Apple Payに登録するおすすめ銀行系デビットカードと設定方法

銀行系デビットカードは、クレジットカードと異なり審査不要で持つことができるカードです。

また、口座から直接お金が引き落とされて使うタイプのカードなので、後払いのクレジットカードのように使いすぎを防ぐことも可能です。

そんな銀行系デビットカードをApple Payで使いたいと考えている人も多いでしょう。

Apple Payで銀行系デビットカードを使う方法は下記の通りとなります。

Apple Payで銀行系デビットカードを使うには
  • Apple Payで直接銀行系デビットカードは使えない
  • Apple Payで使えるのはクレジットカードまたはプリペイドカードのみ
  • モバイルSuicaのチャージ先を銀行系デビットカードにしてApple Payと連携

結論として、銀行系デビットカードはApple Payで直接使うことはできません。

モバイルSuicaを通じて間接的に利用しないとApple Payでデビットカードを使うことができないのです。

今回は、銀行系デビットカードを、

  • どのようにしてApple Payで使うことができるのか
  • おすすめの銀行系デビットカードはなにか

ということについて解説します。

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

Apple Payに銀行系デビットカードを登録・設定する方法

ApplePay

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

まず、Apple Payに銀行系デビットカードを登録・設定する方法について解説します。

この章では、冒頭で述べたようにApple Payで直接使うことができない銀行系デビットカードを、どのようにしてApple Payで使うようにするのかという点を重点的に紹介します。

Apple Payで銀行系デビットカードを使うにはモバイルSuicaと連携が必須となります。

このモバイルSuicaを使うにはどのようなメリット・デメリットがあるのかも合わせて解説していきます。

Apple Payのサービスについて紹介するので、Apple Pay初心者の人も是非参考にしてください。

Apple Payにデビットカードは登録できない

ショッピングする女性

冒頭でも述べたように、Apple Payにデビットカードは登録することはできません

Apple Payに対応しているのはあくまで後払いのクレジットカード、または先払い済みのプリペイドカードのみです。

口座から直接お金が引き落としされるため、プリペイドカードに分類されそうな銀行系デビットカードですが、Apple Payでは対応していません。

しかし、この先キャッシュレス化が日本でも広がっていくということを考慮すると、今後は銀行系デビットカードがApple Payに対応するかもしれません。

Apple Payで対応はクレジットカード・プリペイドカードのみ

クレジットカード

Apple Payで現状対応できるのはクレジットカードまたはプリペイドカードのみです。

対応している電子マネーは、

  • iD
  • QUICPay
  • Suica

のいずれかであり、他の決済サービスと比べると対応している電子マネーの種類も少ないのがApple Payの特徴です。

無駄な機能がなく、シンプルで洗練されたApple製品で使えるApple Payですから、「主要な電子マネーに最低限対応していれば問題ない」という判断に至ったのかもしれません。

今後はキャッシュレスの動きが日本でも高まることが予想されるため、対応する電子マネーは増えるのではないのでしょうか。

Apple Payに登録するおすすめクレジットカードと設定方法

モバイルSuicaを利用して銀行系デビットカードを利用可能

ApplePay Suica

画像引用元:Apple Pay – Apple(日本)

Apple Payで直接銀行系デビットカードを使うことはできませんが、モバイルSuicaを利用して間接的に銀行系デビットカードを使用することは可能です。

その方法は下記の通りです。

  1. モバイルSuicaのチャージ先を銀行系デビットカードにする
  2. モバイルSuicaアプリで銀行系デビットカードを支払い先に設定する
  3. 銀行系デビットカードを登録したモバイルSuicaをApple Payに登録する

これで間接的ですが、銀行系デビットカードをApple Payで使えるとことになります。

ただし、あくまでモバイルSuicaを介して使うということなので、Suicaが対応していない場所では使うことができません。

Apple PayでモバイルSuicaを使うメリット・デメリット

モバイルSuicaを介してでないとApple Payで銀行系デビットカードを使えないということですが、モバイルSuicaにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

Apple PayでモバイルSuicaを使うメリット

改札を通る男性

メリットは下記の通りです。

  • 改札口にスマホをかざすだけで通ることができる
  • 交通系電子マネーでありながらお店で使うこともできる

モバイルSuicaはJR東日本が運営している交通系電子マネーです。

そのため、対応している路線であれば改札口にスマホをかざすだけでそのまま通過することができるので、改札を通過する時間を短縮することができます。

もちろん、切符をわざわざ購入する必要もありません。

電車だけでなく、バスなどの別の交通機関を利用できるという点も魅力的です。

また、コンビニや百貨店、スーパーなど身近なお店での買い物にも利用することが可能です。

Apple PayでモバイルSuicaを使うデメリット

悩む女性

デメリットは下記の通りです。

  • 東日本エリアの人以外にはほとんどメリットがない
  • 使えるお店は多いものの、他の電子マネーと比べると少ないのでどこでも使えるわけではない

JRの路線であればほぼモバイルSuicaを使うことは可能ですが、それ以外となるとかなり少なくなるのがデメリットです。

東日本エリアの人、特に都心エリアの電車をよく利用する人には大変重宝します。

しかし、西日本など別のエリアではその地方に合った交通系電子マネーを利用した方がお得な場合もあります。

筆者は西日本在住なので、例を挙げるとすればICOCAやPiTaPaなどですね。

また、主要なお店で基本使うことはできますが、他の電子マネーに比べて対応しているお店の数が少ないのもデメリットです。

元々が交通系電子マネーと考えるとお店で使えるだけでも便利です。

Apple Payで銀行系デビットカードを使う方法
  • モバイルSuicaでチャージ先を銀行系デビットカードに設定をする
  • 銀行系デビットカードをチャージ先に指定したモバイルSuicaをApple Payに登録する
  • モバイルSuicaで買い物や交通機関を利用し、チャージする毎に銀行系デビットカードが使われる
  • 間接的にしかApple Payで銀行系デビットカードを使うことはできない

次のページでは、銀行系デビットカードの種類とその特徴について解説します。