クレジットカードおすすめランキング

Apple Payにデビットカードを登録できない時の原因と対処法

ApplePay

Apple Payは、iPhone1つで電車に乗ることができたり、買い物ができたりとメリットがたくさんあります。

身軽に電車に乗れたり、スムーズに決済ができたりするので、普段から利用している人もいるでしょう。

しかし、Apple Payを利用するには、決済をするためのクレジットカードを登録する必要があります。

クレジットカードを持っていない人や、クレジットカードを使いたくない人は、デビットカードで利用したいと思う人もいるのではないでしょうか。

しかし、Apple Payでデビットカードを登録しようと思っても、うまく登録できないことがあります。では、なぜApple Payでデビットカードを登録できないのでしょうか。

そこで、ここではApple Payでデビットカードを登録できない原因や対処法、Apple Payのメリットなどについてご紹介します。

なぜ、デビットカードが登録できないのか?
  • Apple Payは基本的にクレジットカードを登録する
  • 対応しているデビットカードは1つだけ
  • モバイルSuica経由であればデビットカードも使える

アイキャッチ画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

Apple Payでデビットカードを登録できない原因とは?

applepay-suica

画像引用元:Apple PayのSuica:JR東日本

Apple Payにデビットカードを登録して使いたいと思っていても、登録できないという人もいるのではないでしょうか。

では、Apple Payでデビットカードを登録できない原因はなんなのでしょうか。

そこで、ここではApple Payでデビットカードを登録できない原因について 、以下のことを中心に解説していきます。

  • Apple Payがデビットカードに対応していない理由
  • Apple Payに対応しているデビットカードは1つだけ
  • 今後デビットカードが対応される予定はない

Apple Payでデビットカードを使いたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

Apple Payがデビットカードに対応していない理由

「Apple Payでデビットカードを登録できれば便利なのに」と思っている人もいるでしょう。では、Apple Payはなぜデビットカードに対応していないのでしょうか。

デビットカードは、クレジットカードとは違って決済をした際に引き落とされる銀行口座との紐付けが必要となります。

クレジットカードで決済をした場合は、一旦料金をカード会社が建て替えてくれて、後払いをするという仕組みです。

しかし、デビットカードは決済をした際に、即座に銀行口座から引き落とされます。

Apple Payでは、銀行口座との紐付けができないため、デビットカードの登録ができないと考えられます。

Apple Payに対応しているデビットカードは1つだけ

デビットカードは、決済をしたらすぐに口座から料金が引き落とされるので、普段から利用しているという人も多いのではないでしょうか。

しかし、上記の通り、Apple Payは基本的にデビットカードには対応していません

デビットカードはApple Payに登録することができないので、クレジットカードを登録するか、Suicaなどのプリペイドカードを利用する必要があります。

ところが唯一1つだけ対応しているデビットカードがあります。

みずほ銀行が発行している「Smart Debit」だけ登録できるのです。

今後デビットカードが対応される予定はない

現在、みずほ銀行のSmart Debitのみ登録できます。では、他のデビットカードが利用できるようになる予定はあるのでしょうか。

現状では、対応可能となるデビットカードが追加されるという発表はありません

もし今後、利用できるデビットカードが増えればApple Payを利用する人も増えてくるかもしれません。

デビットカードは、審査なしで誰でも作れるので、クレジットカードを持っていない人でも持つことが可能です。

また、口座にある金額以上を使うことができないため、クレジットカードではつい使いすぎてしまうという人にもおすすめです。

Apple Payでデビットカードが登録できない場合の対処法

セディナカードのおサイフケータイイメージ

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

ここまでは、Apple Payでデビットカードが登録できない原因についてご紹介してきました。

では、Apple Payでデビットカードが登録できない場合はどうすればいいのでしょうか。

そこで、ここではApple Payでデビットカードが登録できない場合の対処法についてご紹介します。

Apple Payは、基本的にはクレジットカードで登録する仕様になっています。

しかし、みずほ銀行の「Smart Debit」であれば登録することができます。他のデビットカードは登録することができません。

  • 基本的にはクレジットカードで利用する
  • 対応しているデビットカード「Smart Debit」を設定する
  • モバイルSuicaのチャージにデビットカードを設定する

基本的にはクレジットカードで利用する

Apple Payは、ほとんどのデビットカードを利用することができません。基本的には、Apple Payはクレジットカードを登録して使える仕様になっているのです。

クレジットカードだと、「使いすぎてしまうのが心配」と言う人もいるのではないでしょうか。しかし、使うことが可能な上限を設定することができます。

上限額を設定すれば、使い過ぎを防ぐことができるので、利用できるデビットカードを持っていない人は、クレジットカードを登録するのもおすすめです。

対応しているデビットカード「Smart Debit」を設定する

Apple Payで唯一登録できるデビットカードが、みずほ銀行で発行している「Smart Debit」です。

Smart Debitについて、解説していきましょう。

Smart Debitとは

Smart Debitのイメージ

画像引用元:みずほWallet for iOS | みずほ銀行

Smart Debitは、「みずほWallet for iOS」というアプリをダウンロードすれば、バーチャルカードを即時発行することができます。

また、みずほ銀行の口座を持っている場合は、JCBやQUICPay加盟店でApple Payで決済ができます。

Apple Payでデビットカードを登録して利用したいと思っている人は、Smart Debitを利用すると良いでしょう。

Apple Payは、VISAやJCBのデビットカードも対応していません。VISAやJCBグループが発行しているクレジットカードであれば利用することができます。

Smart Debitの発行方法とApplePayへの登録方法

  1. 「みずほWallet」アプリをダウンロードする
  2. 「Smart Debitを発行する」を選択する
  3. 引き落とし口座やメールアドレスなどを登録する
  4. Apple Payに「Smart Debit」を追加する
  5. 「Wallet」アプリに「Smart Debit」が追加されれば完了

1「みずほWallet」アプリをダウンロードする

「App Store」から「みずほWallet」アプリをダウンロードします。

ダウンロードしたら、「みずほWallet」アプリをタップして起動しておきます

2「Smart Debit」を発行するを選択する

Smart Debit登録方法1

「みずほWallet」アプリを起動したら、「はじめる」をタップします。

「タップしてカードの選択画面へ」をタップすると、カードの選択画面が表示されます。

そして、「Smart Debitを発行する」をタップします。

3引き落とし口座やメールアドレスなどを登録する

Smart Debit登録方法2

「お客様情報の入力」をタップして、引き落とし口座の登録をします。

そして、口座振替の申込内容を確認して、正しければ「口座振替申込」をタップします。

引き落とし口座の登録が完了したら、「Smart Debit」に登録するメールアドレスを入力します。

4Apple Payに「Smart Debit」を追加する

Smart Debit登録方法3

メールアドレスの登録が完了したら、Apple Payへの追加画面に移動します。

利用規定などを確認して同意したら、Apple Payに「Smart Debit」が追加されます。

その後、「完了」をタップすると「Smart Debit」の発行が完了します。

5「Wallet」アプリに「Smart Debit」が追加されれば完了

Smart Debit登録方法4

最後に、iPhoneの「Wallet」アプリを起動して「Smart Debit」が追加されていることを確認しましょう。

追加されていれば、「Smart Debit」がApple Payで利用できるようになります。

画像引用元:みずほWallet for iOS | みずほ銀行

Smart Debitが使えるお店

Smart Debitは、QUICPay +加盟店で利用できます。QUICPay +は、全国に89万台以上設置されています。

ちなみに、QUICPayのみ利用できる店舗では、Smart Debitは利用できないので注意しましょう。

QUICPay +に対応している主な店舗は下記の通りです。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • イトーヨーカドー
  • イオングループ
  • ドン・キホーテ
  • ツルハドラッグ
  • マツモトキヨシ
  • スギ薬局
  • マクドナルド
  • タリーズコーヒー
  • ビックカメラ
  • コジマ
  • ユニクロ
  • ライトオン
Apple Payにクレジットカードを登録できない時の原因と対処法

モバイルSuicaのチャージにデビットカードを設定する

Apple Payでデビットカードを利用するには、Smart Debitを設定するしか方法はありません。

しかし、モバイルSuicaを通してデビットカードが使えるという方法があります。

デビットカードを使ってチャージをして、Apple Pay内のSuicaで決済をすることで未対応のデビットカードでもApple Payで利用できるのです。

ここでは、モバイルSuicaにデビットカードを登録する方法についてご紹介します。

  1. 対応しているデバイスかを確認する
  2. Suicaアプリをダウンロードする
  3. Suicaカードを登録する
  4. すでにクレジットカードを登録している場合は変更する

1対応しているデバイスかを確認する

まずは、お使いのスマートフォンが対応しているデバイスかどうかを確認してください。

対応しているデバイスは以下になります。

  • iPhone 7以降のiPhone
  • Apple Watch Series 2以降のApple Watch

なお、海外で販売されたiPhone・Apple WatchはSuica非対応になります。

2Suicaアプリをダウンロードする

次に、JR東日本が発行しているSuicaアプリをダウンロードしましょう。

モバイルSuicaにデビットカードを登録する際は、アプリから登録をする必要があります。

アプリ以外からではチャージができないので注意しましょう。

3Suicaカードを登録する

Suicaカード

画像引用元:Apple PayのSuica:JR東日本>Apple PayのSuicaをはじめる

アプリをダウンロードしたら、次にSuicaアプリ内で使うSuicaカードを作りましょう。

まずは、アプリを起動したホーム画面の右上にある「+」ボタンをタップします。

そして、Suicaを新規発行したり、手持ちのSuicaカードを取り込んだりすることができます

新規発行した場合は、Suicaカードを登録した際にデビットカードを登録できます。

「他のクレジットカードを登録する」をタップして、デビットカードの情報を入力すると完了です。

4すでにクレジットカード情報を登録している場合は変更する

すでにクレジットカードを登録している人は、モバイルSuicaアプリを開いて「チケットの購入・Suica管理」をタップしましょう。

そして、「登録クレジットカード情報変更」をタップして、デビットカードの情報を入力したら完了です。

Apple Payとは

アップルペイのイメージ

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

Apple Payは、2016年から利用が開始されました。そのため、Apple Payという名前を聞いたことがある人は多いでしょう。

しかし、Apple Payに興味はあるけれど、どんなものなのか知らない人もいるのではないでしょうか。

そこで、ここではApple Payについてご紹介します。

Apple Payは、簡単に言うとiPhoneが財布変わりになるサービスです。

クレジットカードや現金を持ち歩かなくても決済ができるようになります。

Apple PayでiPhoneが財布になる

Apple Payは、iPhoneひとつで電車や店舗で利用できる決済サービスです。

JR東日本の交通系電子マネーカードであるSuicaや、クレジットカードを登録することで身軽に電車を利用できたり、スムーズに買い物ができたりします。

使うたびに鞄から財布を取り出す手間がなくなり、カードを失くしてしまうこともなくなります。

Apple Payのメリット

suicaを使うイメージ

画像引用元:駅でも街でも!ポイントを貯める:ビューカード

Apple Payを利用することで、iPhoneだけで支払いができるようになるというメリットがあります。

しかし、具体的にはApple Payにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

そこで、ここではApple Payのメリットについてご紹介します。

Apple Payは、電車やバスに乗る際にiPhoneだけで乗ることができたり、買い物の際にiPhoneをかざすだけで決済できたりします。

無料で利用でき、電車や買い物がスムーズにできるようになります。

  • 交通機関がスムーズに利用できる
  • 店舗やオンラインでの決済がスムーズ
  • ポイントが貯まる

交通機関がスムーズに利用できる

普段電車の改札を通るときは、いちいち鞄から財布を取り出したり、カードを準備しなくてはいけなかったりします。

しかし、Apple Payを利用することでiPhoneやApple Watchを改札にかざすだけで簡単に通ることができます。

また、Apple Payでは、いつでも残高の確認ができ、どこでもチャージをすることができます。

改札を通るときに残高が足りないと引っかかってしまいます。

しかし、Apple Payではどこでもチャージすることができるので、よりスムーズに改札を通ることができるでしょう。

チャージをするときは、WalletアプリかSuicaアプリから行うことができます。

店舗やオンラインでの決済がスムーズ

Apple Payを利用すれば、店舗やオンラインでの決済がスムーズにできるようになります。

店舗で買い物をする際は、iPhoneで決済する場合はTouch IDやFace IDで、Apple Watchで決済する場合はサイドボタンを2回押すことで簡単に支払いをすることができます。

また、オンラインで支払いをする場合は、支払い方法でApple Payを選択して、Touch ID、Face IDで支払うことができます。

オンラインで支払う場合は、クレジットカードを手元に用意して、クレジットカード番号やセキュリティーコードなどを入力する必要があります。

しかし、Apple Payを使えばオンラインでもスムーズに、簡単に支払いを済ませることができます。

ポイントが貯まる

Apple Payを利用して決済することで、クレジットカードのポイントを貯めることができます。

コンビニやスーパーなどで、毎日のちょっとした買い物をApple Payで決済することで、コツコツとポイントを貯めることができます。

今まで現金で支払ってきた人は、よりお得にポイントを貯めることができます。

Apple Payにはクレジットカードを登録するのがおすすめ

ApplePay Suica

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

現在は、Apple Payに登録できるデビットカードはみずほ銀行から発行されている「Smart Debit」のみです。

他のデビットカードで登録はできないので、デビットカードを登録したい人はSmart Debitを作るしかありません。

それか、モバイルSuicaにデビットカードを使ってチャージする方法があります。

今後利用できるデビットカードが追加される可能性がありますが、未定です。

Apple Payを頻繁に使っている人は、クレジットカードを登録することでお得にポイントも貯めながら利用できます

自分にとって便利でお得な使い方を選びましょう。

Apple Payは決まったデビットカードなら登録できる
  • Apple Payは1種類のデビットカードなら利用できる
  • デビットカードに残高がないと利用できない場合がある
  • モバイルSuicaを経由することでデビットカードを登録できる
  • 本格的にApple Payを利用する人はクレジットカードがおすすめ
Apple Payに登録するおすすめ銀行系デビットカードと設定方法

今がお得なクレジットカードはこれ!

三井住友カード
年会費今なら!!年会費永年無料
還元率0.5%~
国際ブランドVISA / Mastercard
発行元三井住友カード
発行スピード最短5分(即日発行カードはこちら)
家族カードあり
関連記事三井住友カード|2020年2月3日から年会費無料など4大キャンペーン実施予定