イオンカードの解約手続きの流れ|残ポイントと支払い残金はどうなる?

  • 2020年7月15日
  • 2021年10月20日
イオンカードの解約手続きの流れ

イオンカードは年会費無料のカードが多く、気軽に発行できます。

しかし、発行したものの使わなかった…といったこともあるでしょう。

そんな人は、イオンカードを解約しましょう。解約方法はカードの種類によって異なります。

この記事では、イオンカード各カードの解約方法に加え、解約後のポイントの行方、支払い残金など、解約にまつわるさまざまな疑問にお答えします。

イオンカードを解約するには
  • イオンカードセレクトの解約は電話で資料請求
  • イオンSuicaカードはカード要返却
  • その他のイオンカードはインターネット上で解約
  • 解約できるのは原則カード名義人本人のみ
  • 貯まったポイントは解約すると失効する
  • 支払い残金は完済するまで支払いが続く

イオン系列でお得!イオンカード特集

イオンカードの解約手続きの流れ

イオンカードはカードの種類によって解約方法が異なります。

カード種類解約方法
イオンカードセレクトイオン銀行コールセンターに電話して資料請求をして解約
イオンSuicaカード退会届けを取り寄せ、カードを同封して返却
その他のイオンカード『暮らしのマネーサイト』からオンライン上で解約

それぞれのカードの具体的な解約手続きの流れについて詳しく見ていきましょう。

イオンカードセレクト解約手続きの流れ

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトはイオン銀行のキャッシュカード機能が付帯したクレジットカードです。

そのため、カード管理はイオン銀行が行なっています。

通常のイオンカードコールセンターではなく『イオン銀行コールセンター』に問い合わせて解約を申し出ましょう。

なお、カードを紛失している場合は解約ではなく、停止手続きも必要です。

問い合わせ先の電話番号が異なるため注意しましょう。

イオン銀行コールセンターの電話番号と受付時間は下記の通りです。

イオン銀行コールセンター

0120-131-089
受付時間:9:00〜21:00(年中無休)

カードの紛失・盗難専用ダイヤル

03-6832-1234
受付時間:24時間(年中無休)

カード解約までの一連の流れは次の通りです。

  1. カード番号やカード有効期限がわかるものを手元に用意する
  2. イオン銀行コールセンターに電話する
  3. 自動音声案内に従って番号を押す
  4. オペレーターに繋がったらカード解約を伝える
  5. 解約に必要な情報(カード番号や本人確認)をオペレーターに伝える
  6. 解約に必要な書類が郵送されるので、必要事項に記入
  7. 書類に不備が無ければ解約完了。カードは各自で処分する

銀行提携のイオンカードも各銀行へ

銀行との提携イオンカードは、それぞれの銀行窓口に解約の旨を伝える電話をする必要があります。

具体的なカードは下記のカードです。

  • 荘銀イオンカード
  • とりぎんイオンカード
  • 三重銀イオンカード
  • 福銀イオンカード

これらのカードを解約する場合はそれぞれ下記の電話番号に電話して解約を伝えましょう。

カード解約専用の窓口ではなく、総合窓口なのでカード解約の旨を最初に伝えるとスムーズに話が進みます。

カード名問い合わせ窓口受付時間
荘銀イオンカード(荘内銀行)0120-103-239平日9:00〜19:00
とりぎんイオンカード(鳥取銀行)0120-866-915平日9:00〜19:00
三重銀イオンカード0120-001-250平日9:00〜17:00
福銀(福岡銀行)イオンカード0120-788-321休業日を除く平日9:00〜20:00

イオンSuicaカード解約手続きの流れ

イオンSuicaカード

イオンSuicaカードはイオンカードとSuicaが一体になったカードです。

イオンSuicaカードの場合、解約と同時にカードを返却する必要があります。

カードの返却は郵送で行います。それに際し、まず退会届を取り寄せましょう。

退会届の取り寄せ方法は2パターンあります。

  • イオンスクエアメンバーMyPageから退会届を取り寄せる(MyPageはこちら
  • イオンカードコールセンターから退会届を取り寄せる

どちらかの方法で退会届を取り寄せ、カードを同封して指定の送り先に郵送します。

コールセンターの電話番号は下記の通りです。

イオンカードコールセンター

0570-071-090(ナビダイヤル・有料)
043-296-6200(有料)
受付時間:9:00~18:00(年中無休)

カード紛失・盗難

0570-079-110(ナビダイヤル・有料)
043-331-0100(有料)
受付時間:24時間(年中無休)

退会手続きの流れは下記の通りです。

  1. カード番号やカード有効期限がわかるものを手元に用意する
  2. イオンスクエアメンバーMyPageもしくはコールセンターから退会届を取り寄せる
  3. 届いた退会届に記入し、イオンSuicaカードを同封して郵送する

その他のイオンカード解約手続きの流れ

ここまでで紹介したカード以外のイオンカードは、カード会員専用サイト『暮らしのマネーサイト』から解約できます。

インターネット環境があればどこからでも行えます。

カード情報を入力する必要があるので、カードを手元に用意して暮らしのマネーサイトから解約手続きに進みましょう。

具体的なステップとしては下記の通りです。

  1. 暮らしのマネーサイトにログインする
  2. クレジットカード解約受付に進む
  3. 退会前の注意事項を読み退会手続きに進む
  4. カード情報を入力する
  5. 確認事項に同意する
  6. アンケートを入力する
  7. 入力情報を確認する
  8. 解約完了。カードは各自で処分する

暮らしのマネーサイトはこちら

イオンカードの本人以外の解約

悩んでいる女性

イオンカードを解約できるのは基本的にカード名義人本人のみです。

どの解約方法をとっても、本人情報の確認・入力が求められます。

カード名義人以外が解約を行うことは規約違反になりますので要注意です。

ただし、カード名義人が亡くなっている場合は、家族の方が各コールセンターに事情を伝えることで解約手続きができます。

イオンカード解約後の残ポイントについて

WAON POINT

カードを解約する前に最も気になるのが、貯まったポイントについてでしょう。

結論をいうと、イオンカードを解約すると貯まったポイントは失効します。

WAON POINTは解約すると失効する

イオンカードを利用していると貯まる『WAON POINT』は、カード解約と同時に失効します。

せっかく貯めたポイントが消えてしまうのは勿体無いですよね。

WAON POINTにはグッズとの交換、ポイントの移行、電子マネーのチャージなど様々な使い道があります。

もし解約前にポイントを有効利用したい時は、dポイントやJALマイル、もしくはWAONポイントへの移行がおすすめです。

解約後はポイントが失効してしまうので、解約前に貯まったポイントは使い切るか、別のポイントに移行しておきましょう。

WAONポイントも解約すると失効する

電子マネーのWAON付帯のイオンカードは、WAONを利用すると『WAONポイント』が貯まります。

カードを解約すると、貯まったWAONポイントも失効してしまいます。

年会費無料のイオンカードであれば維持コスト0円なので、そのままWAONカードとして使ういいでしょう。

もし解約したい場合は、WAONカードを別に作り、貯まったWAONポイントを移行するという方法もあります。

WAONポイントの移行は下記の2つの方法で行えます。

  • オンライン上のWAONネットステーションで移行手続き
  • イオン店舗にあるWAONステーションで移行手続き

イオンカード解約後の支払い残金について

次に、解約後の支払い残金についてですが、この場合は残金があるかぎり支払いが続きます。

リボ払い・分割払いは支払いが終わるまで継続

もし利用していたカードでリボ払いや分割払いをしていた場合、すべての支払いが終わるまで口座から引き落とされ続けます。

また、カードを解約後は支払いは継続しますが、カードポイントは貯まりません。

基本的にメリットはないので、解約前に残金がある場合は一括返済をオススメします。

一括返済は、コールセンターへ連絡して指定口座に振り込みましょう。

または会員サイトである『暮らしのマネーサイト』から手続きを行うことができます。

カード支払い登録をしているものは解除しましょう

公共料金やネット通販では、支払い方法にクレジットカードを登録することができます。

支払い忘れなどが無くて便利ですが、解約をする時に問題が発生することがあります。

カードを解約したことを電力会社などに伝えないと支払いが継続してしまします。

自分が利用している公共料金の取り扱い会社に連絡をして、支払い登録の解除や、支払い方法の変更をしておきましょう。

イオンカードを解約する前の確認・注意点

確認する男性

最後にイオンカードを解約する前の確認事項・注意点をまとめました。

若干重複する部分があるかもしれませんが、解約する前のチェックリストとして参考にしてもらえればと思います。

ポイントを使い切るか、移行しておく

前述の通りカードを解約するとポイントは失効してしまいます。

カード利用で貯まる『WAON POINT』、WAON利用で貯まる『WAONポイント』はどちらとも失効します。

すべて使い切るか、使い道が特にない場合は他のポイントに移行したり、WAONカードを別途作って移行しましょう。

不正利用・盗難でカードを止める場合

カードの紛失・盗難によってカードを止める場合は、解約手続きとは別の窓口になります。

カードを紛失・盗難したことを『紛失・盗難専用ダイヤル』に連絡する必要があります。

各カードの専用ダイヤルから連絡しましょう。

ETCカード家族カードも解約になる

本会員のカードを解約すると、追加カードであるETCカード家族カードも一緒に解約されます。

ETCカードを利用している方はETC車載器からカードを外しておきましょう。

家族カードを利用してる場合は、家族に解約をしたことを伝えることを忘れずに。

再発行するときは審査が必要

カード解約後にカードを再発行する際は、再度カード発行するための審査を受ける必要があります。

つまり以前審査に通過してカードを発行できたから、「2回目は審査なし」というわけにはいかないということですね。

初回入会時のようにカード発行に必要な個人情報の入力なども行う必要があります。

再入会の場合は入会特典はもらえない

イオンカードはそれぞれ入会キャンペーンを行なっています。

しかし、入会キャンペーンが利用できるのは初回発行時のみです。

もし何度でも入会キャンペーンの利用を許可していたらカード会社が破綻しかねませんよね。

再入会しても入会キャンペーンは利用できないという前提で解約しましょう。

年会費無料なら解約せずに持っておくのもアリ

イオンカード

イオンカードの解約についてまとめると下記の通りです。

イオンカードの解約について
  • イオンカードセレクトは電話で資料を取り寄せて解約
  • イオンSuicaカードはカードを返却する必要あり
  • その他のイオンカードはネット上から解約可能
  • 貯まったポイントは解約すると失効になるので注意
  • 支払い残金は完済するまで支払いが続く

特に解約方法がめんどくさいということはありませんが、ポイントが失効するのがちょっと難点ですね。

年会費無料のイオンカードを持っていて「ポイントを移行したり使い切るのがめんどくさい」。

そんな人は、そのまま継続してカードを保持し続けるのもアリです。

他のカードを紛失したときのサブカードとしたり。WAON一体型のカードであればWAONカードとしても利用できます。