ちてしまう可能性があるので注意しておきましょう。

楽天ゴールドカードはこんな人にオススメ

楽天ゴールドカードVISA
今回の記事では、楽天ゴールドカードのコスパ最強の理由について解説してきました。
コスパ最強の理由、メリット・デメリットなどを踏まえると、以下のような人にオススメの一枚です。


楽天ゴールドカードはこんな人にオススメ
  • 年会費格安なゴールドカードを持ちたい人
  • 楽天サービス(特に楽天市場)をよく利用する人
  • ANAマイルへ手数料無料で移行したい人
  • 海外旅行を楽しみたい人

すでに楽天カードを所有している人は、楽天ゴールドカードへの切り替えも可能です。
まだ持っていない人は新規入会を検討してみてはいかがでしょうか?


動画で解説!

山田
岡山県出身、上京5年目の30代独身女性。
都内のITベンチャー企業で働きながら、個人でも仕事をしているフリーランス。

山田のレゾンデートルとは?
💎私の”レゾンデートル=存在価値“発見チャンネル💎 「仕事もプライベートもストレスフリーに生き抜きたい!」という目標をもつ山田が自分のレゾンデートルを見つけて、よりよい人生を自分でデザインしていけるようになるための情報をわかりやすく発信していきます! お得情報・キャッシュレス・マネーリテラシー/キャリア・ビジネススキルのレベルを一緒に上げていきませんか?