早いほどお得!申し込み年齢上限のあるクレジットカードおすすめ3選

  • 2020年7月18日
  • 2020年12月2日
カード利用枠のイメージ

これからクレジットカードを手に入れたいという方、申し込み年齢に「上限」があるクレジットカードはもうチェックされましたか。

年会費も安く(場合によっては無料)、なおかつ特典が盛りだくさんなのが申し込み年齢に上限があるクレジットカードです。

本記事では特におすすめのクレジットカード3枚について紹介しています。

それぞれの特徴や特典・優待情報についても解説していますので、ピッタリの1枚がきっと見つかるはずです。

申し込み年齢に上限があるクレジットカードがお得な理由
  • 普段の買い物でポイントが貯まる
  • ポイント還元率が比較的高い
  • 年会費は控えめ(無料のものも)

※本記事の価格は全て税込みです。

今がお得!おすすめクレジットカード特集

申し込み年齢上限のあるクレジットカードは特にお得

支払い金額のイメージ

申し込み年齢上限のあるクレジットカードはクレジットカード各社が初心者向けに用意しているもので、一般向けよりもお得に設定されています。

例えば、年会費は抑えめ(場合によっては無料)です。また、ポイントの還元率が比較的高めに設定されています。

後述する申し込み年齢上限のあるクレジットカード3点と、一般の三井住友カードを比較してみました。

年会費でもポイント還元率でも遜色ないのがわかるでしょう。

カード名年会費ポイント還元率
三井住友カードデビュープラス年1度以上の利用で無料1.0%~
JCB CARD W無料1.0%〜
JAL CLUB EST2,200円(初年度は無料)1.0%~
三井住友カードインターネット入会で初年度無料
(次年度は条件達成で割引もしくは無料)
0.5%〜

そのほか、カード会社毎にお得な特典が用意されています。

  • 将来は上位カードにランクアップ(三井住友カードデビュープラス)
  • 年会費はずっと無料(JCB CARD W)
  • 空港のラウンジが利用可能(JAL CLUB EST)

こんなお得なクレジットカードですが、当然ながら年齢の上限を超えてしまうと申し込みはできません。利用できるのは若者の特権なのです。

せっかくのチャンスなのですから、気になった方は早めに申し込みをしておきましょう。

年齢制限を設けたカードが存在する理由

ここまで読んでいただいた皆さんの中には、「なんで年齢制限を設けたカードがあるの?」と疑問に思われた方もいるかもしれません。

その理由は、自社のカード利用人口を増やすためです。

例えば、初めにVISAを使うと、そのまま将来にわたってVISAを使い続ける可能性がグッと増します。

携帯電話会社の多くが学生向けのプランを用意していますが、それと同じような仕組みです。

申し込み年齢上限のあるおすすめクレジットカード3選

それでは早速、おすすめのクレジットカード3選について紹介していきましょう。

それぞれの特徴や特典などについても紹介していますので、どれが自分にぴったりなのか、しっかりとチェックしてみてください。

三井住友カードデビュープラス

三井住友カードデビュープラス

三井住友カード デビュープラス
還元率ポイント1.0%~
マイル0.6%~
年会費初年度無料
2年目以降1,375円
※年1回利用で無料に
家族カード初年度:無料
2年目以降:440円
※前年に1回以上の買物利用があった場合、翌年も無料
旅行保険海外なし
国内
ETCカード発行手数料無料
年会費550円
※初年度無料
※前年度に1回以上の利用で翌年度無料
電子マネーiD
国際ブランドVISA
発行会社三井住友カード株式会社
発行期間最短翌営業日発行
(カードが届くのは約1週間)
三井住友カードデビュープラスのおすすめポイント
  • 年1度以上の利用で年会費無料
  • 年齢上限を過ぎると上位カードにランクアップ
  • 最初の3ヵ月はポイント5倍

三井住友カードの若者向けクレジットカードが「三井住友カードデビュープラス」です。

デビュープラスの名の通り、クレジットカードデビューにピッタリのカードとなっています。

まずはその特徴について見ていきましょう。

三井住友カードデビュープラスの特徴

三井住友カードデビュープラスの申し込み対象年齢は満18歳~25歳(高校生不可)となっています。

年会費は初年度無料で、翌年以降は1,375円です。

しかし、年に1度以上の利用があれば、翌年の年会費は無料となります。

使い続ける予定があるのなら、年会費は実質無料と言っても差し支えはないでしょう。

年齢の上限である25歳を過ぎると、上位カードであるプライムゴールドにランクアップします。

さらに利用を続けた場合、30歳以降はゴールドカードにランクアップです。

三井住友カードのゴールドと言えば審査も厳しく、それゆえにステータスの高いカードですが、三井住友カードデビュープラスから使い続けていれば、加齢とともに自動的に手に入れられるのです。

なお、大学や専門学校(認可校)の学生向けには「三井住友カードデビュープラス(学生)」が用意されています。

三井住友カードデビュープラスの特典・優待情報をチェック!

まずは三井住友カードデビュープラスのポイント還元率についてみていきましょう。

通常の三井住友カードでは200円につき1ポイントが付与されますが、三井住友カードデビュープラスはその2倍、200円につき2ポイントが付与されます。

しかも、入会後3ヶ月はポイントが通常の5倍になります。

ちょっと大きな買い物をする予定があるのなら、使わない手はありません。

また、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンという3大コンビニとマクドナルドで利用した場合にはポイントが5倍に。

コンビニで買い物をすることが多いという人にとっては見逃せない特典です。

三井住友カードデビュープラスは様々な電子マネーにも対応

三井住友カードデビュープラスでは以下の電子マネーに対応しています。

  • 三井住友カードiD
  • Apple Pay
  • Google Pay™
  • 三井住友カードWAON
  • PiTaPaカード

これら電子マネーの利用でもポイントが加算されますので、現在、上記の電子マネーを利用している方は、さらにお得に利用できます。

JCB CARD W

JCB CARD W

JCB CARD W
還元率ポイント1.0%~
マイル0.6%~
年会費初年度無料
2年目以降
家族カード
旅行保険海外最高2,000万円(利用付帯)
国内なし
ETCカード発行手数料無料
年会費
電子マネーQUICPay
国際ブランドJCB
発行会社株式会社ジェーシービー
発行期間最短3営業日発行(届くのは1週間後)
JCB CARD Wのおすすめポイント
  • 年会費はずっと無料
  • Oki Doki ランドを利用すればポイントが最大20倍に!
  • 女性にうれしい「JCB CARD W plus L」も見逃せない

続いて紹介するのは、JCBが提供している若年層向けクレジットカードのJCB CARD Wです。

JCBと言えば日本発のクレジットカード会社で、それゆえに日本国内で使いやすいという特徴があります。

JCB CARD Wの特徴

JCB CARD Wの対象年齢は18~39歳で、年会費はずっと無料です。

しかもJCB CARD Wの利用者は40歳を過ぎても年会費無料のまま、クレジットカードを使い続けることが可能となっています。

また、女性向けにJCB CARD W plus Lが用意されています。

女性にうれしい優待特典が毎月用意され、女性特有の疾病などに対する保険にもお手頃価格で加入できるなど見逃せません。

JCB CARD Wの特典・優待情報をチェック!

通常のJCBカードでは1,000円のお買い物ごとに1ポイントが付与されますが、JCB CARD Wでは2ポイントが付与されます。

セブン-イレブンやアマゾンなどJCBオリジナルシリーズパートナーのお店で利用すると、ポイントは3倍になります。

普段のお買い物で良く利用されるというのであれば、かなりお得ですよね。

しかも、JCBが運営しているOki Doki ランドでお買い物をすれば、ポイントは最大20倍です。

Oki Doki ランドにはアマゾン、楽天、Yahoo!ショッピングなどの人気ショップが軒を連ねています。

ポイント付与以外の特典として、ワイキキトロリー(ピンクライン)の乗車賃が無料というものもあります。ハワイ旅行時の代表的な交通手段がカードを見せるだけで利用できるなんて、かなりうれしい特典です。

JCB CARD Wに対応している電子マネーは?

JCB CARD Wでは以下の電子マネーに対応しています。

  • Apple Pay
  • Google Pay

これら電子マネーの利用でもポイントが加算されますので、現在、どちらかを利用している方はさらにお得に利用が可能となります。

JAL CLUB EST

 JAL CLUB EST 普通カード

JAL CLUB EST
還元率ポイント0.5%
ショッピングマイ・プレミアム入会(年会費3,300円)で1.0%
マイル
年会費初年度無料
(CLUB EST年会費5,500円)
2年目以降2,200円
(CLUB EST年会費5,500円)
家族カード年会費初年度無料
年会費1,100円(CLUB EST会費2,200円)
旅行保険海外最高1,000万円(自動付帯)
国内
ETCカード発行手数料1,100円
年会費無料
電子マネーQUICPay
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス
発行会社JCB株式会社ジェーシービー
VISA、Mastercard、アメリカン・エキスプレス三菱UFJニコス株式会社
発行期間最短2週間
JAL CLUB ESTのおすすめポイント
  • 空港のラウンジが利用可能
  • マイルが貯まりやすいプログラム
  • マイルの有効期限が60ヶ月に

JALの利用が多いという人におすすめのカードがJAL CLUB ESTです。

ワンランク上の旅行を楽しみたいという人は、ぜひ詳細をチェックしてみてください。

JAL CLUB ESTの特徴

20代向けにJALが発行しているクレジットカードがJAL CLUB ESTです。

カードには普通カード・CLUB-Aカード・CLUB-Aゴールドカード・プラチナの4種類が用意されています。

年会費は最も安い普通カードで2,200円(初年度は無料)、最も高いプラチナで34,100円となっています。

  • 普通カード:年会費2,200円~(初年度は無料)
  • CLUB-Aカード:年会費11,000円
  • CLUB-Aカードゴールドカード:年会費17,600円~
  • プラチナカード:年会費34,100円

カードのグレードが上がるほど利用できるサービスは増えていきますが、普通カードでも十分に便利なカードです。

カードの提携ブランドはDC、VISA、JCB、マスターカードなど複数あり、お好みに合わせて選択が可能となっています。

JAL CLUB ESTの特典・優待情報をチェック!

JAL CLUB ESTカードの魅力は何と言ってもJALで様々な特典が利用できることです。

例えば、羽田空港、成田空港、関西国際空港といった主要空港に設けてあるサクララウンジが年5回利用可能です。

飛行機を眺めながらアルコールやソフトドリンクを楽しめる優雅な空間、飛行機好きにとってはたまらない時間ですよね。

同行者1人も入室できますので、友人やパートナーとの旅行にも最適です。

またカードの利用や搭乗によってマイルが貯まりますが、その有効期限も36ヶ月から60ヶ月に延長されます。

のんりびりとマイルを貯めて、海外旅行に出かけるのもおすすめです。

また、JALビジネスクラスチェックインカウンターが利用できるのも魅力のひとつで、連休など空港が込み合う時期でも慌てる必要はありません。

このように、JALの利用が多い人、そして飛行機好きにとってはたまらない特典がずらりと並んでいます。

そもそもクレジットカードにはお得がいっぱい

買い物をする女性

クレジットカードのお得ポイント
  • お買い物でポイントが貯まる
  • 1回払いなら手数料なし
  • 買い物した商品に補償が付く
  • いざという時に頼りになる

「クレジットカードは興味あるけど年会費や手数料とかかかりそうだし不安…」なんてことを考えている人はいませんか?

確かに年会費や手数料がかかるケースはありますが、多くの場合はクレジットカードを利用したほうがお得になります。

ここまで紹介してきた通り、クレジットカードで買い物をすると利用額に応じて「ポイント」が付与されます。

クレジットカードによって異なりますが、貯まったポイントは航空会社のマイルやT-POINTなどへの変更を選ぶことができます。

現金で買い物をしても特に何も発生しないということを考えれば、ポイントがもらえる分、お得ですよね。

気になる年会費や手数料ですが、JCB CARD Wのように年会費無料というものも存在しています。

また手数料については、1回払いを選択すれば(特に何も言わない限り1回払いとなります)手数料がかかることはありません。

たくさん買い物をする人であれば、ポイントによって年会費以上のメリットを享受できるのがクレジットカードです。

クレジットカードでは様々な補償が付いている点もお得と言えるでしょう。カードを利用して購入した商品が盗難にあった場合など、補償の対象になることもあります。

海外でのお買い物など、安心感がグッと増しますよね。しかも急な出費などいざという時に頼りになるのがクレジットカードです。

持っておかない手はありません。

申し込み年齢上限のあるクレジットカードは見逃せない

サインレス決済

申し込み年齢に上限があるおすすめカード3選
  • 三井住友カードデビュープラスの年齢制限は18歳から25歳。入会後3ヵ月はポイント5倍
  • JCB CARD Wの対象年齢は18歳から39歳。Oki Doki ランド利用でポイント最大20倍
  • JAL CLUB ESTの対象年齢は20歳から29歳。JALならではの特典が満載

申し込み年齢上限のあるおすすめのクレジットカード3選について、その特徴や特典などを紹介してきましたが、気になるカードは見つかりましたか。

いずれのカードも年会費は控えめで、なおかつポイントの還元率が高いなど、かなり”お得”が詰まっています。

また使い続けていれば、年齢上限以降もお得に使えるのがこれらカードの特徴です。

せっかくクレジットカードを手に入れるのであれば、これらのカードを検討してみてください。