PayPayカードの審査に落ちた…原因と審査基準は職業と年収?

  • 2022年10月28日
  • 2022年10月31日
PayPayカードの審査に落ちた

2021年12月1日に登場した、PayPayユーザー必携の「PayPayカード」

年会費無料でポイント還元率常時1.0%、さらにYahoo!ショッピングでは最大5%還元の恩恵も受けられる、PayPayユーザーにお得が満載のクレジットカードです。

しかしなかには、いざPayPayカードに申し込んだものの審査に落ちてしまった…という方もいることでしょう。

そこで本記事では、PayPayカードの審査に落ちる原因を徹底考察していきます。

審査基準や審査に通るコツも紹介しているので、PayPayカードに再度リベンジしたい方はもちろん、現在申し込みを検討している方や審査に不安を抱えている方なども、ぜひ参考にしてみてください。

PayPayカードが作りやすい理由
  • 販促・新規顧客獲得を目的とした流通カードである
  • 年会費無料&18歳の若年層から申込可能で収入の高さはあまり重視されていない
  • パート・アルバイト・主婦(主夫)も申込可能で職業の縛りもあまり厳しくない
PayPayカードの審査に落ちた理由
  • 申込フォームでの入力ミス
  • クレヒスにキズがある
  • 30代以上でクレジットカードの利用やローンの返済実績がない
  • 多重申込をしている

※本記事の価格は全て税込みです。

おすすめクレジットカード比較表
カード名PayPayカード
PayPayカード
三井住友カード(NL)
三井住友VISAカードナンバーレス
JCB CARD W
JCB CARD W
アメックスグリーン
アメックスグリーン
楽天カード
楽天カード
dカード
dカード
年会費無料無料無料月会費制1,100円/月
(年合計13,200円)
無料無料
還元率1.0%〜3.0%0.5%~5.0%1.0%~5.5%0.3%~1.0%1.0%~3.0%1.0%~3.0%
国際ブランドVisa、Mastercard、JCBVisa、MastercardJCBAmerican ExpressVisa、Mastercard、
JCB、American Express
Visa、Mastercard
入会特典最大7,000円相当
プレゼント
最大8,000円相当
プレゼント
Amazon利用で
最大12,000円
キャッシュバック
合計15,000ポイント
プレゼント
最大5,000ポイント
プレゼント
最大8,000ポイント
プレゼント
申込対象18歳以上18歳以上39歳以下20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
18歳以上18歳以上
発行スピード最短1週間最短即日最短3営業日1~3週間最短1週間最短5営業日
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
矢印

PayPayカードの審査基準

PayPayカード

PayPayカードは、PayPayカード株式会社が提供する年会費永年無料の流通系クレジットカードです。

流通系カードとは
小売業などが発行しているクレジットカードのこと。販売促進・顧客獲得がおもな発行理由であり、比較的作りやすいと言われています。

公表されている入会条件は次の通りです。

PayPayカードの入会条件
  • 日本国内在住の満18歳以上(高校生除く)の方
  • 安定した継続収入のある方
  • 携帯電話認証(SMS認証)が可能な携帯電話を保有している方
  • Yahoo!JAPAN IDを保有している方

PayPayカードの明確な審査基準は、ほかのクレジットカード同様に公開されていません。

しかし、間口の広い流通系カードである点、年会費無料で満18歳以上の若年層も申込対象である点を踏まえると、比較的作りやすいカードであると推察できます。

入会条件に「安定した継続収入」とあるものの、収入の高さはあまり重視されていないでしょう。

また、公式サイトに次の記載がある通り、職業の縛りもあまり厳しくないことが予想されます。

主婦や学生の方でも、18歳以上で安定した継続収入があればお申し込みは可能です(高校生はお申し込みできません)。

引用元:PayPayカード(旧ヤフーカード)は主婦や学生でも作れますか – よくある質問|PayPayカード

これらのことから、PayPayカードは次のような定職についていない方も申し込みしやすいクレジットカードであると言えます。

  • パート・アルバイト
  • 年金生活者
  • 学生(本人または家族に安定収入あり)
  • 専業主婦/主夫(配偶者に安定収入あり)

しかし、入会条件をすべて満たしているからといって必ずしも審査に通過できるわけではないのがクレジットカードの悩ましいところ。

ではなぜ、PayPayカードの審査に落ちてしまうケースがあるのか、次項よりその理由をじっくりと探っていきましょう。

PayPayカードの審査に落ちる理由

審査イメージ画像

PayPayカードの審査内容は一切開示されないため、審査に落ちた場合もその真の理由を知る術はありません。

しかし、比較的作りやすいとされるクレジットカードの審査に落ちてしまう原因には、おもに次の4つが考えられます。

審査に落ちる理由はおもな4つの理由
  • 申込フォームでの入力ミス
  • クレヒスにキズがある
  • 30代以上でクレジットカードの利用やローンの返済実績がない
  • 多重申込をしている

該当する項目がないか、PayPayカードに申し込んだ際の自分自身の状況と照らし合わせながらチェックしてみてください。

申込フォームでの入力ミス

申込フォームには、氏名・生年月日・職業・年収などの個人情報を入力しますが、それらの情報に誤りがあると審査に不利に働く恐れがあります。

たとえ入力ミスであっても、カード会社側ではそれがミスなのか故意なのかがわかりません。

そのため、虚偽申告とみなされ信用力が低いと判断されてしまった場合には、審査に落ちるひとつの原因となってしまいます。

申込フォームの入力時から審査がはじまっていると考え、丁寧に緊張感をもって対応しましょう!

クレヒスにキズがある

クレヒスとは、クレジットカードやローンなどの申込・契約・利用状況に関する情報が記録された、個人の信用情報のことです。

クレジットカードの審査時には、申込者の支払能力・返済能力を判断するため、カード会社によってクレヒスの過去数年間の履歴が参照されます。

その際、長期延滞や滞納などの金融事故情報が残っている、いわゆるクレヒスにキズがついた状態だと返済が滞るリスクを懸念されて審査通過が難しくなってしまいます。

事故情報の登録期間は5年程度とされています。そのため、過去5年以内に延滞などがある方は審査に不利に働く可能性がある点を留意しておきましょう

30代以上でクレジットカードの利用やローンの返済実績がない

過去にクレジットカードや各種ローンを一切利用したことがない場合も審査落ちする可能性があります。

返済実績がないと、当然ながらクレヒスにも一切情報が登録されておらず、申込者の信用力を判断できないためです。

返済実績が一度もなく信用情報に一切記録がない方は、俗に「スーパーホワイト」と呼ばれています。

なお、20代など若い年代のスーパーホワイトの方は、クレジットカードやローンの利用がなくても不自然がないため、審査に影響が及ぶ可能性は低いとされています。

問題になるのは、30代以上のある程度年齢の高いスーパーホワイトの方。

現金主義でこれまでにカードを作ったことがない方なのか、長期延滞・自己破産・債務整理などの事故情報が登録期間を経て信用情報からリセットされた方なのか、カード会社は見分けられません。

そのため、30代以上の方だと後者が疑われて審査に不利になる恐れがあります。

多重申込をしている

多重申込とは、短期間に複数のクレジットカードに申し込むことです。

多重申込をすると、「お金に困っているのではないか」とカード会社から貸し倒れのリスクを懸念され、審査落ちの原因となる場合があります。

クレジットカードの申込記録は、信用情報に6ヶ月間記録されます。心当たりがある方は、6ヶ月以上期間を空けてからPayPayカードに挑戦してみてください。

PayPayカードの審査に通るコツ

ここからは、PayPayカードの審査に通過するコツを詳しく解説します。

前述の通り、クレジットカードの審査基準は基本的にどのカード会社からも公表されておらず、確実に審査に通過するための方法はわかりません。

しかし、コツを押さえてトライすれば、審査通過の可能性を高めることは可能です。

PayPayカードに再チャレンジしたい方も、申込を検討している方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

PayPayカードの審査に通るコツ
  • 申込フォームは丁寧に記入&入念にチェック
  • 良好なクレヒスを築く
  • 6ヶ月以上空けてから申し込む

申込フォームは丁寧に記入&入念にチェック

申込フォームの入力内容に、ミスや漏れがあると審査に不利となる恐れがあります。

虚偽申告をしないのはもちろんのこと、必須項目・任意項目いずれも、1項目ずつ丁寧に記入するようにしましょう。

なお、申込フォームの任意項目まで埋めると審査に有利になるともいわれています。

ひと通り入力し終えたら、送信前にミスや誤情報がないかを再度入念にチェックするようにしてください。

良好なクレヒスを築く

良好なクレヒスを築くことは、審査通過への近道のひとつです。

現在クレヒスにキズがついている方は、事故情報等の登録が消えるのを待ちつつ、手持ちのクレジットカードで定期的な利用と返済を繰り返していきましょう。

また、これまでにクレジットカードを保有したことのない、とくに30代以上のスーパーホワイトの方は、スマホ端末の割賦払いや少額のカードローンなどで返済実績を作っていくのがおすすめです。

遅延や延滞を起こさないのはもちろんのこと、きめられた期日にきっちり返済していくことで良いクレヒスを積み上げていくことができます。

自分のクレヒスの状態がわからない方は、PayPayカード株式会社が加盟する以下の個人信用情報機関に開示請求をしてみてください。

  • CIC
  • JICC

個人信用情報開示/CIC

6ヶ月以上空けてから申し込む

クレジットカードの申込履歴は、個人信用情報に6ヶ月間記録されます。

そのため、一度PayPayカードの審査に落ちてしまった方や、すでにほかのクレジットカードで多重申込をしている方は、6ヶ月以上の期間を空けてからPayPayカードに申し込むようにしましょう。

多重申込はキャンペーン目的でカード利用の見込みがない、またはお金に困っているのではなどと推測されてしまい、審査に不利となる可能性があります。

PayPayカードの審査から発行までにかかる時間

ここからは、実際にPayPayカードに申し込んだ場合、審査からカードが発行されるまでにどれくらいの時間がかかるのかを解説します。

PayPayカードの審査時間

PayPayカードの審査スピード

PayPayカードの申込はWEBから24時間受け付けており、申込フォームの入力に最短5分、審査時間は最短2分と、スピーディーに完了します。

申込後すぐに結果が分かるので待たされる間のイライラや不安を軽減できるのがメリットです。

ただし、申し込んだ際の状況やタイミングによっては数時間~数日程度かかるケースもあるようです。

PayPayカード発行までの時間

PayPayカードは、申込後1週間程度で届きます。

本人限定郵便にて発送されるため、カードを受け取る際には本人確認書類が必要です。

スムーズに受け取れるよう、下記のような書類を手元に準備しておきましょう。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 日本国旅券(パスポート)
  • マイナンバーカード
  • 外国人登録証明書
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

発行されるPayPayカードは2種類

なお、PayPayカードには、バーチャルカードとプラスチック製カードの2種類があります。

PayPayカード_バーチャルかプラスチックカードか

カードの種類バーチャルカードプラスチック製カード
利用可能場所オンラインのクレジット加盟店全てのクレジット加盟店
利用可能タイミング入会後即時
(PayPayアプリ)
入会から約1週間後
(郵送にて届く)

バーチャルカードは、審査完了後すぐにカード番号・有効期限・セキュリティコードがPayPayカード会員メニューで確認できるため、ECサイトなどでのオンライン決済に即時利用できるのが特徴です。

「PayPayあと払い」の新規登録&「PayPayカード」の発行を同時に手続きした場合、バーチャルカードはPayPayアプリ上で確認できます。

一方、プラスチック製カードは郵送にて手元に届き次第、PayPay加盟店やクレジット加盟店の実店舗で利用可能

券面からカード番号やセキュリティコードの印字を省いたシンプルかつスタイリッシュなカードフェイスで、タテ型/ヨコ型を自由に選択できるのが魅力です。

PayPayカードの審査状況の確認方法

審査結果のメールがなかなか届かず不安な場合には、下記2つの方法にて審査状況を確認できます。

PayPayカードの審査状況の確認方法
  • PayPayアプリで確認する
  • PayPayカード会員メニュー(WEB)で確認する

PayPayアプリで確認する

PayPayあと払い新規登録とPayPayカード発行を同時に申し込んだ場合には、PayPayアプリのホーム画面にある「あと払い」から審査状況を確認できます。

PayPay-あと払い

審査中の場合は、「審査状況を確認する」をタップすると詳細が確認できます。

また、審査が完了している場合には、PayPayあと払いのトップ画面が表示されます。

PayPayあと払いとは
PayPayで当月に利用した金額を翌月にまとめて支払える支払い方法のことです(2022年2月1日サービス開始)。

PayPayあと払いならチャージ不要でクレジットカードのように利用できるのがメリット。条件達成でPayPayポイントの付与率がアップする「PayPayステップ」もカウント対象なのでPayPayを一層お得に使えます。

PayPayカード会員メニュー(WEB)で確認する

PayPayカードのみを新規発行した場合には、PayPayカード会員メニューから確認できます。

審査が完了している場合は、会員メニュー画面に利用額や利用明細などが表示されます。

PayPayカードは審査通過のコツを押さえて申し込もう

PayPayカードの審査に通るコツ
  • 申込フォームは丁寧に記入&入念にチェック
  • 良好なクレヒスを築く
  • 多重申込をしている場合は6ヶ月以上期間を空ける

PayPayカードは、年収や職業の縛りがそれほど厳しくなく、幅広い方を入会対象としている比較的作りやすいクレジットカードです。

本人または配偶者に安定した収入があれば、パートやアルバイトの方、専業主婦/主夫の方なども挑戦しやすいでしょう。

なお、申し込む際には、申込フォームを1項目ずつ丁寧に入力し、送信前にも入念に再チェックを。

クレヒスが心配な場合には、PayPayカードの申込前に手持ちのクレジットカードやスマホ端末の割賦払いなどで定期的な利用と返済を繰り返し、良いクレヒスを積み上げておくことをおすすめします。

ぜひ、PayPayユーザー必携のPayPayカードを保有して、一層お得で便利なキャッシュレス生活を送っていきましょう。