年会費無料のクレジットカードおすすめランキング【2021年】

年会費無料のカードの中から自分に最適なカードを見つけるためには、ポイントの貯まりやすさや使いやすさ、付帯している特典や保険をしっかりとチェックすることが大切です。おすすめカード6枚の特徴やメリットを解説するので、カード選びの参考にしてください。
  • 2021年10月22日
年会費無料のクレジットカードおすすめランキング

「年会費無料のカードが欲しい」と思っても、数あるカードの中からどれを選べばよいのか迷ってしまいますよね。

カードを選ぶ際には、ポイントの貯まりやすさ、ポイントの使いやすさ、付帯している特典や保険などに注目して、自分の生活スタイルに合ったカードを選ぶことが大切です。

今回は、年会費無料かつお得なサービスが満載のカードをランキング形式で紹介しますので、ぜひカード選びの参考にしてください。

年会費無料のおすすめクレジットカード比較表
カード名JCB CARD W
JCB CARD W
三井住友カード
ナンバーレス
三井住友VISAカードナンバーレス
楽天カード
楽天カード
dカード
dカード
イオンカードセレクト
イオンカードセレクト
エポスカード
エポスカード
年会費無料無料無料無料無料無料
還元率0.5%~5.5%0.5%~5.0%1.0%~3.0%1.0%~3.0%0.5%~1.0%0.5%〜
国際ブランドJCBVISA、MastercardVISA、Mastercard、
JCB、American Express
VISA、MastercardVISA、Mastercard、JCBVISA
キャンペーンAmazon利用で
最大10,000円
キャッシュバック
最大6,500円相当
プレゼント
最大5,000ポイント
プレゼント
最大8,000ポイント
プレゼント
最大10,000円相当
プレゼント
2,000円相当のポイント
or クーポンプレゼント
申込対象39歳以下18歳以上18歳以上18歳以上18歳以上18歳以上
発行スピード最短3営業日最短即日最短1週間最短5営業日最短即日最短即日
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
矢印

年会費無料のクレジットカードの選び方

チェックリスト

自分に最適な年会費無料のカードを見つけるには、以下の点に注目するのがおすすめです。

  • 年会費が永年無料かどうか
  • ポイント還元率
  • ポイントの使いやすさ
  • 特典・付帯サービス

今回紹介するカードは、どれも年会費が永年無料です。

しかし、カードによっては条件付きで無料になるものもあるので、入会する前にしっかりチェックしておきましょう。

また、ポイントの貯まりやすさも要チェックです。

基本の還元率が高いものや自分がよく利用する店舗でポイントアップが可能なカードを選ぶのがおすすめです。

年会費無料のカードの中にも、旅行傷害保険が付帯しているカードがあります。

旅行によく行く方は、補償の有無や内容、適用条件についても確認しておきましょう。

それでは早速次章から、年会費無料のクレジットカードで、おすすめの6枚をランキング形式で紹介します!

第1位:JCB CARD W /plus L

JCB CARD W

JCB CARD W
還元率ポイント1.0%~5.5%
マイル0.6%~
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外最高2,000万円(利用付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料無料
年会費
ポストペイ型電子マネーQUICPay
国際ブランドJCB
発行会社株式会社ジェーシービー
発行期間最短3営業日発行(届くのは1週間後)

JCB CARD Wは、18~39歳の方のみ申し込めるカードです。

39歳までに作っておけば、40歳以降も年会費無料で継続することができます。

女性向けのJCB CARD W PlusLは、JCB CARD Wと同じスペックのうえに、女性ならではの保険やサービスに申し込める特典が付帯しています。

東京ディズニーリゾートのキャンペーンに参加できたり、ハワイでワイキキトロリーの乗車賃が無料になったりと、JCBカードならではの魅力的な特典も付帯しています。

JCB CARD Wのおすすめポイント
  • 還元率がほかのJCBカードの2倍
  • Amazonなどの優待店でポイント2倍~10倍
  • ポイントの使い道が豊富
  • 最高2,000万円の海外旅行保険、国内・海外航空機遅延保険が付帯

還元率がほかのJCBカードの2倍

okidokiポイント

JCBカードで貯まるポイントはOki Dokiポイントです。通常、1,000円につき1ポイントが貯まり、還元率は0.5%になります。

しかし、JCB CARD Wの場合は国内、海外にかかわらずどこで使ってもポイント2倍。還元率は1.0%と高還元です。

Amazonなどの優待店でポイント2倍~10倍

スターバックス

優待店で利用すると、通常ポイント(1,000円につき1ポイント)にボーナスポイントが加算され、店舗によっては通常の10倍ものポイントが貯まります。

以下は、優待店の一例です。

  • スターバックス:10倍
  • セブンイレブン:3倍
  • Amazon:4倍
  • ビックカメラ:2倍

Amazonでは通常の4倍のポイントが貯まり、還元率が2%にもなります。Amazonユーザーには魅力的ですね。

ポイントの使い道が豊富

Amazonプライム

Oki Dokiポイントには、以下のような使い道があります。

  • 商品と交換
  • Amazon、スターバックスなどで支払いに利用
  • マイルや他社ポイントに移行
  • カードの支払金額に充当

「ポイントの交換手続きが面倒」という方は、Amazonでの利用がおすすめです。

JCB CARD Wを使って買い物をするだけで、自動的にポイントの利用登録が完了します。

面倒な交換手続き不要で、いつでも1ポイント=3.5円として使えます。

また、スターバックスカードへのチャージもおすすめ。交換レートは1ポイント=4円になります。

さらにお得なのが、nanacoへの移行。Oki Dokiポイント1ポイント=nanacoポイント5ポイントと高レートです。

nanacoポイントは1ポイント=1円としてセブンイレブンやマクドナルドなどで利用できます。

第2位:楽天カード

楽天カード

楽天カード
還元率ポイント1.0%~3.0%
マイル0.5%~
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外最高2,000万円(利用付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料無料
年会費550円
※楽天会員ランクがプラチナ以上の場合は無料
ポストペイ型電子マネーQUICPay
国際ブランドVISA、Mastercard、アメリカン・エキスプレス、JCB
発行会社楽天カード株式会社
発行期間最短1週間

楽天カードの特徴は、とにかくポイントが貯まりやすいことです。

特に楽天市場をよく利用する方は、持っていないとかなり損です!

通常の還元率が1.0%とそもそも高いですが、ポイント優遇サービスでさらに還元率を上げることができます。

楽天カードのおすすめポイント
  • 楽天市場での還元率が3.0%以上
  • ポイントの2重取りができる
  • 最高2,000万円の海外旅行保険が付帯
  • トラベル優待サービスが付帯(手荷物宅配優待、携帯・WiFiルーターレンタル20%オフなど)

楽天市場での還元率が3.0%以上

楽天SPU

楽天にはSPU(スーパーポイントアッププログラム)というポイント優遇サービスがあります。

楽天グループのサービスを利用することで、楽天市場でのポイント還元率がどんどんアップするサービスです。

楽天カードは通常1.0%還元ですが、楽天市場では3.0%還元になります。さらに楽天アプリを利用すれば、+0.5%で3.5%還元。

このように、利用するサービスが多ければ多いほど、楽天市場での還元率がアップしていく仕組みです。

グループのサービスは、楽天モバイルや楽天でんき、楽天銀行など多岐にわたります。

ポイントの2重取りができる

楽天カード

楽天カードはポイントカードとしても使えるので、楽天カード加盟店ではカードの提示と支払いでダブルでポイントが貯まります。

また、楽天カードと楽天グループのキャッシュレス決済の組み合わせでもポイントの2重取りが可能です。

楽天ペイは楽天カードからチャージすると、チャージ分と支払い分の合計で還元率が1.5%。

楽天Edyの場合も、楽天カードからのチャージ分とEdy機能利用分の両方のポイントが貯まります。

第3位:dカード

dカード VISA ポインコ

dカード
還元率ポイント1.0%~
マイル0.5%~
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外29歳以下の方のみ 最高2,000万円(利用付帯)
国内29歳以下の方のみ 最高1,000万円(利用付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費550円 ※前年度1度でも利用すれば無料
電子マネーiD
国際ブランドVISA、Mastercard
発行会社株式会社NTTドコモ
発行期間最短5日

NTTドコモが発行しているdカードは、いつでもどこでも還元率1.0%の高還元カードです。

ドコモユーザーの方もドコモユーザー以外の方も、ざくざくポイントを貯められます。

dカードのおすすめポイント
  • ドコモの利用料金の支払いでポイントが貯まる
  • ポイントの2重取り、3重取りが可能
  • dカード特約店で還元率がアップ
  • 最大1万円のケータイ補償が付帯(購入後1年間)
  • 国内・海外旅行保険が付帯(29歳以下の方のみ)

ポイントの2重取り、3重取りが可能

dポイント、d払いのロゴマーク

dカードはポイントカードとしても利用できます。

dポイント加盟店ではポイントカードの提示+dカード決済でポイントの2重取りが可能です。

また、d払いでも支払い方法をdカードに設定することで、ポイントをダブルでゲットできます。

さらに、dポイント加盟店でもあり、d払い加盟店でもある店舗では、ポイントカードの提示+d払いポイント3重取りが可能です。

対象店舗はローソンやファミリーマートなど多数。よく利用する店舗が3重取り可能な店舗なら、dカードで決まりですね。

dカード特約店で還元率がアップ

dポイント特約店

dカード特約店でdカード決済もしくはiD決済を利用すると、通常ポイントに1.0%以上の特約店ポイントが加算されます。

例えば、スターバックスならdカード決済で+3.0%、合計4.0%還元。ビッグエコーならiD決済で+2.0%、合計3.0%還元になります。

第4位:イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト
還元率ポイント0.5%~1.0%
マイル0.25%
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外なし
国内
ETCカード発行手数料無料
年会費
ポストペイ型電子マネーiD
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
発行会社株式会社イオン銀行
発行期間約2~3週間

イオンカードセレクトは、クレジットカード、電子マネーWAON、イオン銀行キャッシュカードの3枚の機能を1枚にまとめた便利なカードです。

ショッピングポイント以外にも、WAONへのチャージやイオン銀行口座の利用でもポイントが貯まります。

イオンカードセレクトのおすすめポイント
  • イオングループの対象店舗で常にポイント2倍
  • WAONへのチャージでもポイントが貯まる
  • 公共料金の支払い、給与受け取りでポイントが貯まる
  • 無料でゴールドカードを発行できる

イオングループの対象店舗で常にポイント2倍

イオングループ対象店

イオンカードセレクトの通常還元率は0.5%ですが、イオングループの対象店舗で利用するとWAON POINTが2倍貯まり、還元率が1.0%になります。

また、毎月行われている「お客さま感謝デー」「お客さまわくわくデー」の日にイオンカードセレクトを利用すると、以下のような優待が受けられます。

  • 毎月20日・30日「お客さま感謝デー」:買い物代金5%OFF
  • 毎月5日・15日・25日「お客さまわくわくデー」:WAON POINT2倍

無料でゴールドカードを発行できる

イオンゴールドカード

直近の年間利用額が100万円以上など一定の条件を満たすと、ゴールドカードが無料で発行できます。

イオンゴールドカードは、最高5,000万円の海外旅行保険のほか国内空港ラウンジサービスなどが付帯している魅力的なカードです。

条件は付きますが、ゴールドカードを年会費無料で持てるのは、イオンカードセレクトの大きなメリットと言えます。

第5位:エポスカード

エポスカード

エポスカード
還元率ポイント0.5%~
マイル0.25%~
年会費初年度無料
2年目以降
家族カードなし
旅行保険海外最高500万円(自動付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料無料
年会費
ポストペイ型電子マネーQUICPay
国際ブランドVISA
発行会社株式会社エポスカード
発行期間即日発行可能(郵送は1週間)

エポスカードは、マルイの店舗やネット通販で割引が受けられるのが特徴です。

また、全国に約10,000店もある優待店で、会員限定の割引やサービスが受けられます。

エポスカードのおすすめポイント
  • マルイ・モディ店舗、ネット通販で10%OFF
  • 優待店(飲食店、遊園地、美容院、スパなど)で割引やサービスが受けられる
  • 最高500万円の海外旅行保険が自動付帯

マルイ・モディ店舗、ネット通販で10%OFF

マルコとマルオの7日間

エポスカード会員なら、年に4回あるマルイのセール期間中(マルコとマルオの7日間)、10%OFFで買い物ができます。(セール期間は変動することがあります)

エポスカードは年会費が永年無料なので、セール期間中だけマルイを利用するという方も持っておいて損はありません。

ポイントが200円につき1ポイント貯まり、1ポイント=1円でショッピングに利用することができます。

最高500万円の海外旅行保険が自動付帯

保険

エポスカードの海外旅行保険は、最高500万円と最大補償額は少ないですが、補償の適用に条件が付かない自動付帯になっています。

また、比較的利用頻度が高い傷害治療費が200万円、疾病治療費が270万円と、補償内容が充実していることも大きなメリットです。

第6位:Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

Orico Card THE POINT
還元率ポイント1.0%~
マイル0.5%~
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外なし
国内
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーiD、QUICPay
国際ブランドMastercard、JCB
発行会社株式会社オリエントコーポレーション
発行期間最短8営業日(オンライン申込)

第6位は「Orico Card THE POINT」です。年会費永年無料でポイントが貯まりやすいカードとして知られています。

iDとQUICPayをダブル搭載しており、電子マネーとの相性も良好です。

カードの利用で貯まったポイントは、ギフト券や他社ポイント、商品などに交換できます。

Orico Card THE POINTのおすすめポイント
  • 基本の還元率1.0%、入会後6ヶ月間は2.0%
  • オリコモールの利用でさらに0.5%アップ
  • ETCカードや家族カードも無料

基本の還元率1.0%、入会後6ヶ月間は2.0%

オリコポイント還元率

基本のポイント還元率が1.0%なので、いつでも効率よくポイントが貯められます。

さらに、入会後6ヶ月間は2倍、つまり2.0%の還元率に。

日用品や食品などの日々の支払いをOrico Card THE POINTにまとめるだけでかなりお得にポイントが貯まるでしょう。

ETCカードや家族カードも無料

オリコETCカード

ETCカードや家族カードも年会費無料で発行できます。

iDとQUICPayをダブル搭載しておりあらゆる店舗でスムーズに決済でき、Apple Payに登録すればスマホでの決済も可能です。

ポイントの交換先も豊富で全体を通して使い勝手がよいので、初めてクレジットカードを持つ方にもおすすめできます。

オリコモールの利用でさらに0.5%アップ

ネットショッピングの際に会員限定のショッピングモール「オリコモール」を経由するだけで、還元率が0.5%アップします。

それに加えて、ショップごとのポイントももらえるので、ネットショッピングをよく利用する方ならポイントが貯まりやすいです。

ショップには、利用者の多いAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなども含まれています。

生活スタイルに合った最適な1枚を見つけよう!

年会費無料のクレジットカードおすすめランキング
  • JCB CARD W /plus L
    どこで使ってもポイント2倍
  • 楽天カード
    楽天グループのサービス利用でポイントがどんどんたまる
  • dカード
    d払い加盟店だとポイント3重取りもできる
  • イオンカードセレクト
    要件を満たせば無料でゴールドカードが発行できる
  • エポスカード
    年4回のマルイのセールで10%OFFで買い物ができるチャンス
  • Orico Card THE POINT
    入会後6ヶ月間は2%還元

ここまで、年会費無料かつお得なサービスが満載のカード6枚を紹介しました。

ポイント優遇サービスや付帯保険などをしっかりとチェックして、自分の生活スタイルに合った最適なカードを選んでくださいね。