ETCカードおすすめ6選!年会費無料で作れるのは?【2020年版】

更新:2020年11月05日 投稿:2020年10月24日
  • タイトルとURLをコピー
ETCカード おすすめ

高速道路の料金所にあるETCレーンを利用するには、ETCカードが必要です。

高速道路を使う機会が多い人にとっては、ETCカードは必須アイテムですよね。

現在発行されているクレジットカードの大半は、追加カードとしてETCカードを作ることができます。

でも、種類がたくさんあるせいで、どのクレジットカードでETCカードを作ればお得なのか、迷ってしまいますよね。

そこで今回は、ETCカードを追加発行できるオススメのクレジットカード6選をご紹介します。

山田的ポイント!
  • 「クレジットカード付帯ETCカード」がおすすめ
  • 発行手数料・年会費無料で作れるカードも
  • ETC利用でクレジットカードのポイントも貯まってお得

個人向けETCカードは2種類ある

そもそも、個人向けETCカードには、以下の2種類があります。

  • クレジットカード付帯ETCカード
  • ETCパーソナルカード

クレジットカード付帯ETCカードとは

カード会社が発行しているのが、クレジットカード付帯ETCカードです。

ETCカード利用分は、クレジットカードの登録口座から引き落としされるシステムです。

そのため、わざわざ高速道路の料金所で、現金を出して支払いするといった手間はかかりません。

クレジットカード付帯ETCカードは、大きく2つに分けられます。

  • ETC専用カード(分離型)
  • クレジットカード一体型ETCカード

クレジットカードとは別に発行されるのがETC専用カード(分離型)です。クレジット機能とETC機能が、それぞれ別のカードに分かれているものになります。

家族カードのように、追加カードとして発行できると考えてもらうと、わかりやすいかと思います。

一方、クレジットカード一体型ETCカードは、一枚のカードにクレジット機能とETC機能が付いているものです。そのため、カードを2枚管理する必要はありません。

ETC一体型のクレジットカードは廃止された

しかし、ETC一体型のクレジットカードは廃止されました。

ETCカードを車載器に差し込みしたまま、車から出ると、ETC一体型のクレジットカードが盗まれてしまう恐れがあります。万が一盗難に遭うと、クレジット機能の不正利用で、高額な請求が届きかねません。

このように、セキュリティの観点から、2018年6月に施行された改正割賦販売法により、ETC一体型のクレジットカードは廃止となったのです。

ETCパーソナルカードとは

ETCパーソナルカード(ETCパソカ)は、以下の6社が共同で発行しています。

  • NEXCO東日本
  • NEXCO中日本
  • NEXCO西日本
  • 首都高速道路株式会社
  • 阪神高速道路株式会社
  • 本州四国連絡高速道路株式会社

高速道路の通行料金は、銀行口座より引き落としされます。

クレジットカード付帯ETCカードと違い、ETCパーソナルカードでは単独発行が可能です。

クレジットカードの審査に通るか不安な方や、どうしてもクレジットカードを使いたくないという方は、ETCパーソナルカードへ申し込みするといいでしょう。

また、ETCパーソナルカードは年会費1,257円(税込)がかかります。

デポジットの預託が必要

さらに、ETCパーソナルカードの場合は、デポジット(保証金)を預託する必要があります。

デポジットは平均利用月額に応じて変わります。

平均利用月額 デポジット
5,000円 20,000円
10,000円 40,000円
15,000円 60,000円
20,000円 80,000円

ただし、ETCパーソナルカード利用料金の合計が、預託したデポジットの一定割合を超えると、以下のような措置が取られます。

項目 内容
デポジット70%超 追加でデポジット20,000円を銀行口座より引き落とし
デポジット80%超 利用停止(引き落としできない場合、デポジットの追加に応じない場合)
つまり、ETCパーソナルカードで利用できる限度額は、デポジットの80%までということになります。

クレジットカード付帯ETCカードがオススメ

クレジットカード付帯ETCカードなら、デポジットは不要なので、ETCパーソナルカードより利用しやすいでしょう。

また、以下のようなメリットもあるので、クレジットカードを作れる方なら「クレジットカード付帯ETCカード」がオススメです。


クレジットカード付帯ETCカードのメリット
  • ポイントが貯まる
  • 年会費・発行手数料が無料

ポイントが貯まる

クレジットカード付帯ETCカードによっては、ポイントの2重取りが可能です。

  • クレジットカードのポイント
  • ETCマイレージサービスのポイント

楽天カードのETCカードなら「楽天ポイント」、三井住友カードのETCカードなら「Vポイント」というように、ETCカードの利用で貯まるポイントは、各カードによって異なります。

また、ETCマイレージサービスで貯まるポイント数は、高速道路株式会社によって異なります。

ETCマイレージサービス
高速道路の利用料金に応じて、ポイントが貯まるサービスのこと。貯まったポイントは、高速道路の通行料金に使うことができる。

NEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本では通行料金10円につき1ポイント付与されます。

年会費・発行手数料が無料

カードによっては、年会費・発行手数料無料でETCカードの発行が可能です。

年会費・発行手数料なので、貯まったポイントが目減りする心配がありませんね。

中には、ETCカードの追加に年会費・発行手数料が発生するクレジットカードもあるので、申し込みの前によく確認しておきましょう。

年会費無料のETCカードおすすめ6選

ここからは、ETCカードを追加できるクレジットカードの中から、おすすめの6枚をご紹介します。


ETCカードおすすめ6選
  • 楽天カード
  • JCB CARD W
  • dカード
  • Orico Card THE POINT
  • エポスカード
  • 三井住友カード

楽天カード

楽天カード

楽天カード
還元率ポイント1.0%~
マイル0.5%~
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外最高2,000万円(利用付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料無料
年会費550円
※楽天会員ランクがプラチナ以上の場合は無料
電子マネーQUICPay、楽天Edy
国際ブランドVISA、Mastercard、アメリカン・エキスプレス、JCB
発行会社楽天カード株式会社
発行期間最短1週間
楽天カードは年会費が永年無料の一般カードです。

通常還元率が1.0%なだけでなく、楽天市場で利用すれば3%の還元が受けられます。

さらに、楽天市場ではお買い物マラソン楽天スーパーSALEなど、ポイントがザクザク貯まるお得なセールも行っているので、楽天ユーザーには特に使い勝手の良いカードとなっています。

楽天カードのETCカード

楽天カードのETC
楽天カードでは、ETC利用分でも1.0%と高還元が受けられるのが魅力です。

ETCカードの年会費は通常550円(税込)ですが、このどちらかの条件を満たすと、無料にすることができます。

  • 楽天会員ランクがダイヤモンドまたはプラチナランク
  • 楽天ゴールドカードまたは楽天プレミアムカードを持っている

会員ランクを上げるには、以下の条件を満たすことが必要です。

会員ランク条件
レギュラーランクポイント対象の楽天サービス利用で、ポイントを獲得
シルバーランク過去6ヶ月で200ポイント以上、かつ2回以上ポイントを獲得
ゴールドランク過去6ヶ月で700ポイント以上、かつ7回以上ポイントを獲得
プラチナランク過去6ヶ月で2,000ポイント以上、かつ15回以上ポイントを獲得
ダイヤモンドランク過去6ヶ月で4,000ポイント以上、かつ30回以上ポイントを獲得、かつ楽天カードを保有
プラチナランク、ダイヤモンドランクになるには、このような条件をクリアする必要があります。

ただし、楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカードなら、会員ランクに関わらず、ETCカードの年会費が無料になります。

楽天ETCカードの申し込み方法は、次のとおりです。

  • 楽天カード会員用のWEBサービス「楽天e-NAVI」から申し込む
  • 自動音声専用ダイヤル(0120-30-6910)から申し込む

JCB CARD W

JCB CARD W

JCB CARD W
還元率ポイント1.0%~
マイル0.6%~
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外最高2,000万円(利用付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay
国際ブランドJCB
発行会社株式会社ジェーシービー
発行期間最短3営業日発行(届くのは1週間後)
JCB CARD Wは、39歳以下の方だけが入会できる、JCBのプロパーカードです。

年会費無料、いつでも他のJCBプロパーカード(還元率0.5%)の2倍の還元(1.0%)が受けられるほか、Amazonセブンイレブンスターバックスなど、JCB ORIGINAL SERIESパートナー加盟店で利用すると、さらにポイントアップする特典が用意されています。


JCB ORIGINAL SERIESパートナー加盟店(一部)
  • Amazon
  • セブンイレブン
  • スターバックス
  • オリックスレンタカー
  • 洋服の青山 など

JCB CARD WのETCカード

JCB ETCカード
JCB CARD Wなら、条件なしでETCカードの年会費が無料になります。

さらに、ETC利用分も1.0%の高還元です。

JCB CARD WのETCカードは、次の方法で申し込みができます。

  • JCB会員用のWEBサービス「MyJCB」から申し込む
  • ETCスルーカード入会ご案内専用ダイヤル:0120-1104-55/携帯電話:0570-0010-55
  • 入会申込書を郵送

dカード

dカード VISA

dカード
還元率ポイント1.0%~
マイル0.5%~
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外なし
国内
ETCカード発行手数料無料
年会費550円 ※前年度1度でも利用すれば無料
電子マネーiD
国際ブランドVISA、Mastercard
発行会社株式会社NTTドコモ
発行期間最短5日
dカードはNTTドコモが発行する年会費永年無料のクレジットカードです。

基本還元率1.0%と高還元ですが、dカード特約店で利用すれば、さらにポイントが貯まります。ここではdカード特約店の一部をご紹介します。


dカード特約店(一部)
  • ENEOS
  • dトラベル
  • JTB
  • 高島屋
  • マツモトキヨシ
  • コナカ
  • スターバックスカード など

また、QRコード決済サービス「d払い」の決済方法をdカードに設定すれば、還元率が1.5%~2.0%までアップします。

d払いの請求で加算されるdカードの通常ポイント1.0%に加えて、d払いの利用でもポイントが貯まるからです。(d払いのポイント還元率は、街のお店:0.5%、ネットのお店:1.0%)

dカードのETCカード

dカードETCカード
ETC利用分100円につき1ポイント付与、ポイント還元率は1.0%です。

ETCカードの年会費は初年度無料、次年度以降は通常550円(税込)ですが、年1回以上利用すれば、次年度の年会費も無料になります。

dカードのETCカードは、次の方法で申し込みができます。

  • dアカウントにログインして申し込み
  • 最寄りのドコモショップで申し込み
  • 入会申込書を郵送

ドコモショップのある場所は、NTTドコモ公式サイトより検索してください。

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

Orico Card THE POINT
還元率ポイント1.0%~
マイル0.5%~
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外なし
国内
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーiD、QUICPay
国際ブランドMastercard、JCB
発行会社株式会社オリエントコーポレーション
発行期間最短8営業日(オンライン申込)
Orico Card THE POINTは、株式会社オリエントコーポレーションが発行する年会費無料、ポイント高還元が魅力のカードです。

カード会員限定のショッピングモール「オリコモール」を経由してネットショッピングすると、オリコモール利用分(0.5%~)と特別加算(0.5%)が受けられ、合計で2.0%以上のポイントを貯めることができます。

オリコモール対象サイトは以下の通り。


オリコモール対象サイト(一部)
  • Amazon.co.jp
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • Apple公式サイト
  • 【さとふる】ふるさと納税サイト
  • じゃらんnet など

iDとQUICPayをダブルで搭載できるという点も、他のクレジットカードにはない強みです。

また、Orico Card THE POINTでは、以下のように旅行サービスが充実しているので、旅行が好きな方にもおすすめな一枚です。

  • 国内外オリコパッケージツアー割引サービス
  • 海外格安航空券サービス
  • 海外お土産宅配サービス
  • 国内格安航空券サービス
  • 国内レンタカー予約サービス

Orico Card THE POINTのETCカード

オリコETCカード
Orico Card THE POINTは、入会後6ヶ月ポイント2倍になる特典が付いています。

ETC利用分も、特典の対象となっています。

特典の期間中は還元率2.0%にアップするので、ポイントを効率よくためるチャンスですね。

ETCカードは、オリコカード会員用のWEBサービス「eオリコサービス」より申し込みが可能です。

エポスカード

エポスカード

エポスカード
還元率ポイント0.5%~
マイル0.25%~
年会費初年度無料
2年目以降
家族カードなし
旅行保険海外最高500万円(自動付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay
国際ブランドVISA
発行会社株式会社エポスカード
発行期間即日交付可能(郵送は1週間)
エポスカードは、丸井グループの株式会社エポスカードが発行するクレジットカードです。

一般加盟店でもETCでもポイント還元率は0.5%と、これまでご紹介してきたカードより還元率は低めですが、エポスカードにはさまざまな特典が付いています。

特典名 特典内容
優待サイト「エポトクプラザ」 飲食店やレジャー・娯楽施設など全国の対象施設で優待
マルコとマルオの7日間 年4回マルイやモディで開催される10%オフのセール
海外旅行傷害保険 最高2,000万円の補償を自動付帯

特典の活用しだいでお得なクレジットカードへと生まれ変わります。

エポスカードのETCカード

エポスカードのETCカード

エポスカードのETCカードは、次の方法で申し込みができます。

  • エポスカード会員用のWEBサービス「エポスNet」から申し込み
  • エポスカードセンターで申し込み
  • 郵送で申し込み

エポスカードセンターのある場所は、エポスカード公式サイトより検索できます。

三井住友カード

三井住友カード

三井住友カード
還元率ポイント0.5%~2.5%
マイル0.3%〜
年会費初年度無料
※オンライン入会
2年目以降1,375円
※条件達成で割引もしくは無料
家族カード初年度:本会員に準ずる
2年目以降:440円
※条件達成で無料
旅行保険海外最高2,000万円(利用付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料無料
年会費初年度無料
次年度550円
(ETCの利用が前年に1回以上の場合、無料)
電子マネーiD
国際ブランドVISA、Mastercard
発行会社三井住友カード株式会社
発行期間最短翌営業日発行
※オンライン申込なら最短5分でカード番号発行
三井住友カードは、Vポイントが貯まる一般カードです。

三井住友カードには以下の特典が付いています。

  • セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでポイント5倍
  • ネットショッピングでポイント最大20倍になる「ポイントUPモール」
  • 事前エントリーでポイントやキャッシュバックがもらえる「ココイコ!」

基本ポイント還元率0.5%でも、特典を上手に活用すればお得になるでしょう。

三井住友カードのETCカード

三井住友ETCカード
ETCカードの年会費は通常550円(税込)です。

しかし、年1回でもETCカードを利用すれば次年度の年会費が無料になります。

無料にするための条件を満たすのは簡単なので、実質年会費無料と言えるでしょう。

ETCカードは会員用WEBサービス「Vpass」より申し込み可能です。

今回のまとめ

本記事では、ETCカードについて解説してきました。

最後に、今日ご紹介したカードをもう一度おさらいします。


ETCカードおすすめ6選
  • 楽天カード
  • JCB CARD W
  • dカード
  • Orico Card THE POINT
  • エポスカード
  • 三井住友カード

年会費・発行手数料無料でETCカードを作りたい方は、今回紹介したクレジットカードをぜひ参考にしてくださいね!

動画で解説!

山田
岡山県出身、上京5年目の30代独身女性。
都内のITベンチャー企業で働きながら、個人でも仕事をしているフリーランス。

山田のレゾンデートルとは?
💎私の”レゾンデートル=存在価値“発見チャンネル💎 「仕事もプライベートもストレスフリーに生き抜きたい!」という目標をもつ山田が自分のレゾンデートルを見つけて、よりよい人生を自分でデザインしていけるようになるための情報をわかりやすく発信していきます! お得情報・キャッシュレス・マネーリテラシー/キャリア・ビジネススキルのレベルを一緒に上げていきませんか?