イオンカードセレクトってどんなカード?ポイント還元やメリット・デメリットを解説

更新:2020年11月05日 投稿:2020年10月23日
  • タイトルとURLをコピー
イオンカードセレクト

イオンカードセレクト
イオンカードセレクトとは、キャッシュカード、クレジットカード、電子マネーWAONが一枚になったクレジットカードのことです。

年会費無料ながらも特典も充実していて、イオングループの店舗をよく使う方なら、持っておいて損のない一枚となっています。

今回はそんなイオンカードセレクトのポイント還元やメリット・デメリットについて解説します。

年会費無料でお得に使えるクレジットカードを探している方は、ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

山田的ポイント!
  • イオングループ各対象店舗でお得にポイントが貯まる
  • 利用実績に応じてゴールドカードのインビテーションも受けられる
  • イオングループの店舗をよく使うなら持っておいて損ナシ!

イオンカードセレクトの基本情報

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト
還元率ポイント0.5~1.0%
マイル0.25%
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外なし
国内
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーiD
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
発行会社株式会社イオン銀行
発行期間約2~3週間
イオンカードセレクトとは、イオングループ各対象店舗でさらにお得に便利にお買い物をするために、以下の3枚のカードが1枚になったカードのことを指します。

  • キャッシュカード
  • クレジットカード
  • 電子マネーWAON

イオンカードとイオンカードセレクトとの違いは、イオンカードにはイオン銀行口座のキャッシュカードを一体化できないところです。

カードを何枚も持つのは面倒といった人にイオンカードセレクトは特におすすめです。

イオンカードセレクトのポイント還元

続いて、イオンカードセレクトのポイント還元についてチェックしましょう。

イオンカードセレクトで貯めることのできるポイントは、以下の3種類です。

  • ときめきポイント
  • 電子マネーWAONポイント
  • WAON POINT

ときめきポイントとは

ときめきポイントは、イオンカードセレクトの利用金額に応じて貯まるポイントです。

クレジットカードでのショッピング購入額200円(税込)ごとに1ポイントが付与されます。

貯まったポイント数に応じて、様々な商品との交換ができる特典があります。

ときめきポイントから商品へ交換する際は、パソコンやスマートフォンのインターネット、電話での自動音声応答サービス、郵送で申込ができます。

電子マネーWAONポイントとは

電子マネーWAONポイントは、電子マネーWAONでお買い物した際、200円(税込)につき1ポイントたまります。

このポイントは、電子マネーWAONに交換したり、提携ポイントに交換することができます。

WAONポイントとは

WAONポイントとは、電子マネーWAONやクレジットカードでの支払時、もしくは現金支払時にイオンカードの提示で貯まるポイントです。

こちらも、200円(税込)につき1WAON POINTがたまります。

なお、現金支払時よりも、クレジットカードでの支払いもしくは電子マネーWAONでの支払いのほうが、ポイントをより多く貯めることができます。

現金支払いの場合、購入額200円(税込)で1ポイントですが、電子マネーWAONやクレジットカードでの支払いであれば、購入額200円(税込)で2ポイント付与されます。

ときめきポイントがいつでも2倍

イオングループ各対象店舗での利用であれば、特典としてときめきポイントがいつでも基本の2倍付与されます。

対象店舗は以下の通りです。

  • イオン
  • イオンスタイル
  • イオンモール
  • ダイエー
  • グルメシティー
  • マックスバリュ
  • イオンスーパーセンター など
基本的に購入額200円(税込)で1ときめきポイントが付与されるところ、2倍の2ときめきポイントが付与されます。

毎月10日はときめきポイント5倍

毎月10日は「ありが10デー」です。

イオングループ各対象店舗でのクレジットカード利用時に、基本は購入額200円(税込)で1ときめきポイントが付与されるところ、毎月10日は5ときめきポイントが付与されます。

なお、先ほどご紹介した「いつでも2倍特典」との併用はできないので、注意してくださいね。

電子マネーWAONポイントが二重に貯まる

イオン銀行口座からWAONへのオートチャージを利用することで、電子マネーWAONポイントが二重に貯まる特典があります。

オートチャージとは、WAONでの支払後残高があらかじめ設定している金額未満になった場合に、事前に設定した金額が自動的にチャージされるサービスです。

自動的にチャージされた金額は、都度イオン銀行普通預金口座から引き落としされます。

電子マネーWAONの利用時の購入200円(税込)ごとに1ポイント、さらにオートチャージ利用時200円ごとに1ポイントと、WAONポイントが二重に貯まる、お得な仕組みです!

イオン銀行口座での口座振替でも、給与受取でもポイントが貯まる

イオンカードセレクトでは、特定の口座振替サービスや給与受取利用時に電子マネーWAONポイントが別途付与されます。

特典として口座振替サービス利用件数1件につき、5電子マネーWAONポイントが付与され、
口座振替対象取引は以下の通りです。

  • 電気料金
  • ガス料金
  • 固定電話料金
  • 携帯電話料金
  • NHK料金

対象取引によって、契約された内容件数と口座振替サービスのカウント件数が異なる場合があるため、事前によく確認するようにしましょう。

また給与受取口座に指定すると、毎月10電子マネーWAONポイントが付与されます。

受取口座を変更するだけで、毎月ポイントがもらえるのは嬉しいですね!

イオンカードセレクトのメリット

では次に、イオンカードセレクトにはどんなメリットがあるのでしょうか。

今回は、イオンカードセレクトの3つのメリットを紹介したいと思います。


イオンカードセレクトのメリット3選
  • 特典やサービスが充実
  • イオン銀行がお得に使える
  • ゴールドカードへの招待が受けられる

特典やサービスが充実している

イオン銀行がお得に利用できたり、ポイント付与特典があったりと、非常に魅力的なイオンカードセレクト。

これまでご紹介してきた以外にもまだまだ特典やサービスが充実しています。

毎月20日・30日はお買い物代金5%OFF

イオンカード
イオンの「お客様感謝デー」は、ご存知の人も多いのではないでしょうか。

毎月20日・30日のお客さま感謝デーでは、イオングループの対象店舗でクレジット支払または電子マネーWAON支払を利用すると、買物代金より5%OFFになり、お得に買物ができます。

割引が受けられる店舗は以下の通り。

  • イオン
  • マックスバリュ
  • イオンスーパーセンター
  • サンデー
  • ビブレ
  • ザ・ビッグ など

日用品や長期保存ができる食料品などは、このお客様感謝デーにまとめ買いするとお得になりますね!

お得に映画鑑賞ができる

イオンシネマでは、イオンカードセレクトでの支払いで、利用料金がいつでも300円オフ、さらに毎月20日・30日は税込1,100円で利用できます。

映画好きな人は、見逃せない特典ですね!

イオンカードセレクト(ミニオンズ)ならもっとお得

イオンカードセレクト(ミニオンズ)
また、イオンカードセレクトミニオンズだけのオリジナル特典として、イオンシネマの専用Webサイトからイオンシネマチケットを購入すれば、いつでも優待価格の1,000円で映画チケットを購入することができます。

スマホでスピード決済が可能

イオンiDを利用すれば、安心手軽にスマホからの決済が可能になります。

イオンiDとは、クレジットカード情報を登録したスマホを使って買物ができるサービスで、利用料金はイオンカードと合わせて支払いでき、利用分はときめきポイントの対象となります。

ただし、イオンiDを利用するには、おサイフケータイ対応のスマホが必要です。

イオン銀行がお得に使える

イオン銀行
イオンカードセレクトは、イオン銀行のキャッシュカード機能が備わっているので、カード利用を開始するにはイオン銀行の口座開設が必要です。

もし既にイオン銀行の口座をお持ちの場合は、その口座を設定することができます。

イオン銀行では「イオン銀行Myステージ」が設定されており、特定の対象取引の利用状況に応じて、自動的にイオン銀行スコアが貯まっていく仕組みで、段階的に割り当てられたステージごとの特典を受けられます。

対象取引数が多ければ多いほどステージが上がり、お得な特典を利用することができます。

ステージ(必要な点数) 普通預金金利(2020年10月10日現在) 他行ATM入出金手数料無料回数 他行宛振込手数料無料回数
プラチナ(150点~) 年0.10% 月5回 月5回
ゴールド(100点~) 年0.05% 月3回 月3回
シルバー(50点~) 年0.03% 月2回 月1回
ブロンズ(20点~) 年0.01% 月1回 0回

ではどのようなサービスが実際に受けられるのか、順番にご紹介していきましょう。

最大年0.10%の普通預金金利

イオン銀行では普通預金口座の取扱があり、適用金利は最大年0.10%で設定されています。

なお、普通預金金利は変動金利が採用されているため、都度変わる可能性があります。

店頭もしくはイオン銀行ホームページ上の商品概要説明書を参照すると良いでしょう。

他行ATM入出金利用手数料、他行宛振込利用手数料が最大月5回無料

イオン銀行だけではなく、提携先の他行ATMでの入出金手数料および他行宛振込利用手数料が、最大月5回まで無料となります。

代表的な提携先は以下の通りです。

  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行 など

なお、提携金融機関ごとに取扱手数料無料の時間帯や提携内容が異なりますので、事前によく確認しておきましょう。

ATMは全国約55,000台以上で手数料無料

全国に約6,000台以上あるイオン銀行ATMを始め、他行の提携先ATMやコンビニエンスストア等のATMでも利用が可能です。

コンビニエンスストアでは、イーネットATMやローソン銀行ATMが取扱対象となります。

出張先や旅行先などで近くにイオン銀行のATMがなくても、全国での取扱ATM数が多いため、非常に利便性が高いカードですね。

ゴールドカードへの招待が受けられる

イオンゴールドカード
イオンカードセレクトでは、利用実績に応じて、「イオンゴールドカードセレクト」のインビテーションを受けられます。

イオンゴールドカードセレクトは、イオンカードセレクトを持っており、直近1年間のカードショッピング利用額が100万円以上など、所定の要件を満たした利用者にのみ発行されるカードです。

このカードの特典としては、以下3つです。

  • ショッピングセーフティ保険が手厚い
  • 旅行傷害保険が無料付帯
  • 全国のイオンラウンジや主要空港のラウンジサービスが利用可能

ショッピングセーフティ保険は、イオンゴールドカードセレクトで買物をした商品が、偶然の事故により損害を被った場合に、購入してから180日間かつ1品につき5,000円~300万円、年間300万円まで無料で補償してくれるというもの。

イオンカードセレクトの場合は、1品5,000円~50万円、年間50万円までが補償対象なので、イオンゴールドカードセレクトの保障が手厚いことがわかりますね。

また、旅行傷害保険が無料付帯されるため、国内旅行や海外旅行に安心して出かけることができます。

海外旅行傷害保険では最高5,000万円まで、国内旅行傷害保険では最高3,000万円まで補償されますが、適用には所定の条件がありますので、事前によく確認しておきましょう。

さらに、空港ラウンジ特典がついているので、飛行機の搭乗前にゆったりとした時間を過ごすことができますね。

イオンカードセレクトのデメリット

ここまでイオンカードセレクトの特徴や魅力についてお伝えしてきましたが、デメリットもあります。

3つのカードをまとめて持ち歩くことができ、機能性も特典も充実しているイオンカードセレクト。

ここからは、イオンカードセレクトのデメリットについても見ておきましょう。


イオンカードセレクトのデメリット2選
  • 引き落とし口座がイオン銀行限定
  • イオングループ以外で利用すると還元率が低い

引き落とし口座がイオン銀行限定

クレジットカードを利用するために、引き落とし口座の設定は必要不可欠ですね。

イオンカードセレクトでは、引き落とし口座がイオン銀行のみと限定されています。

そのため、イオン銀行以外の銀行で給与振込を受けている場合には、毎月利用額を移し替える必要がありますので、手間に感じてしまうかもしれませんね。

イオングループ以外で利用すると還元率が低い

イオンカードセレクトは、イオングループの各対象店舗での利用でポイント還元率が高くなるカードです。

しかし、それ以外の場所での利用時では、購入額税込200円につき1ポイントの基本ポイント付与のみ、還元率に換算すると0.5%になります。

今では1%の高還元率を誇るカードも増えてきています。

イオングループ各対象店舗に利用を絞っている人には良いですが、様々なシーンでのカード利用を検討されているのであれば、その他の高還元率カードを利用した方がお得になる可能性があります。

イオンカードセレクトはこんな人におすすめ

では最後に、イオンカードセレクトはどんな人におすすめのカードなのかをお伝えします。


こんな人におすすめ
  • 日常的にイオンそのほか対象店舗を頻繁に利用する人
  • イオン銀行ATMをよく使う人
  • 年会費無料のゴールドカードを持ちたい人

イオンカードセレクトは、イオングループ各店舗での利用でポイントが多く付与されたり、割引を受けられたりするので、イオングループを日常的に利用する人にとっては、メリットの多いカードと言えるでしょう。

また、主婦や学生でも比較的審査は通りやすく、年会費無料で持つことができることも、魅力の1つですね。

そして、イオンカードセレクトを年間100万円以上利用すれば、ゴールドカード(イオンゴールドカードセレクト)への招待が届く仕組みとなっています。

海外および国内旅行傷害保険の付帯、全国のイオンラウンジや主要空港のラウンジサービスが利用できます。

年会費無料でゴールドカードを持ちたい人にも、ぜひおすすめしたいカードです。

イオングループをよく使うなら「イオンカードセレクト」

イオンカードセレクト
今回の記事では、イオンカードセレクトならではの特徴についてご紹介しました。

イオングループ各対象店舗を日常的に利用する人には、とにかく持っていて損はしない一枚です。

年会費も無料なので、迷っている人は発行を考えてみてはいかがでしょうか。
動画で解説!
山田
岡山県出身、上京5年目の30代独身女性。
都内のITベンチャー企業で働きながら、個人でも仕事をしているフリーランス。

山田のレゾンデートルとは?
💎私の”レゾンデートル=存在価値“発見チャンネル💎 「仕事もプライベートもストレスフリーに生き抜きたい!」という目標をもつ山田が自分のレゾンデートルを見つけて、よりよい人生を自分でデザインしていけるようになるための情報をわかりやすく発信していきます! お得情報・キャッシュレス・マネーリテラシー/キャリア・ビジネススキルのレベルを一緒に上げていきませんか?