Apple Payにクレジットカードを登録できない時の原因と対処法

キャッシュレス決済が拡がっている今、Apple Payにさまざまなクレジットカードを登録し、スマートに支払いをしている人は少なくありません。

しかし、「クレジットカードをApple Payに登録できない……」という人が意外といるようです。

そこで今回は、Apple Payにクレジットカードを登録できないときの原因や対処法について紹介していきます。

問題を解決し、スマートなキャッシュレス決済を実現してください。

登録できないときの対処方法
  • Apple Payに対応しているカードかを確認する
  • デバイスがApple Payに対応しているかを確認する
  • Apple Payのシステム状況を確認する
  • 複数のアプリを立ち上げている場合は一度終了してからカードを登録する

アイキャッチ画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

Apple Payとは

セディナカードのおサイフケータイイメージ

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

そもそも、「Apple Pay」とはどんなサービスなのでしょうか。

Apple Payとは、Apple製のデバイスで使える財布代わりになるサービスで、「キャッシュレスを、ここまで簡単に」をテーマにしています。

Apple Payにはクレジットカードや交通系ICカード、デビットカードなどを登録でき、レジでデバイスをかざすだけで支払いを完了できます。

Apple Payに対応しているデバイスは下記のとおりです。

  • iPhone
  • Apple Watch
  • iPad(アプリ・WEBのみ使用可能)
  • Mac(WEB上のみ使用可能)

Apple Payはコンビニや飲食店、家電量販店やショッピングモールなどさまざまな場所で使用できます。

また実店舗だけでなくアプリやWEBサイトでも支払いに使えることから、便利なサービスといえます。

端末交通機関店舗アプリ内Web上
iPhone8シリーズ以降
国内販売のiPhone7シリーズ
iPhone6シリーズ--
iPhone SE--
国内販売のApple Watch Series2以降-
Apple Watch Series1---
Apple Watch(第1世代)---
iPad(第5世代以降)--
iPad Pro--
iPad Air2--
iPad mini(第3世代以降)--
2012年以降発売のMac---

Apple Payへのクレジットカード登録方法

登録できない原因は、意外と簡単なことだったりします。

そもそもの登録方法が間違っている、なんてことがないとも限りません。

ということで、おさらいの意味も含めて今一度、登録方法の手順を紹介しておきましょう。

  1. Walletアプリを開き右上に表示されている「+」マークを選択
  2. クレジットカードの登録を選択
  3. カメラが起動するので、登録したいクレジットカードを読み取る
  4. 案内に従い認証手続きを進めれば完了

1iPhone画面にあるWalletを選択

ApplePay登録手順1

iPhoneにもともと登録されているWalletアプリを起動し、右上に表示されている「+」マークをタップします。

するとApple Payへカードを登録する画面に進むので、画面下部にある「続ける」をタップしてください。

2登録するクレジットカードを選ぶ

ApplePay登録手順2

次にApple Payに登録するカードを選択する画面に進みます。

クレジットカードもしくはプリペイドカード、交通系ICカードのSuicaが選択項目に表示されているのでクレジットカードを選択してください。

3カメラでクレジットカードを読み取る

ApplePay登録手順3

登録したいクレジットカードを選択するとWalletアプリ上にてカメラが自動で起動します。

登録したいクレジットカードをカメラに表示されている枠内に収めて写すと、カード番号が読み込まれてカード詳細を入力する画面に進みます。

カメラでカード情報を読み取れなかった場合は、画面下部にある「カード情報を手動で入力」から設定を進めてください。

4アプリの指示通りに手続きを進めれば完了

ApplePay登録手順4

カード情報を入力できたら、あとはアプリの指示通りに設定作業を進めるだけです。

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

Apple Payに登録できない原因

セゾンカードApple Pay

画像引用元:Apple Pay(アップルペイ)の使い方・キャンペーン|クレジットカードのセゾンカード・UCカード

どういった理由でApple Payにクレジットカードが登録できないという事象が発生するのでしょうか。

ここからは、Apple Payにクレジットカードが登録できない原因について説明していきます。

  • クレジットカードがApple Payに対応していない
  • デバイスのiOSバージョンが古い
  • システム障害の可能性
  • 通信の問題
  • デバイスが対応していない
  • 年齢が13歳未満の場合

Apple Payに対応していないクレジットカードの場合

Apple Payはすべてのクレジットカードを登録できるわけではありません

そのため、登録できない原因のひとつとしてクレジットカードが対応していない可能性が考えられます。

Apple Payに対応しているかを確認するには、Appleサポートにアクセスをして登録の対象となっているかを確認しましょう。

クレジットカードの設定画面でカードを追加できないというメッセージが表示された場合は、Apple Payに対応していないカードを選択している可能性が高いです。

下記が対応していないクレジットカードの一例です。

  • 三井住友銀行とゆうちょ銀行は、UCカードとAmerican Express(アメリカンエキスプレス)に対応していません。
  • 百十四銀行・伊予銀行・やまぎんカードは、DCカードとAmerican Express(アメリカンエキスプレス)に対応していません。
  • 三菱UFJニコスは、JCBカードとAmerican Express(アメリカンエキスプレス)に対応していません。
  • 法人カード(一部は利用可)

バージョンが古い場合

iOSのバージョンが古いとクレジットカードが登録できない場合があります。

古いバージョンのまま使用しているのであれば、Apple Payにクレジットカードを登録する前にアップグレードしておきましょう。

システム障害の可能性も

あまりみられないケースですが、Apple Payが何らかのシステム障害を起こしている可能性もゼロではありません。

Apple Payに対応しているクレジットカードであるにも関わらず、なぜか登録ができない場合はAppleサポートのシステム状況を確認してみましょう。

システム障害を起こしている場合は、復旧してから再度クレジットカードの登録をしてください。

通信の問題

Apple Payにクレジットカードの登録をする際は、電波状況の良い場所で実施してください。

登録するにあたりデータ通信をしたうえで承認作業等がされるため、通信環境が悪ければ登録不可と表示されApple Payにクレジットカードを設定できない場合があります。

そのため4G接続ではなくWi-Fi環境下で登録作業をすることが好ましく、とくにWi-Fiの電波を拾いやすい場所であれば尚良しです。

また4G回線を使用する場所で登録作業をする場合は、電波の状態だけでなくモバイル通信を許可しておかなければいけません。

その際は、設定画面からモバイルデータ通信を選択し、Walletのスイッチをオンにしておきましょう。

移動中は電波状況が悪くなる可能性もありますので、できるだけ一定の場所で登録作業をしてください。

デバイスが対応していない

お使いのデバイスがApple Payに対応していない場合も考えられます。

Apple Payが使用できるデバイスは限られており、iPhoneであればFace IDやTouch IDが搭載されているモデル(iPhone5sを除く)が対応しています。

iPadはmini・Pro・Airなどさまざまな商品が販売されていますが、Face IDやTouch IDが搭載されているモデルであればApple Payを使用可能です。

そしてApple Watchはシリーズ1および2以降のモデルがApple Payに対応しています。

またMacの場合はTouch IDを搭載しているものと、2012年以降に発売されたモデルであればApple Payが使用できます。

つまり、上述したデバイス以外のものを使っている場合はApple Payは使用できませんので、ご注意ください。

年齢が13歳未満の場合

Apple Payは13歳未満のお子様は利用できないサービスであるため、年齢が登録できない原因となっていることも考えられます。

年齢のチェックはApple IDでiCloudにサインインをする際に実施されるため、まず避けることはできません。

Apple Payに対応していないクレジットカードやデバイスなどの理由だけでなく、年齢制限が設けられていることも知っておきましょう。
スマホ決済の種類|Apple Pay、おサイフケータイ、QUICPayなどの違い