アメックスグリーンとゴールドどっちがおすすめ?年会費・特典など4つのポイントで比較

更新:2020年10月12日 投稿:2020年09月18日
  • タイトルとURLをコピー

アメックスは世界を代表する高グレードのカードブランドです。

そんなアメックスの基本のカードは、緑色のデザインが特徴のアメリカン・エキスプレス・カード、通称「アメックスグリーン」です。

そしてその上級カードがアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード、通称「アメックスゴールド」です。

今回は、年会費やサービスなどに着目して、アメックスグリーンとアメックスゴールドの比較をしていきます。

山田的ポイント!
  • アメックスグリーンカードとアメックスゴールドカードの違いは年会費だけではない
  • アメックスゴールドカードも家族カードの発行が1枚まで無料
  • アメックスグリーンカードは年会費13,200円でゴールドカード級の特典が使える
動画で解説!

年会費で比較

まずはグリーンとゴールドの年会費の違いから見てみましょう。

項目 年会費
アメックスグリーン 13,200円
アメックスゴールド 31,900円
(参考)
・スタンダードカード・・・0~2,000円程度
・格安ゴールドカード・・・2,000円前後
・ゴールドカード・・・5,500~11,000円程度
・格安プラチナカード・・・2万~3万円程度
・プラチナカード・・・3~6万円程度

一般のクレジットカードの年会費と比べると、
アメックスグリーンは一般的なゴールドカードの価格帯で、アメックスゴールドはプラチナカードの価格帯であることがわかります。

そう考えると、アメックスの各カードのサービスが決して安くないということがわかります。

さらにアメックスゴールドの年会費はアメックスグリーンの2.4倍します。

「アメックスゴールドの年会費は高すぎて、もったいない気がする。アメックスグリーンなら、機能や特典次第では元が取れそうだ」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にはもう少し複雑なので、アメックスゴールドを年会費で切り捨てないほうがいいでしょう。

年会費は、その使い方と家族構成次第で大きく変わってくるので、中にはゴールドのほうがむしろ得になる人もいます。

それから、年会費設定は本カードのみにあるわけではありません。「家族カード」の年会費も重要なので見ておきましょう。

項目 家族カードの年会費
アメックスグリーン 6,600円
アメックスゴールド 1枚目無料/2枚目以降13,200円

アメックスゴールドは、家族カード年会費が1枚無料です。

家族カード発行を前提にカードを選ぶ人にとっては嬉しい特典です。

例えば、夫婦の場合「家族2名」でアメックスを使うと、本カードと家族カード1枚の年会費合計は以下のようになります。

項目 本カードと家族カード1枚の年会費合計
アメックスグリーン 19,800円
アメックスゴールド 31,900円

本カードのみで比較するとグリーンカードの2倍以上あったゴールドカードとの年会費の差が、
家族カードを発行した場合はかなり縮まるということがわかったと思います。

ちなみに、付属カードにはETCカードもあります。

ETCカードは、発行手数料が935円で年会費は無料です。
グリーンとゴールドで差はありません。

年会費無料ということと、5枚(家族カードによる発行分1枚を含めて合計6枚)発行できるというのはメリットですね。

家族カードの年会費が無料なのは嬉しいですね!

ポイント還元で比較

アメックスメンバーシップ・リワード

画像引用元:ポイント・プログラムのご案内 – クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

また、ポイントを貯めることがカードを使う楽しみの一つだという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ポイントを貯める際に重要視したいのが、ポイント還元率、つまりカードの「ショッピング利用額に対するポイント付与の割合」です。

多くのクレジットカードは、カードグレードによって還元率が大きく変わるということはありません。アメックスもこの点は同様です。

グリーン・ゴールド共通の、アメックスのポイント還元率の特徴をご紹介します。

  • 初期状態ではポイント還元率0.3%と、業界最低水準
  • 「メンバーシップ・リワード・プラス」(年間参加費3,300円)に加入すると、還元率0.5%と改善される
  • メンバーシップ・リワード・プラスはポイント交換時のみ加入でもよいが、一度加入するとなにもしない限り自動更新となる
  • メンバーシップ・リワード・プラスに加入した上で航空会社のマイルに交換するとマイル還元率0.8~1.0%となり、他のカードと比べても悪くない
  • ANA以外の航空会社のマイル還元率は0.8%だが、移行手数料や、移行制限が存在しないメリットあり
  • ポイント有効期限は、「一度交換する」か「メンバーシップ・リワード・プラスに加入する」ことで無期限となる

「1回ごとのカード利用金額」に応じてポイントが貯まる仕組みのことをポイントプログラムと言うのですが、アメックスグリーンとアメックスゴールドはこのポイントプログラムが全く同じなんです。

基本のプログラムが同じでも、
「グレードの高いほうにボーナスポイント」などが付くカードもありますが、そういったことはアメックスにはないということなんです。

なのでアメックスゴールドの場合、高い年会費を払う分、ポイントだけで元を取ろうとするのはなかなか困難です。

年間3,300円を支払ってメンバーシップ・リワード・プラスに加入しても、マイルに交換しない限り、ポイント還元率はほぼ0.5%に過ぎません。

しかし、その分充実しているのがアメックスならではの特典です。

特典で比較

高グレードカードのメリットは、やはり豊富な特典です。
アメックスグリーンと比較しても、当然ゴールドのほうが特典が豊富です。

世間ではプラチナカード付帯のサービスとなるものが、アメックスゴールドに多くあります。
それではその特典をグリーンのものと比較していきましょう。

エンターテイメント関連

高いグレードのカードの場合、ステータスを意識して持つ人も多いので、「年会費の元をとる」ことを考えていない人も多いかもしれません。

ただ、そのような人にとっても、特典が充実しているのは嬉しいですよね。

まずはグリーン・ゴールド共通の特典を紹介します。

  • ユニバーサルスタジオ・ジャパンの優待(VIPツアーやスタジオ・パスの優先割当)
  • e+のチケット優待

これら以外に、実は比較的簡単に年会費の元を取る手段があります。

それが「ゴールド・ダイニング by 招待日和」と呼ばれる特典を使うことです。

ゴールド・ダイニング by 招待日和

ゴールド・ダイニング by 招待日和

画像引用元:ゴールド・ダイニング by 招待日和

ゴールド・ダイニングby招待日和は、アメックスに限らず多くの高グレードカードで提供されているプログラムで、
対象のレストランにおいて所定のコースを頼むと1名分のコース料金が無料になるというもの。

対象レストランは国内だけでなくシンガポールにも存在します。

この特典自体は、2名以上で頼むことが条件ですので、恋人や友人とのディナーでももちろん役立ちます。

夫婦で年1回使いたいという人にもおすすめします。

夫婦なら、家族カード年会費1枚無料の特典と併せて、アメックスグリーンよりもゴールドの年会費が実質割安になる場合があるためです。

トラベル関連

さらに、アメックスといえば、旅行の中でも海外旅行に向いたカードです。
アメックスグリーンにもトラベル優待があり、そしてアメックスゴールドにはさらに多くの優待があります。
グリーンとゴールドとの比較において、ここは重要なポイントなので解説しておきます。

空港ラウンジ

まず、国内(+ホノルル)の空港ラウンジが無料で使えるというのが大きなメリットのひとつです。

コンセント、Wi-FI完備でソフトドリンク飲み放題のラウンジは、特にビジネスマンの出張にとって最適なスポットです。

この特典は、一般的なゴールドカードについていることが多いのですが、
アメックスの場合はアメックスグリーンでもアメックスゴールドと同じ特典をうけることができます。

プライオリティ・パス

プライオリティ・パス

画像引用元:世界に広がるラウンジ・ネットワーク | プライオリティ・パス

そして、通常のラウンジよりもさらに高グレードのラウンジがあるのをご存知でしょうか。

航空会社や空港運営会社が、上級顧客のため用意しているラウンジなのですが、こちらに入室できる会員資格のことをプライオリティ・パスと言います。

アメックスのグリーンとゴールドの場合、どちらにも無料でプライオリティ・パス加入特典があります。

項目 ラウンジ利用料金
アメックスグリーン 32米ドル(およそ3,400円/2020年9月時点)
アメックスゴールド 年2回まで無料

アメックスゴールドならではのメリットもあります。それは家族カード会員もプライオリティ・パスを申し込めることです。

アメックスグリーンと比較するとこのようになります。

項目 家族カード会員のプライオリティ・パス申し込み
アメックスグリーン 不可。ただし家族カード会員に限らず同伴者なら32米ドル(およそ3,400円/2020年9月時点)で入室可
アメックスゴールド 可。自己名義で、無料でプライオリティ・パスを持てる

家族カード会員もプライオリティ・パスの資格においては、本会員扱いなので別料金がかかりません。

なので、年1~2回海外に家族で行く人にとっては、アメックスゴールドは魅力的と言えます。

海外旅行先での日本語サポート

アメックスでは、海外にいても日本語で24時間電話応対してくれる「グローバル・ホットライン」
または「オーバーシーズ・アシスト」サービスを実施しています。

海外旅行先で日本語が使えたらとても助かりますよね。

このサポートのアメックスグリーンとアメックスゴールドにおける違いは次の通りです。

項目 名称 サポート内容
アメックスグリーン グローバル・ホットライン ホテル・レストラン・公演・現地ツアー・航空便等の相談や予約が可能
アメックスゴールド オーバーシーズ・アシスト 「グローバル・ホットライン」のサービスに加え、医療相談、医療機関の紹介、法律相談(弁護士の紹介)も可能

アメックスグリーンの「グローバル・ホットライン」でも、海外でのサービスとして十分頼りになりますが、
アメックスゴールドのサービスも付いていれば、さらに安心して海外に滞在することができそうですね。

宿泊優待

アメックスには宿泊優待が多数あります。

  • アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンライン(ポイントボーナス)
  • Hotels.com(8%優待)
  • Expedia(8%優待)
  • 一休.com(特別プラン)
  • 日本旅行(特選の宿5%優待)
以上の優待については、アメックスグリーン、アメックスゴールド共通ですので、差はありません。

補償・保険で比較

続いて、アメックスグリーンとアメックスゴールドの付帯保険を比較してみましょう。

特に、海外旅行障害保険は重要です。カードの保険だけで済むなら、保険商品に加入する費用も手間も要りません。

海外旅行保険

海外旅行傷害保険は、アメックスグリーンとアメックスゴールドとで中身が違います。

一言でいうと次のとおり。

  • アメックスグリーン・・・これ1枚で海外旅行に行くのは心配
  • アメックスゴールド・・・これ1枚で、家族で海外旅行に行ける

海外旅行傷害保険で最も大事なのは、ケガや病気の際でも十分な補償が受けられることです。

治療費補償額を比較してみます。

項目 治療費補償額
アメックスグリーン 100万円(家族特約100万円)
アメックスゴールド 300万円(家族特約200万円)

アメックスの場合、家族カード会員は本カード会員と同額の補償が受けられます。
18歳未満など家族カードを持てない家族には、家族特約が適用されます。

医療制度の違う海外では、万一手術でも受けると数百万の費用が発生することがあります。

最低でも200万円程度は用意しておきたいですよね。

この点からすると、アメックスグリーンの補償額は、一般的なゴールドカードと比較すると物足りないかもしれません。

そして、アメックスの場合保険で気を付けたいのは、「利用付帯」であること。
ツアー代金や航空機代金をアメックスで事前決済しておかないと、保険適用になりません。

アメックスゴールドの場合は自動付帯(持っているだけで保険が適用)部分もありますが、
家族カード会員や家族特約の適用のためにはやはり事前カード決済が必要です。

各種プロテクション

アメックスは不正使用などの対策も充実しています。

項目 内容
アメリカン・エキスプレス・セーフキー オンラインショッピング時に認証コードの入力が必要
オンライン・プロテクション オンライン不正決済の代金を請求されない
ショッピング・プロテクション 購入商品の破損・盗難を90日間補償
リターン・プロテクション 購入店が受け付けない返品対応(90日間)

こちらのサービスはアメックスグリーン、アメックスゴールド共通です。

安心して海外旅行ができるのは大きなメリットですね!

まとめ

アメックスグリーンとアメックスゴールドについて、機能を比較してきました。

それぞれのカードをおすすめする人が絞れてきたと思います。
最後にまとめます。
アメリカン・エキスプレス・カード


アメックスグリーンはこんな人にオススメ
  • 家族カードは不要な人
  • 海外旅行に行くとしても毎年ではない人
  • 国内のホテル宿泊や、空港ラウンジ利用が多い人

アメックスグリーンは空港ラウンジが無料で使えることや、ポイント還元がアメックスゴールドと変わらないという点を考えると、十分に魅力的なカードと言えそうです。

ただ、海外旅行傷害保険の補償額を充実させたい人や、家族カードを無料で発行したい人は、アメックスゴールドが向いているかもしれません。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード


アメックスゴールドはこんな人にオススメ
  • 家族カードを1枚以上発行したい人
  • 年1回以上海外旅行に行く人
  • 高級レストランでの食事を楽しみたい人

アメックスゴールドの魅力は、なんといっても家族カードを一枚無料で発行できる点です。

さらに、海外旅行傷害保険も充実しており、プライオリティ・パスによって使えるラウンジが年2回まで無料だということを考えると、
家族がいて海外旅行に行くことのある方にはまさにぴったりのカードと言えるでしょう。

山田
岡山県出身、上京5年目の30代独身女性。
都内のITベンチャー企業で働きながら、個人でも仕事をしているフリーランス。

山田のレゾンデートルとは?
💎私の”レゾンデートル=存在価値“発見チャンネル💎 「仕事もプライベートもストレスフリーに生き抜きたい!」という目標をもつ山田が自分のレゾンデートルを見つけて、よりよい人生を自分でデザインしていけるようになるための情報をわかりやすく発信していきます! お得情報・キャッシュレス・マネーリテラシー/キャリア・ビジネススキルのレベルを一緒に上げていきませんか?