クレジットカードおすすめランキング

キャッシュレス決済とは?スマホ決済と電子マネーの違いと種類を紹介

5bb2dc350baba9447dc4a7a815ceebfe_m

2019年10月1日から消費税増税に伴い、キャッシュレス消費者還元事業が始まりました。

中小の店舗でキャッシュレス決済をすればポイントが2%または5%還元されるというものです。

キャッシュレス消費者還元事業は9ヶ月間のみとなっており、この期間中にキャッシュレス決済でお得にポイントを貯めたいという人も多いでしょう。

キャッシュレス決済には、電子マネーやスマホ決済アプリなどのサービスがあります。それらの違いは何なのでしょうか。

電子マネーとスマホ決済の違い
  • キャッシュレス決済は現金を使わずに買い物をする決済ツールのこと
  • スマホ決済はスマホの画面でバーコードやQRコードを読み取り決済できるアプリ
  • 電子マネーはカードやスマホでチャージ(または後払い)して買い物ができる
  • 種類によってはポイントが貯まったり割引やクーポンが使えるなどの特典がある

今回は、キャッシュレス決済とは何なのか、そして電子マネーとスマホ決済の違いは何なのかについて解説していきます。

あわせてスマホ決済と電子マネーの種類もいくつか紹介するので、是非チェックしてください。

※QRコードは株式会社デンソーウェーブの商標登録です。

キャッシュレス決済とは?

キャッシュレス決済とは、現金を使わない決済方法のことです。

キャッシュレス決済の主な種類は下記の通りです。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • プリペイドカード
  • スマホ決済アプリ
  • 電子マネー

現金を用意する必要がなく、カードを読み込んだりスマホをかざすだけで買い物ができるので、レジでの会計がスピーディーになるというメリットがあります。

また、それぞれキャッシュレス決済を使うことでポイントが還元されるので、現金を使うよりもお得になる場合が多いです。

さらに、現在はキャッシュレス消費者還元事業により2%または5%分のポイントが還元されます。

中には、ポイント還元率が10%以上になるお得なキャンペーンを実施しているキャッシュレス決済サービスも。

お得にスマートに買い物をしたい人は、キャッシュレス決済を利用するのがおすすめです。

スマホ決済とは

メルペイ

画像引用元:メルカリアプリでかんたんスマホ決済「メルペイ」

スマホ決済は、名前の通りスマホやタブレットを使って買い物できる決済ツールです。

スマホ決済アプリと呼ばれるアプリをダウンロードしたり、おサイフケータイやApple Payを利用して支払いをするのが特徴です。

  • キャリア決済:キャリアのIDとパスワードで認証し決済する(携帯電話利用料金との合算請求が可能)
  • 非接触IC決済:決済端末にスマホをかざしてクレジットカード決済や電子マネー支払いを行う(Apple PayやGoogle Payなど)
  • QRコード決済:お店にあるQRコードを読み取る・画面に表示されたバーコードをお店に読み取ってもらう

おサイフケータイやApple Payは非接触IC決済はFeliCa搭載のスマホでないと使うことができません

最近はバーコードを読み込んだりQRコードを読み取って決済ができるスマホ決済アプリも普及しており、おサイフケータイやApple Payに対応していないスマホでも使えます。

この記事ではQRコード決済タイプのスマホ決済サービスに焦点を当てます。

QRコード決済の種類

FeliCa非搭載のスマホでも使える主なスマホ決済アプリは下記の通りです。

いずれも利用そのものは無料です。

各スマホ決済アプリの特長を簡単に解説していきます。

楽天ペイ

楽天ペイ

画像引用元:楽天ペイ: 楽天ペイ – 街もネットも簡単お支払い!期間限定ポイント使える!

項目楽天ペイ
通常の還元率0.5%
貯まるポイント楽天スーパーポイント
支払元・チャージ(クレジット/楽天銀行/ラクマ売上金)
・楽天スーパーポイント・キャッシュ
・クレジットカード
スマホ決済方法・QRコード
・バーコード
・セルフ

楽天ペイは、楽天が運営するスマホ決済アプリです。

お店にあるQRコードを読み取ったり、お店のレジでバーコードを読み取ってもらったりして決済できます。

また、「セルフ」とは自身で金額を入力して支払う方法です。

楽天ペイのポイント還元率

楽天ペイのポイント還元率は0.5%。楽天スーパーポイントが貯まります。

楽天カードを支払先に設定すると、楽天カードの還元率1.0%と合わせて合計1.5%の還元率となります。

楽天スーパーポイントをより多く貯めたい人は、楽天カードと楽天ペイを紐づけるのがおすすめです。

楽天ペイとは?他のスマホ決済との違いとメリット・デメリット

PayPay

PayPay

画像引用元:PayPay – QRコード・バーコードで支払うスマホ決済アプリ

項目PayPay
通常の還元率1.5%
※PayPay残高orYahoo!カードのみ
貯まるポイントPayPayボーナス
支払元・チャージ(銀行口座/セブン銀行ATM/ヤフオク!・PayPayフリマの売上金/Yahoo!カード/ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い)
・クレジットカード
スマホ決済方法・QRコード
・バーコード
・オンライン

PayPayも楽天ペイ同様、画面に表示したバーコードを読み取ってもらったり、お店にあるQRコードを読み取ったりして決済を完了させることができます。

PayPayの還元率

PayPayはスマホ決済アプリの中でも還元率が非常に高いのが特長です。

Yahoo!カードやPayPay残高で支払いをすると、1.5%のPayPayボーナスが獲得できます。

PayPayボーナスはPayPay残高に上乗せされるため、使い道に困ることもありません。

PayPay(ペイペイ)とは?支払い方法から利用範囲までを全網羅

LINE Pay

ラインペイ

画像引用元:‎‎「LINE Pay – 割引クーポンがお得なスマホ決済アプリ」をApp Storeで

項目LINE Pay
通常の還元率0.5%~2%
貯まるポイントLINEポイント
チャージ方法・銀行口座
・セブン銀行ATM
・LINE Payカードレジチャージ
・ファミリーマート(Famiポート)
・QRコード/バーコード表示でレジチャージ
スマホ決済方法・LINE Payカード
・バーコード
・オンライン

LINE PayはLINEが運営するスマホ決済サービスで、決済以外にも友達同士で送金やわりかんができる機能があります。

バーコードの他に、LINE Payカードというプリペイドカードを利用した支払方法もあります。また、LINEのオンラインストアでも利用できます。

LINE Payのポイント還元率

LINE Payでは、利用金額によって決まるマイカラーと呼ばれるプログラムがあり、ランクによってポイント還元率が変わります。

最下位のホワイトでは0.5%ですが、最上位のグリーンになると2.0%のLINEポイントが還元されます。

LINE Pay(ラインペイ)とは?使い方からお得な支払い方法と注意点

メルペイ

メルペイアプリ

画像引用元:メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ – Google Play のアプリ

項目メルペイ
通常の還元率なし
ただしクーポン配布あり
貯まるポイントなし
支払元・メルペイ残高(銀行口座よりチャージ)
・メルカリポイント購入(メルカリ売上金利用)
・メルペイスマート払い
スマホ決済方法・iD
・バーコード
・オンライン

メルペイは、フリマアプリでお馴染みの「メルカリ」アプリで利用できるスマホ決済アプリです。

メルカリのサービスとも連携しており、メルカリの売上金を使ってメルペイで支払いをすることも可能です。

また、メルペイは電子マネー「iD」が使える数少ないスマホ決済アプリです(iDはFeliCa搭載スマホのみ利用可能)。

さらにメルペイは後払いが可能で、利用実績等を考慮した上で決められた上限金額の範囲内であれば「メルペイスマート払い」を利用して翌月末日まで好きなタイミングで清算することができます。

Origami Pay

画像引用元:‎「Origami スマホ決済アプリ」をApp Storeで

項目Origami Pay
通常の還元率なし
ただし、割引やクーポン配布あり
貯まるポイントなし
支払い方法・銀行口座からの即時払い
・クレジットカード
スマホ決済方法・バーコード
・QRコード
・オンライン

Origami PayもバーコードやQRコードで決済できます。

Origami Payには、ポイントを貯めるシステムはありません。

しかし、割引やクーポンが提供されるため、買い物をするその場でお得に支払いができるスマホ決済です。

スマホ決済の特長
  • スマホやタブレットなどで買い物ができる決済ツール
  • バーコードやQRコードを使って決済ができる
  • おサイフケータイやApple Payに対応していないスマホでも利用可能
  • スマホ決済アプリによってはポイントが貯まるなどお得な特典がある
【2019年】高還元率スマホ決済アプリの中でおすすめ5選を比較

次の章では、電子マネーについて詳しく確認します。

電子マネーとは

画像引用元:ビックカメラSuicaカード:ビューカード

電子マネーは、カードやスマホなどで電子的なデータのやりとりだけで決済を完了させるツールのことです。

事前にチャージが必要なプリペイド式の電子マネーがほとんどですが、中にはクレジットカードと連携して後払い可能な電子マネー(ポストペイ型)もあります。

電子マネーを使うメリットは、カードやスマホをかざすだけで支払いができるという点です。

スマホ決済アプリの章で解説した非接触IC決済と同じ技術が使われています。

わずか数秒で会計を済ませることができるので、レジで現金を用意したりお釣りを受け取る手間がありません。

また、電子マネーによってはポイントが還元されたり、割引などお得な特典を利用したりといったことも可能です。

電子マネーの種類

電子マネーは、カードをかざして支払う方法とおサイフケータイやApple Payなどを介してスマホで支払う方法の2種類があります。

主な電子マネーの種類は下記の通りです。

  • iD
  • QUICPay(QUICPay+)
  • 楽天Edy
  • nanaco
  • WAON
  • Suica

各電子マネーの特長について詳しく解説していきます。

iD

項目iD
支払い方法プリペイド
ポストペイ
デビット
貯まるポイントカードによって異なる
ポイント還元率カードによって異なる
加盟店数約965,000台
(端末台数/2019年6月時点)
Apple Pay対応

iDは、NTTドコモが発行する電子マネーであり、数多くの電子マネーの中でも老舗のサービスです。

クレジットカードやデビットカード、プリペイドカードなどと連携して使う電子マネーであり、ポイント還元率はカードの還元率が反映されます。

基本的に、iDに対応しているカードがなければ使うことができません。

しかし最近メルペイでiDが使えるようになりました。カードを持っていない人はメルペイでiDを使うのもおすすめです。

利用できるお店の数が非常に多いのもiDの特長です。

QUICPay(QUICPay+)

項目QUICPayQUICPay+
支払い方法ポストペイプリペイド
ポストペイ
デビット
貯まるポイントカードによって異なるカードによって異なる
ポイント還元率カードによって異なるカードによって異なる
加盟店数非公開
Apple Pay対応

QUICPayおよびQUICPay+はJCBが発行しており、JCBが発行するクレジットカードを持っていれば使えます。

QUICPay(QUICPay+)もiDと同様に使うカードの還元率がそのまま反映される電子マネーです。

加盟店数はiDには劣るものの、全国さまざまなお店で使えます。

楽天Edy

項目楽天Edy
支払い方法プリペイド
貯まるポイント楽天スーパーポイント
ポイント還元率0.5%
加盟店数2017年9月に500,000箇所を突破
Apple Pay対応×

楽天Edyは、楽天が発行する電子マネーです。

楽天Edyで決済をするとその金額の0.5%分の楽天スーパーポイントが貯まるのが特長です。

使えるお店はiDに次いで多く、さまざまなお店やサービスで活用できます。

nanaco

項目nanaco
支払い方法プリペイド
貯まるポイントnanacoポイント
ポイント還元率0.5%
加盟店数約505,400ヶ所
(2019年8月末時点)
Apple Pay対応×

nanacoは、セブン&アイホールディングスが展開する電子マネーです。

使うだけでnanacoポイントが0.5%還元されます。

また、税金や公共料金が支払える非常に珍しい電子マネーです(税金・公共料金の支払いはポイント還元対象ではありません)。

WAON

項目WAON
支払い方法プリペイド
貯まるポイントWAONポイント
ポイント還元率1%
加盟店数約246,000箇所
(2016年2月末時点)
Apple Pay対応×

WAONは、イオングループの店舗で使える電子マネーです。

WAONポイントが貯まるのはもちろんですが、毎月20日・30日に5%オフになるお客様感謝デーを利用することもできます。

Suica

項目Suica
支払い方法プリペイド
貯まるポイントJREポイント
ポイント還元率1%~2%
加盟店数約894‚990ヵ所
(端末台数/2018年3月末時点)
Apple Pay対応

Suicaは、JR東日本が発行する電子マネーであり、交通系ICカードです。

電子マネーとして買い物に使えるだけでなく、改札にかざして運賃の精算ができます。

スマホ版のモバイルSuicaなら、鉄道利用でJREポイントが2%還元されます。

電子マネーの特長
  • カードやスマホにチャージして買い物をする決済ツール
  • クレジットカードなどと連携し後払いができる電子マネーもある
  • かざすだけで改札口を通れる交通系ICカードもある
  • ポイントを貯めることもできる

スマホ決済と電子マネーの違い

アイディ

これまでスマホ決済と電子マネーの特長や種類について解説していきました。

いずれもキャッシュレス決済であり、電子マネーもスマホを介して利用できるため、その境界は曖昧です。

今回紹介した電子マネーとスマホ決済アプリの関係を簡単に表にまとめてみました。

非接触IC決済のApple Pay・おサイフケータイ・Google Payで利用できる電子マネーも参考にしてください。

スマホ決済アプリ対応電子マネー
Apple PayiD
QUICPay(QUICPay+)
Suica
Google PayiD
QUICPay(QUICPay+)
楽天Edy
nanaco
WAON
Suica
おサイフケータイiD
QUICPay(QUICPay+)
楽天Edy
nanaco
WAON
Suica
楽天ペイ×
PayPay×
LINE Pay×
メルペイiD
(FeliCa搭載スマホのみ)
Origami Pay×

非接触IC決済に対応するFeliCa搭載スマホなら、電子マネーもスマホを介して利用できます。

そのため、電子マネーとスマホ決済アプリは混同されやすいのかもしれません。

大きな違いは決済時の動作です。

  • 電子マネー:レジにある専用端末にカードまたはスマホをかざすだけ
  • スマホ決済アプリ(QRコード決済):バーコードを読み取らせるまたはQRコードを読み取る

いずれも現金より便利でお得にお買い物ができるため、うまく活用したいですね。

スマホ決済と電子マネーは財布不要の便利な決済ツール

メルペイ

画像引用元:メルカリのスマホ決済「メルペイ」 Androidでもコード決済を開始 – 株式会社メルペイ

電子マネーもスマホ決済も、使った金額に応じたポイントが還元されたり、お得な割引やクーポンが利用できたりします。

現金で支払うよりも確実にお得です。

この記事はキャンペーンなどを考慮しない通常のポイント還元率を紹介しましたが、現在キャッシュレス消費者還元事業とキャンペーンの組み合わせで、10%以上ポイントが還元されるサービスも珍しくありません。

電子マネーやスマホ決済アプリで、キャッシュレス生活を始めてみてはいかがでしょうか。

今がお得なクレジットカードはこれ!

三井住友カード
年会費今なら!!年会費永年無料
還元率0.5%~
国際ブランドVISA / Mastercard
発行元三井住友カード
発行スピード最短5分(即日発行カードはこちら)
家族カードあり
関連記事三井住友カード|2020年2月3日から年会費無料など4大キャンペーン実施予定