クレジットカードおすすめランキング

Apple Payに登録するおすすめ銀行系デビットカードと設定方法

ApplePay

銀行系デビットカードは、クレジットカードと異なり審査不要で持つことができるカードです。

また、口座から直接お金が引き落とされて使うタイプのカードなので、後払いのクレジットカードのように使いすぎを防ぐことも可能です。

そんな銀行系デビットカードをApple Payで使いたいと考えている人も多いでしょう。

Apple Payで銀行系デビットカードを使う方法は下記の通りとなります。

Apple Payで銀行系デビットカードを使うには
  • Apple Payで直接銀行系デビットカードは使えない
  • Apple Payで使えるのはクレジットカードまたはプリペイドカードのみ
  • モバイルSuicaのチャージ先を銀行系デビットカードにしてApple Payと連携

結論として、銀行系デビットカードはApple Payで直接使うことはできません。

モバイルSuicaを通じて間接的に利用しないとApple Payでデビットカードを使うことができないのです。

今回は、銀行系デビットカードを、

  • どのようにしてApple Payで使うことができるのか
  • おすすめの銀行系デビットカードはなにか

ということについて解説します。

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

Apple Payに銀行系デビットカードを登録・設定する方法

ApplePay

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

まず、Apple Payに銀行系デビットカードを登録・設定する方法について解説します。

この章では、冒頭で述べたようにApple Payで直接使うことができない銀行系デビットカードを、どのようにしてApple Payで使うようにするのかという点を重点的に紹介します。

Apple Payで銀行系デビットカードを使うにはモバイルSuicaと連携が必須となります。

このモバイルSuicaを使うにはどのようなメリット・デメリットがあるのかも合わせて解説していきます。

Apple Payのサービスについて紹介するので、Apple Pay初心者の人も是非参考にしてください。

Apple Payにデビットカードは登録できない

ショッピングする女性

冒頭でも述べたように、Apple Payにデビットカードは登録することはできません

Apple Payに対応しているのはあくまで後払いのクレジットカード、または先払い済みのプリペイドカードのみです。

口座から直接お金が引き落としされるため、プリペイドカードに分類されそうな銀行系デビットカードですが、Apple Payでは対応していません。

しかし、この先キャッシュレス化が日本でも広がっていくということを考慮すると、今後は銀行系デビットカードがApple Payに対応するかもしれません。

Apple Payで対応はクレジットカード・プリペイドカードのみ

クレジットカード

Apple Payで現状対応できるのはクレジットカードまたはプリペイドカードのみです。

対応している電子マネーは、

  • iD
  • QUICPay
  • Suica

のいずれかであり、他の決済サービスと比べると対応している電子マネーの種類も少ないのがApple Payの特徴です。

無駄な機能がなく、シンプルで洗練されたApple製品で使えるApple Payですから、「主要な電子マネーに最低限対応していれば問題ない」という判断に至ったのかもしれません。

今後はキャッシュレスの動きが日本でも高まることが予想されるため、対応する電子マネーは増えるのではないのでしょうか。

Apple Payに登録するおすすめクレジットカードと設定方法

モバイルSuicaを利用して銀行系デビットカードを利用可能

ApplePay Suica

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

Apple Payで直接銀行系デビットカードを使うことはできませんが、モバイルSuicaを利用して間接的に銀行系デビットカードを使用することは可能です。

その方法は下記の通りです。

  1. モバイルSuicaのチャージ先を銀行系デビットカードにする
  2. モバイルSuicaアプリで銀行系デビットカードを支払い先に設定する
  3. 銀行系デビットカードを登録したモバイルSuicaをApple Payに登録する

これで間接的ですが、銀行系デビットカードをApple Payで使えるとことになります。

ただし、あくまでモバイルSuicaを介して使うということなので、Suicaが対応していない場所では使うことができません。

Apple PayでモバイルSuicaを使うメリット・デメリット

モバイルSuicaを介してでないとApple Payで銀行系デビットカードを使えないということですが、モバイルSuicaにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

Apple PayでモバイルSuicaを使うメリット

改札を通る男性

メリットは下記の通りです。

  • 改札口にスマホをかざすだけで通ることができる
  • 交通系電子マネーでありながらお店で使うこともできる

モバイルSuicaはJR東日本が運営している交通系電子マネーです。

そのため、対応している路線であれば改札口にスマホをかざすだけでそのまま通過することができるので、改札を通過する時間を短縮することができます。

もちろん、切符をわざわざ購入する必要もありません。

電車だけでなく、バスなどの別の交通機関を利用できるという点も魅力的です。

また、コンビニや百貨店、スーパーなど身近なお店での買い物にも利用することが可能です。

Apple PayでモバイルSuicaを使うデメリット

悩む女性

デメリットは下記の通りです。

  • 東日本エリアの人以外にはほとんどメリットがない
  • 使えるお店は多いものの、他の電子マネーと比べると少ないのでどこでも使えるわけではない

JRの路線であればほぼモバイルSuicaを使うことは可能ですが、それ以外となるとかなり少なくなるのがデメリットです。

東日本エリアの人、特に都心エリアの電車をよく利用する人には大変重宝します。

しかし、西日本など別のエリアではその地方に合った交通系電子マネーを利用した方がお得な場合もあります。

筆者は西日本在住なので、例を挙げるとすればICOCAやPiTaPaなどですね。

また、主要なお店で基本使うことはできますが、他の電子マネーに比べて対応しているお店の数が少ないのもデメリットです。

元々が交通系電子マネーと考えるとお店で使えるだけでも便利です。

Apple Payで銀行系デビットカードを使う方法
  • モバイルSuicaでチャージ先を銀行系デビットカードに設定をする
  • 銀行系デビットカードをチャージ先に指定したモバイルSuicaをApple Payに登録する
  • モバイルSuicaで買い物や交通機関を利用し、チャージする毎に銀行系デビットカードが使われる
  • 間接的にしかApple Payで銀行系デビットカードを使うことはできない

次の章では、銀行系デビットカードの種類とその特徴について解説します。

銀行系デビットカードの種類とその特徴

J-Debit

画像引用元:J-Debit – キャッシュカードではじめる、キャッシュレス

次に、銀行系デビットカードの種類について解説します。

銀行系デビットカードとは、各銀行で発行されているデビットカードのことを言いますが、大きく分けて3つの種類に分けられます。

  • VISAデビット
  • JCBデビット
  • Jデビット

それぞれの特徴について紹介していきます。

VISAデビット

mijica

画像引用元:Visaデビット | Visa

VISAデビットの特徴は下記の通りです。

  • 年会費が1,000円くらいかかる場合がある
  • 海外でも国内でも使える
  • 平均的なポイント還元率は0.5%程度
  • 誕生日やポイントアップ加盟店で1%になることも
  • VISA加盟店で利用できる
  • 24時間365日利用可能

VISA加盟店であれば世界中で使うことができます。

銀行系デビットカードによってはポイント還元などのお得な特典があるのもVISAデビットの特徴です。

JCBデビット

JCBデビットカード

画像引用元:JCBデビットはますます便利に。 | JCBデビット

JCBデビットの特徴は下記の通りです。

  • JCB加盟店で使える
  • 年会費がかかる場合がある
  • ポイント還元は平均1%程度。アップする条件もあり
  • 所定の条件を満たせば海外や国内旅行の傷害保険などクレジットカードと同様のサービスを受けられる
  • オンラインでも利用できる
  • 24時間365日利用可能

JCBデビットはVISAデビットよりもポイント還元率が高い傾向にあります。

また、クレジットカードと同じように国内や海外旅行での傷害保険や、お買い物保険などに対応していることもあります。

Jデビット

J-Debit

画像引用元:J-Debit – キャッシュカードではじめる、キャッシュレス

Jデビットの特徴は下記の通りです。

  • 金融機関のキャッシュカードを手続きなしで使えるサービス
  • 元々国内の金融機関のキャッシュカードはデビットカードに対応しているものが多い
  • 1,000以上の金融機関が対応しているので、基本的にどのキャッシュカードでも使える
  • 金融機関のキャッシュカードを差し込んで、口座の暗証番号を入力して使える
  • 百貨店などの実店舗のみ利用可能で、オンラインに対応していない
  • ポイント還元などのサービスもない

お手持ちのキャッシュカードをそのまま手続きなしで使えるのが魅力的なJデビットです。

かなり気軽に使うことができますが、その一方VISAデビットやJCBデビットのようなポイント還元などのキャンペーンがありません。

銀行系デビットカードの種類とその特徴について
  • ポイント還元率は0.5%程度で世界中のVISA加盟店で使えるVISAデビット
  • ポイント還元率が比較的高く条件を満たせばクレジットカードのような保険サービスも受けられるJCBデビット
  • 手続きなしで使うことができるがオンライン支払いやポイント還元などのサービスがないJデビット
  • 各銀行でデビットカードを取り扱っているが、上記の3つのいずれかに加入している

Apple Payで使う銀行系デビットカードならJCBデビットカードがおすすめ!

銀行系デビットカードを選ぶポイントは、サービスの充実度やポイント還元率の高さです。

サービスの充実度やポイント還元率の高さを考慮すると、銀行系デビットカードを選ぶならJCBデビットがおすすめ

そこで、JCBデビットの中でも特におすすめな銀行系デビットカード2社の特徴について紹介します。

最高水準のポイント還元率を誇るのは楽天銀行JCBデビットカード

楽天銀行 JCB debit Card

画像引用元:楽天銀行のデビットカード(Visa・JCB)|楽天銀行

楽天銀行JCBデビットカードは、デビットカードの中でもポイント還元率がダントツと言って良いほど高いです。

  • ポイント還元率は1%
  • 年会費無料
  • 16歳以上なら申込み可能
  • ATM入出金の手数料は常時216円

クレジットカードと同じように保険を重視したいなら三菱UFJ‐JCBデビット

三菱UFJ-JCB Debit

画像引用元:三菱UFJデビット入会ご案内ページ|三菱UFJ銀行

クレジットカードと同じようなサービスを使いたいのなら、三菱UFJ-JCBデビットがおすすめです。

  • ポイント還元率は0.3%から0.5%
  • 海外サービス窓口「JCBプラザ」が使える
  • クレジットカードと同じように国内・海外旅行保険つき
  • 海外のみ買い物保険もついている
  • 年会費は1,080円だが23歳以下は無料(前年度の利用額が10万円以上の場合も無料)
  • 中学生以外の15歳以上が対象
  • 8時45分から21時までは三菱UFJ銀行のATMで無料入出金が可能

Apple Payでは銀行系デビットカードを直接使うのは不可だが今後に期待

Apple Pay

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

最後にApple PayにおすすめなJCB系デビットカード2社の特徴をまとめます。

Apple PayにおすすめなJCB系デビットカード2社の特徴
  • ポイント還元率はデビットカード最高水準の楽天銀行デビットカード
  • 年会費無料でポイント還元率がとにかく高いのが魅力
  • クレジットカードと同じように保険や海外旅行サービスを受けられる三菱UFJ-JCBデビット
  • 日中三菱UFJ銀行のATMが無料で使えるのが魅力

Apple Payでは、現状直接銀行系デビットカードを使うことはできません。

しかし、モバイルSuicaを介することで間接的にApple Payで銀行系デビットカードを使うことは可能です。

銀行系デビットカードの選び方はサービスが充実しているかとポイント還元率の高さです。

ポイント還元率の高さとサービスの充実度を考えるとJCBデビットがおすすめなので、是非銀行系デビットカードを使うことを考えている人は、検討してみてはいかがでしょうか。

おサイフケータイに登録するおすすめ銀行系デビットカードと設定方法

スタバ、セブン、Amazonで高還元

JCB CARD W
  • 39歳まで限定のポイント高還元率カード
  • 新規入会&利用で入会後3ヵ月ポイント4倍!
  • Amazon.co.jpの利用はポイント10倍!
年会費還元率国際ブランドスマホ決済
永年無料1%以上JCBApple Pay/Google Pay
発行スピード家族カードETCカード口コミ
最短3営業日あり無料見る
ツꀀ