クレジットカードおすすめランキング

2020年4月から新社会人におすすめクレジットカード5選

クレジットカード

社会人になると自由に使えるお金が増えます。同時に、責任もつきまといます。

社会人になるとクレジットカードの重要性は高くなるでしょうし、これからの時代はキャッシュレス社会なのでクレジットカードを持っておくのはほぼ常識になってくるでしょう。

今回は2020年4月から社会人になる方のためにおすすめのクレジットカードと、クレジットカードの選び方をわかりやすく解説します。

クレジットカードおすすめ人気ランキング【2020年】
新社会人向けにおすすめのクレジットカード
  • 三井住友カード デビュープラス
  • 三井住友カード
  • JCB CARD W PlusL
  • ビュー・スイカカード
  • セゾンブルー・アメックスカード

※本記事の価格は全て税込みです。

2020年新社会人におすすめクレジットカード5選

新社会人におすすめしたいクレジットカード5枚をピックアップしました。ぜひ参考にしてください。

三井住友カード デビュープラス

三井住友カードデビュープラス

三井住友カード デビュープラス
還元率ポイント1.0%~
マイル0.6%~
年会費初年度無料
2年目以降通常は1,375円。年1回利用で無料に。
旅行保険海外なし
国内なし
ETCカード発行手数料無料
年会費550円
※初年度無料
※前年度に1回以上の利用で翌年度無料
電子マネーiD
国際ブランドVISA
発行会社三井住友カード株式会社
発行期間最短翌営業日発行
(カードが届くのは約1週間)

三井住友カード デビュープラスは18歳〜25歳以上の方が発行できる年会費実質無料のクレジットカードです。

入会から3カ月間はポイント5倍(還元率2.5%)、いつでもポイント2倍(還元率1.0%)という特典が魅力的なカードです。

26歳になると三井住友カード プライムゴールドカードに自動的にアップグレードするのも魅力の一つです。

就職で一人暮らしをする人などは最初のポイント5倍特典を活用して家具や家電を揃えるとポイントがザクザクゲットできますよ。

三井住友カード

三井住友カード

三井住友カード
還元率ポイント0.5%~2.5%
マイル0.3%〜
年会費初年度無料
※インターネットからの入会
2年目以降1,375円
※条件達成で割引もしくは無料
家族カード初年度:本会員に準ずる
2年目以降:440円
※条件達成で無料
旅行保険海外最高2,000万円(利用付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料無料
年会費初年度無料
次年度550円
(ETCの利用が前年に1回以上の場合、無料)
電子マネーiD
国際ブランドVISA、Mastercard
発行会社三井住友カード株式会社
発行期間最短3営業日

1枚目同様、三井住友カードが発行するカードで、最もベーシックな1枚です。

三井住友カード デビュープラスと比べると、年会費もかかりますしポイントボーナスもありません。

特典よりもステータスを重視したいという人におすすめです。

また、三井住友カード デビュープラスにはないメリットとして、国内・海外旅行保険が付帯されている点が挙げられます。

給料を使って旅行したい人は、旅行保険が付帯されているクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

記事後半でも紹介しますが、社会人になると目上の人の前でカードを使う機会が増えるため、人前で出しても恥ずかしくないという基準で三井住友カードを選ぶ人も多いようです。

JCB CARD W PlusL

JCB CARD W plus L

JCB CARD W PlusL
還元率ポイント1.0%~
マイル0.5%~
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外最高2,000万円(利用付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay
国際ブランドJCB
発行会社株式会社ジェーシービー
発行期間最短3営業日

JCB CARD W PlusLはJCBカードが発行する年会費無料のクレジットカードです。

18歳以上〜39歳未満の方が発行でき、JCBカードの中でもポイント還元率が高いという特徴を持ちます。

また、JCBオリジナルシリーズパートナーという加盟店で利用するとさらにボーナスポイントが加算されます。

例えばAmazonやセブンイレブンでJCB CARD Wを利用するとポイント還元率は+3倍(2.0%)です。

また、スタバカードへチャージするときにJCB CARD Wを使うとポイント還元率が+10倍(5.5%)になり、スタバユーザーなら絶対にお得な一枚です。

ビュー・スイカカード

ビュー・スイカカード(JCB)

ビュー・スイカカード
還元率ポイント0.5%~1.5%
マイル獲得不可
年会費初年度524円
※600円分のポイント還元あり
2年目以降524円
旅行保険海外最高500万円(自動付帯)
国内最高1,000万円(利用付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費524円
電子マネーQUICPay、Suica
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
発行会社株式会社ビューカード
発行期間最短1週間

Suicaが一体化になったビュー・スイカカードも社会人におすすめです。

通勤などでSuicaを利用するなら、交通費だけでもかなりポイントが貯められます。

さらに、『VIEWプラス』の対象商品をビュー・スイカカードで決済するとポイントが3倍(還元率1.5%)になります。

ビュー・スイカカードのポイント還元率を以下にまとめます。

利用方法ポイント還元率
Suicaへのチャージ(オートチャージを含む)1.5%
駅・みどりの窓口での切符、定期、ツアーの購入1.5%
JRE POINT加盟店での利用1.0%
一般店舗でのクレジットカード利用0.5%

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
還元率ポイント0.5%
マイル0.3%
年会費初年度無料
2年目以降3,300円/25歳以下無料
家族カード無料
旅行保険海外最高3,000万円(自動付帯)
国内最高3,000万円(自動付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
発行会社株式会社クレディセゾン
発行期間最短即日発行可

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード(以下セゾンブルー・アメックス)は、クレディセゾンが発行するアメックスブランドのクレジットカードです。

アメックスのロゴデザインが大きく描かれているのが特徴的ですね。

一般的に、アメックスはステータスが高いといわれており、特典なども他のカードより手厚い傾向にあります。

そんなアメックスカードが、セゾンブルー・アメックスならU25キャンペーンで25歳以下は年会費無料で発行できます(通常年会費は3,300円)。

無料で旅行傷害保険を利用できるカードは珍しく、セゾンブルー・アメックスを無料で持つことはまさに若者の特権と言えるでしょう。

毎月第1・第3土曜日に西友・LIVINでのお買い物が5%OFF、月末の金・土・日はロフトで5%OFFといった日常生活で嬉しいメリットもあります。

また、海外旅行中のホテル・レストラン予約、手配をおこなってくれる日本語サポートサービス『海外アシスタンスデスク』も利用できます。

海外旅行傷害保険も充実した内容なので、海外出張をするであろう人は1枚持っておくと心強いカードです。

カードデザインも社会人に相応しく、年会費も無料という優れもののカードです。

新社会人がクレジットカード選ぶときのコツ

クレジットカードを利用する男性

クレジットカードの中には申し込み条件に「学生不可」と記載されているものも多いため、社会人になると発行できるクレジットカードの種類が増えます。

自分の求める特典に沿ったカードを選ぶのが一番ですが、社会人だからこそ次のポイントも重視したいですね。

新社会人のクレジットカード選びのポイント
  • 無理なく支払える年会費であること
  • 人前で出して恥ずかしくないこと
  • ステータス性
  • デメリットを補完するサブカードを持つのも手

無理なく支払える年会費

クレジットカードを選ぶ際、ひとつの指標となるのが年会費です。

安定した収入が得られると言っても、社会に出たばかりの人はそこまでお金にゆとりを持てないでしょう。

自分の初任給を確認し、無理なく支払える年会費のクレジットカードを選びましょう。

年会費無料のクレジットカードなら、発行後に利用しなかったとしてもなんのデメリットもありません。

クレジットカードは実際に持ち歩いてみることで自分のライフスタイルに合うカードかどうかが分かってくるため、一度発行して、試しに使ってみるのもおすすめです。

人前で出しても恥ずかしくない

社会人になると上司や取引先との食事など、目上の方の前でクレジットカードを出す機会が増えます。

そのため、社会人として人前で出しても恥ずかしくないカードを選ぶことをおすすめします。

“恥ずかしくない”の定義は人それぞれですが、学生でも発行できるカードより券面のデザインがシンプルで知名度が高いカードがおすすめです。

「クレジットカードがダサいですね」などと言う人はまずいないと思いますが、ネクタイや時計のように身だしなみのひとつとして考える人もいます。

特にクレジットカードはその人の”信用(クレジット)”を表す象徴ですから、見た目も少しは気にしたいところです。

ステータス性

社会人になったら、ステータス性も重視したいポイントです。

社会的な評価をステータスと言いますが、クレジットカードの中には「ステータスが高い」と言われてるカードがあります。

例えば以下のような指標があります。

  • 一般カード<ゴールドカード<プラチナカード<ブラックカード
  • 流通系カード・信販系カード<銀行系カード
  • 提携カード<プロパーカード

券面の色

一般カードよりもゴールドカードの方が、ゴールドカードよりもプラチナカードの方がステータスが高いとされています。

その分年会費も高く、またランクが上がるほど優待サービスが充実します。

また、審査も厳しくなる傾向にあるため、新社会人がいきなりプラチナカードを発行することはまず難しいと考えてください。

将来的にプラチナカードなどのハイステータスカードを目指すなら、目標とするカードの下位カードを発行しましょう。

例えば三井住友カード、JCBカードなど、プラチナカード以上が用意されているクレジットカードを選ぶと良いですね。

カードの種類

クレジットカードは、大きく以下5つに分類することができます。

種類発行元代表的なカード
銀行系銀行・銀行関連金融機関三井住友カード、みずほマイレージクラブカード等
交通系鉄道・航空会社等ビューカード、ANAカード等
信販系信販会社オリコカード、ライフカード等
流通系百貨店・スーパーマーケット等イオンカード、セブンカード等
メーカー系メーカー等一般企業トヨタファイナンス、出光カード等

上記分類の中でも、銀行系クレジットカードはステータスが高いとされています。

流通系のクレジットカードのゴールドカードよりも銀行系クレジットカードの一般カードの方がステータスが高いとみなされる場合もあります。

プロパーカード

クレジットカードの中には、国際ブランドが直接発行するカードがあり、それをプロパーカードと呼びます。

例えば、JCBカードやアメックス・カードなどがあります。

このようなカードもステータスが高く、その分年会費も高いですが充実した特典が用意されています。

銀行系クレジットカードかプロパーカードのどちらかを、1枚持っておくのがおすすめですよ。

デメリットを補完するサブカードを持つのも手

保有するクレジットカードは、1枚に絞る必要はありません。

自分のライフスタイルに合わせて所持するカードの枚数も増やしましょう。

学生から社会人になればライフスタイルも大きく変わるため、自分のライフスタイルに合うカードを探しましょう。

例えば次のような感じです。

  • 日常生活で使うカード:ポイントが貯まりやすいカード
  • 通勤で使うカード:交通機関でお得にポイントが貯まるカード
  • 出張で使うカード:トラベル特典が付帯したカード

例えば、ステータスを重視するとポイント還元率は期待できないことが多いです。

でもやはりポイントもお得に貯めたいですよね。そういう人は、ポイントが貯まりやすいカードも持っておくと生活がお得になるでしょう。

新社会人がクレジットカード審査に通るコツ

確認する男性

クレジットカードは申し込んだからといって全ての人に発行されるわけではありません。発行の前に審査があります。

社会人が特に気になるのは、学生不可のカードに申し込めるようになるタイミングだと思います。

それを踏まえてクレジットカードの審査に通るコツを解説していきます。

社会人になって以降も役に立つ知識なので、知っておくと便利ですよ。

カードを発行するタイミングは内定直後

新社会人がクレジットカードを申し込みできるタイミングは、クレジットカード会社にもよりますが、就職先の会社から内定をもらった時点です。

クレジットカード会社によっては内定通知・採用通知、卒業見込み書などの提出を求める場合もあります。

内定が決まれば、早速持ちたいクレジットカード選びを始め、申し込み時には内定先の情報を入力しましょう。

カード会社に連絡して、「●●という会社から内定を得ているのですが、カードの申し込みをしてもいいでしょうか?」と確認すると確実ですね。

年収は見込み額を申告する

内定後や入社1年目にクレジットカードを申し込む場合、自分の年収がいくらなのかまだはっきりしませんよね。

しかし、基本給や各種手当の金額は就職先の会社から知らされているはずです。

クレジットカードの申し込みの際は、支給額×12ヶ月で求められる金額を見込み年収として申告しましょう。

審査の基準やルールを知っておこう

新入社員に限らずクレジットカードを発行する際には審査があります。

クレジットカードの審査では何が重要視されるのかを知っておきましょう。

不正発行防止のためにカード会社ごとの明確な審査基準は公表されていませんが、概ね下記のことが審査に影響します。

  • 会社の規模
  • 年収
  • 勤続年数
  • クレジットヒストリー

会社の規模や年収、勤続年数は自分の力で簡単に変えられません。

唯一コントロールできるのがクレジットヒストリー(通称クレヒス)です。

これからクレジットカードを利用するにあたり、クレヒスについては絶対に理解しておきましょう。

クレヒスとは?

クレヒスを簡単に言えば、“あなたのお金に関する成績表”のようなものです。

あなたのお金に関する支払い態度は、実は国から指定された『信用情報機関』と呼ばれる第三者機関に記録されている記録されています。

具体的には下記のようなものがあります。

  • 奨学金の返済
  • スマホの本体代金の分割払い
  • 家賃の支払い(保証会社利用の場合)
  • クレジットカードの支払い

上記のような各種ローンの支払い履歴については、すべて信用情報機関に記録されています。

クレジットカードの審査に際して、クレジットカード会社は信用情報機関に問い合わせ、あなたのクレヒスを参照します。

例えば奨学金の返済の遅延の記録があれば、クレジットカードの審査に影響するおそれがあります。

これを知らずに簡単にクレジットカードの支払いなどを気軽に遅延する人がいますが、かなりリスクがあります。

日頃から各種支払い関係は滞りなく期日を守って支払いましょう。

新社会人はクレジットカードを早めに発行しよう!

クレジットカード

今回の記事の内容をまとめると下記の通りです。

新社会人向におすすめのクレジットカード
  • 三井住友カード デビュープラスカード
  • 三井住友カード
  • JCB CARD W PlusL
  • ビュー・スイカカード
  • セゾンブルー・アメックスカード

クレジットカードは早めに発行して使い慣れておくのがおすすめです。

これからの社会はクレジットカードは不可欠になると思いますし、将来的にステータスの高いカードを発行するにはカードの利用実績も必要です。

年会費無料のクレジットカードやデザインが気に入ったものをまずは気軽に発行してみましょう。

過度に悩むより、まずはカードを一度発行してみて使うことに慣れていくことをおすすめします。

自分に合った1枚はどれ?【年収別】おすすめクレジットカード

スタバ、セブン、Amazonで高還元

JCB CARD W
  • 39歳まで限定のポイント高還元率カード
  • 新規入会&利用で入会後3ヵ月ポイント4倍!
  • Amazon.co.jpの利用はポイント10倍!
年会費還元率国際ブランドスマホ決済
永年無料1%以上JCBApple Pay/Google Pay
発行スピード家族カードETCカード口コミ
最短3営業日あり無料見る
ツꀀ