マイルに交換するなら利用するべきクレジットカードと年間貯まるポイント

マイルと呼ばれるクレジットカードと使うことで貯められる航空会社専用のポイントも、今ではかなり普及しました。

マイルは航空機を使わなければ貯めることができないといわれていますが、最近では航空機を利用しなくても貯められるマイルが増えています

マイルを貯められるおすすめのクレジットカード
  • アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
  • ANA アメリカン・エキスプレス・カード
  • スターウッドプリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
  • JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード
  • デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
  • ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

今回は、上記のマイルを貯められるおすすめのクレジットカードについて紹介します。

併せて、今更聞けないマイルはどのようなものなのか、ポイントと何が違うのかについても解説するので、是非参考にしてください。

クレジットカードのマイルとは│どのくらい年間貯まるの?

まず、クレジットカードのマイルとは一体どのようなものなのか、年間どのくらい貯まるのかについて解説します。

マイルとは、航空会社のポイントプログラムであり、名前の通り航空機で移動した距離や運賃、席のグレードなどによってマイルを貯めることができます

マイルの特性上、航空機をより多く利用している人がより多く年間でマイルを貯めることができるでしょう。

マイルは航空会社のポイントプログラム

ジャルロゴ

画像引用元:マイルをためる – JALマイレージバンク

マイルは航空会社のポイントプログラムです。

日本でメジャーなのはANAとJALのマイルですが、一般的にポイントが貯まりやすいのはANAマイルだといわれています

貯まったマイルは、提携先の航空会社のマイルに移行するなどして、格安または無料で航空券を購入できるなどの特典に使えます。

基本的に航空機で移動した距離によってマイルが貯まる

基本的に航空機で移動した距離によって貯まるマイルが異なります。マイルという名前の通りですね。

また、最近では運賃や座席のグレードによってもボーナスマイルがもらえるようになっているなど、よりお得にマイルが貯まるようになっているようです。

年間貯まるマイルは航空機を利用する頻度によって異なる

年間貯まるマイルに関しては、やはり航空機を利用する頻度によって異なります

より多く航空機を利用した方がより多くのマイルを貯められると言っても過言ではありません。

そのため、海外旅行が好きな人や海外出張の多い人に大変重宝されています。

最近では航空機を利用しなくても提携店の利用や電子マネーのチャージで貯められるマイルも

スマホ決済

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

航空機の利用頻度によって異なるといいましたが、最近では日々のショッピングや食事などでマイルを貯めることができるようです。

航空機を使わないでマイルを貯める人たちを、「陸マイラー」と呼ぶそうですよ。

よく聞くのは、結婚式の費用をマイル用のクレジットカードで支払い、それで貯まったマイルを使って航空券を買って新婚旅行に行くケースです。

1回で200万から300万使うわけですから、貯まったマイルで航空券が無料になるケースも少なくありません。

クレジットカードのマイルとは?
  • 航空会社のポイントプログラムのこと
  • 航空券の運賃や座席のグレード、距離によって貯まるマイルが異なる
  • 最近ではショッピングなどでマイルを貯める「陸マイラー」も増えている
  • 年間貯まるマイルは航空機を利用する頻度によって変わる

マイルとポイントの違いは?

考えている女性

ここで、マイルとポイントの違いについて見ていきましょう。

マイルとポイントは、貯めるという点では同じですが、使い方は全く違います

両方貯めることができるクレジットカードもあれば、どちらかを貯めた後にマイルかポイントに移行できるクレジットカードもあります。

ポイントは買い物やクレジットカードの請求額など幅広いシーンで使える

ポイントは私達が一般に思う「貯めて商品を買う時の割引に使うもの」だと思ってもらって構いません。

日用品や食料品、携帯電話の利用料金など、対応しているものであれば何でもポイントを利用してお得に支払うことができます。

マイルは航空券と交換または座席をエコノミーからビジネスなどグレードアップが可能

一方でマイルは、航空券の購入時や座席のグレードアップなどに使える、航空機専用のポイントのようなものだと思ってください。

最近ではマイルで航空券だけでなくパッケージツアーなどの旅行商品やその他の商品も購入できるようになっているようですが、まだまだメインで使えるのは航空機です。

マイルとポイントの違い
  • ポイントは買い物やクレジットカードの請求額に還元するなどあらゆるシーンで利用できる
  • マイルは航空券と交換したり座席のグレードを上げるなど基本的に航空機で利用するもの
  • どちらも普段の買い物や航空券の購入などで貯めることができる

次の章ではマイルを貯めるなら利用すべきクレジットカードについて紹介します。

ゴールドカードで空港ラウンジをスマートに利用する方法【国内・海外対応】

マイルを貯めるなら利用すべきクレジットカード

今回紹介する、マイルを貯められるクレジットカードは下記の6枚になります。

  • アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
  • ANA アメリカン・エキスプレス・カード
  • スターウッドプリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
  • JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード
  • デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
  • ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

世界中で比較的使いやすいということを考慮すると、必然的にアメリカン・エキスプレスのクレジットカードが多くなりました

アメリカン・エキスプレスのポイントは基本的に無期限なのでいつまでも貯め続けることができる非常にお得なクレジットカードです。

それぞれの基本情報と特徴を解説するので、是非参考にしてください。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

画像引用元:スカイ・トラベラー|アメリカン・エキスプレス

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの基本情報と特徴は下記の通りです。

項目内容
初年度年会費10,000円
次年度以降年会費10,000円
ポイント還元率1.5%
対応ブランドAMEX
  • 毎年カード継続毎に1,000ポイントプレゼント
  • ポイントの有効期限は無期限
  • 対象の航空会社の航空券や旅行代理店の商品購入でポイント3倍に
  • 入会で3,000ポイントのボーナスポイントがもらえる
  • 航空券やパッケージツアーの初回購入でもボーナスあり
  • ポイントは携帯電話ヤ公共料金、ショッピングにも使える
  • ポイントをマイルに移行もできる
  • 1,000ポイント=1,000マイルで手数料もかからない

ANA アメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

画像引用元:ANAアメリカン・エキスプレス|アメリカン・エキスプレス

ANA アメリカン・エキスプレス・カードの基本情報と特徴は下記の通りです。

項目内容
初年度年会費7,000円
+6,000円(ポイント移行参加費)
次年度以降年会費7,000円
+6,000円(ポイント移行参加費)
ポイント還元率1.5%
対応ブランドAMEX
  • ポイントをマイルに移行する場合の年会費は13,000円
  • 1,000ポイント単位でマイルに移行できる
  • ANAグループの航空券や旅行商品の購入でポイント1.5倍
  • 入会特典から初回利用、カード利用額達成ボーナスなどポイントが効率良く貯まりやすい
  • ポイントの有効期限は無期限
  • ANAカードマイルプラス加盟店を利用するとポイントとマイルの2重取りができる
  • ANAグループ便利用の場合も、運賃やクラスに応じたボーナスマイルをプレゼント

スターウッドプリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

スターウッドプリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

画像引用元:スターウッドプリファード カード|アメリカン・エキスプレス

スターウッドプリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カードは年会費がとても高いですが、その分非常にお得な特典が満載です。

項目内容
初年度年会費31,000円+税
次年度以降年会費31,000円+税
ポイント還元率1.875%
対応ブランドAmerican Express
  • Marriott Bonvoyゴールドエリート会員資格つき
  • 入会後3ヶ月以内に10万円以上カードを利用して30,000ポイントもらえる
  • 毎年カードを継続する毎に無料宿泊券のプレゼント
  • アジア太平洋地域の特典参加ホテルのレストランの料金が15%OFF
  • 提携航空会社のマイレージプログラムに移行することも可能
  • 1回の手続きで60,000ポイントの移行ごとに15,000ポイントのボーナスがつく
  • 同伴者1名まで空港ラウンジの無料利用が可能

Marriott Bonvoyゴールドエリート会員とは

提携ホテルの利用によって通常のポイントに25%ボーナスとして付与されたり、チェックアウトの時間が14時になる、空室情況次第で部屋のグレードをアップさせてくれるなどの特典を受けられる会員です。

通常一定の宿泊回数をこなさないとゴールド会員になれませんが、スターウッドプリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カードを利用している人は最初からこの会員資格を持つことができます。

JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード

JALカードSuicaCLUB-Aゴールドカード

画像引用元:JALカードSuica CLUB-Aカード CLUB-Aゴールドカード 切替キャンペーン

JALカードSuica CLUB-Aゴールドカードの基本情報と特徴は下記の通りです。

項目内容
初年度年会費17,280円(税込)
次年度以降年会費17,280円(税込)
ポイント還元率1.0%
(ショッピングマイル)
対応ブランドVISA/MasterCard/JCB/AMEX
  • 公共料金や食事、ショッピングなど日常の支払いに登録するだけでマイルが貯められる
  • 年間120万だとして約120,000マイル貯めることが可能
  • 入会ボーナスで最大8,550マイルもらえる
  • 入会搭乗ボーナスなど、ボーナスマイルの特典が充実している
  • 先行予約が可能なので人気シーズンや繁忙期などにも航空券の予約が取れやすくなる
  • 最高1億円の国内・海外旅行傷害保険つき

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

デルタスカイマイルアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

画像引用元:デルタスカイマイル・ゴールド|アメリカン・エキスプレス

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの基礎情報と特徴は下記の通りです。

項目内容
初年度年会費26,000円
次年度以降年会費26,000円
ポイント還元率1.5%
対応ブランドAMEX
  • 最大25,000マイルの入会特典や初回搭乗特典などを用意
  • 1年間は自動的にゴールドメダリオンの会員資格で快適に航空機を利用することができる
  • 家族カード1枚は年会費無料
  • 家族でマイルを貯められるのでより効率良くマイルを貯めることが可能
  • カードで日常のショッピングや食事などの支払いをすると100円で1マイル貯まる
  • 海外利用でボーナス1.5倍

ゴールドメダリオンとは

デルタ航空スカイマイルの上級会員資格のことを言います。

デルタ航空の窓口で航空券を発行する際に発行手数料が無料になったり、無料で席のアップグレードなどができる特典を受けられます。

初年度は自動的にゴールドメダリオンになりますが、翌年からは前年の利用額が150万円を超えていた場合ゴールドメダリオンの会員資格を維持することができます。

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

画像引用元:ANA ゴールドカード |アメリカン・エキスプレス

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの基本情報と特徴は下記の通りです。

項目内容
初年度年会費31,000円
次年度以降年会費31,000円
ポイント還元率1.5%
対応ブランドAMEX
  • ANA航空券や旅行商品など、ANAグループの商品を購入した場合ポイント2倍
  • ポイントの期限は無期限
  • 1,000ポイント=1,000マイルに移行できる
  • ANA アメリカン・エキスプレス・カードにあった移行参加費は不要
  • 入会特典やカード初回利用、カード利用額達成ボーナスなどボーナス特典が多い
  • 日々のショッピングや食事などでカードを利用すると、100円1ポイント貯まる
  • ANAグループ便を利用すると、運賃やクラスによってボーナスマイルがもらえる
  • ANAカードマイルプラス提携店での利用で、ポイントとマイルの2重取りができる
  • 継続ごとに2,000マイルもらえる

空でも陸でもマイルが貯まるおすすめクレジットカード

最後に、マイルを貯められるおすすめのクレジットカードについてまとめます。

マイルを貯められるおすすめのクレジットカード
  • アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
  • ANA アメリカン・エキスプレス・カード
  • スターウッドプリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
  • JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード
  • デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
  • ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

マイルは、航空券の購入や座席のグレードアップなどに利用できるお得なポイントです。

しかし、利用シーンが空港と限られているため、あまり航空機を利用しない人にはメリットがないかもしれません。

ただ、海外旅行など費用がかなりかかる旅行でいざと言う時に使えるポイントですし、マイル用のクレジットカードが1枚あっても損はないと思います。

今回は年会費の高いクレジットカードを中心に紹介しましたが、年会費無料でマイルを貯められるクレジットカードもあります。

是非自分に合ったクレジットカードでマイルをお得に貯めてみてはいかがでしょうか。

クレジットカードのポイントの貯め方|効率的良く貯めるコツ!