スマホ決済から考えるクレジットカード選び方とおすすめ度

スマホ決済アプリのCMを見る機会もかなり増え、簡単に支払いができるスマホ決済アプリを重宝している人も増えてきているのではないでしょうか。

しかし、まだスマホ決済アプリがどのようなものかわからない、数が多すぎてどれを選べば良いのかわからないという人も多いと思います。

スマホ決済アプリとは
  • スマホで買い物ができるサービスが利用できるアプリ
  • スマホ1つで簡単に支払いができるので財布がいらない
  • わずか数秒で買い物ができるのでレジ会計もスムーズ
  • ポイント還元など現金支払いよりもお得になるケースが多い

そこで今回は、スマホ決済アプリがどのようなものなのか、そしてどのようなメリット・デメリットがあるのかについて解説します。

併せて、おすすめのスマホ決済アプリの特徴についてもそれぞれ解説していくので是非参考にしてください。

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

スマホ決済アプリとは?

まず、スマホ決済アプリがどのようなものなのかについて解説していきます。

スマホ決済アプリとは、簡単に言うとスマホを機械にかざしたり、画面に表示されるバーコードやQRコードを読み取って買い物ができるキャッシュレスのサービスです。

スマホで支払いができる決済サービス

スマホ決済アプリとは、クレジットカードや現金を使わないで、スマホで支払いをすることができる決済サービスのことです。

  • スマホに搭載されているFelicaと呼ばれるICチップを認識して決済を行う
  • 画面に表示されるバーコードやQRコードをレジで読み込んで決済を行う

という2パターンが主流です。

スマホ決済アプリのメリット

スマホ決済アプリのメリットは下記の通りです。

  • 財布を持ち歩く必要がない
  • クレジットカードや財布の盗難・紛失を防げる
  • 支払いがスムーズにできるのでレジの混雑時にも安心
  • ポイントが貯まるのでお得に買い物ができる

ほとんどのスマホ決済アプリでは、使えば使うほどお得にポイントが貯まるポイントサービスを取り扱っています。

そのため、現金で買い物をするよりもポイントバックがあることから、スマホ決済アプリを利用した方がお得になります。

スマホ決済アプリのデメリット

デメリットは下記の通りです。

  • スマホ決済に対応していないお店では使えない
  • 自分の使っているスマホが対応している機種でない場合も使えない
  • 現金で支払うわけではないので金銭感覚が狂ってしまう可能性も

日本人の多くはキャッシュレスにまだまだ馴染みがありません。

そのため、現金を使っている感覚が薄く、思った以上に使いすぎてしまうということも有り得ます。

事前にチャージするタイプであれば良いのですが、クレジットカード連携や後払いタイプのスマホ決済アプリだと後から痛い目を見る可能性もあります。

しっかりとした金銭感覚を持って利用することが大切です。

スマホ決済アプリのメリット・デメリット
  • 財布を持ち歩く必要がないので盗難・紛失のリスクが軽減される
  • 支払いがスムーズに行えるのでレジが混雑している時も安心
  • ポイントが貯まるのでお得に買い物できる
  • スマホ決済に対応していないお店・スマホでは使えない
  • 現金を使っている感覚が薄いので金銭感覚が狂う可能性もある
Apple Payに登録するおすすめクレジットカードと設定方法

次のページでは、スマホ決済アプリのおすすめの選び方について解説します。