セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの年会費を超える圧倒的メリット

セゾンビジネスプラチナアメックスは、年間200万円以上利用するとわずか11,000円にまで年会費が下がります。しかし特典の内容はプラチナそのもの。プライオリティ・パス、コンシェルジュが利用できる上、JALマイルが最大1.375%還元される優秀カードです。
  • 2021年6月28日
  • 2021年9月1日
セゾンプラチナビジネスアメックス

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下セゾンプラチナビジネスアメックス)は、クレディセゾンとアメックスが提携して発行するプラチナカードです。

法人向け特典が充実していますが、個人与信型であり会社員も申し込めます。

JALマイルが最大1.375%もの還元率で貯められるなどコスパが高く、入会を検討している方も多いのではないでしょうか。

本記事では、セゾンプラチナビジネスアメックスについてまとめました。メリット・デメリットやおすすめする方なども解説しているので参考にしてください。

セゾンプラチナビジネスアメックスのメリット
  • 利用額次第で年会費が半額になる
  • JALマイル還元率が最大1.375%
  • プライオリティ・パスや旅行保険などトラベルサービスが手厚い
  • ビジネス関連サービスが充実
  • 追加カードは家族にも社員にも発行可能
セゾンプラチナビジネスアメックスのデメリット
  • 高額な年会費がかかる
  • 基本のポイント還元率が低め
  • 追加カードは一部サービスが対象外
セゾンプラチナとプラチナビジネスの違い|どっちがお得か徹底比較

※本記事の価格は全て税込みです。

セゾンアメックスとアメックスを比較
カード名セゾンプラチナ・ビジネス
アメリカン・エキスプレス(R)・カード
セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス
セゾンプラチナ・アメリカン
エキスプレス(R)・カード
セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンパール・アメリカン
エキスプレス(R)・カード
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンカードインターナショナル
セゾンカードインターナショナル
セゾンブルー・アメリカン
エキスプレス(R)・カード
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンゴールド・アメリカン
エキスプレス・カード
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
アメックスグリーン
アメックスグリーン
アメックスゴールド
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
年会費22,000円
条件付きで11,000円
22,000円1,100円
年1回の利用で無料
無料3,300円
初年度と26歳未満無料
11,000円
初年度無料
13,200円31,900円
還元率0.5%〜1.0%0.75%〜1.0%0.5%~3.0%0.5%0.5%0.6%~1.0%0.3%~1.0%0.3%~1.0%
国際ブランドAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican ExpressVISA、Mastercard、JCBAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican Express
キャンペーン最大9,000円相当
プレゼント
最大9,000円相当
プレゼント
最大8,000円相当
プレゼント
なし最大7,000円相当
プレゼント
最大7,000円相当
プレゼント
合計20,000ポイント
プレゼント
合計40,000ポイント
プレゼント
申込対象20歳以上
個人の方も申込可能
20歳以上18歳以上18歳以上18歳〜25歳の学生
高校生は除く
20歳以上20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
発行スピード最短3営業日最短3営業日最短5分最短即日最短即日最短3営業日最短3営業日最短3営業日
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
矢印

セゾンプラチナビジネスアメックスの特徴・基礎知識

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
還元率ポイント0.5%
マイル1.125%〜1.375%(セゾンマイルクラブ加入時)
年会費初年度22,000円
2年目以降
追加カード3,300円
旅行保険海外最高1億円(利用付帯)
国内最高5,000万円(自動付帯)
ETCカード発行手数料無料
年会費
ポストペイ型電子マネーQUICPay、ID
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
発行会社株式会社クレディセゾン
発行期間最短3営業日(セゾンカウンター受取)

セゾンプラチナビジネスアメックスは、クレディセゾンとアメックスが提携して発行するビジネス向けのプラチナカードです。

ビジネスカードではありますが、個人与信型であり登記簿謄本や決算書の提出は必要ありません。

個人に対して審査が行われるため、法人代表者だけでなく会社員の個人カードとしても利用できます。

プライオリティ・パスやコンシェルジュサービスなどプラチナカードならではの質の高いサービスが付帯しているのが特徴です。

それだけでなく、JALマイル還元率が常時1.125%とJALカードを上回る還元率でマイルが貯まります。

ビジネスオーナーの方にはもちろん、JALマイラーにもおすすめの高コスパプラチナカードです。

セゾンプラチナビジネスアメックスがおすすめなのはこんな方

ビジネスマン

セゾンプラチナビジネスアメックスは、以下のような方におすすめです。

セゾンプラチナビジネスアメックスはこんな方におすすめ
  • ステータスのあるカードを持ちたいビジネスオーナー
  • 経費を一括管理して業務効率をアップさせたい方
  • さまざまなビジネスサポートを利用したい方
  • 海外旅行や出張の機会が多い方
  • JALマイルを貯めたい方
  • 年間200万円以上カードを利用する方

セゾンプラチナビジネスアメックスは、安定した収入があり社会的信用を有する連絡可能な方であれば申し込めます(学生・未成年は不可)。

「経費を一括管理したい」「社員の立替払いの手間を減らしたい」「ビジネスサービスを利用したい」といったビジネスオーナーはもちろん、海外に行く機会の多い個人にもおすすめです。

空港ラウンジサービスなどトラベル関連の特典を利用する方やJALマイルを貯めたい方なら、年会費を取り返すのは難しくありません。

これらの方におすすめする理由がわかるよう、次章よりセゾンプラチナビジネスアメックスの特徴を詳しく解説します。

セゾンプラチナビジネスアメックスの年会費は条件付きで半額

年会費

セゾンプラチナビジネスアメックスの年会費は、プラチナカードでありながら22,000円です。

しかも、セゾンプラチナビジネスアメックスには年会費優遇制度があり、年間200万円以上ショッピング利用すれば次年度の年会費が11,000円になります。

プラチナカードを11,000円で保有できるのはかなりの高コスパです。

他社プラチナカードは年会費30,000~50,000円程度が多く、なかには10万円以上かかるものもあります。

それらと比較するとリーズナブルに保有できるプラチナカードと言えます。

セゾンプラチナビジネスアメックスはJALマイルが貯めやすい

SAISON MILE CLUB

JALマイルが貯まりやすいのもセゾンプラチナビジネスアメックスの魅力です。

セゾンプラチナビジネスアメックスは、通常1,000円利用(国内)につき1ポイント(=5円相当)の永久不滅ポイントが貯まります。基本の還元率は0.5%と一般的です。

しかし、「SAISON MILE CLUB」に登録すると、常時1.125%もの高さでJALマイルを貯められます。

SAISON MILE CLUBとは
カード利用1,000円ごとにJALマイル10マイルが自動で貯まるサービス(要登録)
通常4,400円のところセゾンプラチナビジネスアメックスなら無料

SAISON MILE CLUBに登録すると永久不滅ポイントの代わりにJALマイルが貯まり、加えて2,000円ごとに永久不滅ポイントも1ポイント貯まります。

カードを2,000円利用した場合の還元(SAISON MILE CLUB加入時)

20マイル+永久不滅ポイント1ポイント=22.5マイル
※永久不滅ポイント⇒JALマイルの移行レートは200ポイント=500マイル

2,000円利用した場合に還元されるJALマイルは合計22.5マイルとなり、1.125%還元です。

JALマイルといえばJALカードですが、最上位のJALカードプラチナでも基本のマイル還元率は1.0%です。

セゾンプラチナビジネスアメックスは、実はJALカードよりも還元率が高く、JALマイラーにもおすすめのカードなのです。

セゾンクラッセによりマイル還元率は最大1.375%に

セゾンクラッセの特典

さらに、セゾンクラッセのランクがアップすればマイル還元率は最大1.375%もの高さになります。

セゾンクラッセとは、セゾンカードを使えば使うほどスコアがアップし、スコアに応じたランクごとに特典が受けられるサービスのことです。

セゾンクラッセで6クラスに上がると、永久不滅ポイントが常時2倍になります。

カードを2,000円利用した場合の還元

20マイル+1ポイント(優遇ポイント分)+2ポイント(セゾンクラッセ特典分)=27.5マイル

つまり還元率1.375%もの高さでJALマイルが貯められるのです。

他のケースの還元率と比べても、セゾンクラッセのスコアをアップさせるメリットは絶大です。

2,000円ショッピング時の還元獲得永久不滅ポイント獲得JALマイル合計還元率
通常2ポイント
⇒5マイル
0マイル0.5%
SAISON MILE CLUB登録1ポイント
⇒2.5マイル
20マイル1.125%
SAISON MILE CLUB登録
+セゾンクラッセで6クラス
1+2ポイント
(通常分+セゾンクラッセ特典分)
⇒7.5マイル
20マイル1.375%

1.375%は、マイル系最強と言われるSPGアメックスをも凌駕する数字です。

セゾンビジネスプラチナアメックスは、JALマイラーにとっての最強カードと言えるでしょう。

セゾンプラチナビジネスアメックスのトラベルサービス

セゾンプラチナビジネスアメックスは、トラベル関連サービスが充実しているのも魅力です。

主なサービスについて解説します。

  • 国内の主要空港ラウンジが無料
  • プライオリティ・パスが無料
  • 最高1億円の海外・国内旅行傷害保険

国内の主要空港ラウンジが無料

セゾンプラチナビジネスアメックス会員は、国内の主要空港ラウンジとハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港ラウンジを無料で利用できます。

カード会員本人、家族カード会員が対象です。

搭乗までの待ち時間でドリンクサービスやインターネット接続、充電、新聞の閲覧などさまざまなサービスを利用できるのは、出張の機会が多いビジネスマンにとってありがたいですね。

プライオリティ・パスが無料

プライオリティ・パス

セゾンプラチナビジネスアメックス会員は、プライオリティ・パスのプレステージ会員に無料で登録できます。

プライオリティ・パスとは世界1,300ヶ所以上の空港ラウンジを利用できるサービスです。

プレステージ会員はプライオリティ・パスの会員の最上位ランクで、通常429米ドルの年会費がかかります(約47,200円/1米ドル=110円換算)。

プレステージ会員に登録すると、対象ラウンジを無料で利用できます。1回ごとの利用料はかかりません。

このような特典がわずか年会費22,000円のクレジットカードに付帯するのは大きな価値があります。

特に空港ラウンジの利用頻度が多いビジネスマンなら大きなベネフィットを得られるでしょう。

最高1億円の海外・国内旅行傷害保険

セゾンプラチナビジネスアメックスには、最高1億円の海外旅行傷害保険、最高5,000万円の国内旅行傷害保険が付帯しています。

保険の種類補償内容補償額
海外旅行傷害保険傷害死亡・後遺障害1億円
傷害治療費用300万円
疾病治療費用300万円
賠償責任5,000万円
携行品損害50万円
(自己負担額3,000円、1品10万円が限度)
救援者費用300万円
寄託手荷物遅延費用10万円
寄託手荷物紛失費用10万円
乗継遅延費用3万円
出発遅延費用3万円
国内旅行傷害保険傷害死亡・後遺障害5,000万円
入院日額5,000円
退院日額3,000円

海外旅行傷害保険は、傷害死亡・後遺障害が最高1億円と手厚い補償内容です。

利用頻度の高い傷害・疾病治療費用は300万円、携行品損害も50万円まで補償してくれるので、旅行や出張の際も安心ですね。

寄託手荷物の遅延・紛失や乗継遅延、出発遅延などにも備えられます。

ただし、これまでは自動付帯だったのでカードを保有しているだけで補償の対象でしたが、2021年7月より利用付帯に変更されます。

事前にパッケージツアー代金などをカードで支払った場合のみ補償を受けられます。

レンタカー・タクシー・ホテル宿泊代などは適用の対象外となるため注意してください。

なお、国内旅行傷害保険は自動付帯のままです。

セゾンプラチナビジネスアメックスのコンシェルジュサービス

セゾン-コンシェルジュサービス

セゾンプラチナビジネスアメックス会員は、会員専用のコンシェルジュサービスを利用できます。

  • レストラン・ホテルの手配
  • 航空券・JR特急券の予約
  • 海外の現地情報の案内やツアー手配
  • フラワーギフトの手配
  • ビジネス向けバンケット、会議室などの連絡先紹介

上記のような様々な問い合わせに24時間365日専任のスタッフが対応してくれます

きめ細やかなサービスを受けることができ、日々の雑事に時間を割くことがなくなるため、時間を有効活用できるでしょう。

※「カードの利用に関する問い合わせ」のみ9:00〜21:00の対応となります。

セゾンプラチナビジネスアメックスは税金・光熱費の支払いでポイントが貯まる

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス

セゾンプラチナビジネスアメックスなら、さまざまな経費や税金・光熱費の支払いでもポイントが貯められます。

以下のような支払いでも通常のショッピングと同じようにポイントが貯まります。

  • 所得税・法人税・住民税などの税金
  • 国民年金保険料
  • ふるさと納税
  • 光熱費・公共料金・携帯電話・電話料金

他社クレジットカードの場合、税金や光熱費の支払いはポイント付与の対象外となったり、還元率が下がるものも多いです。

定期的な支払いで通常どおりポイントが貯められるのはうれしいですね。

セゾンプラチナビジネスアメックスのビジネスサポート

ビジネスアドバンテージ

セゾンプラチナビジネスアメックスは会社員でも申し込めるカードですが、カード名に「ビジネス」とある通り、ビジネス関連の特典が充実しています。

主なビジネスサービスをみてみましょう。

  • ビジネスアドバンテージ
  • エックスサーバー(レンタルサーバー)優待
  • 経理担当者向けのクラウド型経費精算サービスが6ヶ月間無料
  • 法人向けモバイルWi-Fiの優待
  • セゾン弁護士紹介サービス
  • 利用可能枠の一時増額
  • 引き落とし口座が個人・法人から選択可能
  • 利用明細データのダウンロードサービス

ビジネスアドバンテージとは、航空輸送料金、貸し会議室、ビジネス雑誌の年間購読料金の割引など、さまざまな優待が受けられるサービスです。

ほかにも、レンタルサーバーや経費精算サービス、モバイルWi-Fiなどビジネスで役立つ優待がそろっています。

また、利用可能枠の一時増額もできるので、突発的に発生する大きな額の支払いにも対応可能です。

引き落とし口座は法人口座・個人口座から選択できます。法人カードとしてはもちろん、個人カードとしても利用できるビジネスカードです。

さらに、利用明細データのダウンロードもできます。経費の一括管理に役立ってくれるでしょう。

セゾンプラチナビジネスアメックスの追加カード

セゾンプラチナビジネスアメックスの追加カード

セゾンプラチナビジネスアメックスの追加カードは最大4枚まで、家族だけでなく社員の方にも発行できます(18歳以上のみ)。

年会費3,300円と格安でありながら、本カードと同様にコンシェルジュサービスや国内主要空港ラウンジが無料で利用できます。

一部使えない特典があるものの、3,300円でプラチナカードが保有できるのは大きなメリットでしょう。

追加カードの利用分は本カードと合算されて一緒に引き落としされるため、まとめてポイントを貯めることができ効率的です。

家族に追加カードを発行すれば、家族全体の年会費のコストを削減できます。

社員に追加カードを発行すれば立替払いの手間を省けるので、精算ミスなどの防止につながるのはもちろん、明細で経費を一括管理でき業務効率がアップします。

セゾンプラチナビジネスアメックスのデメリット

セゾンプラチナビジネスアメックスのデメリットについてもみておきましょう。

セゾンプラチナビジネスアメックスのデメリット
  • 年会費がかかる
  • 基本のポイント還元率が低め
  • 追加カードは一部サービスが対象外

年会費がかかる

セゾンプラチナビジネスアメックスの年会費は、22,000円と決して安くはありません。

しかし、プライオリティ・パスやコンシェルジュ・サービス、ビジネスサービスなど特典が充実しており、年会費の元を取ることは難しくありません

アメックスのプロパープラチナカードの年会費が143,000円であることからも、22,000円で保有できるのはリーズナブルだと言えるでしょう。

さらに年間200万円以上利用する方なら、次年度の年会費が半額の11,000円になります。

基本のポイント還元率が低め

基本のポイント還元率は0.5%と平均的です。

年会費無料で還元率が1.0%のクレジットカードが多くあることを踏まえれば、セゾンプラチナビジネスアメックスの還元率は高いとは言えません。

JALマイル還元率こそ1.125%と他と比べても高いですが、JALマイルを貯めていない方や空港ラウンジなどの特典が必要ない方は年会費をペイできない可能性があります

追加カードは一部サービスが対象外

プライオリティ・パス

追加カードは3,300円と格安の年会費で発行できるものの、本カードに付帯するすべてのサービスが利用できるわけではありません。

例えば、本カードに付帯する以下の特典は使えません。

  • プライオリティ・パス
  • 旅行傷害保険

ただし、コンシェルジュ・サービスや国内空港ラウンジ特典が使えるプラチナカードを3,300円で保有できるのはかなりお得です。

特典と年会費のバランスをみたうえで検討しましょう。

セゾンプラチナビジネスアメックスはコスパ最強カード

セゾンプラチナビジネスアメックスについて改めて確認しましょう。

セゾンプラチナビジネスアメックスの特徴
  • 法人カードとしてはもちろん個人カードとしても利用できる
  • 年間200万円以上利用すれば次年度の年会費が半額
  • JALマイル還元率が最大1.375%
  • プライオリティ・パスや旅行傷害保険などトラベル関連サービスが充実
  • さまざまなビジネスサービスが利用できる
  • 家族だけでなく社員にも追加カードが発行できる

ビジネスカードではありますが、法人カードとしても個人カードとしても利用可能です。

年会費22,000円とプラチナカードにしては比較的安く、しかも年間200万円利用すれば半額になります。

JALマイル還元率は最大1.375%とJALカードを上回る高さで、JALマイルを貯めたい方にもおすすめです。

そのほか、トラベル関連サービスやビジネス向け特典が充実しているのも特長の1つ。

業務効率をアップしたいビジネスオーナーだけでなく、JALマイルを貯めたい方やプラチナカードをリーズナブルに保有したい方にもおすすめの高コスパカードです。

セゾンアメックスとアメックスのおすすめカード比較
カード名セゾンパール・アメリカン
エキスプレス(R)・カード
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンカードインターナショナル
セゾンカードインターナショナル
セゾンブルー・アメリカン
エキスプレス(R)・カード
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンゴールド・アメリカン
エキスプレス・カード
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・アメリカン
エキスプレス(R)・カード
セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
アメックスグリーン
アメックスグリーン
アメックスゴールド
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
年会費1,100円
年1回の利用で無料
無料3,300円
初年度と26歳未満無料
11,000円
初年度無料
22,000円13,200円31,900円
還元率0.5%~3.0%0.5%0.5%0.6%~1.0%0.75%〜1.0%0.3%~1.0%0.3%~1.0%
国際ブランドAmerican ExpressVISA、Mastercard、JCBAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican ExpressAmerican Express
キャンペーン最大8,000円相当
プレゼント
なし最大7,000円相当
プレゼント
最大7,000円相当
プレゼント
最大9,000円相当
プレゼント
合計20,000ポイント
プレゼント
合計40,000ポイント
プレゼント
申込対象18歳以上18歳以上18歳〜25歳の学生
高校生は除く
20歳以上20歳以上20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
20歳以上
パート・アルバイト・学生不可
発行スピード最短5分最短即日最短即日最短3営業日最短3営業日最短3営業日最短3営業日
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
矢印