JCBゴールドカードってどんなカード?ラウンジは使える?メリットデメリットを解説!

更新:2021年01月08日 投稿:2020年10月09日
  • タイトルとURLをコピー
JCBゴールドカード メリット

JCBゴールド

よくCMで見かけるクレジットカードと聞かれるとJCBカードを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

そんなJCBカードのワンランク上のJCBゴールドカードって一体どんなカードなのでしょうか。

JCBゴールドカードはゴールドカードの中でも数少ないディズニーデザインが選べるのも特徴の一つです。

しかし、詳しい特典については知らない人もいるかもしれません。

この記事では、JCBゴールドカードのラウンジサービスやポイント還元率など付帯サービスについてまとめていきます。

他にも、JCBゴールドカードの基本情報からメリット・デメリットまで分かりますのでぜひ参考にしてみてください。

山田的ポイント!
  • JCBゴールドカードはラウンジ・キーや充実した保険が付帯しているゴールドカード
  • 一般カードよりも優待特典やポイント有効期限が長く使用できる
  • JCBゴールドカードの利用でワンランク上のゴールドカードを持つことができる

JCBゴールドカードの基本情報

JCBゴールドカードは、JCBオリジナルシリーズにあるゴールドカードの一つです。

JCBオリジナルデザインの券面とディズニーデザインから選べるカードになっています。

JCBゴールドカードの基本情報をまとめると以下のようになります。

項目内容
年会費本会員:11,000円
家族会員:1名無料、2人目より1名につき1,100円
申込み対象本会員
:20歳以上で、本人に安定継続収入のあること
※学生の方はお申し込みになれません。
家族会員
:生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)
旅行傷害保険
(死亡・後遺障害の場合)
海外:最高1億円
国内:最高5,000万円
国内・国外
航空機遅延保険
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代):2万円限度
出航遅延費用等保険金(食事代):2万円限度
寄託手荷物遅延費用保険金(衣類購入費等):2万円限度
寄託手荷物紛失費用保険金(衣類購入費等):4万円限度
ショッピングガード保険海外:最高500万円
国内:最高500万円
追加可能カードETCカード、家族カード
WEBサービスオンライン入会で申し込みされた場合、会員専用WEBサービス「MyJCB」に同時登録されます。
Apple Pay設定可
Google Pay設定可

JCBゴールドカードは11,000円(税込)の年会費がかかります。

JCBオリジナルシリーズの中にJCB GOLD EXTAGEという年会費3,300円(税込)の若者向けのゴールドカードもあります。

年会費だけで比べるとJCB GOLD EXTAGEの方がお得に感じるかもしれません。

しかし、その特典を比べると、やはりJCB GOLD EXTAGEはJCBゴールドカードと比べる見劣りしてしまいます。

そんな充実した特典についても後ほど解説していきます。

JCBゴールドカードのポイント還元

JCBゴールドカードのポイント還元は、通常1,000円につき1ポイントが付与されます。

1ポイントには5円に相当するので、基本還元率0.5%となっています。

しかし、海外で利用すると2倍のポイントが貯まります。

海外利用以外にもポイント優待店で利用することでポイント還元率アップする特典もあります。

  • Amazon:3倍
  • セブンイレブン:3倍
  • ビックカメラ:2倍
  • モスバーガー:2倍
  • 洋服の青山:5倍
  • AOKI:5倍
  • スターバックス:10倍

上記のように利用者の多い優待店も多数存在します。

この他にも、優待店は全部で53店舗もあります。

お得にポイントを貯めることができる優待点が多いのは嬉しいですよね。

JCBゴールドカードのメリット

JCBゴールドカードは、ゴールドクラスならではのラウンジサービスや手厚い保険などいくつかあります。それぞれ見ていきましょう。

  • ラウンジ・キー
  • ポイントの有効期限が3年
  • 全国250店舗で飲食代が20%オフ
  • ワンランク上のインビテーションがくる可能性も
  • 付帯保険が充実している

ラウンジ・キー

画像引用元:JCBゴールド │ クレジットカードなら、JCBカード

JCBのオリジナルシリーズの中でもゴールドクラス以上のカードが受けられる新サービスが2020年より開始されました。

それが、世界1,100ヶ所以上の空港ラウンジを利用できるラウンジ・キーというサービスです。

ラウンジ・キーは、1回あたりUS32ドル(2020年10月現在でおよそ3,379円)の利用料金がかかります。

しかし、本来はビジネスクラス以上の搭乗者やマイレージプログラムの上級会員が利用できるようなVIPラウンジになっているので、待ち時間をとても有意義に過ごすことができるんです。

JCBゴールドカードを保有しておけば、本人だけではなく同伴者も同じ金額で利用することができます。

ラウンジ・キーはJCBオリジナルシリーズの一般カードでは受けられないため、ゴールドカードならではの特典になっています。

ポイントの有効期限が3年

一般的なJCBオリジナルシリーズのカードのポイント有効期限は2年間です。

しかし、JCBゴールドカードはポイントの有効期限が3年と長くなっているのもメリットの一つです。

ポイント有効期限が2年間のクレジットカードが多い中、少しでも長くポイントを貯めることができるのはメリットと言えます。

全国250店舗で飲食代が20%オフ

画像引用元:JCBゴールド │ クレジットカードなら、JCBカード

JCBゴールドカードでは、全国250店舗で飲食代やコース料金が20%割引になる優待特典も付帯しています。

老舗の料亭や高級レストランをはじめとした全国各地の有名店で20%もしくは10%割引のサービスが受けられるので大変お得です。

利用の際にはクーポンを印刷して持参する必要があるので、JCB優待ガイドを確認して割引優待を受けるようにしましょう。

ワンランク上のインビテーションがくる可能性も

JCBゴールド ザ・プレミアはワンランク上のゴールドカード

画像引用元:ワンランク上のゴールドカード JCBゴールド ザ・プレミア

JCBオリジナルシリーズの中には、もうワンランク上のゴールドカードが存在しています。

それはJCBゴールド ザ・プレミアというゴールドカードです。

このカードは、JCBゴールドカードを保有し利用することでインビテーションが届くこともあるんです。

JCBゴールド ザ・プレミアは、JCBゴールドカードでは受けられないプライオリティ・パスの特典や、コンシェルジュサービスを受けることができます。

その上、年会費は5,500円が追加されるだけなのでとてもお得です。

インビテーションが届く条件としては、2年連続で年間100万円以上利用すると受けることです。

ぜひJCBゴールドカードを保有した際には、JCBゴールド ザ・プレミアを目指して利用してみてはいかがでしょうか。

JCBゴールドカードの付帯保険

JCBゴールド

画像引用元:JCBゴールド │ クレジットカードなら、JCBカード

JCBオリジナルシリーズの中でも、JCBゴールドカードでは補償額と付帯している保険の種類が豊富になっています。

それぞれの付帯保険について見ていきましょう。

海外旅行傷害保険は最高1億円補償で家族特約も付帯

JCBゴールドカードは海外へ行かれる人にとって、安心の補償内容が付帯しているカードになっています。

JCBゴールドカードの海外旅行傷害保険は、最高1億円の補償が受けられる他、家族特約まで付帯している安心の保険内容です。

さらに、適用条件が自動付帯となっているので、保有しているだけで、満額ではないにしろ保険の適用がされます。

もちろん、事前に利用しておくことで最高1億円の補償が受けられます。

JCB一般カードにも、国内外の旅行傷害保険が無料付帯していますが、補償額は最高3,000万円です。

倍額以上の補償額という点から考えても、JCBゴールドカードの保険の手厚さが分かります。

詳しい補償内容は以下のとおりです。

JCBゴールドの海外旅行傷害保険本カード会員/家族カード会員家族特約
死亡・後遺障害(傷害による)1億円1,000万円
治療費用(傷害/疾病)300万円200万円
賠償責任1億円2,000万円
救援者費用400万円200万円
携行品損害50万円

国内旅行傷害保険は最高5,000万円まで補償

JCBゴールドカードの国内旅行傷害保険は、最高5,000万円まで補償してくれます。

こちらも適用条件は自動付帯です。

国内旅行傷害保険は家族特約こそないものの、国内旅行時に保有しているだけで万が一に備えて補償が受けられるというのはとても安心ですね。

国内旅行傷害保険の補償内容については以下の通りです。

補償内容 金額
傷害による死亡・後遺障害 最高5,000万円
入院費用 1日につき5,000円
手術費用 入院日額保険金の10倍、20倍または40倍
通院費用 1日につき2,000円

ショッピングガード保険は年間500万円まで補償

国内外でのJCBゴールドカードで買い物した商品に、万一破損や盗難などの損害が発生した場合に適用されるショッピングガード保険も付帯しています。

1商品につき3,000円の免責金額はありますが、年間500万円まで補償してくれるので、こちらも商品購入時のトラブルに役立つ保険です。

JCB一般カードでは、年間100万円の補償額なので、こちらもJCBゴールドカードでは手厚いサポートを受けることができます。

国内外航空機遅延保険も無料付帯

国内外の旅行や出張時に飛行機の遅延や手荷物のトラブルに遭った際に受けられる、国内外航空機遅延保険もJCBゴールドカードには付帯しています。

こちらは、飛行機が遅延した場合の宿泊費や荷物がないときに購入する衣料品代を補填してくれる保険です。

特に遅延などは意外と少なくないトラブルと言え利用頻度の多い人ほど活用できる保険となっています。

JCB一般カードでは付帯していない保険なので、保険の種類と補償額に関してはJCBゴールドカードは魅力的なカードと言えるでしょう。

補償内容 保険金額 保険金をお支払いする場合
乗継遅延費用保険金(客室料・食事代) 2万円限度 遅延した航空便の実際の到着時刻から4時間以内に代替便を利用できなかった場合
出航遅延費用等保険金(食事代) 2万円限度 出航予定時刻から4時間以内に代替便を利用できなかった場合
寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等) 2万円限度 到着後6時間以内に手荷物が届かなかった場合で、到着後48時間以内に購入した場合
寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等) 4万円限度 到着後48時間以内に手荷物が届かなかった場合を紛失とみなし、到着後96時

JCBゴールドカードのデメリット

JCBゴールドカードは多数の特典が付帯しているゴールドカードではありますが、他のクレジットカードと比較したときに感じられるデメリットも存在します。

JCBゴールドのデメリットについても紹介していきます。

ポイント還元が低め

JCBゴールドカードは前述したように基本還元率が0.5%なので、ポイント還元率が低めというデメリットがあります。

ただし、JCBゴールドカードでは「JCB STAR MEMBERS」という年間利用額に応じたポイントアップサービスがあります。

こちらはJCBオリジナルシリーズで受けられる、年間の利用額に応じて次年度のポイント還元率がアップするサービスです。

つまり、2年目以降はJCBゴールドカードの基本還元率は0.5%〜最大0.8%で利用することが可能です。

利用金額 次年度基本還元率
年間30万円以上 0.55%(1,000円につき1.1ポイント)
年間50万円以上 0.6%(1,000円につき1.2ポイント)
年間100万円以上 0.75%(1,000円につき1.5ポイント)
年間300万円以上 0.8%(1,000円につき1.6ポイント)

上記のように年間の利用額に応じて、次年度の還元率が決まる内容になっているので、利用する額が多い人ほどポイントが貯まりやすくなっています。

海外で使いづらい

もう一つのデメリットとしては、国際ブランドJCB自体が海外では使いづらいという現状があります。

クレジットカードを利用できる店舗は、必ず付帯している国際ブランドが使える状態でなければ利用することができません。

にも関わらず、海外でのJCB加盟店はVisaやMastercardに比べると少ないのが現実です。

そのため、海外でJCBブランドが使えないという場合が多いため、これは一つのデメリットと言えます。

ただ、以前よりはJCBの加盟店も世界各国で増えつつあります。

将来的に改善されることもあり得ますが、JCBゴールドカードのほかに1枚VisaもしくはMastercardのカードを持っていれば補えるので、保有しておくことをおすすめします。

JCBゴールドカードはこんな人にオススメ

JCBゴールド

JCBゴールドの基本情報からメリット・デメリットを通じてJCBゴールドカードについてまとめてきました。

JCBゴールドカードは、付帯している保険の種類と補償内容が手厚く、ワンランク上の空港ラウンジサービスが利用できるのが最大の特徴です。


JCBゴールドカードをオススメしたい人
  • 海外への出張や旅行が多い方
  • 充実した保険が付帯しているカードが欲しい方
  • 最上級のゴールドカードやプラチナカードのJCBカードを目指したい方

この機会にぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

動画で解説!
山田
岡山県出身、上京5年目の30代独身女性。
都内のITベンチャー企業で働きながら、個人でも仕事をしているフリーランス。

山田のレゾンデートルとは?
💎私の”レゾンデートル=存在価値“発見チャンネル💎 「仕事もプライベートもストレスフリーに生き抜きたい!」という目標をもつ山田が自分のレゾンデートルを見つけて、よりよい人生を自分でデザインしていけるようになるための情報をわかりやすく発信していきます! お得情報・キャッシュレス・マネーリテラシー/キャリア・ビジネススキルのレベルを一緒に上げていきませんか?