アメックスゴールドとSPGアメックスを年会費、ポイント還元、特典で比較!オススメなのはどっち?

更新:2020年11月05日 投稿:2020年10月21日
  • タイトルとURLをコピー

高ステータスカードとして評判の「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」(以下「アメックスゴールド」)と、ホテル関連の特典が充実した「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」(以下「SPGアメックス」)。

どちらのカードもアメックスで人気の一枚です。

年会費は両カードとも3万円台ですが、使える特典はどう違うのでしょうか?

今回は、アメックスゴールドとSPGアメックスのどちらかを発行しようかお悩みの方に向けて、年会費やポイント還元、特典などの要素で比較し、最適の一枚をご提案したいと思います!

山田的ポイント!
  • 年会費に大きな差はないので、使いたい特典で決めるのがおすすめ
  • アメックスゴールドには海外旅行関連の特典が充実
  • SPGアメックスはホテル関連の特典が満載

アメックスゴールドとSPGアメックス|年会費で比較

まずはアメックスゴールドと、SPGアメックスの年会費を比較していきましょう。

アメックスゴールドの年会費

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメックスゴールドの年会費は31,900円(税込)です。

家族カードは1枚目無料、2枚目以降から13,200円(税込)かかります。

SPGアメックスの年会費

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

SPGアメックスは、本会員の年会費は34,100円(税込)です。

家族カードの年会費は17,050円(税込)となります。

アメックスゴールドもSPGアメックスも年会費は3万円台で、大きな差はありません。

区分SPGアメックスアメックスゴールド
本会員年会費34,100円31,900円
家族会員年会費(1名)17,050円無料
合計51,150円31,900円
ただし、家族カードを作る場合は、アメックスゴールドのほうがお得ですね。

アメックスゴールドとSPGアメックス|ポイント還元で比較

次は、クレジットカードを選ぶ上で見逃せないポイント還元でアメックスゴールドとSPGアメックスを比較します。

アメックスゴールド

アメックスゴールドでは、100円の利用につき1ポイントが貯まります。

ショッピングはもちろん、公共料金の支払いでもポイントが付与されます。

また、対象提携店でアメックスゴールドを使うと、100円につき最大10ポイントが貯まります。

ポイントの有効期限は3年間ですが、一度ポイント交換などをすると無期限になります。

貯まったポイントは、ギフトへの交換、他社ポイントへの移行、カード利用料金への充当に使うことができます。

カード利用料金への充当に使う場合は、3,000ポイントから、1ポイント=0.3円で使用可能です。

少額ポイントしか貯まっていない場合は使えないので、注意してくださいね。

さらに「メンバーシップ・リワード・プラス」(年間参加費税込3,300円)に加入すると以下のような恩恵が受けられます。

  • ポイントの有効期限が無期限になる
  • ポイント移行の際の還元率がアップする
  • ボーナスポイントがもらえる

アメックスゴールドのポイントは、以下15の航空会社のマイルにも移行可能です。

  • ANA
  • チャイナエアライン
  • デルタ航空
  • ヴァージン アトランティック航空
  • タイ国際航空
  • キャセイパシフィック航空
  • シンガポール航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • スカンジナビア航空
  • アリタリア-イタリア航空
  • フィンランド航空
  • エティハド航空
  • エミレーツ航空
  • カタール航空
  • エールフランス/KLM航空

この中でもANAマイルへの移行がレートが良く、おすすめです。

ただし、ANAマイルへ移行する場合は「メンバーシップ・リワード ANAコース」への加入(年間参加費税込5,500円)が必要です。

また、1ポイント=1マイルで交換するためには前述の「メンバーシップ・リワード・プラス」への加入も必要です。

航空会社必要ポイント数交換後マイル数
ANA1,000ポイント1,000マイル
ANA以外1,250ポイント1,000マイル
※「メンバーシップ・リワード・プラス」未加入の場合は、2,000ポイント=1,000マイルになります。
つまり、貯まったポイントを1ポイント=1マイルでANAマイルに移行する場合は、年会費だけでなく8,800円(税込)の費用が発生するということですね。

SPGアメックス

SPGアメックスでは、100円の利用につき3ポイント貯まります。

また、マリオット・ボンヴォイ参加ホテルでSPGアメックスを利用すると、100円の利用につき6ポイントが貯まります。

ポイントの使い道としては、マリオット・ボンヴォイ参加ホテルの宿泊か、マイルへの移行がおすすめです。

ポイントをマイルに移行する際は、3ポイント=1マイルになります(マイル還元率1.0%)。移行手数料は発生しません。

1回の手続きで60,000ポイント以上まとめてマイルに移行すると、15,000ボーナスポイントが上乗せされ、その合計分がマイルに移行されます。

つまり、60,000ポイント以上まとめてマイルに移行すれば、マイル還元率が1.25%というかなり高い水準になるんです。

さらに、アメックスゴールドよりも移行できる航空会社が多いのもポイントです。

ANA・JALをはじめ、世界40以上の航空会社のマイルに移行ができるんです。

マイル移行を重視するのであれば、SPGアメックスを選ぶのがおすすめです。

アメックスゴールドとSPGアメックス|特典で比較

次は、カードに付帯する特典でアメックスゴールドとSPGアメックスを比較していきたいと思います。

比較する要素は以下の5つです。

  • ゴールド・ダイニング
  • 空港ラウンジ
  • プライオリティ・パス
  • ホテル特典
  • 手荷物無料宅配サービス

ゴールド・ダイニング by 招待日和

ゴールド・ダイニング by 招待日和

画像引用元:ゴールド・ダイニング by 招待日和

ゴールド・ダイニング by 招待日和」とは、国内とシンガポールにある約200の店舗で、2人以上で利用した場合、コース料理1名分が無料になる特典です。

同一店舗では半年に1回までの利用ですが、店舗を変えれば利用回数に制限はありません。

2020年10月時点で、ゴールド・ダイニング by 招待日和の対象となっている店舗の一例をご紹介します。

都道府県店名無料になるコース料金
北海道旬菜旬魚 うたげ22,000円
パノラマビューレストラングランポルト函館15,000円
宮城リストランテ イル ミラマーレ 16,874円
埼玉エグリーズ ドゥ 葉山庵 24,200円
東京アンティカ・オステリア・デル・ポンテ 33,600円
石川和風中華 招龍亭 19,800円
静岡ステーキハウス金井 19,800円
愛知レストラン ロワール21,780円
京都ステーキ 花郷 祇園店 36,300円
大阪懐石 北瑞苑37,950円
兵庫RAVIMANA ANNEX Pacha 22,000円
島根里山イタリアンAJIKURA11,000円
高知得月楼13,200円
岡山Restaurant SORA14,520円
広島薪焼きステーキ Ajikura 11,000円
福岡焼肉 みやなか 20,196円

一流店ばかりなので、大切な人との記念日や、重要な接待シーンなどに役立ってくれること間違いなしの特典です。

この特典を一年間に1~2回利用すれば、アメックスゴールドの年会費31,900円(税込)の回収は簡単にできますね!

なお、ゴールド・ダイニング by 招待日和は、残念ながらSPGアメックスに付いていません。

ただし、SPGアメックスでは、マリオット・ボンヴォイ参加ホテル内のレストラン・バーでの飲食代金が15%オフになるという特典が使えます。

対象のレストラン・バーは2,700軒以上。

ただし、朝食には適用されない、他の割引特典との併用はできないなど条件があるので注意してくださいね。

空港ラウンジ

飛行機で旅行に行く際に使いたい空港ラウンジサービスは、ゴールドカード定番の特典ですよね。

アメックスゴールドでもSPGアメックスでも、国内外29箇所の空港ラウンジを無料で利用することができます。(同伴者も1名まで無料)

  • 北海道:新千歳空港、函館空港
  • 東北:青森空港、秋田空港、仙台空港
  • 関東:羽田空港、成田国際空港
  • 北陸:新潟空港、富山空港
  • 中部:中部国際空港、小松空港
  • 関西:大阪国際空港、関西国際空港、神戸空港
  • 中国:岡山空港、広島空港、米子空港、山口宇部空港
  • 四国:高松空港、松山空港、徳島空港
  • 九州・沖縄:北九州空港、福岡空港、長崎空港、大分空港、熊本空港、鹿児島空港、那覇空港
  • 海外:ダニエル・K・イノウエ国際空港(ハワイ)

本会員だけでなく家族カード会員でも、利用回数の上限なく無料で使えます。

プライオリティ・パス

プライオリティ・パス

画像引用元:世界に広がるラウンジ・ネットワーク | プライオリティ・パス

空港ラウンジ特典はアメックスゴールドとSPGアメックスで差はありませんでした。

では「プライオリティ・パス」ではどうでしょうか。

プライオリティ・パスとは、世界のVIP空港ラウンジを利用できる会員資格のことです。

アメックスゴールドなら、本来99米ドルかかる年会費が無料になり、さらに、1回32米ドルのラウンジ利用料も年間2回まで無料になります。

一方で、SPGアメックスでは残念ながらプライオリティ・パスは付きません

プライオリティ・パスの会員資格が欲しい人は、アメックスゴールドが向いていると言えそうですね。

ホテル特典

ウェスティンホテル東京の外観

画像引用元:Marriott Bonvoy™の特典

ホテル特典で比較をすると、SPGアメックスのほうが特典内容が優れています。

それぞれ見ていきましょう。

アメックスゴールド

アメックスゴールドは、カード会員専用の旅行予約サイト「アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン」などの利用でホテル代が安くなり、さらに100円につき2ポイントが貯まります。

他にも以下のサイトでホテル代が安くなります。

  • エクスペディア
  • 一休.com
  • 日本旅行
  • アップルワールド.com

なお、「H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク」で、電話で旅行手配をしてくれるサービスや、空港ラウンジを無料利用できるサービス(同伴者1名も無料)で利用できます。

SPGアメックス

SPGアメックスには、マリオットボンヴォイのゴールドエリート会員の資格が付帯します。

この資格は本来、所定の高級ホテルを年間で25泊以上利用しないと、手に入れられないものなんです。

SPGアメックスに入会するだけでこの資格がついてくるのは嬉しいですよね!

ゴールドエリート会員になると、マリオット・ボンヴォイ参加ホテルで以下のような待遇が受けられます。

  • レイトチェックアウト(14時まで)
  • 客室の無料アップグレード
  • ボーナスポイント進呈(25ポイント)
  • ウェルカムギフトとして250または500ポイント進呈
  • モバイルチェックインとモバイルキー など

さらに、SPGアメックスは、カード更新のたびに、世界各地のマリオット・ボンヴォイ参加ホテルで利用できる1室1泊の無料宿泊特典がプレゼントされます。

日本国内の対象ホテルの一部をご紹介します。

  • コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション
  • 軽井沢マリオットホテル
  • シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
  • シェラトン北海道キロロリゾート
  • シェラトン都ホテル東京
  • シェラトン沖縄サンマリーナリゾート
  • ウェスティン都ホテル京都
  • ウェスティンホテル東京

ただし、以下のような条件があるので注意してください。

  • 対象ホテル:世界各地のマリオット・インターナショナル加盟ホテル
  • 対象客室:スタンダードルーム1室1泊(2名まで)
  • 特典除外日:スタンダードルームに空きがあるなら、いつでも利用可能
  • 有効期間:13か月後の末日まで
この特典だけでも年会費分の体験ができますね!

手荷物無料宅配サービス

手荷物無料宅配サービスとは、海外旅行の出発時・帰国時に、自宅ー空港間で手荷物を会員1名につきスーツケースを1個まで無料で配送してくれるサービスのことです。

無料配送サービスの対象は、以下を満たしたものになります。

  • 縦・横・高さ合計が160cm以内
  • 重さ30kgまでのスーツケースやゴルフバッグ1個まで
  • カード会員1人につき手荷物1個まで
  • 本会員・家族カード会員であること
  • スキーやスノーボード、サーフボードは対象外

アメックスゴールドでは、この手荷物無料宅配サービスが出発時・帰国時の両方で利用可能です。
対象の空港は以下の4ヶ所。

  • 羽田空港(第3ターミナル)
  • 成田国際空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港

SPGアメックスでも手荷物無料宅配サービスは使えます。ただし、利用できるのは帰国時のみとなっています。
また、対象空港も以下の3ヶ所となっています。

  • 成田国際空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港
手荷物無料宅配サービスを羽田空港から利用したい人、出発時にも帰国時にも利用したいという人には、アメックスゴールドのほうがオススメです。

アメックスゴールドはこんな人にオススメ

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
以上、アメックスゴールドとSPGアメックスを様々な観点で比較してきましたが、ここからはアメックスゴールドがどんな人におすすめなのかを解説していきます。

  • アメックスプラチナを目指したい人
  • 家族カードの発行を考えている人
  • プライオリティ・パスを使いたい人

アメックスプラチナを目指したい人

アメックスプラチナは、自己申し込みができるアメックスプロパーカードの中では、最高ランクの一枚です。

年会費は143,000円(税込)と高額ですが、特典が豊富で、プラチナカードならではのコンシェルジュサービスも使うことができます。

もちろん、アメックスゴールドよりも旅行関連のサービスが充実しています。

家族カードの発行を考えている人

アメックスゴールドは1枚目の家族カードは無料なので非常に便利です。

実は結婚していないパートナーにも発行することができる優れものです。

家族カードは本会員と一緒の支払いなので、大学生の子供に1枚持たせておくことも可能です。

プライオリティ・パスを使いたい人

世界各地空港のVIPラウンジを利用できるようになる「プライオリティ・パス」。

この特典を使いたいという人は、アメックスゴールドがおすすめです。

空港での待ち時間を有意義に過ごすことができますよ。

SPGアメックスはこんな人にオススメ

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
それでは、SPGアメックスはどんな人におすすめなカードなのでしょうか? こちらも一緒にチェックしていきたいと思います。

  • マイルを効率よく貯めたい人
  • 高級ホテルでの優待を受けたい人

マイルを効率よく貯めたい人

先述したように、アメックスゴールドカードと比べると、SPGアメックスのほうが圧倒的にマイルが貯まりやすくなっています。

マイルを効率よく貯めたいと思っている人は、SPGアメックスを選ぶと良いでしょう。

高級ホテルでの優待を受けたい人

高級ホテルでの高待遇を受けられるのは、SPGアメックスです。

優待はアメックスゴールドでは受けられませんので、優待を受けたいのであれば、SPGアメックスを選びましょう!

動画で解説!
山田
岡山県出身、上京5年目の30代独身女性。
都内のITベンチャー企業で働きながら、個人でも仕事をしているフリーランス。

山田のレゾンデートルとは?
💎私の”レゾンデートル=存在価値“発見チャンネル💎 「仕事もプライベートもストレスフリーに生き抜きたい!」という目標をもつ山田が自分のレゾンデートルを見つけて、よりよい人生を自分でデザインしていけるようになるための情報をわかりやすく発信していきます! お得情報・キャッシュレス・マネーリテラシー/キャリア・ビジネススキルのレベルを一緒に上げていきませんか?