新社会人におすすめのクレジットカード7選|恥ずかしくない最初の1枚

社会人になると定期的に収入を得られるようになり、クレジットカードの選択肢が増えます。カード発行の条件に「安定した収入がある方」が組み込まれているからです。還元率は高いに越したことはないですが、年会費とのバランスを考えて決めましょう。
  • 2021年3月29日
  • 2021年8月2日
新社会人におすすめのクレジットカード7選

新社会人になる皆さん、ご就職おめでとうございます!

就職を機に、便利なクレジットカードを作っておこうと考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、種類がありすぎてどのように選ぶべきか迷ってしまいますよね。

そこで、新社会人の方におすすめのクレジットカードを厳選してまとめました。カード選びのチェックポイントも紹介しています。

本記事を参考に、新生活の頼れるパートナーを探してみてくださいね。

新社会人におすすめクレジットカード7選
  • 三井住友カード デビュープラス
  • JCB CARD W
  • ビュー・スイカカード
  • JAL CLUB EST
  • 三菱UFJカード ゴールド
  • アメリカン・エキスプレス・カード
  • セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
クレジットカードで人気のおすすめ10枚を比較|最強はコレ!

※本記事の価格は全て税込みです。

この記事の監修者
金子賢司
金子賢司
保有資格
公式アカウント

北海道出身。立教大学法学部を卒業後、株式会社菱食(現:三菱食品株式会社)に入社。その後、保険業界を約10年経験し、ファイナンシャルプランナーとして活動を行う。

新社会人がクレジットカードを選ぶときのポイント

チェックリスト

クレジットカードの特徴は千差万別です。自分なりの基準をきちんと持っておくと、的確にクレジットカードを選べます。

新社会人の方がクレジットカードを選ぶ際は、以下の5つをチェックするとよいでしょう。

  • 年会費
  • ポイント還元率
  • ビジネスに相応しいデザイン
  • 国際ブランド
  • カード会社の規模や種類

年会費

クレジットカードには、年会費が有料のものと無料のものがあります。

有料の場合、数百円~数十万円とカードごとに年会費は大幅に変わります。

一人暮らしを始めたばかりでやり繰りが不安、などという場合には、年会費無料のカードから選ぶのがよいでしょう。

ただし、中には年会費を超えた価値あるサービスが付帯するカードもあります。

付帯サービスまで吟味して、トータルでどちらが自分にとってメリットなのかを考えることが重要です。

ポイント還元率

多くのクレジットカードでは、カードでショッピングするごとに金額の一部がポイントとして還元されます。

還元率は0.5%が一般的で、1%あれば高いほうです。

ただし、中にはポイント優遇制度を設けているクレジットカードもあります。

額面のポイント還元率だけでなく、優遇制度があるのかまで確認すると、抜けがなく確認できるでしょう。

ビジネスに相応しいデザイン

業種によっては、ビジネスシーンでクレジットカードを利用することもあります。

人が使っているクレジットカードのデザインは意外と気になるもの。持ち主の印象を左右する可能性もあります。

仕事の場で使うカードの券面デザインが、あまりにも派手すぎたり、キャラクターデザインだったりすると、TPOをわきまえていないとみなされてしまう恐れがあります。

特に初めてカードを作る方は、「どこで使っても恥ずかしくないカード」をまず1枚持っておくのがおすすめです。

とはいえ、無理してステータスの高いカードを持つ必要はありません。

シンプルなデザインのものや、銀行系のクレジットカードを選ぶと、堅実な印象となるのでおすすめです。

国際ブランド

国際ブランドとは、「VISA」「Mastercard」「JCB」などの決済システム(ならびにそれを提供している会社)のことです。

クレジットカードやスーパーのレジなどで、国際ブランドのロゴを見かけた事がある人も多いのではないでしょうか。

VISAのロゴがあるお店ではVISAのカードが、Mastercardのロゴがあるお店ではMastercardが使えます。

どこでカードを使えるのかを示す目印のようなものだと考えておけばOKです。

たとえば、VISAのロゴしかないお店ではJCBのカードは使えないということが起こり得ます(日本では少ないですが、海外では割と多い)。

そのため、特に初めてのクレジットカードの場合には、どの国際ブランドで発行するのかは重要です。

世界シェアNo.1の国際ブランドはVISAです。どこでも使えることを優先するなら、初めてのクレジットカードはVISAを選ぶのがおすすめです。

カード会社の規模や種類

国際ブランドとライセンス契約を結び、実際に審査やカードの発行を行うのは「楽天カード」や「三井住友カード」といったクレジットカード会社です。

トラブル時のサポートの手厚さを重視するなら、老舗のカード会社や規模の大きいカード会社を選ぶとよいでしょう。

三井住友カード、アメリカン・エキスプレス、クレディセゾン、JCBなどは、国内でもいち早くクレジットカードを発行し始めた老舗の会社です。

長年の歴史に基づいたノウハウを持っている上利用者も多く、手厚いサポートが期待できます。

それでは選ぶポイントを把握した所で、実際におすすめのクレジットカードを紹介します!

三井住友カード デビュープラス

三井住友カードデビュープラス

三井住友カード デビュープラス
還元率ポイント1.0%~
マイル0.6%~
年会費初年度無料
2年目以降1,375円
※年1回利用で無料に
家族カード初年度:無料
2年目以降:440円
※前年に1回以上の買物利用があった場合、翌年も無料
旅行保険海外なし
国内
ETCカード発行手数料無料
年会費550円
※初年度無料
※前年度に1回以上の利用で翌年度無料
電子マネーiD
国際ブランドVISA
発行会社三井住友カード株式会社
発行期間最短翌営業日発行
(カードが届くのは約1週間)
三井住友カード デビュープラスの特徴
  • 25歳以下限定
  • ポイント2倍で1%還元、3ヶ月間は2.5%
  • コンビニ3社とマクドナルドで3%還元
  • 初年度年会費無料、翌年度以降も実質無料
  • 初めてのクレカでも安心の信頼と実績

三井住友カード デビュープラスは、25歳以下の方限定で発行できるクレジットカードです。

初めてクレジットカードを作る新社会人にはピッタリのスペックで、太鼓判を押せる1枚です。

最大の特徴は、年会費実質無料なのにポイントが貯まりやすいこと。

通常年会費は1,375円ですが、年1回以上の利用があれば年会費はかかりません。

また、他の三井住友カードに比べてポイントが2倍貯まります。ポイント還元率は1.0%です。

さらに、入会後3ヶ月間はどこでも2.5%還元、コンビニ3社(セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン)とマクドナルドならいつでも3%還元という驚きの好待遇です。

コンビニ等は日常的に使う人が多いでしょう。日常的に使うお店での還元率が高いので、ポイントがザクザク貯まります。

新社会人向け 三井住友カード デビュープラスのおすすめポイント

新社会人、とりわけ初めてクレジットカードを作る人にとっては、お得さ以上に「安心して使えること」も重要なのではないでしょうか。

三井住友カードは、1980年に日本で初めて「VISA」のクレジットカードを発行しました。

歴史があるから、ノウハウや対応力は国内でもダントツ。不正利用防止などのセキュリティ対策はVISAから表彰されるほどです。

また、カードブランドが世界シェア1位のVISAなので、「使いたいのに使えない」というトラブルが少ないことも評価できます。

JCBやアメックスは、海外では使えるお店が少ないのが現状です。

VISAならカード決済できないシーンはほぼ皆無。海外旅行の際にも安心して使えます。

JCB CARD W

JCB CARD W

JCB CARD W
還元率ポイント1.0%~10.5%
マイル0.6%~
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外最高2,000万円(利用付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay
国際ブランドJCB
発行会社株式会社ジェーシービー
発行期間最短3営業日発行(届くのは1週間後)
JCB CARD Wの特徴
  • 39歳以下限定
  • 年会費が永年無料!ETCカードも無料
  • ポイントがいつでも2倍
  • スタバやAmazonでポイントがザクザク

JCB CARD Wは、39歳以下の方限定で申し込めるクレジットカードです。

年会費は無条件で永年無料。ETCカードも完全無料です。

JCB CARD W最大の特徴は、ポイントが貯まりやすいということです。

他のJCBプロパーカードでは1,000円につき1ポイント貯まるOkiDokiポイントが、JCB CARD Wなら常に2倍貯まります。還元率は1%相当です。

それでいて「おトク感」が全面に出ていないシンプルなカードフェイスも魅力ですね。

ビジネスシーンでも、違和感なく使用できますよ。

新社会人向け JCB CARD Wのおすすめポイント

JCBのポイント優待店舗「JCBオリジナルシリーズパートナー」でJCB CARD Wを使うと、ポイントがいつでも3倍以上になります。

使い勝手がよく人気なのは、スターバックスとAmazonです。

特にスターバックスは、スターバックスカードへのチャージでポイント10倍という大盤振る舞いです。

朝はスターバックスでコーヒーを飲みながら朝活した後に出社、なんてステキな新社会人ライフもお得に実現できますよ。

ビュー・スイカカード

ビュー・スイカカード(JCB)

ビュー・スイカカード
還元率ポイント0.5%~1.5%
マイル獲得不可
年会費初年度524円
※600円分のポイント還元あり
2年目以降524円
家族カード
旅行保険海外最高500万円(自動付帯)
国内最高1,000万円(利用付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費524円
電子マネーQUICPay、Suica
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
発行会社株式会社ビューカード
発行期間最短1週間
ビュー・スイカカードの特徴
  • 定期機能つきSuica・オートチャージ可能で便利
  • Suicaチャージ等でポイント還元率1.5%
  • ポイントをSuicaにチャージできる

ビュー・スイカカードは、JR東日本系列の「ビューカード」が発行しているクレジットカードです。

クレジットカード・Suica・定期券と3つの機能を搭載できます。

JR東日本の駅から他の鉄道会社に跨る経路や、バスの定期券も1枚にまとめられるので便利です。

定期エリア外へ行く時に非常に便利なのがオートチャージ機能。

Suicaにオートチャージできるクレジットカードは、「ビューカード」が発行するクレジットカードのみです。

定期エリア外でもSuicaの残高を気にする必要がなく、券売機に並んでチャージする手間が省けます。

新社会人向け ビュー・スイカカードのおすすめポイント

ビュー・スイカカードの基本ポイント還元率は0.5%と平均的ですが、JR東日本関連の特定サービスでは還元率が1.5%に。

対象となるのは、乗車券や定期券の購入、チャージ、オートチャージ、「えきねっと」利用などです。

「えきねっと」なら新幹線代も1.5%還元なので、まとめてポイントを貯めるチャンスです。

ビュー・スイカカードの利用で貯まったJREポイントは、「1ポイント=1円」でSuicaにチャージできます。

経費で落とした交通費でポイントが貯まり、それをまた交通費に使えるという夢の永久機関が完成です。

JR東日本エリアにお勤めで、営業など電車移動が多い方・新幹線での出張が多い方に爆発的なメリットがあります。

JAL CLUB EST(普通カード)

 JAL CLUB EST 普通カード

JAL CLUB EST
還元率ポイント0.5%
ショッピングマイ・プレミアム入会(年会費3,300円)で1.0%
マイル
年会費初年度無料
(CLUB EST年会費5,500円)
2年目以降2,200円
(CLUB EST年会費5,500円)
家族カード年会費初年度無料
年会費1,100円(CLUB EST会費2,200円)
旅行保険海外最高1,000万円(自動付帯)
国内
ETCカード発行手数料1,100円
年会費無料
電子マネーQUICPay
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス
発行会社JCB株式会社ジェーシービー
VISA、Mastercard、アメリカン・エキスプレス三菱UFJニコス株式会社
発行期間最短2週間
JAL CLUB ESTの特徴
  • 20代限定!
  • 毎年マイルがもらえる
  • ショッピングマイル・プレミアム
  • サクララウンジ利用でVIP体験!

JAL CLUB ESTは、20代限定で発行が可能なJALカードです。

年会費はやや高めですが、それを上回る若者向けメリットがたっぷり。マイルがザクザク貯まる優遇がたくさんあります。

たとえば、JAL CLUB EST限定で毎年もらえるマイル。持っているだけで、毎年2,500マイルがプレゼントされます。

さらに、カード更新後に初めてJAL便を利用するともらえる「毎年初回搭乗ボーナス」がJAL CLUB ESTなら合計2,000マイルです(通常1,000マイル)。

つまり、年に1回JALのフライトを利用するなら毎年4,500マイルを確実に獲得できるのです。

マイルの価値は諸説ありますが、通説の「1マイル=2円」で計算すると、9,000円分の価値になります。

つまりこの時点ですでに年会費を回収できているわけです!

また、通常は36ヶ月間のマイル有効期限が60ヶ月に延長されます。

期限を気にせず大量にマイルを貯められるので、国際線ファーストクラスの特典航空券に交換することも夢ではありません。

飛行機での出張が多く、JAL便を利用できる方にはおすすめの1枚です。

新社会人向け JAL CLUB ESTのおすすめポイント

JAL CLUB ESTをはじめとしたJALカードでは、JALのフライトだけでなく、ショッピングでもマイルを貯められます。

JAL CLUB EST会員は、ショッピングマイルが2倍になる「ショッピングマイル・プレミアム」に無料で自動入会となります。

ショッピングマイル・プレミアムは、通常3,300円かかる有料のサービスです。

それが無料で使えるので、JALがどれだけ20代の方を優遇しているのかがわかりますね。

さらにすごいのが、国内線サクララウンジを年間5回まで無料で利用できる特典です。同伴者1名も無料で利用できます。

サクララウンジとは

国内17の空港に設置されたラウンジで、通常はJALの上級会員になるかビジネスクラス/ファーストクラスを利用しないと入室できない。シャワールームやフリードリンク、時間帯によっては軽食も提供される。

サクララウンジを使える新社会人は決して多くないでしょう。

JAL CLUB ESTを保有すれば、新社会人のうちからワンランク上の上質な空間を体験できますよ。

三菱UFJカード ゴールド

三菱UFJカード ゴールド

三菱UFJカード ゴールド
還元率ポイント0.5~1.0%
マイル0.2〜0.4%
年会費初年度無料
2年目以降2,095円 ※楽Pay登録で半額
家族カード1人目:無料
2人目から:440円
旅行保険海外最高2,000万円(自動付帯)
国内最高2,000万円(利用付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay
発行会社三菱UFJニコス株式会社
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス
発行期間最短翌営業日
三菱UFJカード ゴールドの特徴
  • 18歳から持てる希少なゴールドカード
  • ゴールドとしては破格の年会費
  • 年会費以上の手厚い旅行保険

三菱UFJカード ゴールドは、三菱UFJニコスが発行しています。

年会費は初年度無料・翌年度からは2,095円の、いわゆる「格安ゴールド」です。一定の条件を満たせば、半額の1,047円で利用できます。

しかし、格安ゴールドとは思えない充実した各種保険が付帯します。

保険の種類金額
海外旅行障害保険最高2,000万円
※次年度以降は年間ショッピング利用額によって変動
・20万円以上:最高2,000万円
・20万円未満:最高100万円
国内旅行障害保険最高2,000万円
ショッピング保険年間限度額100万円
国内渡航便遅延保険最高2万円

自動付帯が便利な海外旅行傷害保険のほか、特筆すべきは、国内渡航便遅延保険です。

飛行機を使った国内旅行において、飛行機の出発・乗継遅延によって生じた宿泊費等を補償してくれます。

国内渡航便遅延保険が付帯するクレジットカードは、ゴールドカードやプラチナカードを含めても、ごくわずかです。

三菱UFJカード ゴールドは、国内渡航便遅延保険が付帯するクレジットカードとしてはもっとも年会費を安く抑えられます。

国内出張で飛行機を使う予定が多い新社会人の方にはピッタリです。

なお、保険を適用するには、旅費等を三菱UFJカード ゴールドで支払う必要がある(利用付帯)ので注意してくださいね。

新社会人向け 三菱UFJカード ゴールドのおすすめポイント

「新社会人がゴールドカードを持てるの?」と疑問に思った方もいるかもしれませんね。

ゴールドカードとしては非常に珍しく、三菱UFJカード ゴールドの申し込み対象年齢は「18歳以上」なので、申し込みは可能です。

一般的に、ゴールドカードは年会費無料のクレジットカードよりも審査が厳しい傾向があります。

しかし、18歳から申し込める三菱UFJカード ゴールドなら、年収の高さや勤続年数は重要視されないと類推できます(18歳で年収が高い・勤続年数が長い方は少ないため)。

決して「審査が甘い」ということではありませんが、他のゴールドカードよりも発行しやすいと考えてよいでしょう。

また、年会費は格安ですが、発行元は大手の三菱UFJニコスなので安心感は抜群です。

カードフェイスも銀行系らしい落ち着いたデザインで、ビジネスシーンでも違和感なく使えます。

ゴールドカードに憧れがある方、社会人デビューを機に同期や友達にちょっと差をつけたいという方にはぴったりですよ。

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード
還元率ポイント0.3~1.0%
マイル0.5~1.0%
年会費初年度13,200円
2年目以降
家族カード6,600円
旅行保険海外最高5,000万円(利用付帯)
国内
ETCカード発行手数料935円
年会費無料
電子マネーQUICPay+
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
発行会社アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
発行期間1~3週間
アメックスグリーンの特徴
  • 旅行関連のサービスが充実
  • ステータスの割に作りやすい
  • アメックス会員限定の貴重な体験を味わえる

アメリカン・エキスプレス・カード(通称アメックスグリーン)はアメックスプロパーの一般カードです。

年会費が高いのがネックですが、付帯サービスとステータスを踏まえると、それだけの価値は十分にあります。

アメックスグリーンは、他社のゴールドカードに匹敵するほど旅行関連サービスが充実しています。

特に、以下3つのサービスは利用者から高評価です。

  • 空港ラウンジ利用は同伴者1名無料
  • プライオリティ・パスで海外の空港ラウンジも利用可
  • 海外旅行時のスーツケース宅配が無料

国内の空港ラウンジ利用時に同伴者も無料になるのはアメックスならではの特典です。

他のカードで同伴者が無料になるのはプラチナカードクラスだけなので、お得感が大きいですね。

また、海外ではクレジットカードが身分証代わりともいわれています。

「アメックスのカードを使ったら店員の態度が明らかに良くなった」という声もあるほど。アメックスのステータスは世界中で知られています。

海外旅行が好きな方は、身分証として発行するのもアリでしょう。

新社会人向け アメックスグリーンのおすすめポイント

アメックスは、一般的に「富裕層向けカード」と認識されています。

しかしながら、ステータスの割にはカードが発行されやすいという口コミが多くみられます。

それを裏付けするのが、不定期で行われる就職内定者向けのキャンペーンです。

内定者という条件があるとはいえ、学生でも申し込みできるのですから、審査が著しく厳しいとは考えにくいですよね。

つまり、比較的作りやすいのにちょっとカッコイイという「オイシイ」カードなのです。

愛称のとおり、カードフェイスは爽やかな緑色。ゴールドカードほど華美ではないので、上司や取引先の前でも嫌味にならず使いやすいのもメリットです。

希少性と満足度の高い、アメックス会員限定イベントに参加できるのも見逃せません。

たとえば、夜中のユニバーサル・スタジオ・ジャパンをカード会員だけで貸し切る「貸切ナイト」や、京都・清水寺の夜間特別拝観ツアーなどが不定期で開催されています。

同年代でそんな体験をしている方はなかなかいないでしょう。

利便性や損得を超えて「特別な体験」に投資したいという意識の高い新社会人におすすめの1枚です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
還元率ポイント0.5%
マイル0.3%
年会費初年度無料
2年目以降3,300円/25歳以下無料
家族カード無料
旅行保険海外最高3,000万円(利用付帯)
国内
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
発行会社株式会社クレディセゾン
発行期間最短即日発行可
セゾンブルーアメックスの特徴
  • 26歳までは年会費無料でコスパ抜群!
  • 本家アメックス以上の手厚い海外旅行傷害保険
  • 充実したトラベルサービス
  • 西友やロフトなど日常の優待も充実

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード(以下セゾンブルーアメックス)は、クレディセゾンがアメックスと提携して発行しています。

セゾンブルーアメックス最大の特徴は、充実の旅行サービスが付帯することです。

  • 海外・国内旅行傷害保険
  • 手荷物無料宅配サービス
  • 海外旅行時の利用可能枠一時増額
  • 海外キャッシング

特に、旅行傷害保険はアメックスグリーンを上回る手厚さです。

海外旅行傷害保険は自動付帯なので、旅行代金をカードで決済しなくても保険を適用できます。

さらに、使う可能性がもっとも高い「傷害・疾病治療」が300万円補償されるのも高評価。他社ゴールドカードクラス並みの補償金額です。

日本と比べて医療費が高い海外では300万円ほどの保険があると安心といわれているので、合格ラインですね。

現地通貨を調達するのに便利な海外キャッシングを利用できるのも大きなメリットです。

ただし、セゾンブルーアメックスには空港ラウンジサービスは付帯しません。また、知名度やステータスではアメックスグリーンが数枚上手です。

ざっくり言うなら、実利優先ならセゾンブルーアメックス、ステータス優先ならアメックスグリーンがおすすめです。

新社会人向け セゾンブルーアメックスのおすすめポイント

セゾンブルーアメックスの年会費は通常3,300円ですが、26歳になるまで年会費は無料になります。

リーズナブルな年会費で手厚い保険やトラベルサービスを利用できるので、旅行好きの新社会人にとってはぴったりのカードです。

また、日常で使いやすい優待サービスも充実しています。

大手雑貨ショップ「LoFT」では、会員限定の優待として、毎月月末の金・土・日曜日に5%OFFでお買い物できます。

食品スーパーの「西友」「LIVIN」「SUNNY」では、月に2回程度開催される「セゾンカード感謝デー」は5%OFFになります。

新居の近くに対象の店舗がある方は、対象日にまとめ買いすれば、食費や日用品費を節約できますね。

新社会人クレカはここから選べば間違いなし!

最後に改めて、新社会人の方におすすめのクレジットカード7選を振り返りましょう。

新社会人におすすめクレジットカード7選
  • 三井住友カード デビュープラス
  • JCB CARD W
  • ビュー・スイカカード
  • JAL CLUB EST
  • 三菱UFJカード ゴールド
  • アメリカン・エキスプレス・カード
  • セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

社会人になったら、クレジットカードを1枚もっておくと便利です。

年会費やポイント還元率に目がいきがちですが、社会人になると安心感や使い勝手も大切です。

「どこで出しても恥ずかしくないカード」を1枚は持っておくと安心ですよ。

ぴったりのクレジットカードを選んで、軽やかな新生活を送ってくださいね!